少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

Asami

Asamiの感想・評価

4.0
2017年12本目。

ハイドリヒを撃て!とは、また異なった角度から観たナチスドイツ関連の話。

子供達の勇敢な行動に大変心打たれたと共に、未来に対しての希望を共有できた。とても良い映画です。
flare

flareの感想・評価

3.0
2017/8/22 TOHOシネマズ シャンテ
KaoriKido

KaoriKidoの感想・評価

3.5
ユダヤ人の子供たちがとっても可愛い!子供ながら人を裏切らず信念を持って行動する姿に感動。
でも子供なので、お札がヒラヒラしたり小川でバシャバシャしたり、くだらない下ネタできゃっきゃはしゃいじゃう。そこがまた可愛い😍
抑制の効いた良質な映画でした。
a2y6a

a2y6aの感想・評価

3.5
この1、2年にナチス関連の映画が急増しているなと思いながら、史実を基にしたものが多い中での鑑賞作品。
あの戦時中、子供ながらにドイツ軍に捕まったら自分がどうなるか理解している痛ましさがひしひしと感じられた。
強くならなければ生きていけない状況でファニーを筆頭に子供たちだけの逃避行は彼らを無理矢理成長させていったと思う。
小道具の手紙やカメラ、バイオリンの使い方がとても上手かったと思うが、もう少しストーリーの山場を高めたらもっと良かったと思う。
ただ、この映画のメッセージは何かと考えると、第二次世界大戦の語り部が次々といなくなる中で次世代にこのような子供たちを生まないための語り部たちの記録だと思う。2度と混沌とした戦争をしないために。
一瞬たりとも無駄な音楽やカットがなく戦争物特有のお涙頂戴にならない良作。
20170821

それぞれみんなたくましい。
第二次大戦下のフランス。
隠れ家を追われたユダヤ人の子供たちが、生きるためにスイス国境を目指す。
これは図らずも子供たちのリーダーという重責を担った、13歳の少女ファニーを描く実話ベースの物語。
占領下のフランスでは、敵はドイツ軍だけでは無い。
冒頭、フランス人の聖職者が、子供たちの保護施設のことを密告したことが示唆される。
ユダヤ人だって我が身可愛さに同胞を売り、逆に見ず知らずのユダヤの子を助ける者もいる。
大人たちを誰をも信じられない状況の中、様々な危険が子供たちを待ち受ける。
非常に真面目かつ端正な映画で、全く気をてらった部分はない。
カメラは、子供たちの個性と揺れる感情を丁寧に写し撮ってゆく。
幼くも気高い"司令官"ファニーを演じるレオニー・スーショーが素晴らしく、将来が楽しみ。
こうした迫害される子供たちが、今も存在する世界が痛ましい。
bubbly

bubblyの感想・評価

-
TOHOシネマズ シャンテ
丘

丘の感想・評価

-
2017.8.21観賞。
>|