少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

占領下のフランスで引率者とはぐれた子ども達。
キレイな大自然を駆け回る無邪気な子ども達が可愛い。

亡命をテーマにした作品の中では観やすい。慣れた人には物足りないかも。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.8
せめて幼い子供の命だけでも!と、危険や死を覚悟の上に、ユダヤ人たちを匿う人たちもたくさんいたんだなぁと、改めて実感。

子供たちが哀しんだり、ユダヤ人やめたらいいって素朴なギモンだったり、川で無邪気に笑って遊んだり、匿ってもらえて嬉しくてみんなで働いたり、
ただ辛いだけではなく、喜びや希望も垣間見れてとてもよかった。
ファニー(レオニー・スーショー)を中心としたユダヤ人の子どもたちは、ドイツ軍から逃れるために旅に出る。

至ってシンプルな物語の映画でありながら、要所要所では娯楽性を高めるために、ドラマチックな展開や子どもたちの無邪気な笑顔を盛り込みながら観る者を飽きさせない、そういった努力が垣間見えて素晴らしい。

そして、僕が最も絶賛したいのが、この物語において肝心な要素を、絶妙なタイミングで挟み込んでくれたところにある。

この物語というか、この史実のなかで重要なのが「幼い子たちを逃がすために自らの危険を顧みず尽力した大人たちがいた」ということだ。

それが節目節目にポンと現れて、サッと消え去るところが身震いするほどにいい。

「静かにしてなさい」
「騒ぐんじゃないぞ」
「急いで行きなさい」
「内緒だぞ」

まるでバケツリレーのように、次から次へと大人たちが、ファニーらをかくまったり逃したりした。

映画の大半は、過酷な旅を続ける幼いファニーらの姿を描いているものの、肝心なところ(幼い子だけでは絶対に乗り切れないという絶体絶命の場面)では、必ず大人が力を貸していた。

もしこの時代のこの場所に僕もいたら、僕はどういう行動を取るのか考えさせられた。

ファニーたちもよく頑張ったけど、この映画において脇役である、危険をおかして幼い子たちを逃し救った大人たちの姿に、心を揺さぶられた。

旅の目的地にたどり着くためには、様々な人の力を借りることだってある。

感謝の心を大切に。

p.s.

僕は学生のころ、不登校児だった。

午前中は図書館でブラックジャックを読んで過ごし、午後は映画館で過ごす日が週に1回か2回あった。

腹が痛いといえば「帰っていいぞ」と早退させて(逃して)くれていた先生や、昼間から学ラン着のままで過ごす学生を黙って迎え入れてくれた図書館や映画館で働く皆さんには、改めて感謝です‬。

ご恩は次の世代へお返ししますね。
第二次世界大戦時、ドイツ占領下のフランス。ユダヤ人の子供を匿う施設の子供たち9人がドイツ軍の追跡から逃れるため、スイスとの国境を目指す話。厳しい追跡により引率者や年長者とはぐれたことで、13才の少女ファニー(レオニー・スーショー)が色々な決断をして生き延びていく。途中で密告されて捕まったり、出会う人々が人さらいなのか助けてくれる人なのかも判らず、困難な旅が続きます...

実話で、題材としても惹かれる内容なのですが、ちょっと綺麗に撮りすぎていて、自分が持っていたイメージと違っていました。こういうジャンルの映画としては映像が明るいし、子供たちもオシャレで可愛いのですが...
なぜ逃げなければならないのか、何も知らない子供たちの目線を意識したのかもしれませんが、切羽感が薄れてしまったような印象。

逃げる途中で男の子がバラまいてしまったお札をみんなで拾うシーンや追っ手から隠れる木登りのシーン、逃げる途中で見つけた廃屋ではしゃぐシーン、見つけた川で水を飲んだ後の水遊びのシーン等は、子供たちの無邪気さが分かるいいシーンなのですが、命を懸けた逃避行という点では逆効果だったかもしれません。

それでも、小さな女の子が、少しだけ年上の子に、「私たちはユダヤ人?悪いことならユダヤ人をやめれば?」と問うシーンは心に響きました。
途中離脱した男の子の言葉や手紙がファニーを助けてくれるところは、胸が詰まりました。国境まで走っていくラストシーンは感動しました。
YuriShodo

YuriShodoの感想・評価

3.8
ナチスドイツの支配が進むフランスから、スイスへ逃亡したユダヤ人の方の実話。正直すごく重いテーマで、観てるあいだずっと手に汗を握って最後には涙が止まりませんでした。でも、どんな状況でも何か楽しさを見出して励ましあいながら前を向き続ける子供たちは、強くて賢くて可愛くて、もっとたくさんの映画館で上演してほしいなと思った。
海

海の感想・評価

4.5
戦火の中に咲いた花のよう。こんなにも眩しく美しい光たち。
心細さに涙を流す時、手を握って一緒に泣いてくれた女の子が居た。歩き疲れて立ち止まる時、皆んなで追いかけた蝶の群れがあった。私が笑えるように、君は笑ってくれた。私が笑えば、君も笑った。束の間の幸福が、今強さに変わるすべてだった。

ぼろぼろのオルゴール、大好きだった絵本、世界に一つのくまのぬいぐるみ、青色だけ極端に短い色鉛筆。
もう必要ないから。もう大丈夫だから。そう言っていろんなものを手放していった子供たちが、何でもないがらくたを宝物にできるように。
青空を映す瞳の色や、両親の手のひらの温もりを覚えてる小さな胸のなかが、誰にも脅かされる事なんてないように。
車に、汽車に、乗せるために、子供たちを抱き上げる大人の大きな手が、いつも守るべきたった一つのもの。

子供ってやっぱり希望の光。

2018/9/1

9月一本目に相応しかった。大号泣。
ナチスドイツとか、ホロコーストとかを扱ったいろんな映画を観てきたけど、こんな気持ちになったのは初めてだった。希望の映画だと思う。
ファニー役のレオニー・スーショーはちゃめちゃに可愛くて、エリカ役のファンティーヌ・アルデュアンは「ハッピーエンド」で好きになったから注目して観ててやっぱり可愛く素敵だった。子供たち全員可愛くてころころと変わる表情に目が離せない。
silence

silenceの感想・評価

3.8
世界のこういった歴史を知らなければならない。
すべてを理解できないであろう子供たちの生きるための必死な姿は感動的だった。
misa

misaの感想・評価

5.0
ユダヤにはまったきっかけ、本当に子役も可愛し、歴史の重さも感じるけど。ユダヤ系の映画にしてはhappy end!
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.5
ナチスドイツ統治下のフランスからユダヤ人の子供たちがスイスを目指すお話。
残酷なシーンはそれほどなく、希望をもって観られる作品です。
しかし、日本もそうだったと思いますが、子供達が子供らしくいられる時期があんなに短くなる戦争なんて本当にいらないです…。大人にならなくちゃいけないファニーが一瞬、子供になってはしゃぐ瞬間に心が苦しくなる。
どうして大人たちが始めた戦争で子供たちが犠牲にならなくちゃいけないのか…。
ナチスと子供をテーマにした作品は世の中に数多あるけど、見終わったあと変に暗くならずに自分の子供や甥っ子姪っ子に会いたくなりそして何だかお小遣いを奮発したくなる、そんな高揚感の残る良作だった。
>|