ニコラス・ウィントンと669人の子どもたちの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ニコラス・ウィントンと669人の子どもたちの作品情報・感想・評価

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち2011年製作の映画)

Nicky's Family

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

1938年、第二次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人がいた。彼の名はニコラス・ウィントン。だが、それから50年の間、その事実は世界中の誰にも知られることはなかった。そのときに命を救われた子どもの一人で、その後カナダでTVジャーナリストとして成功したジョー・シュレジンジャーは、自らの経験を振り返り、自分たちを救…

1938年、第二次大戦開戦前夜、ナチス・ドイツの脅威が迫るチェコスロヴァキアで、669人ものユダヤ人の子どもたちの命を救った一人のイギリス人がいた。彼の名はニコラス・ウィントン。だが、それから50年の間、その事実は世界中の誰にも知られることはなかった。そのときに命を救われた子どもの一人で、その後カナダでTVジャーナリストとして成功したジョー・シュレジンジャーは、自らの経験を振り返り、自分たちを救った英雄の足跡を辿り、ニコラスが指揮した奇跡の救出作戦の全貌を解き明かしていく。

「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」に投稿された感想・評価

イギリス版シンドラーのリストのような実話でした。
善行は助けられた人の子供、その子供へと伝わり、広がっていく。
4回くらい泣いた。

ナチス迫る、ユダヤ人達が せめて子供だけでも国外逃亡させて助けたいと、当時29歳の男性に全てを託し、子供と離れ離れ。

29歳の男性は リストを作り子供たちを600人以上国外逃亡させていく。

きっともう親自身はその場所で死にいく運命にある。

からして子供たちとはきっともう2度と会えない。


その男性の、善行がわかったのはその50年後のつい最近。
羊男

羊男の感想・評価

1.8
ドキュメンタリー系は興味を持ってるテーマじゃなきゃ退屈!そんなの当たり前!という前提を忘れていた。。 。

このレビューはネタバレを含みます

BLD

何気に借りましたが本当に良作です。

ほとんどがインタビュー形式のドキュメンタリーです。途中に当時の再現ドラマが挟まる感じかな。
最初は老人しか出てこないので登場人物を全く把握出来ませんが途中からニコラス本人と救出された子供達なんだと理解出来ます。
BBCの番組でご対面を果たすのですがその後も交流は続きあの時故郷チェコからイギリスへと逃れたあの列車を再現したり‥

この作品で”キンダートランスポート”の現実を初めて知りました。
愛する子供だけでも救いたいと願い、託す親たちの気持ち、一緒に居て当たり前の親元から離れ知らない土地に行かなければならない幼い子供たちの気持ち。
それを思うといたたまれない。
なぜ…この悲劇が起きてしまったのか?
厳しい情勢の中、多くのユダヤ人の子供たちを救った、政治家でもお金持ちでもない青年。
そして、それを支援した方々の手によって命は繋がり、その善行が後世に大きな力を与えた。
Lip

Lipの感想・評価

4.0
Nicholas Winton was a young stockbroker who was 28 years old from London. He saved so many children from a death threat in Czechoslovakia. After World War Ⅱ, one day, his wife found a scrapbook. This scrapbook had the children's photographs, telegrams, and letters from their parents. Surprisingly, he never told his wife, "I do". While watching the films, I thought, "What should I teach to children now?" How horrifying people can be when angry. People can be cruel. In my opinion, we should teach humanity about people like, Irena Sendler, Oskar Schindler, Chiune Sugiura, Sophia Scholl, Leopold Sochafrom and Nicholas Winton.

なんとかアンビリバボーみたいなのって海外にもあるんだねぇ。色んな場面で泣いたけど、最後のパートのとこで正直冷めちゃった‥。
ニコラスさんは素晴らしいけども、、なんか、、
こう

こうの感想・評価

3.7
「ここに生まれた物語が未来を生きる人々の一助になるなら嬉しい”ボーナス”ですね」
ナチスから子供たちを移民させて救ったニコラス・ウィントンの物語をドキュメントとドラマで見せていく作品。

彼の行いは誰にも知られておらず、たまたま妻がノートを見つけて世に知れることになった。
おそらく彼はそこまで人に広めたいと行った行為ではなかったのだろう。
助かってくれれば・・・の一念だけで行っていて。
しかしその救いは多くに人たちの心に大きく刻まれていた。

貧困の国などでボランティアをしている人は立派だと思うけど、僕はそれを大ぴろげに言って「どう?偉いでしょ?」という顔をしている人間は嫌いだ。
だからこの物語のニコラスに影響を受けた人たちがみんなで人助けをしているようなシーンは冷めてしまった。

ニコラスの凄いのはそこを立派だと思わずにやり続けたこと。当たり前として・・。
その影響が後世になって彼の想像もつかない形で感謝されることになった姿には感動した。
その気持ちが素直に冒頭の文章の言葉になったんだと思う。
まこ

まこの感想・評価

3.8
シンドラーと杉原千畝だと、後者に似てると思った。
すごい人がいたもんだ。
なつ

なつの感想・評価

-
ドキュメンタリー、実話。
“一見、不可能なようでも必ず道はある”
ニコラスさんの信条。
筋の通ったことに不可能はないと。
そうは言っても、そこまで覚悟と信念を持って行動出来る人は、中々居ない。
子どもたちの笑顔が眩しい。
子どもたちは、世界の宝だな。
ナホ

ナホの感想・評価

3.5
内容は素晴らしかったけど、映像のつくりが90年代みたいでびっくりするレベルだった。
これが何故今公開されたんだろう。
テレビドキュメンタリーみたいでした。
作り方としてはイマイチ。
ニコラスさんの業績が素晴らしすぎて、の点数。
>|