ニコラス・ウィントンと669人の子どもたちの作品情報・感想・評価・動画配信

「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」に投稿された感想・評価

単純な数理物理学的な話。

ある時点でAさんがBさんの命を救った。

その時点で、仮にAさんがいなければ、Bさんは亡くなっていて、その子供のCさんもその孫のDさんもこの世には誕生しなかった。

Aさんがいなければ…。
そんなAさんにまつわる話。
それは、ニコラス・ウィントン氏にまつわる話。

1938年、第二次大戦開戦前夜のチェコスロヴァキア。イギリスのビジネスマン、ニコラス・ウィントンはナチス・ドイツによる迫害の危機に晒されていたユダヤ人の子供達を救うため、"キンダートランスポート"計画を実行し、チェコにおけるその中心人物となる—— 。

しかし、彼の活動に対して各国の反応は冷たく、唯一子供達の入国を受け入れたのは、母国イギリスのみ。

ニコラスはイギリスで里親を探し、書類を偽造し、子供達を次々と列車で出国させるが、その活動は第二次世界大戦勃発によって中止を余儀なくされる。

彼が救った子供達は669人。
その子供達はやがて大人になり、子を産み、孫に囲まれて—— 。

その数、およそ6,000人。

しかし、ニコラスは自らが心血を注いだこの活動を家族にすら語る事をしなかった。それは、最後の列車に乗せる筈の250人の子供達の殆どが、開戦と同時に強制収容所送りとなり、その命を落としたからに他ならない。

それから50年。
ニコラスの妻が見つけたスクラップブックから、彼の偉業が世に知られる。

当時の映像と再現映像を交えたドキュメンタリー。実際に命を救われた人々のインタビューを交えて語られる、"あの時"。

再現映像の出来が特別良い訳でもない。当時救われた人達のインタビューに耳を傾けても、まだどこかで対岸の火事だと捉えている自分がいる。

しかしだ!!

BBCが仕掛けたサプライズ番組。

当時の子供達の行方を追うという生放送の番組内で、客席側に座っていたニコラス。その周りには彼に救われた子供達が密かに座っていて。

「ニコラスに命を救われたという方は手を挙げて下さい」

ニコラスを囲む男女が次々と手を挙げる。

泣けたわ。

50年の時を経て、命を救った者と救われた子供達が言葉を交わし、ハグをする。

"貴方がいなければ、私達はここにいませんでした"

この言葉以上に、この世の中で素晴らしいものがあるだろうか。

決して語られなかった50年の謎。スクラップブックだけが知る真実。やがて枝葉の様に分かれて繋がるファミリーツリー。

"イギリスのシンドラー"と呼ばれたニコラスの偉業を、是非あなたにも。
子供たちの笑顔に勝るものは無い。


ニコラス・ウィントン氏もこの史実も初めて知る事になり面食らった。彼にしたら上司に怒られようが当たり前の行動で、後に妻となった人に話す事もなかった。妻が資料を見つけなければこの作品が出来る事もなかったし、助けられた人たちも何も知らないまま、善行が広がる事もなかった。

手離した親の気持ちが痛い程に分かり胸が詰まった。


この作品で心動く者もいれば、動かない者もいるのも事実。

ただ、本当に彼の精神が多くの人々に受け継がれれば、未来は幸せで明るい。
Yui

Yuiの感想・評価

4.1
世界で一番大きな家族の家長。
今や彼の子供達の家族は総勢5700人。
でもこれは、大家族の話ではありません。

ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人のユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人、ニコラス・ウィンストンのドキュメンタリー。

ナチス・ドイツがどれほど恐ろしく残酷で、どれだけの人が殺されたかは知っていたし、ユダヤ人を救った数人の映画は観た事があったけど、彼の話は初めて知った。

しかも驚くのは自分の行った善行を50年も黙っていた事。奥さんが当時のスクラップブックを発見しなかったら、ニコラスはその後も黙っていたんだろうなと思うと、その謙虚が衝撃的だった。こんなに素晴らしい偉業を!と他人は思うけど、本人にとったら良心で行動しただけで、そんな風には思っていなかったんだろうな。

本当に凄いことを成し遂げた方。
そして、それが50年の時を経て表沙汰になった後のサプライズの再会のシーンや、思いやりの心、慈善の心が脈々と受け継がれている事実に涙が止まらなかった。してもらった善意を他の人に返して行く。リアル『ペイ・フォワード』だった。大人でも子供でも出来るんですよね、思いやりの心があれば。

