ニコラス・ウィントンと669人の子どもたちの作品情報・感想・評価

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち2011年製作の映画)

Nicky's Family

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

1938年、第二次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人がいた。彼の名はニコラス・ウィントン。だが、それから50年の間、その事実は世界中の誰にも知られることはなかった。そのときに命を救われた子どもの一人で、その後カナダでTVジャーナリストとして成功したジョー・シュレジンジャーは、自らの経験を振り返り、自分たちを救…

1938年、第二次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人がいた。彼の名はニコラス・ウィントン。だが、それから50年の間、その事実は世界中の誰にも知られることはなかった。そのときに命を救われた子どもの一人で、その後カナダでTVジャーナリストとして成功したジョー・シュレジンジャーは、自らの経験を振り返り、自分たちを救った英雄の足跡を辿り、ニコラスが指揮した奇跡の救出作戦の全貌を解き明かしていく。

「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」に投稿された感想・評価

やみこ

やみこの感想・評価

3.6
第二次世界大戦時にユダヤ人の子供をホロコーストから救ったニコラスウィントンのドキュメンタリー。

無事外国に逃げた子供達が数十年後に助けてくれた90歳を超える二コラスウィントンに直接会って、感謝を伝えるシーンはフィクション映画では絶対感じられない本当の感動が伝わってきた!
道徳の授業に是非使って欲しい素晴らしいドキュメンタリー
アウシュヴィッツ、ホロコースト関連の映画と一緒に観たために、涙が止まらない内容でした。

完全にドキュメンタリーでしたが、とても良かった。
人道支援により救われた命、その命がまた誰かを救うべく連鎖していく。
本当に素晴らしい。

心から感動できるノンフィクション映画でした。
ペコ

ペコの感想・評価

4.0
この時代に勇気と信念を持って行った彼の行動が形を変えて現在も世界中の人びとへ広がっている事が素晴らしい…
はるな

はるなの感想・評価

4.8
色々と考えさせられる。
戦争は悪者を作ることから始められ、憎悪を増幅させ、加害者の数を増やすということだけで成り立ってしまう。日常生活で言うといじめも同じ類いなのではないか?
ニコラスは若干29歳から数年にかけて699人もの子どもたちを救った勇敢な人。
こういう人が長生きできたことが人生捨てたもんじゃないと思わせてくれる。
こと

ことの感想・評価

4.9
たった1人の男の決断が多くの子ども達の命を救い、時代を越えて思いやりが思いやりを育む

ニコラス・ウィントン

彼の行動は669人の子ども達だけでなく、その子ども達の子孫の命をも救ったと言える

移民や難民が受け入られずらい現代社会だからこそ、彼を見習うべき
今目の前で助けを求める人に手を差し伸べないのは、未来の子ども達を見捨てることと同じ行為だ

ドキュメンタリーと再現映像を織り交ぜた内容なので、ドキュメンタリー苦手な方でも見やすいと思われます。

未来へ語り継がれるべき物語とメッセージのあるこの作品は、文化や歴史の"後世への継承"という映画の1つの役割を果たしていると思う
戦時下のチェコスロヴァキアで669人のユダヤ人の子どもたちを国外に里親制度で送り込むキンダートランスファーをたった一人で行った、イギリスのシンドラー、ニコラス・ウィントンのドキュメンタリー。
こんな人いたんだー。
すごいなー。
しかもそのことをずっと誰にも言わず、割と最近妻が屋根裏部屋で子どもたちの写真が載ったスクラップブックを見つけて発覚。
この妻が奮闘して世の中にこの事が知られることになり、命の恩人を知ることができたあの頃のユダヤ人の子どもたちがやっとお礼を言えたと喜ぶ姿が収められています。
ひとりでこんなことを成し遂げるなんてほんとに驚くばかりです。
ニコラス・ウィントンは2015年に大往生で亡くなられましたが彼が救ったたくさんの命はずっと子孫にも彼のことを語り継ぐことでしょう。
イギリス人で全く関係ない彼と、ユダヤ人の子どもたちを温かく受け入れた家族。勇気を出して子供を手放し、おそらく大虐殺で亡くなったその親たち。いろんな人たちの力が働いて多くの命が救われたことを知れてよかったです。小さなことでも何か私もしたいと思いました。
mika

mikaの感想・評価

3.8
anything that is not actually impossible can be done, if one really sets one mind to do it and is determined that it shall be done.
1930年代後半にナチが迫り来るチェコで子供だけでも救おうと奔走している人がいた。
それがニコラス・ウィントンである。
地道な活動の末、最終的に彼は669人の子供たちを救うこととなった。もちろん、助けを求めてきた全員を救えたわけではなかったけれど、一個人が助けた人数としてはかなりのものだ。
どんな現状でも、可能性が何も見えなくても、彼は出来ると決めて始めたからやり遂げることが出来た。
よし100人救おうとか、300人救うぞとか人数ではなくて、やり遂げるとそう決めたから。
だからこそ669人の人が助かり、その助かった人の家族がさらにいる。
驚きなのは、そこまで彼が語らないことである。自分のしたことの大きさをもしかしたらそこまでわかっていなかったのかもしれない。現に、奥さんが屋根裏部屋でノートを見つけるまで表には出てこない物語であったのだから。
テレビ番組の収録に呼ばれて、隣に座っている人が活動で助けた人だと知った時のウィントンの顔が忘れなれない。
あなたのおかげで私が生きていますという言葉は、その人の肯定としてこの上ないでもないだろうな。いつか私も言われてみたい言葉の一つ。

私の好きなドラマにこんなセリフがある。
「正しいことをしても人生うまくいくとは限らない。それでも正しいことだからやるんだ」
障害にぶつかりつつも、正しいと思うことに自分の全てを捧げたからこそ、ウィントンの行為はとても尊いのだ。その尊さは彼の子供たちによって、同じように広がり語り継がれていくのだろう。
TT

TTの感想・評価

3.8
学校のHRで鑑賞

70年前に1人の男が起こした勇気ある行動が699人もの子どもの命を救い、今もなお世界中の人々に影響を与えているなんて、信じられないくらい素晴らしいこと!!
いま行われている慈善活動の多くが彼の影響なんだと思うと彼は平和とボランティアのパイオニアだなと思う
BBCの映像にはウルっときて1人だったら泣いてた
そして英題の"Nicky’s Family”にすごく納得!素晴らしいドキュメンタリー映画だった
yuko

yukoの感想・評価

4.0
2018.1.17 DVD

シンドラーや杉原千畝さんが有名ですが、こういう方もいらしたんですね。
たくさんの命を救いながら、なんだか飄々とした生きざまは本当に素敵。
>|