ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

emi

emiの感想・評価

3.0
自らを危険にさらして多くのユダヤ人を救った動物園の経営者の実話だ。ジェシカ・チャスティンがとてもチャーミングに好演。子供のライオンなど動物たちと触れ合うシーンがうらやましい!
mihon

mihonの感想・評価

4.2
細かな描写がリアルでいい。ただハッピーエンドのようなラストには懸念が。ダニエル・ブリュールもよかった。ドイツ撤退後のポーランドの悲劇も少しは示唆してもよかったのでは。
ren

renの感想・評価

4.1
命をかけて何かを守る強さが描かれた作品。
「動物の目は嘘をつかない」
やまだ

やまだの感想・評価

4.0
2時間越え映画。実話系。
何回かにわけて観ました。
戦争は一面だけ見て語れないけれど、
それでも力のない子どもや動物達の悲しい事実を知ったり見たりすると心が痛みます。そんな現実の中で恐怖と闘いながらも救いの手を差し伸べたアントニーナ達の勇気を垣間見ることができる映画です。
シンドラーのリスト同様、多くのユダヤ人を救った方の実話を再現したお話。ブラックブックに近い、戦時の女性の強さや葛藤がよく描かれています。同時に夫婦の頭の良さ、実行する力に感服させられます。ナチスにいつ感づかれるのか、どこでバレてしまうのか、あるいは隠し通せるのか、ハラハラさせる展開が続くのも見応えがあります。
最初のほう動物可哀想

人道的。

なんでこんな風になったんだろ

トラの赤ちゃんが可愛いのなんの。

やばい。
むう

むうの感想・評価

3.7
実話か…。じわじわと実感。信じられない。こんな地獄みたいな時代に、こんな善人の夫婦がいたんだ。
動物好きに悪い人いない説。
いない事実。

ほんとずーーっとハラハラしてた。
辛い時代のお話だけど、動物達とアントニーナの可愛さには癒される。
灰音

灰音の感想・評価

3.6
動物ものは泣くからいかん。
動物たちが戦争に巻き込まれて、理不尽に傷つけられてしまうシーンもあるので、苦手な方気をつけて…

ジェシカ・チャスティン、『女神の見えざる手』での頭キレッキレな女傑から一転しての演技はさすが。
悲しいだけではない作品の構成も良かった。
よっこ

よっこの感想・評価

4.5
ジェシカチャスティン……相変わらずの美人。。
「女神の見えざる手」を前みたけど本当同一人物?って思ってしまうぐらいの役の違い。。
内容ゎ実話に基づく作品で
悲しかった。。
実際に起こったなんて、涙がでてしまった。。
ユダヤ人への差別にゎ涙が溢れ出てくる。
る

るの感想・評価

4.2
コルチャック先生登場
キャストを見ずに借りたから、パッケージ、ジェシカ・チャステインじゃなくて小さい女の子だと思ってた
>|