少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

ゆーた

ゆーたの感想・評価

4.2
1940年代のナチスドイツ政権下、ユダヤ人迫害が厳しい中で、密告者の通報により施設から抜け出しスイスの国境へと逃避する実話を基にした作品。

96分という短尺でありながら、無駄のない展開で見応えあった。
この時代では、例え子供であってもユダヤ人である場合、命を奪われてしまう…そんな恐怖の中で心休まる時もなく、食事も取れず、生きるか死ぬかの状況をリアルに描いていた。
戦争に関する映画ではあるが、戦争自体よりもその時代背景に苦しむ様子を丁寧に描いていた。
ボールで遊んだり、散らばったお金を集めたり、空き家で戯れたりと子供たちの無邪気な表情とは対比に、ドイツ兵が迫ってきた緊張感のある表情が本当に上手かった。
決して子供であるということに甘んじず、生き抜くことを諦めないその姿勢に感動した。
ファニーは凛々しく責任感が強く、危機の際に機転を利かせ皆を守り抜き、リーダーとしてしっかりと導く姿はまるで皆を守る母親のような存在感だった。
ラストは本当にハラハラドキドキした…。
少女ファニーと運命の旅
"ナチスとユダヤ人"と言うだけで心が痛みますが、主人公のファニーが迫害から妹や小さい子を連れてスイスに逃げるストーリー。重い内容ばかりでなく、子供たちの明るさや笑顔、心の強さなど微笑みながら見れるシーンもあり、時間を忘れて見入りました。でも最後子供にライフルを向けるシーンは何とも言えない気持ちになりました。
つみき

つみきの感想・評価

3.7
ファニーと、最初は反発してた眼鏡の少年の心が少しずつ近く描写がよかった。
自分より小さな子に手を差し伸べる子供たちの姿に涙しちゃう。
高い所から抱き降ろしてあげたり、背負って走ったり、またその背負うのを手伝ったり…
子供たちが健気で無邪気な表情する度に心締め付けられらる。
地球へ

地球への感想・評価

4.0
9人の子供たちの逃避行を描いた、実話をベースとした映画

ナチスドイツによるユダヤ人迫害が厳しくなる第二次世界大戦の最中、ナチスドイツ占領下のフランスからスイス国境を目指し、子供たちの逃避行が始まる。
ナチスドイツに捕まれば子供たちであっても『死』を免れないと考えると、それは正に「生きるための」逃避行である。
しかも引率者(ユダヤ人の子供たちを守ろうとする支援者)とはぐれ、おそらく小学生と中学生ぐらいの年齢の子供たちだけの旅となる。

主人公の少女は、子供たちのリーダーとして8人の子供たちを率いて旅(逃避行)を続ける。助けてくれる支援者、大人のいない状況で、正に命懸けの旅が続きます。
彼女の苦悩と、子供たちの不安が延々と描かれています。

彼女を支えているのは妹たちを守りたい気持ちと、楽しかったころの思い出、そしてなにより「生き延びたい」気持であったと思います。
中学生ぐらいの少女にとって、逃避行は耐え難いプレッシャーであったと思います。

しかし、時折見せる子供たちの笑顔は緊張(逃避行)に対する緩和であり、それが逆に命懸けの状況(悲惨さ)を強調する描写となっていました。

子供の頃に読んだ「アンネの日記」を思い出しながら、子供たちの逃避行を応援しながら映画を観ていました。

戦争のシーンはありませんが、戦争の怖さを描いた心に残る作品でした。
また、題名から想像していた内容とはかけ離れていました。


いつもの名画座(キネカ大森)にて字幕で鑑賞。
同時上映は、同じくナチスドイツのユダヤ人迫害を題材にした「手紙は憶えている」。
ユダヤ人の迫害という重いテーマだけど、テンポが良くてちゃんと面白い。ハラハラする。
エリーから渡された手紙を使った視覚的な表現がうまい。ここであの伏線が生きるのかという感動がある
alabama

alabamaの感想・評価

3.7
ユダヤ人迫害を逃れて安全地帯へ向けての子供達の。。。
ドイツ軍から逃れながらスイスに向かうというシンプルなテーマがぶれずに分かりやすかったです。
戦況の変化もリアルに伝えられて(特にヨーロッパのような陸続きのリアルさ)子供達ならではの目線が残酷さを良くもわるくも表現していたかなと。
1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が迫っていた。。監督は、「女の欲望に関する5章」のローラ・ドワイヨン。

いわゆるナチス迫害モノではあり、その中で生きてきた子どもたちを取り上げるというのも珍しくはないのですが、本作は子どもたちの目線に立って描かれているため、戦争映画という暗い背景はありながらも、どこか純粋にナチスという巨大な魔の手から逃れるような冒険劇のような風合いも呈しており、観ていてすごく引き込まれるドラマとなっているのです。同時に悲しく感じてしまうのが、まだ13歳という若さでありながら、リーダーとして大人の代わりに子どもたちをまとめ上げる立場に立たされた少女ファニーの姿。自分の頃を思えば、まだ13歳なんてガキそのもの。親や学校の先生など、周りの大人に頼ってしか生きていけない中、そんな大人たちの顔色や動向さえも気にして、この人なら大丈夫だろうとか、この人なら裏切らないかと即断していかないといけない。同時に、まだ子どもで生死の危険さえも分からない子たちを叱咤激励しながら、逃げていかないといけない。ファニーの苦しさはスクリーンから伝わってくる以上に、大変なものだったろうと思います。

