ジュリエッタの作品情報・感想・評価

ジュリエッタ2016年製作の映画)

Julieta

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘…

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘をもう一度、この手で抱きしめたい。母親としての激情に駆られたジュリエッタは、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始めるのだった……。

「ジュリエッタ」に投稿された感想・評価

くるみ

くるみの感想・評価

3.2
私は娘の気持ちにイマイチ感情移入出来なかった🤔
女性らしい弱さとか依存がリアルに表現されてて、繊細なシーンが多くて観終わったあとにジワジワきました…
色合いがとても好き!かわいい!
タオルの演出は思わず声出た!
iceblue

iceblueの感想・評価

3.5
初老の男性の自殺は彼女にとって不吉な暗示だったのだろうか?
 
娘はなぜ何も告げずに母の元を去ったのか。
母の気づかぬ娘の苦悩について。そして喪失のショックから立ち直れない母について。
女同士の共依存。親子だからわかりあえているという過信。実は親子って距離の取り方が難しいですよね。
身につまされるなぁ…
双方の立場から色々考えさせられる映画でした。
ShiNo

ShiNoの感想・評価

2.0
この監督の映画はいつも現実感が無くて、よくわからない。

みんな何を考えているんだか謎だ。
#2016-110
娘が突如自分の目の前から去った母親ジュリエッタの物語。色使いがアルモドバルらしいなと感じた。

ただ展開的にも、心理的にも腑に落ちないところが多々あった。
人間は人の自殺を見た後に性欲があるのか、その辺スペイン人にいつか聞いてみたい。
まぁ

まぁの感想・評価

3.6
母と娘の関係って…とても難しい…

娘の事を分かっている「つもり」だった母親…
だけど…娘の心の中までは…分からない…

(…私自身も…母との関係で経験した事があるから…とても分かる…涙)

…流石に…劇中のように12年も音信不通…というのはないけれど…
「身体も心も距離を置きたい」…って思った事はあったし…暫く、連絡をしない時期があった…

でも…やっぱり「血の繋がった」親子…

親はいつでも…子どもの事を心配し…気にかけているよね…(涙)
そして…娘も…一番に助けを求めるのは
「母親」…(涙)…(…私も…そうだった…)

親になって…親の気持ちが分かる…*

…女同士って…分かっているようで、
分かっていない部分って…多いと思う…
…(親には知られたくない事ってあるし…
話したくない事もあるし…
話さない事もある…)

この作品…この後はどうなるのかな?…っていう終わり方だったけれど…

親の心、子知らず
子の心、親知らず

12年間の「穴」が…氷が溶けるように…少しずつでも
埋まっていくと良いな…と…願い、望んで…♡
JUSA

JUSAの感想・評価

3.5
2018/02/01 thu. wowow

内容は良いんだけど、
重すぎて暗すぎて見た後辛くなる

インテリアが可愛い
特にバスルーム
haruharu

haruharuの感想・評価

3.4
しっくりこないなー、なんて思いながら観てたらいつの間にか映画の世界に引きずり込まれてました。この監督の作品はいつもそんな感じ。笑
娘の行動はさすがにやりすぎなのでは...
ni5ro

ni5roの感想・評価

3.8
娘に依存しない!
甘えすぎない‼︎

だから!
いなくならないでー( ;∀;)
ERI

ERIの感想・評価

3.7
キャスト達が着てる服装のセンスの良さ。インテリアのかわいさ。いちいちおしゃれだななんて思いながらペドロ・アルモドバルの世界に潜り込む。

少しだけ今日は体調が良くなくて、ゆったりまったり体を暖めながら観る作品としてはめちゃくちゃよかった。エンディングもいい。うっとりする色彩感覚とハイセンスな構図。今日観れて良かった。なんかわからないけど(元気になるような映画じゃないけど)気持ちがすっきり。映画のテンションと、上がりきらない自分のモードが妙に、合っていたのかもしれない。不思議な感覚。


マドリードで暮らしているジュリエッタは道端で出会った知り合いの女性から、娘の話を聞き驚きを隠せない。その時から、恋人とポルトガルで共に生きる予定を変更し、娘の存在に取り憑かれる。

そして手紙を書いた。音信の途絶えた娘アンティアに。青い封筒には破り捨てたアンティアとの写真。娘に会いたくてたまらない。

手紙を書きながら若かりし頃の自分を思い返す。列車から鹿が走るのが見えて、それはとても綺麗で、見惚れてしまう。そんなことにうっとりしている中、相席になった男性が突然命を絶った。自分のせい?という気持ちから抜けきれない。眠れないジュリエッタは、奥さんのいる男性に寂しさを紛らわせてしまう。そして子供ができた。

夫のショアンと娘のアンティアと暮らしていたけど、夫がアバとの浮気しているらしい苛立ちで喧嘩をふっかけた日、夫は嵐の中漁に出て帰らぬ人となった。夫の死はジュリエッタをどんどん孤独にした。鬱になり、娘に依存しすぎた母を置いてアンティアは姿を消した。母のいない道を選んで。

待てど待てど娘からの便りはなく受け入れられないまま時間だけが過ぎた。娘を忘れるためにマドリードに向かった。アンティアは12年間行方知れずで、親友のベアと会ったときも素知らぬふりをしていたと。

13年の月日が経ち届いた1通の手紙。差出人は娘アンティアからだった。娘は、母と同じ経験をして初めて1人の人間としての気持ちを知る。母と娘と、女と女。
fujiK

fujiKの感想・評価

2.5
スペインのこの監督の作品は、いつもその色彩で引き付けられる。
>|