ニコラス・ウィントンと669人の子どもたちの作品情報・感想・評価

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち2011年製作の映画)

Nicky's Family

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

1938年、第二次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人がいた。彼の名はニコラス・ウィントン。だが、それから50年の間、その事実は世界中の誰にも知られることはなかった。そのときに命を救われた子どもの一人で、その後カナダでTVジャーナリストとして成功したジョー・シュレジンジャーは、自らの経験を振り返り、自分たちを救…

1938年、第二次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人がいた。彼の名はニコラス・ウィントン。だが、それから50年の間、その事実は世界中の誰にも知られることはなかった。そのときに命を救われた子どもの一人で、その後カナダでTVジャーナリストとして成功したジョー・シュレジンジャーは、自らの経験を振り返り、自分たちを救った英雄の足跡を辿り、ニコラスが指揮した奇跡の救出作戦の全貌を解き明かしていく。

「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」に投稿された感想・評価

nana

nanaの感想・評価

3.4
ドキュメンタリー映画って単調でつまらないイメージだったけど、これは本当に感動した 良き映画だった

素晴らしい人ほど自分のした行いを特別視してなくて、当たり前のことだと思ってる

彼のしたことは素晴らしいのにこの映画は伝え方が下手かな、、、泣いたけど泣かせよう感もちょいありつつって感じ

結論としてはみんな慈善活動しろよってこと??なんかラストが嫌だった

ただ繰り返して見たい映画かと言われたら微妙
movie29

movie29の感想・評価

4.2
こういう人を教科書に載せるべきでは⁉

ずーっと涙涙😢
善意ってどこまでも拡がっていく!
素晴らしい‼

まぁ多少の泣かせよう演出はしてるけども😅
Yuko

Yukoの感想・評価

3.5
最後が“ボランティア推奨”になってしまったのが残念。良心とはなにかを問いかけるところで終わればもっと良かった。
個人の活動だけでこんなに多くの命を子供たちを救えたことに驚きだし、戦争の恐怖と戦いながらも「我が子だけは幸せにしたい」と、子供を手放す親の愛にめちゃめちゃ胸うたれました。
子供を海外に逃すってことは一生のお別れになるのも覚悟な上での行動だし、戦争によって何の罪のない家族達が引き離されるのは観ててすごく苦しかったです。

自分は死ぬと気づきながらも、子供の幸せを願い必死に行動する親の愛に胸が張り裂けそうでした。
当時の実際映像も多く登場するので、殺されたであろう人達の姿が数多く映るのでそれもキツかったな。。

この699人の子供たちはめちゃめちゃ幸運な子達。
国外逃亡出来なかった多くの子供たちは殺されてるし、生き延びた子供たちのインタビューを見るとニコラスウィントンの偉業に改めて気付かされます。
ちなみに生き延びた子供たちが
企業家、大学教授、弁護士、医者など今では裕福な暮らしをしているのも印象的でした。
里親に愛されて育てられたんだなってのが伝わります。
ニコラスウィントンとこの子供たちのサプライズ再会の場面も涙無しには観れなくて、感動とかそんな言葉では表せられない感情がグルグルしてました。


でもその後の展開に心がついていけず、そこからどんどん気持ちが冷めていってしまいました。
ニコラスウィントンの偉業と、彼が助けた命の輪が広がったところでお話を終わらせて欲しかったのに、そこから慈善事業やボランティアなどの話になって「NHKドキュメンタリーになっちゃった?」って思うほど。
感動の押し売りというか、あまりの善意アピールにドン引き。
今の時代の一連のくだり、ホントにいらなかったなぁ。。
若い世代の人達の「わたし、こんなに良いことやってるの!ほらほら!ニコラスさん見て!」っていう善意アピールは気持ち悪くて鳥肌たつほど。
ラストでいきなり24時間テレビの雰囲気になって、違和感しかなかったです。
abemathy

abemathyの感想・評価

3.8
「何百人救った」より、「最後の救出に失敗した」の失望で過去に蓋をしたのかなと。
もしそうなら、感謝や繋がれた命、想いが氏に伝わってよかった。
こんなに惹きつけられたドキュメンタリーは初めてだったのに、最後のほう、歌ったりして変な感じになっちゃったのが残念。

余談ですが、欧州で第二次世界大戦は1945年5月8日に終戦との字幕が衝撃的だった。知らなかったもので。
第2次大戦開戦前夜のチェコスロバキアで、ナチス・ドイツによる迫害の危機から救うために、ユダヤ人の子どもたちを安全な国へ疎開させる「キンダートランスポート」を実行したニコラス・ウィントン。実に669人のユダヤ人の子どもを助けた。
ニコラスにしても、杉原千畝にしても、人には中々出来ないことを成し遂げたにもかかわらず、偉ぶることもなく、奢らず淡々と人生を過ごしてきた。
信念を持って実行することがいかに偉大かを、この映画は教えてくれる。
僕…そんな大した事をしたつもり無いよ。ただ君達が殺されそうなので少し手助けしただけだし。…ナチスから669人の子供達を救ったニコラス氏の軌跡を追うドキュメント。

