少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

えり

えりの感想・評価

5.0
子どもだから応援したくなるとかじゃなくて。

後先見えない日々をたくましく生きる姿に、なにか奮い立たされるような感覚。
Sou

Souの感想・評価

4.5
また号泣。
似た体験をした人は涙止まらないだろな。
最後のエリーの手紙とジグザグ走りはラストに相応しい。
最後にご本人の映像。
実際に会いに行って、こんな壮絶な人生を経験した人は、どんな声色で、どんな目をして、どんな表情で話して、どんな風に人に振る舞うのかを知りたくなった。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
「ユダヤ人が悪いなら、ユダヤ人やめたらいいのに」「ユダヤ人はやめられないんだよ」

何がどうなっていて、どうして逃げているのか分からない子供たち。
そんな子供たちを率いて、フランスからスイスに逃げるリーダーを務めさせられるのもまた、少女であるファニーだ。

無邪気な子供らしさのシーンと、不安と絶望に披露する姿の繰り返しが辛い。誰かに頼りたいのに、自分たちだけで逃げなければならない。人なんて信用できない。
飢えや渇きや疲労の描写はソフトだが、子供だけで野山をひたすら行くのはさぞ辛くて恐ろしかっただろうと思う。
多くのユダヤ人が収容所へ送られる中、子供たちだけでもなんとか逃がそうとする大人の気持ちも熱い。

残酷な描写はないので、誰でも抵抗なく見られる感動作。
himaco

himacoの感想・評価

4.2
光の中、先導するかのようにヒラヒラと舞う手紙と共に全力で駆けてゆく子供たち。

1943年、ナチス支配下のフランス。
13歳のファニーと8人の子供たちはスイス国境を目指す。

声を潜め息を殺し、互いに支え合いながら生き延びるために前に進む。
そんな中でも時折笑い声をたて、子供らしい表情に戻る姿に抑えていた感情が爆発し、笑顔の子供たちを見ながら泣いた。

ラストの表情の余韻に浸る中でのエンドロール。そこに流れる歌声にまたしてもこみ上げ、しばらく泣いた。

現在はイスラエル在住のファニー・ベン=アミの自伝を元にされた作品。

ローラ・ドワイヨン監督は『ポネット』のジャック・ドワイヨン監督の娘との事。
つぶらな瞳に切なる願いを映すポネットとファニーの雰囲気はどこか似ている気がする。
ファニー以外の子供たちひとりひとりの表情、姿も丁寧に映されていて、グッと惹き込まれた。
ナチスドイツが支配するフランスからユダヤ人の子供達だけでスイスの国境を目指すヒューマンドラマ。ナチス関連の実話を元にした映画は、これまでにも沢山映画化され知る事が出来たけど、この作品もそうであり、こんな話があったのか!と胸が熱くなる映画でした。

子供達だけでも助けたいと願う大人たちと、頼る人が誰もいなく逃避行する子供たち、そして、追ってくるドイツ兵。観てるだけでドキドキだし切なすぎます。『ユダヤ人が悪いならユダヤ人をやめればいい』という小さな子供らしいセリフに泣きそうになりました。(*_*)

悲痛なシーンが多い中、子供達のリーダーとして引っ張っていく女の子ファニーが、最初こそ不安でどうしようもないところから、どんどん強い女の子になっていく感じが良いです。そして、やっぱり子供なんですよね~。無邪気に走り回り、じゃれ合って遊ぶシーンが、辛くて危険な状況と言う事を一瞬だけでも忘れさせてくれます。子供たちの演技も素晴らしく、なかなかの良作でした。(^^)
Husky

Huskyの感想・評価

4.2
子供とは思えないほど皆が強く、逃亡の中で束の間の遊びにはしゃぐ姿との対比が胸に刺さる。
とても見応えのあるいい映画。
たかだかユダヤ人ってだけで子供たちがここまで命がけの冒険をしてたなんて。
ときたま素の子どもに戻るシーンがなんとも愛おしくて、喉をつんざくようなシーンの連続にどんどん引き込まれた。

ジグザグに走れ!
sakachan

sakachanの感想・評価

3.7
第2次世界大戦中のユダヤ人迫害についての話。子ども目線から描かれているので、そう過激な描写もなくマイルドです。

ちょっとしたことですぐに楽しくなれる子どもたちの姿にすごく救われます。「子どもって希望なんだなぁ」としみじみ感じさせてくれる、そんな作品でした。
95点
313

こういう映画大好き。サッカーのシーンと手紙に導かれて逃げるシーンがすごく良かった。
きょる

きょるの感想・評価

4.0
ナチスドイツ支配下のフランスからスイスを目指したユダヤ人の子供たちの逃避行を描く実話

あどけない子供たちがキャッキャウフフとはしゃぐシーンに、ここまで心休まる映画は初めてかもしれない。
そのくらい彼女たちは駆け抜けていく。

時代背景はちょっと不親切かもしれないので、所々分かりにくいかもしれません。
でもそれは当事者である子供たちも同じこと。
ユダヤ人をやめたら逃げなくていいんでしょ?

子供たちの演技は素晴らしく、音楽もとても良かったなぁ~
エンドロールに流れる歌声は胸に響きます。
ジャケットには“感動の物語”とか書かれていますが、こういう題材に感動を押し付けられるのは苦手です。
>|