ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命のネタバレレビュー・内容・結末

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ポーランド・ワルシャワの動物園
ナチによってゲットーに移送されたユダヤ人達を匿い、逃す動物園経営者の夫婦。

Daniel Brühl演じる動物博士に好意を向けられる妻。

シンドラーのリストと似たような物語ではあるが、決してそんな言葉では括ってはいけない。この作品もまた実話。

あの時代、自分の身も危ないなか、さらに危険な立場に置かれることを覚悟の上でユダヤ人を匿う人達がいたこと。おかしい!と立ち向かった人達がいたこと。絶対に忘れてはいけない。

----

Daniel Brühl がナチ党側と作品の中では一切共感もできないし、称賛できる役ではないが、素晴らしかった。とにかくえろい。。。

めちゃくちゃ感動して泣いた〜!とまでは、行かんやったけど、ステキな映画!というか、見るべき映画やな〜〜また一つ勉強になったし、色々考えることができた映画

ポーランドに旅行に行くことがあれば絶対にワルシャワ動物園に行きたい!
今も存在していて、本当にあった話しとは信じられない!

この夫婦の勇気に本当に感動した!
見つかれば自分たちも自分の家族も殺されるのに、300人ものユダヤ人を助けたなんて!


先生の行方が気になるところ。列車に乗って行ったから、きっとみんなアウシュビッツに送られて亡くなったのかな、、、


親子はとても残念だった、、、
殺され方も無残で、きっと現実もあんな風に簡単に撃たれたのかなと思うと残酷でしょうがない


最初にどんどん動物が殺されちゃうのも心痛かった、、、
ゾウのシーンは上野動物園のゾウを思い出した。
上野のゾウもワルシャワの像も第二次世界大戦の被害者なんだと、、
戦争って人間だけが被害受けてるわけじゃない、、人間が勝手に始めた戦争で多くの動物が命を落としてる
理不尽やな、、、


本当に素敵な家族!
こういう正しい選択ができる勇気のある人間になりたい。


#2018年26本目
いい話で泣けるけど。
ストーリーはありきたりだし、事実を追って映像化したって感じで、主人公であるアントニーナの心の動きとか苦悩とかがないがしろにされてたかなって感じ。
勇気ある夫妻の行動には感動するけど・・・
教養を深めると思えば、いい映画だったかも。
こういうお話は基本的に途中で飽きてしまって携帯をいじったりなどして見てしまうのですが、今作はそんなことなく目が離せないお話でした。
過激なアクションなどが起こるわけではなく単調な感じがしますが、その中でもさまざまな人たちの心の描写がされていて、涙が止まりませんでした。
絶対ヘック氏とアントニーナで何かがおきる!!と思っていたのですが、思っていたよりも、ヘック氏が良い人だった気がします(笑)
ユダヤ人と聞くとみんな死んでおしまい、と思いこんでいましたがそうではなく、私としてはうんと納得できる終わりでした。私の中ではハッピーエンドだったかな、と。
いろんな所でいろんな人がユダヤ人を救おうと尽力したのだと知る作品の一つ。
アントニーナはもちろんだけど、意外にも夫の行動力に圧倒されました。
目の前で困っている人々を見過ごすことができない夫婦の行動にとても感銘を受け、救った人々が家族のようになっていく場面に感動。
戦後、動物園が再開されたことが嬉しかったです!!!!!
泣いたわ。何となく上野動物園思い出した。

動物ものにまず弱くて、ところどころ辛いシーンがありました。結果から言えば感動したし、ノンフィクションだっていう衝撃の事実。ただ動物殺害シーンが辛くてたぶんもう見ない(笑)象の出産に奥さん立ち会って、生まれてきた象に喜んでたのに、ドイツ軍進行して象の親射殺とか。辛いわっ

とりあえずそこで最初の涙。あ、これはもうこの先も涙腺崩壊モノだと確信しました。劇場行ってたらまず危ない映画。ワンダフルライフと同じやつです。泣きっぱなしな、、ね。

1939年ポーランド、ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻が経営してるワルシャワ動物園。そこへ起こった第二次世界大戦。ドイツがポーランドに侵攻するなか、ワルシャワ動物園を隠れ家にしてユダヤ人たちをかくまって逃がすことに決めた夫妻。

見てて衝撃にも近い感動がありました。こんな夫婦がいたのか、、、。命かけた思いっきり覚悟がいる行動だったと思います。300人救ったそうです。それが全体のどれくらいなのかは分かりませんが、2人の行動で救えた命がこんなにもあるのかと感動しました。

あのドイツのヤロー腹立ったなぁー。。。
My heart is no different than yours, I don't believe. I should not be here. They should not be here. You should not be here.
貨物列車に乗り込むために、抱き上げられるのを無言でせがむ子どもたち。その先に待つ運命を知りながらも、一人一人抱き上げて列車に乗せることしかできないヤン。取り上げられて投げ棄てられたカバンの山と、両手を伸ばして無言で見上げる子どもたちの瞳に胸が張り裂けそうになる。
ポーランド、ワルシャワ動物園。いつの日か訪れてみたい。
アントニーナ(女性)の立場を理解できない夫にイライラした。
息子役がうまかった。
暴行された女性(未成年に見えた)が辛くて辛くて怒りしか湧かなかった
奥さんもすごいけど、やはり旦那が頑張ってたよね、ほんとは。
それと少し冗長だったので、早送りで観ました。