ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.7

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

Shoty

Shotyの感想・評価

3.5
実話としてはすばらしいんだけど戦争テーマの映画としてはスリルが薄めホロコーストの怖さとかそういうことじゃないので そのつもりでは見ちゃだめです

ワルシャワということでつい最近見たコルチャック先生も登場します 子供達やめてえええ
HarryT

HarryTの感想・評価

4.4
こんなことができるのかという映画。つくづくとんでもない戦争だったこと、ヒトラーとスターリンに挟まれるということがどうしようもない悲劇だったことがよくわかる。
す

すの感想・評価

3.5
前半はよかった。訛りがちょっときつかった。
300人救ったという史実は若干薄いもの、ホロコーストの恐ろしさが分かる。平和な21世紀に生きていることを感謝した。
りた

りたの感想・評価

3.7
事実に基づいた話。

私だったら、あんな勇気ある行動が取れるのか、という視点で観たので純粋にすごいなと思えたのですが、300人を救ったという事実が薄れていて残念でした。

事実を映画という形で伝えていくのはとても素敵なことだと思うし、(本が先みたいだけど)表現も難しいとは思うけど、いかに大変なことで凄いことをしたかの見せ方がもっとあったんじゃないかなー、と偉そうに語る。笑

でも総じてよかった!
健康に生きているうちにワルシャワ動物園に行きたい!

自分だったら助けられないんじゃないか?周りと同じ行動をとってしまうんじゃないか?=集団の心理、という意味で、「THE WAVE」「es」を思い出しました。あんま関係ないけど。
nyからの帰りの飛行機にて
2017.10.2
Rika1023

Rika1023の感想・評価

3.2
動物好きな人は悪い人いないのかと思いきや
あめ

あめの感想・評価

3.8
◆実話に基づいてるからこそ重みがある
◆ホロコーストの恐ろしさを描く
◆人間の優しさを感じさせる映画
yama6maya

yama6mayaの感想・評価

3.6
ダニエルブリュールの映画なんじゃないかってくらい、1番光ってた!人間には色々な面があって、一概に悪い人!良い人!って言えない感じが、よく現れてる。それ以外の要素は……うーん……。
DON

DONの感想・評価

-
平板で起伏に欠ける脚本ではあるが、演出と俳優は力強い。とりわけ、熱心なナチス信奉者であるベルリン動物園園長を演じたダニエル・ブリュールの、残酷さと優しさがひとりの人間のなかに平然と両立していることは、ナチスの矛盾とグロテスクそのものを体現しているように思える。

匿われたユダヤ人たちが部屋の壁に描く絵は、まるで洞窟壁画のようだ。人であることを剥奪された彼らが、先史の時代から続く芸術を通じて抵抗し、我々に訴えかけてくる。芸術とは人間が人間であるためのものであり、そこにこそ尊厳は宿るのだと。
>|