ナチスの犬の作品情報・感想・評価

ナチスの犬2012年製作の映画)

Suskind

製作国:

上映時間:118分

3.6

「ナチスの犬」に投稿された感想・評価

辛くて悲しい…
自分があの場にいたら何が出来るのか
迫りくる恐怖と闘いながら
何故このような理不尽な目に遭わなければいけないのか
わからないままの人々…
こんな救いようのない出来事が2度と起こりませんように。
つらすぎる、、、
収容所系以外で1番きつかった。
途中きつすぎてつらくて、心が痛かった。
シンドラーのリストとか杉原千畝とは違う。もうツラさが桁違い。
最後はまたルワンダ・ホテルみたいに声出して泣いた、、、
ナチスの葛藤も観れてすごい心に響いた。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

3.2
 オランダでユダヤ人でありながら自らがユダヤ人移送に関わることで多くのユダヤ人を救ったズスキントの姿を描く。

 「シンドラーのリスト」のシンドラーと違いこのズスキントは多くのユダヤ人を強制収容に送っていて、その中で子どもなどを少しでも救おうと奮闘する。表向きな姿はまさに”ナチスの犬”。
 この映画が面白いのはそのズスキントの苦悩の姿だけでなく、彼が騙すこととなるナチス大尉の姿だ。ユダヤ人にとって恐怖の権化であるはずの大尉は、実際は自分もいつ戦場に送られるかと怯える弱い存在だ。ズスキントに本当に友情を抱き、裏切られて失望するただの人間なのだ。
 
 一味違う深さを持ったオランダ映画。
mh

mhの感想・評価

-
オランダ版オスカー・シンドラー、ウォルター・ススキンドの話。
ちなみにググると同名のミュージシャンがヒットする。Wikipedia日本版にないだけで、ほかの言語なら見つかった。
強制収容所行きのリストから除外されるためユダヤ人評議会にもぐりこみナチスに取り入る。強制労働のためだと思っていたユダヤ人移送が、虐殺のためだと知ると、外部組織と連携して600人以上の子どもを逃がす。(作中では1000人、海外のWikipediaだと600人)
やがてそれがバレてしまうことになり……。

ユダヤ人たちを速やかに移送させることを、ユダヤ人評議会が手伝っている状況と、やがてユダヤ人評議会メンバーも絶滅収容所に送られることになるという現実がきつすぎる。
子どもがいっぱい出てくるんだけど、黙ってなきゃいけない場面では大人しくしてる。2012年製作の映画だったらこうでなくてはならない。みんな賢くてかわいかった。
おろかな子どもがサスペンスを盛り上げる「ソハの地下水道(2011)」「ユダヤ人を救った動物園(2017)」のスタッフは反省して欲しい。子どもをストレッサーにしたらテーマがぶれるだろうにね。
この手の映画のラストによく出てくる、テキストスライドで「諸国民の中の正義のひとの称号を授与されている」がでてくるのだとばかり思っていたら、悲しいお知らせしかなくてさみしかった。
あの賞は、存命のひとにしか与えられないみたい。
オランダ人で諸国民の中の正義のひとを授与されてるのは、フィリップス社の社長だった。そういやなんかの映画に出てきたなぁと、思い出そうとしてるけどタイトル出てこない。(追記 思い出した邦画の「杉原千畝 スギハラチウネ」だ)
頭いかれたレベルの悪役も出てこない。
哀愁を帯びたナチス親衛隊の長官も良かった。
ちゃんと作ってあって、かなり楽しめた。
こういう映画が企画されて、実現してるってこと自体がいいよね。
面白かった!
通行人B

通行人Bの感想・評価

3.8

こんな時代を繰り返してはいけない。
こんな時代がもしもきたら自分はどう動くか…
柴猫

柴猫の感想・評価

3.9
ナチス占領下のオランダで収容所移送に携わりながら、陰で千人近くの子供達を救ったウォルター・ススキンド。
ドイツ系ユダヤ人である彼は家族のため移送作業の主任にまで上り詰めるが、収容所だと思っていた場所で行われている虐殺に気づき書類の書き換えを始める。どうやっても全員は救えない選択の重みに苦しみ、同胞から裏切り者と蔑まれ続けた記録でもある。

