ジュリエッタの作品情報・感想・評価・動画配信

『ジュリエッタ』に投稿された感想・評価

[] 80点

2016年カンヌ映画祭コンペ部門選出作品。ペドロ・アルモドバル長編20作目。アリス・マンローの短編集『Runaway』に収録された短編3本を原作としている。ここのところ変な映画ばかり…

>>続きを読む
knk

knkの感想・評価

3.9

人生は一瞬の選択の連続、縁の始まりでありズレの始まり。スペインは日本とまるで違うから心的距離は遠かったが逆説的に繊細な人程ハマるのかも。小学生の時、比較が起こりにくく助け合いやすい自分と正反対の性質…

>>続きを読む
kenjii

kenjiiの感想・評価

4.3

オープニング最高👏ラスト最高👏
こうしなかったら絶対こうならなかったよねって持ってくの、毎度超グッとくるね。
ちゃんと伏線もあって。
アルモドバル先生と呼びます。
「あなたの不在で破壊されていく私」…

>>続きを読む
TMYKYMD

TMYKYMDの感想・評価

3.4
Knollのチェア
アルテミデのランプ
テーブルがわからない

インテリアが最高のシーンがあるスペイン映画
2023.12.19
#2102
色々と謎が解けていない。
こういう映画はそれでいいのか?
K

Kの感想・評価

2.5

母と娘の12年分の行き違いを埋める手紙。

その中には、母の人生の中でのたくさんの行き違いが記されている。あの人にああしていれば、あの人とこういう関係を築いていれば。その1つ1つの行き違いがあってこ…

>>続きを読む

12年間音信不通だった娘アンティアを見かけたと知人に聞き手紙を書き始める母ジュリエッタを描いていく映画
ジュリエッタの現在と過去が交錯して描かれていたのが印象的
ほぼ劇中でアンティアは登場させずジュ…

>>続きを読む
悲しい…
誰も悪くないのに😞

堕ちていくジュリエッタをみるのはつらかった
アンティアも子供を失ってジュリエッタの気持ちに気づくとは
なんかすごい似てるよねこのふたり

Carne trémulaから名作しかないペドロ・アルモドバルだが、そんな彼の作品群から俺が1つ選ぶならこれかな(と書きつつ正確にはひとつに絞れるわけないから、続いてPain and GloryにT…

>>続きを読む
北斗星

北斗星の感想・評価

3.6


監督が若い頃創った作品に比べると、静かな悲しみがやってくる。
そして愛や慈しみも…


ストーリーは割と入り組んでいる。

女優陣がみな美しい!監督の女性賛歌。
特にこのジュリエッタ役(現在)のエ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事