シンドラーのリストの作品情報・感想・評価

シンドラーのリスト1993年製作の映画)

SCHINDLER'S LIST

製作国:

上映時間:195分

ジャンル:

4.1

「シンドラーのリスト」に投稿された感想・評価

狂った戦争の中で、自分を保つことができるかどうか、人の本当の強さと脆さを考えさせられる映画でした。
第二次世界大戦中、ドイツ軍による組織的大量虐殺(ホロコースト)からポーランド系ユダヤ人を1100人も救った、ドイツ人実業家、オスカーシンドラーの物語

実話に基づくストーリーなので、リアリティがあり、そして実際にこんな酷い事がドイツ軍によって、行われていたと言う事実、人間がこんなにも残酷な事が出来るのかと、目を覆いたくなる辛いシーンもありました

全編モノクロのシーンが続く中、逃げ惑う一人の少女の赤い洋服が印象深く、目に焼きつくシーンでした、そして悲しい結末…

そして、ラストのシンドラーの言葉、自分が乗っていた車、持ち物を売れば、後何人かの生命を救えたのに、一人でも多くの生命を救おうとしたシンドラー

自らが犠牲を払ってでも、救いたかったユダヤ人の生命、最後は自然と涙が流れてしまい、平和な時代に生まれた私達こそ、観なければいけない作品だと思いました

リーアムニーソンの演技も素晴らしかった!!
この車を売ってれば..このバッジを売ってれば...
初めは特に意味は無かったのに、自分でも気付かぬうちにすごく大切になっているものってあるよなあ。
3時間超を全く感じさせない大作&名作。
 ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。スピルバーグが長年あたためていたT・キニーリーの原作を遂に映画化。念願のアカデミー賞(作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲)に輝いた作品。
Sora

Soraの感想・評価

4.3
いつか必ず観なくてはいけないなと思っていた作品。簡単に、観て良かったと言える様なそんな作品ではないけれども、知っていなくてはならなかった現実。
戦争は人の悪い部分が全て出るとは本当なんだろうな。人を人として扱わない、そんな事が当たり前の日常だった。同じ人間がこんな事を出来るのかと、悔しくて仕様がなかった。
観る人の心に訴え掛ける素晴らしい作品、薄れさせてはならない後世に伝えていくべき作品だと思います。
3時間超の作品ながら、時間の長さを感じさせない作りが素晴らしい。退屈せずに見られた。近年に撮られた作品ながら、基本的にモノクロで撮っていることも、時代を感じられて高評価。赤い女の子からの場面転換と、ラストのシンドラーの一人語りは名シーン。シンドラーがステレオタイプな正義漢でなく、人間臭さがあって共感できた。
azulao

azulaoの感想・評価

-
・安易に「落ちこぼれがのし上がって行くストーリー」じゃないのがアメリカのお仕事映画らしくて良かった。ラストは普通。まぁあれ以外に無いよねみたいな感じだが、携帯投げ捨てたところで切っても良かったかも? ・兎にも角にもアン・ハサウェイが美人すぎて野暮ったい服すら可愛く見えた。服装七変化は見てて本当に楽しく、特にホルトのパーティで着てた服がお気に入り。 ・「悪魔」が何だか憎めないのは、そのカリスマ性と、アンディの彼女への尊敬が感じとれたからだろうか。何にせよ、仕事を頑張る人は美しいと再実感する映画。
yuka

yukaの感想・評価

4.0
シュターン好きぴ

オスカー男前すぎて途中からイケメンって連呼してた。なんぼ使ってん泣くわ
にしてもニーアムリーソン若いでかい

1つの生命を救う者が世界を救える〜

ユダヤ系の映画もナチス映画も何個も見てるはずやのにこの事実ははじめて聞いた
人種って何なんやろほんま
オスカーの戦後も知りたくなった

スピルバーグっぽくないと思ってしまった

600万人と1,100人。つらひ

重い上に長いから休み休み観た
えく

えくの感想・評価

4.6
最初は都合の良い労働者としてユダヤ人を見ていたシンドラーが虐殺されていく様子を見て救う方向へ動き始める流れがじっくりと描かれている
最後の後悔を吐くシーンは胸が締め付けられました
ぱる

ぱるの感想・評価

4.5
人が人以下で扱われ、財産所有権も住む場所も認められない。そんな歴史が現実にあったことを感じた。あと10人救えた。あと2人救えた。それがあの悲劇の時代に決して小さなことではないと信じたい彼がすごい。今では当たり前なのに。
>|