ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

たまたまかな。ミス・スローンに続きジェシカさんぐいぐいでした。すごく良い話。シンドラー、杉原千畝の流れです。どうでもいいですけどちょっとだけ乳首見せてきたの何...(むしろ私の観点に難か...)
念のため先に申し上げますが、私は政治的な思想も宗教的な思想も一切持っていません。

動物園の地下に匿い、大勢のユダヤ人の命を救った家族の実話。
動物を好きな人たちは皆んな、心優しい人なんだなぁ、と改めて感じました。

デートムービーとしても良いと思うし、残虐なシーンは少ないし、ハッピーエンドだし、重いテーマの割に見易いし、心に沁みるし、これは素晴らしい映画です。

ナチスは酷い!と誰もが思っているかもしれない。けど、日本だって同じ罪を犯してきた。
日本は戦争を美化する映画ばかり作っていないで、事実の歴史を子供たちへ伝え、自国を反省しなければ真の平和は訪れない、と常々思っているクソ親父です。

映画館はスターウォーズでお祭り騒ぎになってるけど、この映画も是非ご注目下さい!
ポーランド・ワルシャワの私設動物園の園長一家の妻が主人公。
第二次世界大戦開戦直前1939年から始まり1947年?までを描く。

ワルシャワ・ゲットーからユダヤの人達を助け出して匿ったり他へ逃がしたりして300人もの人を救ったという史実を映画化している。
冒頭はドイツ軍の空襲やその後の駆け引きでしてやられて動物園が壊滅していく。その中である事を思いついてユダヤの人達を救う秘密の仕事に手を染め始める。

夫妻の関係性を描写しつつ、ユダヤの人達の救助を描くという構造のためどちらつかずになっているのが惜しい。どちらかにもっと寄せて作った方が面白い作品になったと思う。テーマから言えば後者の方に振るべきだったのではないか。
妻を主人公にした事で国内軍にも参加していた夫のヤンほどうまく話が転がらなかった為に夫婦の関係性を動物学者で親衛隊将校(ダニエル・ブリューム)で波風立てる事にしたのではないか。
pou

pouの感想・評価

3.5
動物と心を通わせる、まるで白雪姫のような女性。そんな温かな描写から始まる実話。
戦火のワルシャワ。動物園の動物が殺されて~は予測できる。けれども、それだけではなかった。知らなかった。
男性目線で見るか、女性目線で見るか。
アントニーナがとても綺麗でした。
SanaGoto

SanaGotoの感想・評価

4.0
事実こうゆうことがあったかとおもうとドイツ軍の卑劣さに胸が痛む
ヒトラー万歳と言う少年のおもい、ユダヤ人の理解されない苦しみ、隔離する動物園経営夫婦のおもいなど
いろんな立場からドイツ軍に対しての感情を読み取れる作品でした
原題の方がいいなぁと。ワルシャワ動物園にいつか行きたい。知らないことが、というより、教科書だけでは想像できないことが多くありすぎて。観てよかった。
まりも

まりもの感想・評価

3.0
第二次世界大戦下の
ポーランドの状況を
知らなかったのと、
動物園経営の夫婦が
ユダヤ人を救った事実を
知れて、私にとって
学びのある作品でした!


ユダヤ人迫害を見て見ぬ
振りをしていた多くの人とは
違う勇気のある夫婦の話に
とても感動!!

でも、一つだけ!
エッチなシーンいりますか?笑
いや絶対いらない!!
全然必要ないわこの話に!

それがなかったら、
もっと高評価でした…
1回見れば良いかな。
家族が、動物園がどうなってしまうのか終始ドキドキが止まりませんでした。

そして爆撃やゲットーの切ない場面でも冷静に見ることができていたのに、最後の場面では肩が震えて涙が出ました。

邦題はもう少し工夫がほしかったけれど、見ごたえのある内容でした。
ai

aiの感想・評価

3.0
希少価値がなく、自分たちにとって必要ではないと判断した動物を容赦なく処分するナチスの動物学者。家族と同じように動物を愛してきたアントニーナとは対照的だ。夫が留守の間、動物園を守る妻と、ゲットーで惨状を目の当たりにする夫…見る世界の違いから小さな諍いを起こすけれど、これって現代の夫婦にも当てはまりそうだと思った。
chisato

chisatoの感想・評価

4.2
何故こんなに良い映画、しかも沢山の人に見られるべき映画が東京の2スクリーンでしか上映されてないのか?過小評価されてる。つまんない邦画ばっか流しやがって…

実話ベースのホロコーストもの。今も現存するワルシャワ動物園にて強く生き、多くの人の命を救った女性の話。私もあのくらい強く生きたい。動物虐殺から始まり、早く終わって欲しいと思ってしまうくらい悲しいシーンが続く。そういえば最近卍っていう言葉が流行ってるけど、ユダヤ虐殺の映画観るとあんな気軽にLINEのスタンプ送ってられないな、と思った、反省。死ぬまでにポーランド行きたいな。"The zookeeper's wife"て女性の活躍にライトを当てたタイトルなのにその要素消された邦題だし。日本人英語出来ないんだから、タイトルくらいそのままにして学ばせればいいのに。映画業界の人たちも無理やり邦題にしようとしてる仕事要らないと思う。世はグローバリゼーションなんだ!

ジェシカチャステイン美人過ぎ。ただ息子のリシュは戦時下のあの短期間でちょいぽちゃに成長しちゃったのかな?笑

スカラ座という映画館が有楽町にあるの初めて知った。めちゃ穴場だし空いててマナーのいいお客さんしか居なくて最高。
>|