ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命のネタバレレビュー・内容・結末

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿されたネタバレ・内容・結末

動物園は平和の象徴です。アメリカの動物園ものの映画は家族経営で困窮している事が多いですが、ヨーロッパはある程度地位もお金もある人たちが経営しているんですね。アントニーナはそういう男性と結婚をして、上流階級にポンと入ることになったイメージで描かれていました。動物の扱いが抜群に上手く、徐々に彼らから受け入れられていく過程として、子象を蘇生させるシーンが描かれており、映画の説得力が増していて良かったです。アントニーナには幼い一人息子がいて、生まれてからずっと一緒に育った動物たちが目の前で殺され、我が家が破壊されていくシーンはとても辛く、それを味わった後で、知らない人々を匿おうと思えるか、だからこそ匿おうと思うかは、親として、とても難しいところだと思いました。ジェシカ・チャステインがいつもの強い彼女ではなく、とても柔らかで女性らしい話し方や雰囲気を纏っていて、新たな彼女の魅力を発見し驚きました。ヤンが目の前で殺されていく人々を見て、怒りや焦りからアントニーナとすれ違っていく様や、博識で道徳的なヘックが戦争により、歪みを強いられていく様が、とてもリアルに描かれていて、今の時代、対岸の火事ではないなと心に刻みました(>_<) ダニエル・ブリュールが好きなので、憧れていた女性と心を通わせたと思ったら、すべては自分を欺く為で、何年も騙されていたと知った苦悩も手に取るようにわかりましたし・・・戦争は人間関係も信頼も愛さえも壊すものなのだなと、ドイツ兵の彼の立場からも理解りました(>_<) ポーランド侵攻から、ワルシャワ・ゲットーの始まりから消滅、ワルシャワ蜂起、終戦までがガッツリ描かれており、ワルシャワ・ゲットーからたった2kmの場所で、300人ものユダヤ人を匿い逃がすって、ちょっと想像を絶します。もはや忍者の領域か、やはりある程度の発言権と資金があったからかなと感じました(爆)ヤンが戻ってこられた経緯も実話だからこそ、曖昧にしないで知りたかったです。子象のシーンなど少し誇張があるかも知れませんが、よりドラマティックに緊迫感を持って描かれており、知っておきたい実話のひとつです。
映像が美しい。
最後のヒトラーの悲しそうな顔、人情を思い出したかのように見えた。