彼の行いには素晴らしいの一言ですが、もう一方で、子供達の命を決死の覚悟で泣きながら送り出した親や家族がいたんですよね。救われた子供達の中で、後に家族に会えた人はいたのかな。考えるととても苦しくて辛い。

戦争は本当に奪うばかりで何も産まないけれど、そんな中、危険を顧みず子供達の命を救った彼は栄誉に相応しい素晴らしい方でした。

大きな感動と共に、小さくても良いから自分の出来る善行をと思わされるドキュメンタリーだったな。観て良かった。

しかもこのストーリーが『パディントン』のモデルらしいです。これまた知らなかった!次にパディントン観たらまた泣いちゃうかも😭


2021-425
matsu

matsuの感想・評価

4.7
久しぶりに号泣しました!! 超良かったです!!

ニコラス・ウィントン、1930年代チェコのユダヤ人の子供たち669人をナチスの支配地域から救い出し、ロンドンに移住させた人物

こんな出来事があったなんて今まで全く知りませんでした。

本当に素晴らしい、の一言。言葉では言い表すことができないくらい素晴らしいことを彼はやってのけた

彼が救った子供たちが家族(子や孫を)を作り、5700人以上の人々を救ったことになる。

彼に救われた人々がさらに世界中で苦しんでいる人々を救う活動をしている

この素晴らしすぎる映画に出会えたことに感謝したい
Noah

Noahの感想・評価

3.8
ニコラスウィントンの心意気も素晴らしいし、彼がいなければ亡くなってた命が数知れないのは確か。
しかし、もう一方で子供たちを自分の未来を承知で、決死の覚悟で送り出した親たちの気持ちを考えると胸の痛みと尊敬の念で溢れそうになる。

そして何より善意の広がり。おじいちゃんがウルッとするところは、確定泣きポイント。

フォントが終始気になってたけど、過去のイベント時のフォントをそのまま使っていることがわかってスッキリ。
ふじこ

ふじこの感想・評価

3.5
ドキュメンタリータッチで、かつてニコラス・ウィントンが救った子供たちの証言をメインに当時を振り返る。

思い掛けず知った、迫るナチスから逃れた難民の窮状を憂いて様々な処へ訴え、資金を集め、名簿を作り、子供たちだけでもと開戦までに669人もの命を掬い上げた素晴らしい人が、老齢に至るまで誰にも語らなかったそれを、かつて助けた子供のうちの一人をきっかけに世界に広がる。

旅立つ前に家族で過ごした思い出、旅の最中、現地について両親から送られてきた手紙、そのどれもが家族との思い出の最後となるなんて…。
そして、どうにか子供たちだけでも、いいや自分もどうなるか分からない、子供も送り出した先でどうなるか分からない、それなら一緒に…と言う親御さん達の葛藤を想像してとても胸が痛んだ。

ニコラス・ウィントン氏のお陰で命が助かった人もいれば、その体験をそれぞれが共有する事で生まれる優しさもあると思う。
情けは人の為ならず。皆に慕われて涙するニコラス氏に知らず笑顔になってしまった。
思っていた以上に感動を誘う作りで予想外に泣いてしまった。当時の画像や映像に再現映像を混ぜ合わせた編集はわかりやすく作品に入り込みやすい。1988年、ニコラスの奥さんが物置で当時のノートを見つけなければ、ニコラスはたくさんのユダヤ人の子供を救ったことを言わないつもりだったのだろうか。

チェコスロバキアからイギリスに逃れた際、裕福ではない人ほど優しかったという証言は生々しかった。富を得ると思いやりの心を忘れて拝金主義に陥りやすく、戦時中の非常事態だからこそ浮きぼりになる人間の本性を見た気がする。ニコラスが打ち明けたことで、ニコラスに救われた人の子孫の何人もが人を助けることの尊さを学び、人道支援の活動をしていることに胸を打たれた。ニコラスのおかげで生き延びた命を大切に人生を楽しんでいる人が多く心に染みた。
ニコラスウィントンの人柄と親たちの子を手放す勇気に泣いてしまった
今の自分の当たり前とか、自分にできることとか、色々見つめ直したいな〜と本気で思った
先に観たテレビのドキュメンタリー(泣)の方が私には合っていたようだ。
anything that is not actually impossible can be done,if one really mind to do it and is determined that it shall be done

不可能なようでも必ず道がある
って、本当にやり遂げた人からの言葉は重い。重かった。大きな勇気にもなるし。

BBCの演出ベタだけど号泣してしもた。

NICKY’s Family っていう原題はいいね。とてもぴったりだと思う。


2021 127

ホロコースト映画5(抵抗2)
>|

あなたにおすすめの記事