ジュリエッタの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジュリエッタ」に投稿された感想・評価

Mshi

Mshiの感想・評価

3.8
何も言われないで消えられる悲しさもあるけど、消える自由もあるんだな。母娘悲しいけど最後まで繋がらないところにペドロの人間愛と公平性を感じる。個人主義では全然なくて人間全体に愛がある! 間違ったり失敗するのも人間だけど、まぁひとつボタンをかけ違えると周りから崩れてくよね、、、

家族や親友は絶対愛さねばいけないというある意味信仰を全否定せずに皮肉るラスト。ただその皮肉のなかにもひと匙の未来への希望があって、それが劇なんだけど、感動させにいってないし、こういう選択肢もありなんだよって見せてくれて、毎回ペドロみてよかったなぁってなる。とにかく生きるしかないならがんばろっとおもえる
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.0
この作品は母国では共感を得ているのだろうか。
スペイン人って自由過ぎる…
成り行きと偶然と哀しみと…🛤イングリッシュペイシェントみたいな回想の美しさがありながら、ちょこちょこ不穏な空気出してくる。キッチンのタイルとか街並みとか、スペインオシャレ🐟
相手の立場になって初めて…というのはとても共感しやすいし、手紙はジュリエッタの主観だから他の人たちからみるとまた思うこともあるんだろうという引き。すばらしい。
yum

yumの感想・評価

3.5
相変わらず監督色強い愛のドラマを魅せてくれる。細やかな演技演出が素敵だった。スペイン満喫。
青夢

青夢の感想・評価

5.0
#Julieta #PedroAlmodóvar #ペドロアルモドバル
 
ペドロアルモドバル監督の作品には 必ず赤い車が出てきます 
今のところ100パー🚗💨💨💨💨
早稲田松竹で『トーク・トゥ・ハー』との二本立てで観た。
正直、『トーク・…』の方が心に残った。
よくある話で、そのよくある内容をしっかり作り込んであるとは思うのだけれど。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アルモドバルの作品って、重厚な壁の円筒みたいw
作品によってだけど。
何がありそうな重厚な作りなのに、中身は空洞、的なww
いろいろ思わせぶりなのに、ただの子供の遅れた反抗期?w

ママは娘の青春時代を全部世話させて、楽しんだんだし、娘は最後に母のありがたみがわかったんだから、はい、よかったよかったw

色使いは流石のアルモドバル。
ヒロインの衣装はどれも素敵だし、ヒロインママが寝たきりから起きた時の衣装なんて❤️
ママの若い時と年取った時の女優さん、2人とも綺麗〜。
特に若い時のブルーのセーター、ブルーのタイツのスタイルはあの人しか出来ないw
でも男はハゲかモジャモジャって、バランスよww
キッチンのシェル×フィッシュ柄の壁が可愛すぎ♥︎(青×白ベース)
ここで終わり!?!って所で終了…
終わってから、あ、そういう所が肝だったのね…と逆算させられるやつ…
インパクトあるのは、あの置物のみ…

2018.06.05レンタルDVD*字幕
MikahJay

MikahJayの感想・評価

3.6
面白く観たけれど、なにが言いたいかはわからなかった…。
「子の心親知らず」「歴史は繰り返す」「ラテン男はヤリチン」こういうこと?
年取ってからのジュリエッタが岡本麗ににている
Hisako

Hisakoの感想・評価

4.0
エンドロールで最初に流れたチャベーラの曲で一気に鳥肌がたった。いくら距離が近づこうと人間関係って一方通行になってしまうことばかり。相手のことを考えて起こした言動でも、それが相手にとってただの迷惑だとしたらその「思いやり」は成立しない。わたしの人生も常にそんなことの繰り返しだなぁ。

それでも時を経て、何かのキッカケを通じてその思いやりの意味に初めて気づくこともある。このかすかな希望を信じていたいなって思う。
>|

あなたにおすすめの記事