ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命のネタバレレビュー・内容・結末

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ユダヤ人がこの先どのような目に遭うのかを知ってる人にとっては、何も知らされず汽車に乗せられて行くシーンは観ていて辛かった。小さい子供がヤンに汽車に乗せてもらうために並んでるシーンは特に。
だからこそ、ドイツ軍に見つからないようにという緊張感をより感じたのだと思う。

初めは友人だけを匿っていたけど、あの状況下で他の協力者と共に動物園でユダヤ人を匿って外に逃していたジャビンスキ夫妻はすごい。さらにエンドロールでワルシャワ動物園が現在も営業しているのを知って胸が熱くなった。

ジェシカチャステインを知ったのが女神の見えざる手からで、すごく遅かったけど、女神の〜から立て続けに素晴らしい演技を観れて良かった。
可もなく不可もなく、よくできた実話ベースの映画でした。あと個人的には良かったところと「ん?」ってところがはっきりした映画でもあったかな…

以下良かったところ。
まず動物たちの「演技」が素晴らしかった。最初は「CG???」って思ったくらい演技が上手かったです。赤ちゃんゾウとかはさすがにCGというか、よくできたロボットとかな気がするけど…。恐らく動物のトレーナーさんがとても優秀なんだろうな…
だからこそ動物園の爆撃シーンや、動物たちが園外に逃げ出さないよう射殺するシーンは心が痛かったです。

あとは役者陣が大人も子供もみんな良かったです。
ジェシカ・チャステインは本当にどんな役を演じても様になりますね…!役を自分のものにしてるなーと思います。
つい数ヶ月前に公開された「女神の見えざる手」では、あんなにクールな女性だったのに、今回は母性愛に満ちた天使のような女性で、その振れ幅の広さに改めて驚きました。

アントニーナの旦那さん、ヤン役の俳優さんも見たことのない方でしたが素晴らしかったです。正直見た目があまりパッとしないんですが(超失礼←)、アントニーナ同様、人間にも動物にも優しい、とても愛に溢れた人柄の表現が上手かったです。

そしてヘック役のダニエル・ブリュール!!「ラッシュ プライドと友情」で初めて見てから、何だかんだで出演作を見てる気がします。
彼は悪役を演じていても、最後の最後で人間味が溢れてしまうイメージがあります。
今回も最後にアントニーナの息子を射殺…するフリをしたり、アントニーナたちがユダヤ人を逃していたことも、本来なら死刑に処すべきところを最終的には全て見なかったことにしていました。
息子を射殺するフリをして、一瞬でもアントニーナを生き地獄に落としたのは、彼女が自分に色目を使って情報を引き出そうとしたことや、多くのユダヤ人を逃したことを引っくるめて与えた彼なりの罰だったのでしょうか…

さて以下はイマイチだったところです。
まずは途中やたら端折りすぎな件。
特にビビったのは、いきなり妊婦になって30秒後に出産してたアントニーナ。笑
まぁ…確かに「伏線」となるシーンはあったけどさ…(←おい)
特に後半は物語がいきなりスピードアップして進んでた印象でした。もう少し丁寧に進めてほしかったなぁ…。

あと捕虜になった旦那の情報を探るため、アントニーナがヘックに会うシーン。
完全に誘惑する体で乗り込んだアントニーナでしたが、惚れた女にあんなことされたらそりゃ怒りますよ…
あれはきっと映画用のエピソードだと思いますが、敵国の、しかも自分に惚れてる男にあんなことをしたら、自分たちの身に危険が迫るかもって分かるでしょ…ってことで、このシーンはアントニーナの行動がイマイチ腑に落ちませんでした。

でも概ね良い映画でした!
戦争中であってもこういう勇気ある人たちはいたんだなぁ…
 第二次大戦中のポーランドのワルシャワで動物園を営む家族がナチスに迫害されるユダヤ人をかくまって頑張る話。

 冒頭の動物園の日常から動物たちの演技が素晴らしくて特殊撮影なのかアニマルトレーナーさんの仕事が凄いのか、映画の臨場感をあげていてよかったです。

 すぐに戦争が始まってポーランドはドイツに占領されてしまって、1人のユダヤ人をかくまったことから、しだいに大勢のユダヤ人をかくまい脱出させることになっていって。動物園を管理するナチスの学者さんにバレるかバレないかサスペンスがあったりして…。

 女性たちの物語で静かに熱く戦う主人公の姿もよくて、かつホロコーストやワルシャワ蜂起の勉強にもなって退屈せずに見られる120分でした。

 ただ、幾度となく映画で描かれてきたユダヤ人迫害ものの王道を行く展開で、それ以上でもそれ以下でもなかったです。あらすじどおりのことしか起こらず新鮮さみたいなものが全くなくて真面目すぎる印象の映画で面白みに欠けている印象でした。

