シンドラーのリストの作品情報・感想・評価・動画配信

シンドラーのリスト1993年製作の映画)

Schindler's List

上映日:1994年02月26日

製作国:

上映時間:195分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シンドラーのリスト」に投稿された感想・評価

オスカー・シンドラーが残した偉業を基にした作品。
最初はビジネスとしてユダヤ人を使い利益を得て贅沢の限りをつくしていたが、ユダヤ人に対しての残虐な制圧を目の当たりにし徐々に救いたいと気持ちが変化していった。
そして全財産を使いユダヤ人1100人を救ったにもかかわらず、まだ救えたはずだったと嘆くシンドラーの最後の言葉がすごく心に響いた。

時代や環境が違うだけで、同じ人間がここまで残虐なことをしてしまったという事実。
ユダヤ人制圧を題材にした作品は多くあるが、その中でもこの作品はただ当時のリアルさに特化するだけでなく、現代社会に生きる私たちに自らの良心を貫く勇気を教えてくれる素晴らしい作品。
まみ

まみの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

現代の白黒だから虹彩が綺麗だなー

"死の灰"
オスカーの墓
さき

さきの感想・評価

4.3
ずっと気になってたけど、3時間超えでなかなか手を出せてなかった作品。
ユダヤ人迫害についてすごくリアルに描かれていて目を背けたくなるシーンもあり、終始つらかった、、だけどきちんと知っておくべき歴史だと思う。一度は見るべき映画。ところどころのカラーの演出が上手いなあと感じた。
シンドラーの最後のセリフには涙せずにはいられなかった、、
やー

やーの感想・評価

4.0
良くも悪くも見ていてとても辛かった。
それだけ、あったことをリアルに描いたということ。

現実にあったことを出来る限り曲げないで、基本モノクロの中にカラーを入れ込んだり、ストーリーを精錬させることで"映画"に落とし込んでいた。

素晴らしい。一度は見ておくべき作品。
ポパイ

ポパイの感想・評価

4.7
“長いから”という理由だけで見てなかったことを物凄く後悔。

もっと早くから見てれば、色んな映画とか学校の授業をさらに深く考えるとこができてただろうに。

見終わってから、色んな疑問点があったから解説を見て震えた。もはや映画の域を越えてる。

にしてもリーアム・ニーソン、小顔で長身でかっこええなぁ
emma

emmaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

シンドラーのリスト、フィギュアスケートでもよく使われていていつか映画を見たいと思っていたので。
赤いコートの少女とシンドラーは直接の接点はないけど、彼女の存在がシンドラーの心を動かし、結果的に1100人の命を救った。ポスターのように彼女の手も掴んで救いたかっただろうし、あんな状況で再会するなんて悲しすぎる。
TDS

TDSの感想・評価

3.4
人が人として扱われない姿が写し続けられる3時間

一度は観ておくべき作品かもしれないが、観ていてとてもつらい

ラストでシンドラーが想いを語るシーンが心に残る
nanana

nananaの感想・評価

4.0
10代のころ見るように先生に言われていた。しんどそうでずっと鑑賞していなかったけど、やっと観ました。

とても良かった。
生々しいです。
非日常が次第に日常に変わって行き、非道な行動にさえ疑問を持たなくなる...
人がいかに弱くで脆いかわかります。
若い世代に早いうちに見てもらい映画です。
yui

yuiの感想・評価

3.7
観よう観ようと思いながら、長丁場であったり、ポジティブハッピーな映画ではないので、なかなか鑑賞できていなかった作品。
Amazonprimeで見放題終了とあったので駆け込み鑑賞。

色の使い方がとても効果的だった。
93年の映画ではあるけれど、描いた時代やモノクロ映像などもあって古さを感じなかった。
モノクロが悲惨さや陰鬱さを引き出していた。ただグロいシーンなどはモノクロのおかげで幾分ダメージが少なく観れた。

色々露わに撮影されていて結構衝撃的だった。
その分リアルではあった。

こんなものではないのは充分承知しているけれど、あの惨劇が繰り返されない為にもしんどくはなるけれど観ておくべき作品だと思った。
iSa

iSaの感想・評価

4.0
当時映画館で観覧し、DVDが出た時にいちど、そして、今回で3度目の映画。
改めて見ると、史実を、映画的手法を駆使してこの長い時間観させてしまうスピルバーグの監督力に一番感心する映画。戦争がどうとか、シンドラーがどうとかより、そこが一番。

でも、これでもまだ当時の残虐性は表し切れていないと確信している。
>|