少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

2.7
ソレイユ2にて鑑賞
2017.10.22
chan

chanの感想・評価

4.5
私たちはユダヤ人?悪いことならユダヤ人をやめれば?

頭から離れないこの言葉。

子供達の時折見せる無邪気な姿に、この姿をただ微笑ましく眺めていたいと何度思い願ったか。ただそうできない現状に胸を締め付けられるばかり。

彼らは時々もう逃げられない状況にやられるけど、それでもなんとか逃げだす。本当に勇敢な子供達。リーダーを担うファニーの勇気なんてきっと想像できないほど。そこには心ある大人達の助け舟や、エリーの手紙や言葉、存在があってこそだけど、彼らを信じるのもまた勇気がいること。

最後はホッとするけどこんな安堵感をもたらす状況が間違ってるし、今でも世界には思い切り走り回って遊べない子供達が何万といる現実を思ってさらに切なくなる。人を憎むだけのパワーをもっと他で活かせないのかな。
「ユダヤ人が悪いのなら、ユダヤ人をやめればいい」幼いユダヤ人の少女の言葉に、どう答えればいいのだろう。
ドイツ占領下のフランスで、ユダヤ人を密告する人もいれば、命がけで助けてくれる人もいる。どこの国にも、ユダヤ人にも、ドイツ人にも、いい人もいれば悪い人もいる。戦争が人を変えたのか、あるいは、戦争が人の本質をあぶり出しただけなのか?
国境で、白い手紙が、ファニーを導くように風に舞い上がるシーンが、心に残る。
ファニーたちは、生きのびることができた。けれども、生きられなかった、たくさんのユダヤの人たちのことを忘れてはならないと思う。
tiana

tianaの感想・評価

3.4
"Le voyage de Fanny"

ナチスドイツ支配下となったフランスから、ユダヤ人の子供たちがスイスの国境へ逃げる実話を基にしたストーリー。

時代背景が詳しくなかったからかちょっと難しく感じた。けど、観てよかったです!
子供たちの目線で映しているのもよかった!


でも邦題がイマイチだな〜〜。
花心

花心の感想・評価

3.0
厳しい環境の中、時折見せる子供達の無邪気な笑顔が可愛くて切ない。 
ユダヤ人の迫害について、戦争について、今一度学び直そうと思った。 
もう戦争は起きてほしくないから。
2017.08.17. 横浜シネマ・ジャック&ベティ
kyoko

kyokoの感想・評価

3.9
都内での公開が一旦終わりそうだったので駆込み鑑賞。

1943年、ユダヤ人の子供たちが、ナチスドイツ支配下にあったフランスからスイスへと逃避行する物語。
子どもたち9人のリーダーは「あなたがいちばん頑固だから」という理由で指名された13歳のファニーだが、実はいちばん短気だ。最初の頃は自分たち姉妹のことしか考えず、まわりに気を配ることもなくどこか行き当たりばったり。
そんなファニーが徐々に変わっていく。仲間に寄り添い、危険を顧みず自ら助けを求めに行く。そして彼女の成長を最も象徴する手紙のくだり。
他の子どもたちもみなたくましい。過酷な状況にあっても、ボール転がされたら犬みたいに反応しちゃうし、全力でお札拾うし、川があったらバッシャバッシャはしゃぐし、見つけた廃屋での粋なごっこ遊び。子どもたちの無邪気な様子がとにかくかわいくて切なくて泣けてきた。

途中、密告によってナチスに拘束された子どもたちが、窓の外に見えた一般の人に助けを求め、脱出に成功するシーンがある。
彼らは子どもたちに食事を与えたあとは知らぬふりで優しくいたわる素振りはない。
そういった様子は随所に見られる。
ユダヤ人を積極的に助けることはできない、でもドイツ人のいいなりになるのはイヤだ。自尊心を保つための、ぎりぎりのやり方なのだろう。協力者として積極的な者あるいは密告する者はほんの一部で、残りのフランス人の大部分はこのような気持ちだったのではないだろうか。
子どもたちの勇気はもちろん、苦渋の中にほのかな暖かさを感じる大人のまなざしもまた印象深い作品だった。
とん

とんの感想・評価

4.0
つらいときこそ笑顔で。
こわいときは平気なふりを。

鑑賞後大切な人がそばにいる幸せを感じられる。

なにが起こっているのか分からないからこそ、こどもたちの無邪気で純粋な願いが強い

当時、児童保護施設があることやユダヤ人としての誇りを持つ人たちの葛藤などはじめて知ったことも多い

今サウンドオブミュージックみたら感想変わるかな
みか

みかの感想・評価

4.0
ナチ占下のフランスからスイスまで子供達だけの力で逃げ切るシリアスな旅だけど、道中夢と希望でいっぱいの子供らしさが垣間見えてほっこり。生き延びるための壮絶な戦い、勇敢な子供達に心を揺らされる。
Yu

Yuの感想・評価

4.2

(インスタレビューコピペ)

手紙が2人を守ってるように舞うシーン
まるで逆襲のシャアのチェーンが持ってたサイコフレームだった

#ローラドワイヨン
#レオニースーショー
#ヴィクトールムートレ

1943年ナチスドイツ支配下となったフランスでの実話
子供たちがかわいくてかわいくて
追い詰められるたびにヒヤヒヤ
疲れ果てて辛い状況なのに
サッカーボールを蹴りあったり
小川でふざけあったり
札束集めたりいきなり無邪気に元気になって遊ぶ姿に涙
青年エリーを慕うファニーの笑顔に心和み
青年エリーが託した手紙を開けて見た瞬間に嗚咽し
青年エリーに教わった逃げ方で懸命に走るファニーに号泣した
容赦なく撃ってくるドイツ兵絶対に許さない😡
>|