黄色い星の子供たちの作品情報・感想・評価

「黄色い星の子供たち」に投稿された感想・評価

akrutm

akrutmの感想・評価

4.5
ナチス占領下のフランスで起こったユダヤ人大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)を、いくつかのユダヤ人家族とその子供たちの視点から描いた、ローズ・ボッシュ監督のドラマ映画。

本作が公開された2010年には(本作の7ヶ月後に)同じくヴェル・ディヴ事件をテーマにした仏映画『サラの鍵』も公開されている。『サラの鍵』は、ヴェル・ディヴ事件を取材している女性ジャーナリストの視点から、ある鍵をめぐってユダヤ人少女・サラがヴェル・ディヴ事件をきっかけに歩んだ過酷な人生を描いていくという、メッセージ性だけではなく「見せる」映画であるのに対して、本作は凝ったストーリー構成や演出を施すことなく事件そのものを直球で描いていて、実在する人物(主人公の少年であるジョゼフ・ヴァイスマン、『アデル、ブルーは熱い色』前の幼いアデル・エグザルコプロスが演じるアンナ・トラウベ、メラニー・ロラン演じる看護師アネット・モノなど)をそのまま登場させるなど、セミドキュメンタリーのような仕上がりになっている。

ナチス・ドイツによるホロコーストを描いた映画とちょっと異なるのは、(ナチスの傀儡政権であるとはいえ)フランス政府(=フランス人)が自国民であるユダヤ人を検挙して収容所に送る(=殺戮する)というフランス人の犯罪を描いているという点にある。レジスタンス運動に身を投じたフランス人も多くいたなかで、ナチスに占領されているとはいえ、フランス国民が自国民に対して行った人道的犯罪という事実は現代のフランス国民にとっては耐え難い歴史であろうし、そのような感覚が希薄になっている若い世代に対する啓蒙という意味でも、とても重要な作品である。

一方で、フランス国内をはじめ欧米における本映画の評価が肯定的なものと否定的なものに真っ二つに分かれている。否定的な評価の中に、ヴェル・ディヴ事件の悲惨を直視せずに、フランス人の良識を強調したような描き方になっているというものがある。確かに、ヴィシー政権側の要人や検挙にあたる警察官にもどこか良識があるような描き方をしている場面はある。それが事実かどうかは別として、個人的には必ずしもそのようには感じなかった。一部のフランス人にとっては、それでは生ぬるいということなのかもしれない。ハリウッド・エンディングのように見えるラストシーンも、実際に検挙された人々のほとんどが帰らぬ人となったという事実を隠しているように見える点で批判されている。まあ確かにそう見えるのかもしれないが、映画全体から受ける印象をきちんと感受すれば、一握りの生存者がいるというのは事実であるし、それほど批判されるような描き方ではないと思う。

個人的に気になったのは、ヒトラーが出てくる場面が何度かあるが、そのシーンの必要性がよくわからなかったし、どこかおどけた感じにヒトラーには違和感があった。ジャン・レノ、メラニー・ロラン、ガッド・エルマレなどの演技は十分に見応えがある。特に、ジョセフ・ヴァイズマンの母親を演じたラファエル・アゴゲが印象に残った。
Yui

Yuiの感想・評価

4.3
1942年ナチス占領下のパリ、ユダヤ人は胸に黄色い星をつけるよう義務付けられ、公共施設への立ち入りを禁じられた。それでも11歳のジョーと家族、隣人たちはささやかな暮らしが続くと信じていた。同年7月16日、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まり、およそ1万3,000人もの人々がヴェル・ディヴへと送られる。

1942年、フランス政府によって行われたユダヤ人一斉検挙「ヴェル・ディヴ事件」を、過酷な運命に翻弄された子どもたちの視点から描いた真実の物語。


フランスで、当時のユダヤ人達が胸に付ける黄色い星のワッペン。これはユダヤを象徴するダビデの星✡️。これを区別の為に付けさせられるなんて、差別も甚だしく、その後の行為は本当に吐き気がするほど非人道的。人間のする事じゃない。

直接的に死を感じさせる“グロい“というような映像はほぼなかったけど、これは本当の意味でグロテスクでした。とにかく悲しみ、苦しみ、怒りが溢れて来る。思考も全く理解出来ない。子供や家族が寝込みを襲われ、強制的にヴェル・ディヴに収容され、食べ物も水もほぼ与えられず、どんどん弱り病気になる中、ヒトラー達は贅沢三昧。信じられない…。

