シンドラーのリストの作品情報・感想・評価

シンドラーのリスト1993年製作の映画)

SCHINDLER'S LIST

製作国:

上映時間:195分

ジャンル:

4.1

「シンドラーのリスト」に投稿された感想・評価

tAiyO

tAiyOの感想・評価

4.0
長かったけど
最後まであっという間でした。
観終わってもいろいろ考えさせられた作品。
Kittens

Kittensの感想・評価

3.8
重たいけど、一見の価値はあるな

月並みな感想やけどやっぱり人に人を殺す権限はないな

「戦争は人の最悪な面を写し出す」
「あいつも平時は平和な男さ」ってセリフがあったけど
それもちょっとエゴが強すぎる解釈だろうと
シンドラー夫妻が良い意味で狂人であったのではなくて
彼らが普通でそれ以外の人がみんな頭おかしい

アポカリプトでもそうやったけどこういう奴隷的な扱いってのは大陸独特な気がするなぁ

とはいいつつもイップマンでの日本の扱いもひどかったからなぁ
ずみ

ずみの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

重苦しい雰囲気だが、ストーリーの続きを見たくなってしまう。自分の利益のために生きた男が最後には人の命を救う希望に。

指輪を送られるシーンで主人公が見せる後悔は圧巻。
risako

risakoの感想・評価

4.9
死ぬまでに絶対アウシュビッツ行く!

いやぁ、悲しいけど観てよかった
観るべき作品
R

Rの感想・評価

4.0
恥ずかしながらオスカーシンドラーという方の存在をこの映画で知った。
こんなにすごい人があの時代にいて、ユダヤ人の命を救ったという話にただただ圧倒された。

劇中流れるシンドラーのリストのテーマが儚く命を落としていった多くのユダヤ人を表現している気がしてものすごく胸が痛くなる。

いまこうして平和に生きていられる時代に感謝せずにはいられない。
残酷なシーンもあるけれど観てほしい。
そして今の幸せを感じてほしい。
elie

elieの感想・評価

4.0
タイトル忘れてて
知らずに手に取ったけど
これ観るの2回目だった
ユダヤ人への残虐な行為は
ほんとに目を背けたくなる
こんな時代があった事
今の平和な日本で生きる自分には
考えられないし置き換えたくもない
けど忘れてはいけない事実
シンドラーの涙するシーンは
なんとも胸が苦しくなる
ほぼモノクロな中で
色のついているシーンが引き立っていて
ラストも感動した
重いし195分とかなり長いけど
きっと何度でも観るだろう映画
買って良かった一本です.
かぐや

かぐやの感想・評価

4.4
教材。戦争が人を狂わせるなかで、自分の正義を貫き通す。1人の一般人であるが故に個人の可能性をより感じた。
一気に鑑賞。
評価できるわけもなく、ただただ一見の価値のある映画。
一人一人に名前があり、顔がある。戦争においては、それが忘れられ、国家の元に群衆と化す恐ろしさ。
31, history
リーアム・ニーソン目当てで10代の頃に観たのが初めて。
題材が題材なので、重い重いとさんざん聞かされていたものの、いざ観てみると余計な重さ(脚色)がなく、むしろ抵抗なく入っていけた記憶があります。

今でもお気に入りというか、思い出の作品です。
りこ

りこの感想・評価

4.2
気軽に見ちゃいけなかったな。
でもぜひ見ておくべき作品だと思いました…

第二次世界大戦中、ナチスのユダヤ人虐殺から多くの人を救った実業家シンドラーの行動を描いたお話。

ほとんどのシーンが白黒ですがそれがリアリティを出しています。
映画じゃなくだんだん実際の記録動画を見てる気分になっていました。
ホロコーストは歴史としては知っていたけど、映像として見せられるとこんなにも残酷で悲惨なのか…💦

そんなシンドラーさんですが完璧なヒーローという感じではなく、最初は金儲けのために始めたことですが、次第にひとりでも多くのユダヤ人を救いたいという考えになっていきます。
最後の場面ではもっと頑張っていればあと何人も救えたのに…と後悔するところもありますが、救われたみなさんは感謝していることでしょう😄
こうやって語り継がれることをするのにも、ちょっと勇気を出して行動することが大切ですね…

それから音楽がすごくよくて、ストーリーの切なさを引き立てていました。

現代からそう遠くない昔に、このようなことがあったなんて実感がわかないものですが、この映画も語り継がれてほしい作品です!
>|