ジュリエッタ(2016年製作の映画)

Julieta

上映日:2016年11月05日

製作国:
  • スペイン
  • / 上映時間:99分
    監督
    ペドロ・アルモドバル
    脚本
    ペドロ・アルモドバル
    キャスト
    アドリアーナ・ウガルテ
    インマ・クエスタ
    ロッシ・デ・パルマ
    あらすじ
    スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘をもう一度、この手で抱きしめたい。母親としての激情に駆られたジュリエッタは、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始めるのだった……。

    「ジュリエッタ」に投稿された感想・レビュー

    E
    Eの感想・レビュー
    2017/05/20
    3.9
    大切な人にひどいことは言わないようにしよう。
    Sunny
    Sunnyの感想・レビュー
    2017/05/20
    3.5
    始まりと終わりがオシャレで好き。

    全然好きになれない憎たらしかったりうざったいキャラが出てきてイライラすると、あぁ演技うまいよなぁって感心するよね…

    初名画座二本立て、名画座の雰囲気好きになった。
    abc
    abcの感想・レビュー
    2017/05/18
    -
    2017.5.18 キネカ大森
    たつろう
    たつろうの感想・レビュー
    2017/05/16
    4.5
    大切な人が瞑想に3ヶ月行くときは全力で止めてください
    切り身ちゃん
    切り身ちゃんの感想・レビュー
    2017/05/14
    1.5
    •ストーリー★☆☆☆☆
    •キャラ★☆☆☆☆
    •テンポ★☆☆☆☆
    •演出★★☆☆☆
    •音楽★★☆☆☆☆
    •百合ですか百合なんですか??★★★★★

    イラつかない登場人物の方が少ない無責任モメサ寄せ鍋映画
    あと問題点多すぎ風呂敷広げすぎとっちらかりすぎで
    高尚というわけでもなく観ていて困惑した

    主人公←気まぐれ無責任の依存心強い系毒親
    家政婦←最悪のモメサ
    父親←要介護奥さんほっぽといて浮気クズ
    元夫←無神経何もわかっちゃいない
    娘←宗教狂い自分勝手

    鬱病に苦しむ主人公がお風呂から上がる時
    まだローティーンの娘と娘の友達にお世話してもらうシーンのおぞましさは流石だったので+0.5

    それにしてもギンレイホールさんここのところ「えっ…?」って映画多めで、「趣味合わないのかな…感性の違いかあ」と思ってたけど
    これに関しては「なんで選んだんです?」と思う
    ペドロ•アルモドバルという巨匠じゃなくても名画だと思いました?
    Hikaru
    Hikaruの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.2
    飛行機の中で鑑賞、ドキドキした
    みんみん
    みんみんの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.5
    思ったよりさらっと見れた。
    もっと癖があるかと思ってたけど。
    色使いが最高
    MarikoArai
    MarikoAraiの感想・レビュー
    2017/05/12
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    ギンレイで鑑賞。
    赤と青の色彩が印象的。ロッシデパルマが健在で嬉しい。
    ここからは内容とほぼ関係なし。不快な言い回しがあるのでネタバレにした。
    私の経験上、人は若くして家族や親しいひとを失うとなぜか自分を責めがちである。
    ほぼ因果関係はないのだがなぜか自分があの時こうしていれば、とか、こうしなければと苛み続けるものだ。だから私はある種「早く死ねばいいのに」と思われることは人間のレベルを上げることなんじゃないかと思う。
    K
    Kの感想・レビュー
    2017/05/11
    3.2
    放任主義で育った俺には共感できない。
    できないけどなんだかすごい話な気がするから、子供ができたら見よう。
    母の日近くに見るんじゃなかった。
    >|