ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYSの作品情報・感想・評価

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS2016年製作の映画)

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:115分

3.0

あらすじ

東京にいるとされる約15万人の密入国異邦人・不法就労外国人たち。国を追われた難民たちですら、日本政府から難民認定を受けるのは至難の業。まともな仕事に就けずに生活は困窮する一方、犯罪に巻き込まれてしまったとしても日本の警察は助けちゃくれないという、過酷な状況下にあった。 そんな中でも、どうにかこの東京で生き延びようと懸命に日々を過ごす密入国異邦人たち。誰にも守ってもらえない彼らは、自らの手で自ら…

東京にいるとされる約15万人の密入国異邦人・不法就労外国人たち。国を追われた難民たちですら、日本政府から難民認定を受けるのは至難の業。まともな仕事に就けずに生活は困窮する一方、犯罪に巻き込まれてしまったとしても日本の警察は助けちゃくれないという、過酷な状況下にあった。 そんな中でも、どうにかこの東京で生き延びようと懸命に日々を過ごす密入国異邦人たち。誰にも守ってもらえない彼らは、自らの手で自らを守ろうと考えた。それが、密入国異邦人による密入国異邦人のための秘密組織、裏都庁の始まりだ。 裏都庁には日本の金融庁が関与しない銀行や、厚労省がタッチしない病院、そして警察組織「ディアスポリス」がある。ディアスポリスには日々、弱き異邦人たちが助けを求めて駆け込んで来る。そんな彼らを救うべく、久保塚早紀(松田翔太)はたった一人の異邦警察の警察官として日々奮闘していた。多数の言語を操り、戦いとなれば機転を利かせて鮮やかに敵をやっつける。年齢も国籍も一切不明と怪しいことこの上ないが、その圧倒的知性と深い情けを以て、異邦人たちから厚い信頼を得ていた。 そんなある日。今日も異邦人を守るため死闘を演じ、満身創痍の大怪我を負った久保塚だったが、3日間の昏倒の果てに復活し、仲間の異邦人たちとパーティに興じていた。そんな最中に起こった、裏都民の一人であるマリアの誘拐事件。久保塚は、上司にダマされて多額の横領事件を引き起こした末に裏都民となり、相棒となった鈴木(浜野謙太)と共に捜査に乗り出す。裏都庁の助役であり、害虫駆除会社を営む阿(アー)(柳沢慎吾)や裏都知事のコテツ(康 芳夫)ら仲間たちの協力の下、マリアの監禁先を突き止めた久保塚と鈴木。だが駆け付けた時は既に遅し、無残にもマリアの命は絶たれた後だった。 マリアを殺害したのは、留学生崩れのアジア人犯罪組織「ダーティ・イエロー・ボーイズ」の周(須賀健太)と林(NOZOMU)だった。周と林はその後、誘拐事件の元締めであった誘拐事件の裏でふたりに銀行口座を貸した黒金組のチンピラ・横島までをも殺してしまう。 一方その頃、久保塚と鈴木はマリアが殺害された現場から逃げた若者ふたりが「ダーティ・イエロー・ボーイズ」の周と林であることを突き止めていた。その情報は、黒金組の若頭である伊佐久真人からもたらされたもの。さらに捜査を続けるうちに、とある国から来た不法滞在者たちによって作られた地下教会の存在が周と林の行方を追う唯一の手がかりであると知る。各地にある地下教会を片っ端から捜査する久保塚と鈴木だったが、その途中である理由から仲違い。そして、それぞれが単独で周と林を追うハメになってしまう。 周と林の足取りを追い、西へ西へと移動する久保塚、鈴木。そこに影のように付きまとう伊佐久らヤクザたち…。周と林が西へ向かう大きな目的とは!? 得体の知れない伊佐久の思惑とは!? 異邦人誘拐事件は、いつしか三つ巴戦となって壮絶を極め…。

