ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命2017年製作の映画)

The Zookeeper's Wife

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚く…

1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」などの合図になることもあった―。この“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり”隠れ家“を守り、決してひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか―。

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

ユダヤの背景にしても私生活にしても説明不足の箇所が多すぎるし、動物よりもユダヤよりも昼ドラ的愛憎劇。
ナチスに関する映画はよく観るから気になって観てみた!
これが、実話なんて凄いって思った…
強い信念とかだけで、こんなにも強く、人々を救おうなんて凄いやろ…
こういう映画は本当に感慨深いな
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
ナチスが襲来したワルシャワで、決死の覚悟で動物園を続けつつユダヤ人を逃がし続け後に「諸国民の中の正義の人」に選ばれた実在の人物、ヤンとアントニーナの物語。ワルシャワには以前旅行に行きホロコースト関連の史跡も数多く訪れたが、この動物園の事は知らなかった。ナチスに睨まれ命が容易に風前の灯となる中、時に自らを疑いながらも確かな正義感を貫いていく夫妻...とても自分にはこの状況でここまで出来るという自信は無い。最近「強い女」の立ち位置で他を一掃しつつあるジェシカ・チャステインもその意志の強靭さを表す配役としてピッタリ。
ながお

ながおの感想・評価

4.0
怯えながらの生活で緊張感のある映画だった
息子よ、ヒトラーくたばれ!!はあかん笑
第二次世界大戦下のドイツ-ユダヤの映画、何本も観ているけど映画によって切り口が違う。本作もまた違うテイストで楽しめた。実話というところがステキ。そしてやっぱり思うこと、妻は強し。
本当にあった話だったので驚きもあり

まだこの動物園がある事にさらに驚いた
ジャケット写真とタイトルで動物関連の心温まる作品とのイメージでレンタルしました。

冒頭のジェシカ・チャスティン演じる動物園園長夫妻のワルシャワ動物園の様子の映像はその通りでした。待てよ・・・・・・・

1939年ポーランドのワルシャワ・・・・そうなんです第二次世界大戦でドイツ軍の侵略を受け、ユダヤ人が迫害を受けた時代が舞台だったのです。

ポーランド人の夫妻が壊滅的な攻撃を受けた動物園にゲットーに収容されているユダヤ人を救って匿い300人ものユダヤ人を国外に解放した実話を描いた感動作でした。

偶然にも先日鑑賞した“ヒトラーへの・・・”に連続した反戦映画を鑑賞する事になりましたが本当に繰り返してはならない哀しい時代でした。

振り返ってみると主演の彼女の作品は比較的多くの作品を鑑賞している事を改めて感じました。良い女優さんですね。
パッケージとタイトルをなんとかしてくれ。

戦時中にワルシャワの動物園でユダヤ人を匿い助けていた家族のお話。史実を元にした作品。

動物と触れ合う描写は少しだけ。
勉強にはなったが、タイトル・パッケージから連想するような話ではない…
たくさんの人を匿い今も開園しているなんてすごい(●´ω`●)
2018 7/15
ヒトラー政権下におけるユダヤ人の話。
色々考えさせられた。
こう言った世界史における分岐点の映画を多く見て行きたいと思う。
>|