ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

あの時代の社会や戦争の悲惨さを描いているが、あえてエグいシーンなどを直接的に描かなかったのが印象的。
良い話ではあるけれどパッとしない。
あと邦題おかしい。
前半、ドイツ軍の襲撃で動物達が殺されてくシーンが見てて辛かった。。
ナチス・ドイツ支配の下、動物も人間も同じように大切にするとゆう家族の思いに感動しました。
多少、話が盛られてるシーンもあるかと思いますが実際にこのような夫婦が居たということをもっと多くの方に知れ渡ってほしいです。
なんにせよ、最後はハッピーエンドだったのでよかったです😊
よしお

よしおの感想・評価

3.8
時は第二次世界大戦、ドイツに占領されたてのポーランドの首都ワルシャワの動物園です。

女神の見えざる手で見せた強い女性のジェシカチャステインが今作も強い女性役を。

シンドラーのリストに似た、強制収容所から経営していた動物園に匿うっていう似たスタイルだったけども、こちらの夫婦もポーランドの英雄なんだな。
夫は実践的に人を救って、妻は精神的、ナチの親衛隊対応などどちらも占領下のポーランドではいつ死んでもおかしくない状況の中で生活していく姿は胸熱です。

表題にある動物園を巡っては、序盤で悲しいシーンで終わるけど、今も営業されているそうで死ぬまでには1度訪れてみたい場所の1つになりました。
セロリ

セロリの感想・評価

3.5
いや完ッ全にユダヤ人匿いながら動物達を守った話しだと思ってたので期待外れだけど素晴らしい人がいたことの驚きは変わらず、私達が知らないだけで人が人を救う物語も世にあると知れて良かった。
ジェシカ・チャステインは弱い女も似合うし、強くて脆さもある女を演じた欲望のバージニア、女神の見えざる手も好き。
Chika

Chikaの感想・評価

3.9
あの状況下で、自分の命を危険にさらして、誰かのために動こうとする気持ちや勇気。動物園は、本来明るい場所だ。状況が大きく変わっても、その場所がユダヤ人にとっての希望になっていたこと、そして、いまも動物園として存在していること。やはり、平和を願わずにはいられない。
戦争という狂気の中で、人ゎどれほど残酷になれるのだろう?
死と隣り合わせの絶望のなかで、人ゎどれほど優しく強くなれるのだろう?

ワルシャワ動物園にまつわるこの実話も、人の中に潜む悪魔と天使の証明に他ならない❗

ジェシカの好演が光る

(ToT)
さとし

さとしの感想・評価

3.6
支配されていくということは、身も心も壊されていく。生きるための、生かすために戦っていくが、少しでも綻び始めると、みんな殺されてしまうという恐怖、不安。
たしかに生き残った人たちがいる。あの時代に生きるための綱渡りをした人たちがいた。
405

405の感想・評価

4.5
ポーランドにあるワルシャワ動物園で実際に起きた出来事。
ナチスにより、動物が殺戮されるシーンは衝撃的で悲観してしまいますが、彼女達がとった勇気ある行動は素晴らしいです。
tomtomcat

tomtomcatの感想・評価

3.3
戦争中に動物園の動物をいかに
助けたかというストーリーだと
勘違いしたまま鑑賞。
ユダヤ人を助けた話なんですね…

前半 動物が死んでいく場面がなん
とも辛かった。静かに隠れ続ける
緊張にも耐えられそうにない。
抱っこを待つ子ども達に切なくなる。

全体的に、無駄なシーンはないのに
長く感じた。最後があの家族に
とってハッピーで良かった。

(育った息子が可愛くなかったなー)
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

2.7
ジェシカ・チャステインの舞台挨拶付き試写会で鑑賞
じぇさんにサインとツーショットを頂いた印象が強くて内容が思い出せない笑

過酷な環境の中、この夫婦がやったことは凄いことだと思う。実話ということで考えさせられる
>|