冒頭から最後まで救いだったのは、パリ市民達にたくさんの味方がいた事。当時の政府に不満があっただろうし、ユダヤ人だからと突然非道な扱いを受ける隣人や友人、知らない人だって、放ってはおけないですよね。2万数千人いたユダヤ人の中で、1万人以上検挙されなかったのは、フランス人が匿っていたから。これが本来の正常な人間のする事だと思う。

ユダヤ人達を救おうとずっと必死だった看護師のアネット。確かに一人の力は小さい。小さかったけど、そういう人がたくさんいたという事実にも涙が溢れながら、少しだけ心が温かくなりました。

たくさんの人から話を聞いて作ったという本作。地獄以上の苦しみの中でも、消防士のエピソードや、脱出を黙っていた憲兵など、優しさや思いやりのある話がちょこちょこ入ってくるのは、それも事実であり、嬉しいとかありがとうとか、心に残っているからなんだろうな。人の記憶って凄い。

収容所の中でも地獄だったけど、その後、親と引き離され、列車に乗せられた4,051人の子供達。その子供達は、結局誰1人として戻らなかったそう…。


辛い。辛い以外の何でもない。
決して幸せな気持ちになんてならない。
胸が苦しく、張り裂けそうで、
とにかく涙が止まらなかった。
でも、忘れてはいけない史実。
多くの人に観てもらいたい作品です。


第二次大戦終戦50年の1955年に、当時のフランス・シラク大統領は、大戦中にフランス政府がユダヤ人虐殺へ関与していたと声明を発表したそう。終戦後に頑に否定してきたこの史実を正式に認めたのです。

だからこそ本作が出来たんでしょうね。
当時フランスが行った卑劣な所業は決して許されない事だけれど、こうした行いを悔い改め、繰り返さず、後世に伝えて行く為にも、必要な作品だと思います。若い世代は知らないと思う。ナチスと言えばドイツ。私も恥ずかしながら知らなかった。まだ色んな歴史が、頭の中できちんと整理されていないけど、まだまだ学んで行きたいと、より一層思わされました。

辛いけど、知る為の作品はやっぱり好きです。

たくさん泣いたけど、涙の分だけ
史実も感じた事も、心に刻みたいと思います。

もっと学んだら、また観返したいです。









ここからネタバレ⚠️⚠️⚠️


















上手く逃げる事が出来て、優しいフランス人の養子になったジョー。アネットとの再会のシーンは涙が止まらなかったけど、その後の人混みで周りを見渡すジョーを見たら、きっとこういう子達がたくさんいて、一生人混みの中に家族や友達を探し続けるんだろうな…そうしながら生きてきた人達がたくさんいるんだろうな…と思ったら、言葉にならない涙が止まらなかった。

そしてノノ。あんなに天真爛漫で子供らしくて可愛かったのに、アネットとの再会では、表情と声を失い、あの可愛い可愛い笑顔を観る事は出来なかった…。下らない人種差別、迫害で、子供の心を奪っていいはずがないのに。


ジョーは収容所のシーンに、自分の娘を連れて参加したそうです。この出来事だけでも涙が止まってくれない…😭 しかも撮影日は偶然にも、一斉検挙が行われた7月16日だったそうで、皆で黙祷を捧げたのだとか。

生きている
ってこういう事だなと感じました。



2022-164
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0
黄色い星とはユダヤを象徴するダビデの星のこと。そのマークを付けられた外国籍のユダヤ人約13000人がパリで一斉検挙されたヴェル・ディヴ事件。この作品に出会うまで知らなかった事実。このような悲しく、人間として間違った行為を国を挙げて行えてしまう人間が怖いと思った。ユダヤ教を信じるユダヤ人だから、無国籍だから、という理由だけで集めて、殺す。女も子どもも。普段は理性が人間の悪の部分を抑える役目を果たしているけど、戦争によって無秩序な状態に陥ると人間の悪の部分が蔓延ってしまう。それでも唯一救いなのは、あの日ユダヤ人を救おうとしたパリ市民が数多く存在していたことだ。
kid

kidの感想・評価

4.0
ヴェルディヴ事件は『サラの鍵』で初めて知ったけれど、改めて本当に酷い
よくこんなことができたよね、信じられない

悲惨な状況を知ってもなお、庇ってあげられない助けてあげられない虚しさ、これも苦しい

子供たちの、
遊ぶ?
-何をするの?
“検挙”
の会話とノノたちのかわいさだけが救い

民族浄化や戦争はあってはいけないものなのに、これを見て涙を流す今この瞬間も人な命が奪われている現状、無力な自分に絶望する
るい

るいの感想・評価

3.3
ずっと観たくてスターチャンネルにてついに視聴。結論、思ってたよりは響かなかった。映像として、ドイツにフランスが占領されドイツ国内と同じようにユダヤ人が迫害され捕まるのは知っていた。しかし、知識不足の為知らなかったのがユダヤ人は胸元に星のワッペンをしていた事。知らない情報を知れた。
みんと