 とはいえ、画作りも役者さんもみなさん素晴らしくて当然だけど「戦争、ダメゼッタイ」と感じさせてくれる映画でした。
2018年劇場鑑賞2本目

1939年9月1日
そのテロップを見ると一瞬恐怖でゾッとする感じと心臓の鼓動が早くなる。『戦場のピアニスト』を観た時も同じだった。ポーランド侵攻、第二次世界大戦の始まり。

ナチスドイツのユダヤ人迫害を描いた映画はどんな作品を観ても辛くて涙が出るか心を抉られて暫く放心してしまう。それでも観ることをやめることはない。

でも今回は観に行くのを少し迷った。動物園が舞台… 予告編で爆撃によってパニックになっている動物たちのシーンを観てギクリとした。実際に多くの動物が死んでいった事も、映画で再現されることも耐えられない。本編を観て辛かったのは、爆撃音によって動物たちがパニックになってるシーン。これは実際、音でびっくりさせて怯えさせてるよね?映画の為にストレスを与えてることには変わりないよね? むしろ死骸を見せられる方が気が楽だった。死骸は作り物だから。クレジットの最後にAHAのロゴはなかった気がする。

そんな辛い最中、アントニーナの深い愛情は観ているこちら側にも伝わってきて癒される。昨年の『女神の見えざる手』で完全にファンになってしまったジェシカ・チャステインさんの全くの別人格キャラクターにクラクラしてしまう。そういえば『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』でも途中まで気が付かない位意外なキャラだった。遅ればせながら今後注目したい女優さんだ。

密かにお気に入りのダニエル・ブリュールくんは、やっぱりナチス側の嫌な奴役…多くないかそういう役?印象が強いだけか『イングロリアス・バスターズ』とか。

夫ヤン役の人も良かった。訛りのある英語がドゥニ・ヴィルヌーヴ監督に似てた。
不可能と思われるものを成すためにどう在るか、決めて貫くことが勇気であり
総てを抱きしめることができなくても差し出せる手は差しのべて、心から抱きしめることが愛であった。

トーニャもヤンもそうだし、
先生もきっとそうだったと思う。


しかし動物園関係者以外の男性がみんなムカつきすぎて、しっとり思い返してるはずなのに怒りで妨げられる。
それもまた現実なのかもしれないけど、それを受け入れるのは違うということもこの映画を見て改めて感じた。

直前に「否定と肯定」を見ていたので、尚更細かいところにしんみりしました。
戦争、特にナチスを題材にしたものは本当に救いがないのでかなり避けてきたのですが、これはそこまでエグくないと聞いて鑑賞。
安直だけど、主要人物がみんな生き延びて本当良かった(涙)
これが実話だと言うのがすごいです。同じ状況になった時、自分はあんな風に人を助けられるのか、自信ないな…。
ただ、一番可哀想なのが動物達。安直な言葉しか出てこないけど、やっぱり戦争はダメ。
「女神の見えざる手」から一転してジェシカ・チャステインが天使に見えた。
「女神の見えざる手」ではバリバリのキャリアウーマンだっただけにギャップが凄かった!
ストーリーは第二次世界大戦直前ぐらい?
平和な動物園の日常から戦火の足音か近づき、とうとうドイツ軍に占領されるポーランド。
その後は知っての通りユダヤ人のゲットーでの隔離・収容が始まる。
最初は1人の友人を匿うだけであったが、その範囲は徐々に拡大していく。
ユダヤ人の救出案が出た時も、ヤンの「思いつきではダメだ。しっかり計画を立てなければ。」が印象的だった。
その場の思いつきや同情だけでなく、確固とした信念と思いやりの心を持って実行したのだなと思った。
特に友人のマグダを救出した夜にアントニーナがピアノを弾くと、地下から多くの同胞が現れ、助かった実感に喜びあっているシーンは救出までの緊張状態から一時解放されほっとした瞬間だった。
善行には後から付いて来る人も現れる。
ゲットー内のドイツ人(?)からの協力の申し出もあり当たり前だけどドイツ内にもいい人はいるんだな。
でもその人を信じる事が出来たのは夫婦の心の綺麗さが成せた事なのかも。
もしかしたら後で密告されるかもとか罠かも、とか疑う方に考えてしまうのが人間だから。