▼有名所ではシンドラー。チウネ・スギハラ。無名な所では樋口季一郎など…ナチスからユダヤ人を救った人は居るけれどニコラス氏は変わり種。そんな気は無かったのに、いつの間にか一生懸命に子供達を救出してました…的な。
そんな彼だから救出された側の子供達も、その事実を知らず…その全貌を知ったのは50年の歳月を過ぎた頃でした。

本作はニコラスに救出された子供の1人、カナダのTVジャーナリスト、ジョー・シュレシンジャー氏が主人公。原題「ニッキーの家族」
▼1938年。ドイツに救世主たる英雄爆誕!その名はヒトラー。国内の不満を他民族への憎悪へ転換。ユダヤ人、ジプシー、スラブ人。憎悪を利用した戦争でドイツ快進撃!
スロバキアのユダヤ人の少女マルカは友達に両頬をぶたれ、ジョンは大ケガしても「ユダヤ人だから」と治療を受ける事も出来ない。
▼チェコスロバキアへのドイツの要求はスデーデン地方の割譲。
同年9月ミュンヘン会議。英仏は屈辱的な取引にサインする。英仏はナチスと戦争する気なし。
「ミュンヘン」は「臆病な譲歩」の代名詞となる。
軽井沢→避暑地。網走→囚人、のような物か。
▼1938年12月、当時29歳のニコラス。旅行好き。元々人道支援など無関心。友人とスイスへスキーに行く予定だったが、友人からの1本の電話が運命を変えた。
「プラハで難民を救助しててスキーに行けない」と。
ニコラスは友人を手伝いにプラハへ向かう。そこで目にしたドイツの領土拡大地図。ドイツは全ヨーロッパを支配しようとしていた。
▼人種迫害を受けるユダヤ人の母達がニコラスを尋ねる。皆、困っていた。何のルートも組織も無いニコラスの取った救助作戦とは如何なる物だったのか。

▼1988年。50年の歳月を経て1冊のノートをニコラスの妻が見つける。そこには600人以上の写真や手紙。偽造したハーケンクロイツ(鉤十字)の押印。
現在、老齢となった子供達は命を救われた恩人の名も知らず、なぜ自分が里子(養子)になったかの経緯も知らされず50年間生きてきた。

▼50年前のニコラスの(気まぐれな)偉業と、その志を継ぐ人々。
齢(ヨワイ)99歳のニコラスの謙遜の姿勢と再会の涙。そしてニコラスの意思を継ぐ人々の姿が本当に素晴らしい。
ニコラスさん
感動の実話

小さい子供が
『ニコラスさんがいなければ私の家族は誰もいなかった』
その言葉に胸をうたれました。

戦争、ナチス占領のもと 残酷な過去に感動のカウンター物語

戦争 は こころから 恐い


命の受け継ぎ
戦争の恐ろしさ
歴史を知れ学べた映画でした。
1938年ナチスがチェコスロバキアに侵攻。その時住んでいた家族は子供だけでもという思いで。

ニコラス・ウィンストンは29歳。株で儲かりやりてビジネスマンの裕福なイギリス人。そんな彼がスイスにスキーに行こうとするとプラハにいる友人が難民を助けるので忙しいから一緒にスキーに行けないと。
そこからニコラスの偉業が始まります。

彼のところへ子供を海外へ出してくれと殺到します。
無事海外へ出せた親の気持ちを考えると本当に涙でます。
どんなにつらかったか。
でもそこからチェコはひどいことに。

終戦後50年。助けられた子供たちでさえもニコラスの存在は知りません。
屋根裏に何十年もあった資料をニコラスの妻が発見し彼が行った事が表にでます。
彼にとっては別に自慢する事でもないし当然のことしただけでしょうという感覚ぽかった。だから妻が発見しなかったらこの事実はわからなかった。
すごいなあ。

映画の終わり方はニコラスの愛が広がっていって世界は助け合うみたいな感じがすごく良かったです。

基本はドキュメントなのですが映像も過去と現在をつないだり再現ドラマがあったり見やすかったです。
いつみ

いつみの感想・評価

4.0
キンダートランスポートについてあまりよく知らなかったので、勉強になりました。

ニコラスウィントン氏に救われた方々が当時を思い出し目頭を熱くしながら語ってくれた家族への想いに何度も涙が溢れた。

ニコラス・ウィントン氏の行いに感銘を受け、どんどん広がっていく善意の輪に温かな気持ちになりました。

私も人としての善行を積んでいこうと改めて思わされる。
>|