人間の値打ちの作品情報・感想・評価

人間の値打ち2013年製作の映画)

Il capitale umano

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

ミラノ郊外の豪奢な邸宅を舞台に、人びとの欲望が複雑に交錯する――。 人間の真の価値とは何かを問う、ラグジュアリー・サスペンス クリスマスイヴ前夜、イタリア・ミラノ郊外で起こった一件のひき逃げ事故。 この事故をきっかけに、経済格差のある3つの家庭に隠された秘密があばかれてゆく。 その夜、誰が誰と一緒にいたのか、真実を知るのは誰なのか・・・・・・。 ミラノ郊外の高級リゾート地、コモ湖の…

ミラノ郊外の豪奢な邸宅を舞台に、人びとの欲望が複雑に交錯する――。 人間の真の価値とは何かを問う、ラグジュアリー・サスペンス クリスマスイヴ前夜、イタリア・ミラノ郊外で起こった一件のひき逃げ事故。 この事故をきっかけに、経済格差のある3つの家庭に隠された秘密があばかれてゆく。 その夜、誰が誰と一緒にいたのか、真実を知るのは誰なのか・・・・・・。 ミラノ郊外の高級リゾート地、コモ湖のほとりにそびえたつ豪奢な邸宅を舞台に、 人間たちの欲望がうごめき、交錯し、やがて彼らに秘められた謎がゆっくりと紐解かれてゆく――。

「人間の値打ち」に投稿された感想・評価

2016年11月8日、渋谷Bunkamuraのル・シネマ2にて鑑賞。

実に素晴らしい映画だった。
映画チラシ等に記載されている「ラグジュアリー・サスペンス」という言葉は聞き慣れないものであったが、4章から成るこの映画、それぞれの物語がつながり見事。

第一章「ディーノ」、第二章「カルラ」、第三章「セレーナ」、第四章「エピローグ(だったかな?)」の4つの物語。

「本当に素晴らしい映画を観た」と思いながら映画館を出てくるのはイイものであり、こうした快感を味わえるから映画館に足が向いてしまうのだ。

<映倫No.46905>
ミステリー。
全体的にでてくる人みんなクズだった笑
タイトルの意味はわかったけど大半がタイトルとは違う話
まあおもしろかった。
hate

hateの感想・評価

4.0
何気なく観たけれどなかなかの良作。

人間の値打ちはみんな同じか。みんな同じだよと簡単に言えるものなのか、どうか。同じじゃないからこそ、みんなそれなりに幸せなのかもしれない。

170930観。
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.0
最後、拍子抜け!
まさかそことタイトルリンクする内容?笑

タイトルと内容がもっと違った
深い内容やと思ってた!

それぞれの欲望がさらに複雑にしてた。
でもそれぞれ主人公の視点で見れるように映像展開なってる
映画の作り方は面白かった!
同じ状況の時それぞれの視点にたつと
感じることが違うからなんか不思議。

このレビューはネタバレを含みます

各人の運命のデッドロック感が面白い。暗いけど面白い系。
non

nonの感想・評価

-
金持ちだろうと
貧乏だろうと
人間なのは、
その『質』はかわらない。
だけど、
値段をつけるとしたら…

恐ろしかった。
けど、確かにこれが現実。

ひとは、ときに
値段をつけられる。




ディーノ下衆すぎて
胸くそわるい。
寂々兵

寂々兵の感想・評価

2.8
イタリア映画祭2015で上映されてた頃から楽しみにしていた。ファルハディの『別離』みたいに複数の家族間で生じる軋轢から社会問題(というと大仰だが)が浮かび上がってくる話なんだが、始終ピリピリしていて容赦ないあちらに比べていまいちダラダラと弛緩しているこの感じはお国柄の違いなんだろうと適当なことを言っておく。登場人物のエゴむき出しっぷりはどちらも凄いが、中でも外見からして生理的にキツい銭ゲバオヤジの醜態たるや凄まじく、弱みを握った美人セレブ妻に「秘密を教えてほしかったら金よこせ!あとキスしてくれ」と言い出したのには超笑った。しかしエンドロール前のアレは多分監督がもっとも提起したかったことなんだろうが、それをダラダラと文章で説明しちゃダメだろう。
potato

potatoの感想・評価

3.6
第1章ディーノ クソ親父
第2章カルラ セレブ妻
第3章セレーナ 娘

同じ時間をそれぞれの視点で描いてて、この時こうやったんやーとか徐々に分かって面白かった。

アホやからネットで調べたら21万ユーロは約2800万円。98万ユーロは1億3000万円。ほほぅ。なるほど。金額わかると更にずしっときた。人間の値打ち。

セレーナが好きな人を守ろうとしてる姿だけが唯一綺麗に見えた。カルラは結局幸せではなさそうやった。お金があれば色んな問題は解決できるのかもしれんけど、だから幸せというわけではないんだね。ラストのセレーナの笑顔でホッとした。
ほしの

ほしのの感想・評価

4.9
人間が普段被っているつもりの、それはそれで醜い「皮」がはがされていき、欲どしさや軽率さ、弱さ、ゲスさがどんどんあらわになっていく様がとても面白かった。

ゲスさとうわべが様々な濃淡で交錯する世界。割りを食うのは、たまたま運が悪かった人。

観終わって、いろんな意味で、腹がすわった。ような気がした。

構図がバキッと決まった画面の手前と奥での人の動きとか、ドシっとした構図の割りに人の浅はかな右往左往っぷりがいちいち面白かった。
ひとつの事故とその結末を事故に絡む4つの視点から別々に描いた、ある意味、オムニバス的作品❗

娘の父親の自分勝手なクズぶりが、オイラにゎ鼻につくクソセレブ達より際立って見えたな

エンドロールに出てくる保険会社の慰謝料を算出する「人的資本」=「人間の値打ち」が邦題になっているが、ラストのセレーナ&ルカの微笑みが本当の人間の値打ちを物語っているね🎵

(⌒⌒)
>|