ビッグ・アイズの作品情報・感想・評価

ビッグ・アイズ2014年製作の映画)

Big Eyes

上映日:2015年01月23日

製作国:

3.5

あらすじ

内気で口下手なマーガレット。 彼女の描く悲しげな大きな瞳の子供たちの絵は、1960年代に世界中で大ブームを巻き起こした。 ──ただし、夫のウォルターの絵として── 富と名声。両方を手にしたふたり。 しかし、マーガレットは真実を公表し闘うと決心する。 なぜ彼女は、夫の言いなりになったのか? なぜ彼女は、全てを捨てると決めたのか? アート界を揺るがす大スキャンダルの行方は──?

「ビッグ・アイズ」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ウォルターと言う男、最期まで「ビッグ・アイズ」は自分が描いた絵だと主張するなんてイカれたやつ。
裁判で、マーガレットが絵を描くシーンは観ててスカッとした。
kazco

kazcoの感想・評価

3.8
一見いつものティムバートン色はあまりないが、というかマーガレットの描くビッグアイズそのものがティムバートンとの親和性高すぎるんだけど、人の内面の心理描写とか陰と陽の落差とかはティムバートンの映画って感じがする。
マーガレットが家出即ホノルルの太陽燦々みたいな。
旦那のキーンは才能のない人間の最悪の末路というか、弁護のしようがないけどそれでも美大に通っていた頃は純粋に芸術が好きな時代もあったのだろうと考えると、かわいそうだね。
日本音楽界でゴーストライターなるものの存在が騒がれたのは記憶に新しい。
本作では、原作者がゴーストペインターになった経緯や苦悩、そこから真実の公表に至るまでが語られている。


小さな嘘が積み重なることで、こういった事件に進展しまうのは恐ろしいと思った。
まさに身から出た錆である。

最初一歩を踏み出す僅かな勇気さえあれば、防ぐことができただろう。
しかし、世の中そんな勇気を持っている人ばかりではない。私が知らないだけで、易きに流された結果、事件に至るケースも多いのだろう。
人間誰しも失敗はある。失敗に気がつき、自身の過ちを認められる人は成長していくと思う。
清く、正しく、美しく。私もそうでありたい。


エイミー・アダムスの出ている映画をまた観たいな~(*´-`)
ウォルター嫌なやつすぎて。。😢
展開気になりすぎてあっという間の100分だった!
Uendi

Uendiの感想・評価

2.9
-綺麗な景色と思いきやめっちゃティム・バートンな内容だった。
-クリストファ・ヴァルツの笑顔マジで怖い...ティム・バートン映画キャラスマイル...
-内容あまりちゃんと見てなかったけど、最初からウォルターめっちゃ色々怖く感じたけどめっちゃ予想合ってた、自分の感怖っ
-けどいるよね、自分の手柄と周りに言いふらす人
とことんクズ男だなまったく!!、!
これ当時生きてたらほんとうに大スキャンダルだったんだろうなあ

とにかく行動力ってだいじ、、、
ウォルターが気持ちいいぐらい嫌な奴!!!笑
マッチ投げるシーン怖かった、、、
ラストはスッキリ!!!
これが実話とは!
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
実話!展開が面白い!
娘の存在がいいね👍

エイミーアダムスの瞳の色綺麗すぎる…💘
saori

saoriの感想・評価

3.3
23 実話、、、ゴーストライターの存在はいつの時代にも蔓延ってしまっている、、、涙
実話だけどティムバートン色全開で、ゾッとするシーンもあり、ご本人のカメオ出演もあり、バートンのビッグアイズシリーズへの愛を感じた
ラナデルレイのI can flyがとてもいい…
>|