みんとの感想・評価

4.2
最近の報道の中でふと耳にした“決してウクライナ人をユダヤ人化させてはならない!“… 表現が正しいかは別として、強烈な負のパワーワードいやキラーワードとして個人的に突き刺さったまま抜けずにいる。

今だからこそ観て、考えなければいけない戦争のこと。心が折れること覚悟で鑑賞。

第二次世界大戦中、ドイツ占領下にあったフランス政府がユダヤ人を一斉検挙した“ヴェル・ディヴ事件“の映画化。
元ジャーナリストのローズ・ボッシュ監督が入念な取材を重ね自ら脚本を執筆。家族と一緒に検挙された子供達を中心にユダヤ人たちが辿った過酷な運命を描いてゆく。

『ホロコーストの罪人』ではノルウェーを舞台に、今作ではフランスを舞台に同じような事が行われていた事実に怒りよりも虚しさすら感じる。

このタイプの作品でのナチスの残虐性は、おそらく想像と大きくかけ離れていないのだと思う。けれど、やはり映像として実際に視覚で捉えるのとでは訳が違う。

過去の歴史の中での痛みすら忘れ、とんでもない思想に取り憑かれ、方向性を見誤ったならば、暴走し盲目的に手段を選ばなくなる危険性は時代とは関係ないのだ。

ホロコースト作品の中でも、子供達にスポットを当てられている意味では『縞模様のパジャマの少年』が真っ先に浮かぶ。そして居た堪れなさが蘇り胸が苦しくなる。

ただ今作では僅かとは言え希望を見いだせたのは救い。ヴェル・ディヴの収容所に押し込められたユダヤ人達の元に赤十字から派遣された看護師アネット(メラニー・ロラン)の視点が描かれている。そして献身的に医療にあたるユダヤ人医師(ジャン・レノ)の姿にもグッとくる。

とりわけメラニーの静かな物腰の中に絶えず見て取れる熱いものに涙が溢れた。
そして、勿論 手放して“あ~良かった“と言えるものでは無いにしろ、ラストシーンに大きく心を揺さぶられた。

自身は華やかな日常を過ごし“私の言葉はすなわち私なのだ!“と言うヒトラーの台詞。暗闇と静寂の森での恐怖を“危険なのは死者(幽霊?)より生きた連中だ“と放ったジョー少年の台詞。
このコントラストに戦争の無意味さを切々と感じる作品だった。
そして、同じ過ちをなぜ人間は繰り返すのか、改めて考えさせられる作品だった。
avantgarde

avantgardeの感想・評価

4.1
どれだけ訴えたかしれない…
どれだけ訴えても届かない声があると知ったとき、ただ呆然と立ちつくす…

祈ることだけしかできずにいる人たちは、いつかほんとに何もないふつうの日々が、再び訪れることをひたすら願うのである。

でも、子供たちの喜ぶ笑顔とか、お医者さんと看護婦さんの恋、切なかったよなあ…
史実
ナチスドイツ占領下のフランス
ユダヤ人を一斉検挙をフランス政府とドイツが進めて行く。フランス政府はドイツの言いなりで抵抗しなかったのか?
一般市民の方がよっぽど勇気がある事が映画を見て分かった。
子供の視点も多く、ラストの希望につながる
ハリウッドでも活躍するジャンレノとメラニーロランの配役にも注目

再鑑賞
まるこ

まるこの感想・評価

3.9
ヴェルディヴ事件

ナチス占領下のフランス
フランス人がユダヤ人を捕まえるというこれまた非道なこと。
弱ってる時に見てしまったので後悔してしまう内容でしたが、
その中でもきらりと光る素晴らしい人たちに焦点が当たっていますので、希望もあります。
その希望は本当に素晴らしかった。
ただ、ナチの実話なんでね‥‥
実際‥‥かなり‥‥辛い場面多しです、はい。

このレビューはネタバレを含みます

・ラスト人集まる中での人探し。

・最初のオープニングから物語に入る流れすごいよかった。記録映像のモノクロのインサート群から、カラーにディゾルブ。記録から物語にスムーズに。かつ、本当にあったことと表現。

・お父さんが娘に、言うこと聞いてればこんなことにならなかったと言われる。お父さんはその時は、あんまり気にしてない感じだったけど、あとで収容所で、息子に「すまなかった、お姉ちゃんの言う通りだ」って言う。

最初っから認める?より、深く感じるし、2時間の映画ならではの構造。
人間は図星だと、拒否してしまうから。
>|

あなたにおすすめの記事