少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

chiyo

chiyoの感想・評価

3.1
この時代のユダヤ人の映画は結構観たけどとても印象的
子どもたちの旅、旅というより過酷な戦い
強いな…
ラストはドキドキでした
ドイツ軍占領下のフランスで、親もとを離れたユダヤ人の子どもたちを必死に守る大人たち。
こういう人たちもいたのだなぁ。

ドイツ兵が目を光らせる中、子どもたちだけで進む心細さ。秘密基地みたいな場所を見つけて、つかの間の休息を味合う子どもたちの笑顔に胸を締めつけられた。
重いストーリーではあるけど、残酷なシーンなどははないので子どもも一緒に見られそう。

最後に本物のファニーが出てくる。彼女の大切な少女時代を、戦争は奪ってしまったんだな。
える

えるの感想・評価

3.5
こういうこともあったのかと知るいい機会になった。
ファニーが成長していく姿も見ていて感動した。
にゆ

にゆの感想・評価

4.5
とても良かった。KMGCも観たけど、2018年ナンバーワン。フランス映画は「シェルブールの雨傘」ぐらいしか馴染みがなかったし、実在の人物の話が元と聞いていたから鑑賞前の期待値は正直低かった。(伝記とか実在する人物に関連するノンフィクションって大体メッセージ性が強すぎるか説教臭い印象)

ナチス支配下でのユダヤ人の子どもたちがナチスの手の届かないスイス国境まで逃げる旅の話。同行者の逃走、橋の爆破や検閲で旅は思うようにいかず、子どもたちは自分たちだけで決断し歩いて先を目指すしかなくなってしまう。その過程でのそれぞれの子どもの感情の揺れや垣間見えるお互いを思いやる気持ちが暗い題材の中で輝いてた。どんなに状況が悪くても明るさや優しさを忘れない強い子供たちに胸を打たれた。

主人公ファニーの役の彼女は演技が初めてとは思えないほど完成されてた。暗い内容だし、作中ほとんどが硬い表情だったけれど感情の変化を瞳や息づかいで表現してた。今後また出てきそうで楽しみ。

出来れば劇場で観たかったな、再上映しないかなって後悔と期待分で0.5
Bom

Bomの感想・評価

3.7
まだ子供です。私たちが経験と想像を絶する事が他国では行われています。苦しみと少しの安堵のシーンがたまりません。後半は胸がずっと苦しかった。涙がとまらなかったです。

初観作品2018年~4本目
第二次世界大戦の最中、ドイツ占領下のフランスから、子どもたちだけでスイス国境を目指すストーリー。実話に基づいた物語とのこと。

やっと落ち着ける場所に到達できたか、信頼できる大人に出逢えたかに見えて、すぐにまた絶望的な状況に戻される。その中にも、草っ原をサッカーをしながら移動したり、ばら撒いてしまったお札の回収をゲームにしてしまったり、やっと見つけた小川で水遊びを始めたり、随所に子どもらしい純粋な笑顔を見せる場面もあり、ホッとできる場面もあるから観ていられると思った。
ラストは、呼吸をするのも忘れるほど緊張した。ファニーの勇気と統率力は素晴らしいのは勿論だが、彼女がまだ少女であること思うと言葉が出ない。
2017年 51本目
字幕 / 東北新社 96

追われる立場で子供たちだけで逃げるってどれだけ心細いか。ただ、そういった中でも助けてくれる大人は居て、リーダーになったファニーも逞しくなって、、、
戦時中の題材だが、劇中には子どもたちの明るさもちゃんとあるいい作品。
meooow

meooowの感想・評価

4.0
同じように助けを求められた時、自分だったら何をしてあげられるだろうか。また、助けを求められるような社会でいられるだろうか。そんなことを考えながらの鑑賞。
他人事とは思っていられない時代になっていきそうで、ついそういった観点で観てしまうが、映画としての纏め方は素晴らしいと思う。
少女ファニーの、大人という役目を押し付けられてしまった事で揺れ動く繊細な感情がとても綺麗に描かれていて、目頭が熱くなる。
あおい

あおいの感想・評価

3.8
ナチス支配下時代、ユダヤ人の子供達がドイツ占領下のフランスから、スイスまで
逃げ切った実話に基づいたお話。

緊迫した状況ではありながら、子供達の生き生きとした笑顔と必死に駆ける姿を見るだけで、涙ぐむ。

彼らが生き延びる事が出来た要因の、周りの大人の命がけのサポートと、その勇気を忘れてはいけないと思う。
マダムや農夫の様な人の思いを引き継がないと。
ここでもまた、悪の凡庸さに飲み込まれない様にと自分に律する。
子供に銃を向ける時代はまだまだ終わっていない。
>|