「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」に投稿された感想・評価

ドラマ観てないので設定がわかりにくかったなあ。予習が必要。
おたば

おたばの感想・評価

2.3
【報われないし救われないどこにも何も残らない】

これドラマだったんですね…
それすら知らずに
DVDを入れたらレンタル情報でディアスポリスって出てくるから何かと思いました。

凄く個人的な感想を言うとこれは映画じゃなくて
長時間ドラマであって劇場に足を運ぶ必要は感じない作品だったと思います。
そんなに人気があったんなら映画じゃなくて特番枠でも良かったと思います。見ないけど

ドラマのファンが延長線上で見てやっぱりどうのこうのと語る為の作品
というか脚本。

ストーリーの中に何もないですし際立って面白いと思えるものも無いですし、見る必要はあんまり

オススメ度は32点
TK

TKの感想・評価

3.3
ん〰〰微妙!
全体的に胸糞悪い!そういう展開は嫌いじゃないけど、カラッとしすぎかな
松田翔太はいつも通りかっこよかった笑
ドラマも、見ようかしら笑
すずき

すずきの感想・評価

2.3
ドラマが良すぎたから、映画観たけど
全然面白くなかったわ、、
脇役と裏都庁がいーのに今回は場所違うし
よくわかんない(笑)

でも、須賀健太よかったし、
相変わらずしょちょーはかっこいい。
ねこは

ねこはの感想・評価

2.5
ドラマが面白かったし雰囲気あり過ぎでかなり気に入ってただけに無駄に期待度が高まりすぎてしまったのかもしれない。
映画だからこそのフィールドの広さで動き回るのは良いがもっと署長と愉快な仲間たちの絡みが欲しかった。
須賀健太くんも良いがもっと松田翔太のおとぼけみたいなのも見たかったのが正直な気持ち。
ラストもわりとぼんやりしてたから少し拍子抜け。
Ryou

Ryouの感想・評価

2.8
映画にしてまでやる内容ではなかったかな
終わり方もうーんって感じ
ドラマの方が雰囲気出てて良かった

しかし
須賀健太の怪演は見る価値ある 凄かった
うごー

うごーの感想・評価

2.0
外国人役の演技が酷くて見てられなかった
予告はすごく面白そうだったのに内容もいまひとつ
haru

haruの感想・評価

2.5
置いてきぼり。
ドラマは面白かったんだけどなー
途中から話がだれた。
asu69

asu69の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

基本:映画

思考:不必要

時間: 可

※大前提としてディアスポリスという職業が仕事として成立しているのか気になって内容が入ってこない。
原作の大ファンです。
今作を観ながら、実写版を受け付けなかった理由を思い出してしまった。久保塚のキャラクターがチャラけ過ぎています。だから、何が起こっても自業自得に見えちゃう。確か松田翔太が原作が大好きって事で実現した企画だったと記憶してるのですけど、彼にはこんな風に見えていたのですかね…。
そもそも、すぎむらしんいちの描くオフビート&物騒っていう独特の空気感は、そのまま実写にコンバートするのが困難なのだとは思います。まして、基本的に追跡する側で緊迫感の薄い本エピソードに於いては、いっそコメディ感は封印してしまってもよかったかもしれませんね。

映画を見終わってから原作を読み返したところ、意外なくらい原作通りで驚きました。
良くなっていた点は、(原作では単なるtrashだった)イエローボーイズが血の通う人間として描かれていたところ。彼らのたわいないじゃれ合いを見ているうちに感情移入してしまい、何とか救われる道はないのか?と思ってしまった。(あと、オムスの緩んだ肉体w)
悪くなっていた点は、結末をゴッソリ削って、なんとなくのイメージショットで終わらせたところ。原作のほろ苦い後味が台無しです。金庫の前で長々と踊ってる位なら、ちゃんとしたエンディングを描いて欲しかったなぁ…。

市街ロケのシーンは、どれも良かったです。白昼の住宅街の銃撃シーンも、妙に生々しくて良かった。良かったところも有るには有るんですよね。

ディアスポリスの作品世界が連載当時より明らかにリアルでダークに響くようになってしまったこの時勢に、このまま終わらせてしまうのは余りに勿体ないとも思います。出来る事なら続編を観てみたいな。
その時は真利子監督とかで…。
久保塚は池内博之でどうかな?地味?
>|