ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYSの作品情報・感想・評価

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS2016年製作の映画)

上映日:2016年09月03日

製作国:

上映時間:115分

2.9

あらすじ

東京にいるとされる約15万人の密入国異邦人・不法就労外国人たち。国を追われた難民たちですら、日本政府から難民認定を受けるのは至難の業。まともな仕事に就けずに生活は困窮する一方、犯罪に巻き込まれてしまったとしても日本の警察は助けちゃくれないという、過酷な状況下にあった。 そんな中でも、どうにかこの東京で生き延びようと懸命に日々を過ごす密入国異邦人たち。誰にも守ってもらえない彼らは、自らの手で自ら…

東京にいるとされる約15万人の密入国異邦人・不法就労外国人たち。国を追われた難民たちですら、日本政府から難民認定を受けるのは至難の業。まともな仕事に就けずに生活は困窮する一方、犯罪に巻き込まれてしまったとしても日本の警察は助けちゃくれないという、過酷な状況下にあった。 そんな中でも、どうにかこの東京で生き延びようと懸命に日々を過ごす密入国異邦人たち。誰にも守ってもらえない彼らは、自らの手で自らを守ろうと考えた。それが、密入国異邦人による密入国異邦人のための秘密組織、裏都庁の始まりだ。 裏都庁には日本の金融庁が関与しない銀行や、厚労省がタッチしない病院、そして警察組織「ディアスポリス」がある。ディアスポリスには日々、弱き異邦人たちが助けを求めて駆け込んで来る。そんな彼らを救うべく、久保塚早紀(松田翔太)はたった一人の異邦警察の警察官として日々奮闘していた。多数の言語を操り、戦いとなれば機転を利かせて鮮やかに敵をやっつける。年齢も国籍も一切不明と怪しいことこの上ないが、その圧倒的知性と深い情けを以て、異邦人たちから厚い信頼を得ていた。 そんなある日。今日も異邦人を守るため死闘を演じ、満身創痍の大怪我を負った久保塚だったが、3日間の昏倒の果てに復活し、仲間の異邦人たちとパーティに興じていた。そんな最中に起こった、裏都民の一人であるマリアの誘拐事件。久保塚は、上司にダマされて多額の横領事件を引き起こした末に裏都民となり、相棒となった鈴木(浜野謙太)と共に捜査に乗り出す。裏都庁の助役であり、害虫駆除会社を営む阿(アー)(柳沢慎吾)や裏都知事のコテツ(康 芳夫)ら仲間たちの協力の下、マリアの監禁先を突き止めた久保塚と鈴木。だが駆け付けた時は既に遅し、無残にもマリアの命は絶たれた後だった。

「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」に投稿された感想・評価

OT

OTの感想・評価

2.5
全体的に暗いというか切ないというか…まぁ結局何か解決したのかな?という後味の悪さ。
とりあえず松田翔太がやたらカッコイイ!最初から最後までカッコイイ!以上
正直期待はずれだった。
松田翔太がかっこよかった、ただそれだけの映画。
omi

omiの感想・評価

3.6
普通に良かった。後半は若干ダラついてたし暗すぎだけど。
所々であった子供じみた行動が、彼らの人間性を表現してたんだろなぁ。救いがないのもリアル。須賀くんの演技良い。松田翔太はまじかっこいい。ドラマも観たくなった。
松田翔太さんがほとんど喋らない(驚)

須賀健太さん、変態です。
狂ってる。

この須賀さん、好きでした!
ディアスポリスの松田翔太ほんとかっこよすぎ。傷だらけでふざけながらも熱くて情のある署長が似合い過ぎ。服装も雰囲気もあーほんとかっこい。まじ署長何ヶ国語喋れんの、素敵。何か腹立ってたのに最後しんみりして終わっちゃった。何とも言えない感情で切ない。ただディアスポリスの異邦人感すごい好き。
HONEY

HONEYの感想・評価

3.6
評価も低いし観た人も少ねぇ!普通に面白かったけどな。須賀健太がイイ!いい俳優になりました。今回は中国語も頑張ってたし!松田翔太はこういう傷だらけになりながらもクールで熱い男が似合う。ストーリーも切ない部分もあって良かった。真木蔵人が出す雰囲気がすげぇイイ。
Ayase

Ayaseの感想・評価

2.0
家で見たから、普通にドラマの続き的な感覚だった笑
終わった瞬間に「あ!これ、映画だった」って思い出したくらいだから、映画とかやらなくて、普通にドラマでやってもよかったんじゃないかなー。
内容的にはドラマよりも、わかりやすくてよかったけど。
無駄に長くてダラダラしすぎかな。終盤の取っ組み合いのシーンとか特に。マウント取ってはやく殴れよって思っちゃった。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.3
my映画館2016#70》原作漫画も連ドラも未見で挑戦したが、ドラマは見ておくべきだったかなぁと後悔。
そう、期待していた裏トーキョーが舞台ではないロードムービー仕立て、裏ケーサツの久保塚の活躍よりも犯人二人のやるせない狂気と切なさが印象的で、番外編的な佇まい。
欲を言えば、もっと神に意味を持たせて欲しかったが…監督が狙っていた活劇は楽しめた。
そして、松田翔太がナイスだが、それよりも須賀健太…悪役で新しい一面を見せている。
くま

くまの感想・評価

1.6
須賀健太の動機付けが甘くて最初から最後までまったく共感出来ずに終わった
>|