ビッグ・アイズの作品情報・感想・評価

ビッグ・アイズ2014年製作の映画)

Big Eyes

上映日:2015年01月23日

製作国:

3.5

あらすじ

内気で口下手なマーガレット。 彼女の描く悲しげな大きな瞳の子供たちの絵は、1960年代に世界中で大ブームを巻き起こした。 ──ただし、夫のウォルターの絵として── 富と名声。両方を手にしたふたり。 しかし、マーガレットは真実を公表し闘うと決心する。 なぜ彼女は、夫の言いなりになったのか? なぜ彼女は、全てを捨てると決めたのか? アート界を揺るがす大スキャンダルの行方は──?

「ビッグ・アイズ」に投稿された感想・評価

KahoOyama

KahoOyamaの感想・評価

3.6
絵が印象的で見入っちゃう。
自分の作品を自分のものとして出せないなんて絶対やだw
piii

piiiの感想・評価

4.5
この大きな目を描く画家さんのお話です。
絵綺麗だし、見やすかった。
Maki

Makiの感想・評価

3.8
実在の事件だということに驚きました...

そして、こんなにムカつく悪役は久々でした(笑)クリストフ・ヴァルツが上手に演じていたと思います。
なかなか反撃に出れず、ずっと夫の言いなりだったエイミーアダムス演じる奥さんにも若干モヤモヤしてしまいました!
裁判の場面でようやくスカッとできた。

ティムバートン作品ならではの色遣いが美しかったです。ファンタジー色は全くないので、その点においても(実話を扱う本作に関しては)良かったと思います。
camille

camilleの感想・評価

3.3
大きな目の絵に惹かれて見た作品。
いい意味でティムバートンっぽくなかったです。

嘘はつき続ければ自分をも苦しめ、それに脅されながら生きる人生。これがノンフィクションだったと思うと震える。
見終わってから本家のマーガレットがどんな人なのか気になって調べてしまう映画
Mika

Mikaの感想・評価

3.6
欲のために走る人はすごく怖かったです
実話だったなんて、、、
juri

juriの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

周りの人の目や自分の目がbig eyesに見えてしまう演出すき
ウォルターの1人での自身弁護のシーン狂いすぎてて面白かった 最後まで小賢しい
ますみ

ますみの感想・評価

3.2
母はつよい

内容は浅め
女性の感情ものあまり好きじゃないけどこれおもしろかった
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2016/1/3鑑賞。離婚して人物画を売りながら暮らすマーガレットは、風景画家のウォルターと出会い、結婚する事になる。ふとした事からマーガレットの「ビッグアイズ」が注目されると、ウォルターは「これは自分の作品だ」と言い始め、ビッグアイズは大ブームになる…という話。近年のバートン作品常連のジョニデもヘレナ・ボナム・カーターも出ていませんが、エイミー・アダムスとクリストフ・ヴァルツのコンビは見事な配役でした。少し盛り上がりに欠けるのは否めないですが、中盤のウォルターのクズっぷりからの裁判シーンは楽しめました。 70点。
maruco

marucoの感想・評価

3.2
面白かった。
アートとは。愛とは。金とは。あらゆるものは一瞬で狂気とかわることもある。
そんの映画でした。
ウタ

ウタの感想・評価

3.5
想像以上に面白かった!

流石のティムの作品なだけあって色彩豊か!画面全てがキラキラと輝いていました。
「絵には個性が出るのよ」自分を切り売りしているから批判されたら悲しいし、生みの苦しみはあるけど、それが評価されたら凄く嬉しいですよね。

マーガレットはウォルターに支配されていたけど、彼がいなければ彼女の才能が世に出ることはなかったし、お互い無い物を補って彼が彼女への敬意を忘れなければ、今も上手くいっていたかもしれない。

才能があっても環境が伴わない人、逆でも難しい。
色々考えさせられました。

人は皆、己の王であれ!
>|