作品としては、同じ戦時期を描いていた「ベル&セバスチャン」に登場するようなフランスからスイス国境に逃げていく際の、美しいアルプスの情景が目に焼き付きます。「ベル〜」のときも感じたのですが、捜索困難な雪山にまで兵を派遣して、なぜユダヤ人たちをどこまで捕らえなければならなかったのかというのが、今の視座から見ると疑問に思えてなりません。それだけ人種迫害というのを命題にしている全体主義の怖さに震えると共に、苦しい中でも生き抜いた彼ら彼女らの精神が、あのときとは別の困難な時代を生きる私たちに教えてくれるものもいろいろあるように思います。
KMD

KMDの感想・評価

3.7
みんな何でもファニーに頼り過ぎ。でもね、もう子供たちが一生懸命頑張ってるの観てるだけで泣きそうになっちゃいます。
個人的には今年のベストテンに入りそう
このだっさい邦題のせいで避けている人がいるならもったいない
TAKA

TAKAの感想・評価

4.2
2018-050-042-008
2018.2.18 京都シネマ Scr.1

・ほのぼのとした気持ちで。
子供達の成長ドラマ(^_^)
・ねぇ、ユダヤ人って悪いことなの?
。・゜゜(ノД`)
・パルチザンという文化
・走れ♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
追記。
・ナチスの映画。

結果的にこの日は戦争に関する映画を3本観ました。
まぁ、ジャンゴはそれと知らずに観たんですけどね。f(^_^;

本作は公開時はタイトルとビジュアルをちらっと見て、(何故か)魔法もの?とか思って、何となくスルーしてました。
魔法もの好きなのに何ででしょうね?
自分でも分かんないf(^_^;(苦笑)

京都シネマで予告編を見て、観たい!ってんで行ってきました。(^_^)

ナチスの、ユダヤ人の子供に対する迫害は、「黄色い星の子供達」で観て涙しました。
。・゜゜(ノД`)

だけど本作は
不謹慎承知で申し上げるならば、
何となくほのぼのとした気持ちで鑑賞しました。
戦争の悲惨さもあるのだけれど
それ以上に子供達が成長していく姿が素敵だったかと。(^_^)
ま、何となく結末が分かってるって理由もあるのかもしれないですけどね。

本作はユダヤ人の子供達を匿っている施設を舞台に始まる。
子供達は、親と離れて寂しくても、友達と元気に暮らしてる(^_^)

だけどそんな場所にもナチスの魔手が迫ってきて・・・次の隠れ家へ。

そこに居たのは、
ミス・ペレグリン♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
じゃなくて、マダム・フォーマンf(^_^;
強く厳しい女性。
だけじゃなくて、愛がある(^_^)

だけどそこも追われてしまう。

ねぇ?ユダヤ人って悪いことなの?
だったらやめればいいのに。
・・・ユダヤ人はやめられないんだよ。
。・゜゜(ノД`)

何も悪くないんだよ。
だけどそれが分からない人がいる。
分かっていても正せないこともある。

運命は皮肉に回り、
子供達だけでスイスへの逃避行。
リーダーはファニー。

不謹慎かもしれないけれど、
この道中が微笑ましいんだ(^_^)

小さい子もいるからさ(^_^)
足痛い~
お腹減った~
遊ぶ~
(^_^)

カリカリしてしまう責任感の強いファニー。
そらそうだよな。( ̄▽ ̄;)
俺でもイライラすると思うもの(苦笑)

でも色々な出来事を通して
一緒にいることが大事だと分かった。
皆で一緒に行くことが。
最初は迷っていた。
流されそうになっていた。
十分に成長したね。

俺にとって、
本作はファニーの成長ドラマでした。(^_^)

そしてそれと同じくらい感動したのが、
子供達を助ける人々の存在。
村人だけでなく、
施設の人々、マダム・フォーマンも含めてね。(^_^)
逃がし屋なんて人達もいる。
助けてる人々はユダヤ人じゃないんですよ?

ヨーロッパには、パルチザンって文化(?)があるよね。
日本てかアジアではあまり聞かない気がする。
ヴェトナムとかであったのかもしれないけれど。
寡聞にして俺は知りませんm(__)m

ただ、
単なる村人が
凄い危険を犯して子供達を守る。
その姿に感動したのです。

クライマックス。
青い草原を
走れ!走れ!!

素敵な未来が待ってる(^_^)
走れ!

クライマックスの草原が
美しすぎました(^_^)

追記。
・子役って、やっぱ反則かも(笑)
・ネオナチだとか、意味分かんない。
人種差別と職業蔑視は大嫌いです。
ま、ユダヤ人てのは人種じゃないけど。
・最近ナチス関連の映画の公開多いですよね?戦後70周年で企画されたものが多いんですかね?
わからないけど、クオリティが高い作品が多いのも確か。
ヨーロッパの人々の心に、それだけ深い痛みを残した歴史なんだな。
そんなこと考えちゃいます。
もう一度だけ。
ネオナチとか、意味分かんない。
>|