何もかもうまく行っている様に感じたが夫婦に不和が訪れ始める。
アントニーナは多くのユダヤ人を匿っている自宅にヤンが居ない中、1人でドイツ兵と共に過ごしており、不安に思わないはずが無いし、ヤンは実際にゲットーに乗り込んでユダヤ人を救出し本当に危険と隣り合わせの状態でストレスも凄いはず。

特にヤンはゲットーの中での悲惨な状況を目の当たりにしており、救えたのはほんの一握りのみで、アウシュヴィッツ行き?の列車に乗り込む同僚や幼い子供たちを救えなかった無力感に苛まれている。
そんな中で家に帰って奥さんがドイツ兵とイチャイチャ(しているように見える)してたら「おい!!」ってなるよね。

最近ナチス関連の映画を見る事が多いので、ドイツ兵が出てきたら怖いとか嫌とかネガティブな感情が強くなっているだけに、誰も頼れる人が居ない家で兵士と対峙しているアントニーナの恐怖もわかるので辛いところ。
それだけにヤンが行方不明になってからのアントニーナの強さが際立ってくる。
1人で敵地に乗り込んだり(これは無謀すぎるが)、息子を守るために1人でドイツ兵と対峙したり今まででのアントニーナだったら出来たかな?
その後紆余曲折あり、ポーランドから離れて1年後、友人達と再会しヤンも戻ってきて人種の区別なく家族の様に無事を喜びあっているシーンは感動だった。
救えなかった命もたくさんあるが、その中で確かに救えた命がこうして健やかに生きており夫婦の行いの素晴らしさをしみじみと実感した。
映画としてはメチャクチャ面白いと思うんだけど、他の方のレビューにもあるように序盤の動物園の動物殺戮シーンが直球ストレートにハートフルボッコ過ぎて辛い。
しかも冒頭に象の出産をアントニーナが助けたあとに、(その象かはわからないけど)開戦時にドイツ軍が安全対策としてショットガンで象を殺害するシーンがあるんですよ。思いっ切り象の命に感情移入したあとに。「えぐぐぐぐぐ」となってしまった。戦争ってこんなもんなんだろうけどさ。哀しい象の鳴き声と痛々しい傷跡がさ。脚本的には大正解だよ……。
猫を飼いだしてから、本当にこの手のシーンが見られなくなったなあ……。

あと、『この世界の片隅に』と同様、淡々と市民の苦しみとそれを乗り越えようとする様を映すことが何よりも戦争の可否に対する僕なりの答えを出すことに寄与することを鑑みて、反戦の理由ってそういうところにあるのかなあと思った。これはあまり当映画には関係ないかもだけど。
主人公の女性が良かったです。ファッションもお洒落だし、愛情深くて、動物の赤ちゃんを抱っこしてるシーンはとても癒されました。うさぎにライオン、猿、全部、可愛かったです。結婚されてて、子供もいるんですが、ユダヤ人の人達や子供達を守る為に、軽く色仕掛けや泣き落とし?みたいな事もしてました。泣くシーンが多くても、動機が周りの人達を守る為だから、弱々しさは感じません。かっこ良かったです。
事実に基づく実話である。
ガツーンときた。
知らない事が多すぎると思った。
平和な今。悲しい戦争の時代。

戦争があった。
ナチスのユダヤ人の大虐殺があった。
アウシュビッツ。

よく知らないじゃないかぁ……と思った。

戦争の被害者は、常に弱い者達だ。
お年寄り、女性や子供たち。
そして動物達もだったのだ。

映画の始まりの動物達の映像は、どのようなカメラワークで撮ったのか?
実際に動物達が寄ってくるから、ある程度の信頼関係ができていたからの撮影だったのか?それとも撮影用のいわゆるタレント動物達なのか?
とてもいい表情だと思った。
動物達の生き生きとした映像だったと思う。

明るく生き生きとした動物達の様子がかえってこれからの暗黒の時代へのフリになった。

ドイツ軍の侵攻が始まったポーランドの動物園。
てっきり動物園の話だから、動物達の話と思った自分を叱ってやりたいぐらい残酷な悲しい話。
人間の残酷な事もあるのだが、時代の残酷さが悲しい。正義のない戦争。
生まれた国、生まれ場所だけで受けるとんでもない差別。
そんな中でも、何か出来る事をしようと自分達の危険も省みず正しい事をしたいと頑張る家族の姿は、単純に感動した。

ピアノの合図で弾いていた曲は、ポーランドだったからやっぱりショパンの曲だったのかな?

少々展開が早いことは仕方がないかと思う。(テーマがあまりにも大きいので……)
最後ハッピーエンドとその後のエピソードがしっかり説明があったのはGOOD。
>|