ジュリエッタの作品情報・感想・評価

ジュリエッタ2016年製作の映画)

Julieta

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘…

スペインのマドリードでひとりで暮らしているジュリエッタは、美しく洗練された容姿の中年女性だが、自分を心から愛してくれている恋人ロレンソにも打ち明けられない苦悩を内に秘めていた。そんなある日、ジュリエッタは偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、目眩を覚えるほどの衝撃を受ける。ひとり娘のアンティアは、12年前に理由さえ語らぬままジュリエッタの前から突然消えてしまったのだ。最愛の娘をもう一度、この手で抱きしめたい。母親としての激情に駆られたジュリエッタは、心の奥底に封印していた過去と向き合い、今どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始めるのだった……。

「ジュリエッタ」に投稿された感想・評価

RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.8
悲しい現実がたくさんの内容だったけれど、きちんと希望も見出だせる作品でした。

子供心は親が思うより多感なんです。
映像が綺麗だったのは覚えてるけど、、
途中で寝ちゃった!!!
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
時代で髪型や服装変わるので進行は分かりやすいけどまるっきり別人格になっちゃってるぐらいの感じがするしキャラがフワフワ定まらないから全然主人公好きになれないけどその揺らいでる女性の頼りない感じを表しているということだろうか。
個性がハッキリしてるアバことインマ・クエスタさんも主人公と対比なんだろうけど完全にインマさんのほう好きになっちゃうしな。
監督作にしてはエグ味も少ない感じだなと思ってたから事故るとこはYES!と声出た。
赤を使うのも全然さり気なくなくて出た赤!はい赤!また赤!みたいな感じ。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
久し振りのアルモドバルだ〜これDVD出た時から見たかったけどズルズル待ち結局旧作になってた笑

アルモドバルの作品群の中で「神経衰弱ぎりぎりの女たち」辺りまでが初期、「ハイヒール」「キカ」が中期、「オールアバウトマイマザー」から「私が、生きる肌」までが円熟期だとしたらこの「ジュリエッタ」はアルモドバルの終期とまでは行かないが、終期に向かうようなどっしりとして落ち着いた雰囲気を感じた。それまでの作品ほど衝撃度は低いし割と地味な話なんだけど、逆に1人の女性の人生を深く捉えていると思う。アルモドバルも今年66歳か〜って、まだ66⁉︎⁉︎あと40年くらい生きれるじゃん⁉︎……終期とか言っちゃったけど、まだまだアルモドバルのキャリア続きそうだな笑すみません笑

てかな〜!あのロッシデパルマ様が家政婦のおばちゃん役〜!!わ、もうそんなに年月が経つのか、、とびっくり…相変わらず強烈な印象なんだけど、少しマイルドになったような気が…この映画のキャラ的にはものすごいんだけどね笑

やっぱアルモドバルの色使いはんぱねえ〜〜〜〜どこかに赤か青があるね。でも嫌にならない派手さだからセンスがあるんだろうな…いつも個性的な女性を美しく映すのが素敵です!!

ラストの終わり方もとてもいい
あとさ、「julieta」ってスペイン語読みだと「フリエッタ」なの軽くショックじゃない?笑
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

3.3
自ら〝悲しみ〟を知ってこそ、初めてその〝悲しみ〟を理解する。

罪悪感から堕ちいる現実逃避は何も解決せず、最愛の人さえ遠ざけてしまう。

誰が悪い訳ではない。

起こるべくして起こった現実は、悲しみを噛み締め現実を生き抜く事を願いたい…ジュリエッタ..★,
taku

takuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

12年前に突然姿を消した娘の事をただ思い続け深い心の傷を負っている女性、ジュリエッタの話。

物語はジュリエッタが引越しのための荷造りをしているところから始まる。恋人のロレンソとポルトガルへ行くためだ。長年住んだマドリッドを離れる覚悟を決めていた彼女。しかし翌日、知人から娘のアンティアと偶然会ったと言われたことから、蓋を閉めかけていた心が再び開く。
アンティアは12年前に突然姿を消したきり行方も分からなかったのだ。

そこから現在と過去のジュリエッタが交錯するように物語は進んでいく。

若きジュリエッタは、ある事故をきっかけにショアンという男性と知り合い恋に落ちる。やがて結婚しアンティアが生まれるが、ある日ショアンと友人のアバの関係を疑い口論になったあと、ショアンは不慮の死を遂げてしまう。アンティアに死の本当の理由を告げないまま過ごしてきたが、夫を亡くし落ち込むジュリエッタを懸命にアンティアは支える。しかし、大人になった彼女は突然姿を消した。実はアンティアは全て知っていたのだ…。

罪悪感。これがこの映画のキーワードと感じる。ジュリエッタは当時妻のいたショアンと関係を持った直後に、妻が亡くなり結婚することになる。一方、自分の父親が母親を病気扱いし浮気をしていることにひどく嫌悪感を覚えていた。そのため、ショアンがアバと関係を持っているのではということが許せなかった。しかしショアンの気持ちも聞かないまま彼は亡くなってしまった。自分も同じようなことをしてショアンを手に入れたのに、自分のことを棚に上げ他人ばかりを責めた結果の悲劇。ジュリエッタは罪悪感を持つようになった。
しかも父親が死んだ本当の理由を知った娘のアンティアにもその罪悪感が映っていた。そしてその罪悪感に耐えられなくなって姿を消したというのが物語の真相だ。

個人的にはアンティアが罪悪感を抱えるまでの動機が伝わりにくいと思っていたが、ラストでの彼女からの手紙に、自分も子供を事故で亡くしたことで、悲しみに暮れていたジュリエッタの気持ちがようやく理解できたという言葉があった。そこに彼女の失踪の理由が全て込められているのだと思う。

盛り上がりには欠けるが、母として女性としての苦しみを描くのはアルモドバル監督の得意とするところで、今作にもそれが発揮されていた。
また、全編に渡って色彩の使い方が鮮やかだったのが印象的だった。
アルモドバルさんの
色彩感覚とか湿度みたいなの
が本当に好き

ジュリエッタキレイ。
miho

mihoの感想・評価

3.6
うーむ、辛いなこれ。愛する娘が突然
自分の前から消えて十数年もだなんて。

幸せになれそうな家族なのに。
全ては運命だから、と言われて
しまえばあぁ、そうか...としか
言えないけれどね。

ラストは救いになったけど
もっと観たかった。
アルモドバル監督的には
それは野暮なんだろうけど。
MURANO

MURANOの感想・評価

2.9
12年前に失踪した娘を思う母親の、その人生。純粋に、いい話だな、とは思った。

だけど、アルモドバルの映画に単なるいい話なんて求めてないわけで(笑)

時折見せる色彩美でアルモドバル印を刻む以外は、角がなくまとまってる普通の作品。

すべての監督作で変態と芸術を融合させてほしい!とまでは求めないけど、どうにも物足りなく感じるという…。

やはり、母子の繋がりの話だと、『オール・アバウト・マイ・マザー』や『ボルベール』のような女の強さが描かれてないのが残念。

ジュリエッタさん、タイトルになってるくせに、あまりに感傷的で内向的で弱すぎるよ。
Lily

Lilyの感想・評価

4.0
親子愛に弱いのでずっと見るのをためらってた映画。
思ってた以上にズシーン!!w

13年間も行方をくらましてた娘が息子を失って初めて親の気持ちを知り、やっと母親に手紙を書いた。
会ってどーなったんだろ〜〜〜

ジュリエッタの身にかかる不幸がなかなか強烈。
それと街並み、インテリア、ファッションが好き。
>|