ジュリエッタの作品情報・感想・評価

ジュリエッタ2016年製作の映画)

Julieta

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘…

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘をもう一度、この手で抱きしめたい。母親としての激情に駆られたジュリエッタは、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始めるのだった……。

「ジュリエッタ」に投稿された感想・評価

アルモドヴァルの映画は寓話的な作りのなかで酷な話をするので不思議な感覚になる。

女優の入れ替わりとエンドタイトルの出方が秀逸
karo

karoの感想・評価

3.4
"女の話"

っていう感じですね。


好きですよ。


終わり方も好きですよ。
RYO

RYOの感想・評価

3.0
強く生きることの難しさ
あゆ

あゆの感想・評価

3.6
よかった!!!!!!!
いい話というわけではないけど、なんかすきだ
時間をかけなくても分かり合えることがある一方、時間をかけることにより分かり合えてくることもある。
人の幅が広がることによりわだかまりが消えていく時間は短くなる。
kentaro

kentaroの感想・評価

-
女(たちの)トリロジー

呪文、呪縛

ぜんぶゴミ箱に捨てればいいと思っている、それがいけない。
そして、それがいけないことに気づいていない、それがいけない。
タキ

タキの感想・評価

3.6
ペドロアルモドバル映画、好きです。でも今回はそんなに胸にこなかった。
maya

mayaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

チリチリパーマのおかん風家政婦が怖かった。ぶっきらぼうやし、愛想悪いし、右と左の目の大きさ違うし。しかも主人の留守中に来た客を家に残して帰るってどうなんだ、おかん!
旦那はもともと浮気性だったから生きていたらきっとまた浮気したはずだ。
それでもっとドロドロになって行く展開を期待してたのに、死んじゃって母と娘の仲を引き裂く展開に。
全然覚えてないけどオールアバウトマイマザーのほうが数段良かったような気がするなー。これはなんだか全然別物。
komika

komikaの感想・評価

3.0
なんか、自分の育児が不安になってきた、、、
>|