ホロコーストにおいてナチとユダヤ人のトップが手を結び、まず貧困層のユダヤ人を殲滅していった歴史は確かにあって、ここでもユダヤ人評議会としてその存在は示されてる。
ユダヤ人自身が収容所へ送る人間を選別していた事実、収容所でユダヤ人が行った一部の残虐な行為。ナチスに協力した彼らを挙げて現代でも責任転嫁が論じられる状況に対して、このオランダ映画は当時の全容を映しながら両側を示した貴重な作品。正論を並べるユダヤ人評議会、協力者を装うススキンド、彼に友情を抱き裏切られる親衛隊大尉とかなり中立的に描いた作品でもある。

この映画が他のユダヤ人を救った英雄達と違うのは、彼自身がユダヤ人であったこと。そして救済者であり加害者でもあったと言うこと。彼の選択によって亡くなった人間は確実にいるし、これは彼が役割を放棄したところで変わらなかったとしても事実として存在する。だから話としてエンタメ性も薄く、英雄のような終わり方もしない。ただ、彼を悪人や裏切り者だと言えるのか?と問い掛けてくる。
だからこそ生き残った子供達が残そうとした『suskind』という実名に対して、『ナチスの犬』と邦題付けてしまう無神経さは怒りを通り越して悲しくなる。これを付けた人は自分が同じ事をしてるって自覚がないんだろうか。邦題は擁護できないけど、こうした人物の名前や功績は語り継いで言って欲しい。
そして多くのユダヤ人を救った英雄としてシンドラーや杉原千畝など沢山の名前が残ってるけど、それ以上の市民や聖職者が名前は残らずとも匿っていた事実も歴史に刻み続ける必要がある。
bereek

bereekの感想・評価

3.5
ナチスも人間なんだよなー、人の心もあったんだよなー…というより、人の心が残ってる人もいたんだろなー。嫌な時代だな、
K

Kの感想・評価

3.5
【純粋と不純を区別してはいけない】

1942年ドイツ占領下のオランダ・アムステルダム。

ドイツからやってきたユダヤ人のウォルター・ススキンドはナチの「ユダヤ人評議会(オランダ劇場)」で働くことによって自分と家族の安全をなんとか得ることができていた。

彼の仕事は捕らえられたユダヤ人をドイツに労働力として送り出すこと。

…のはずだった。

しかし、実際にユダヤ人たちが送り込まれていたのはポーランドにあるアウシュビッツ強制収容所のガス室だったのだ。

その事実を知ったススキンドはいったいどうしたのか?って話だった。

とにかく暗くてツラい場面ばかりの映画だったけど、それでも最後の最後に光を見た気がした。


【スコアと内訳】

スコア:3.5
------
①脚本:0.7
②演出:0.7
③演者:0.8
④撮影:0.6
⑤音楽:0.7
------
き

きの感想・評価

3.5
ちょっとわかりづらかったから凄さじゃなくてやるせなさばっかりが伝わってきた
こもり

こもりの感想・評価

3.0
家族を守るためSD(親衛隊保安部)に加担したユダヤ系ドイツ人ウォルター・ススキンドが職務の傍らユダヤ人の子供たちを逃がそうと画策する話inナチス占領下のオランダ,1942-45 実話系✡️
ススキンドさんとその周囲の人の半径数メートルの出来事しか描かれないので全体像が分かりづらく、本当にあのちみちみした方法で子ども1000人救えたのか俄かには信じがたいものがあった。四捨五入して1000人でも実数が1000を超えてなかったら1000人とは言えないぞ(ゲルマン仕込み)! 難しい立場の中 尽力したススキンドさんとその一家の悲劇的な顛末に🙏
>|