ソング・オブ・ラホールの作品情報・感想・評価

ソング・オブ・ラホール2015年製作の映画)

SONG OF LAHORE

上映日:2016年08月13日

製作国:

上映時間:82分

3.9

あらすじ

世間から忘れ去られた音楽家たちが、自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、畑違いのジャズに挑戦し世界に打って出る。彼らが伝統楽器を用いてカバーした「テイク・ファイヴ」のプロモーション映像はまたたく間に世界を駆け巡り、100万を超えるアクセスを記録。そして、天才トランペット奏者のウィントン・マルサリスが、彼らとセッションすべく、ニューヨークへ招待するという奇跡のような展開に。しかし、リハーサルで両者は…

世間から忘れ去られた音楽家たちが、自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、畑違いのジャズに挑戦し世界に打って出る。彼らが伝統楽器を用いてカバーした「テイク・ファイヴ」のプロモーション映像はまたたく間に世界を駆け巡り、100万を超えるアクセスを記録。そして、天才トランペット奏者のウィントン・マルサリスが、彼らとセッションすべく、ニューヨークへ招待するという奇跡のような展開に。しかし、リハーサルで両者は噛み合わず、サッチャルは本場ジャズの厳しい洗礼を受けてしまう。果たして、彼らは無事本番を迎えることができるのか?!

「ソング・オブ・ラホール」に投稿された感想・評価

notitle

notitleの感想・評価

3.8
長い間、音楽が悪とされてた時代の中、再び古き良き伝統音楽を広めるため、自らの楽器でジャズする話。良い意味でジャズの横綱っぷり。世界中に溢れる音楽、文化も同様、困難を乗り越えて保たれ、育つ。本当に良い物は評価される世界でいて欲しい。
イスラム原理主義の影響で虐げられてきたパキスタン伝統音楽を継承し続ける音楽家たちのドキュメンタリー。

常に音楽や生活とともにある神への感謝と祈りの所作が素晴らしい。
NYの夜を歩いて「神を讃えよ」とつぶやいていたのが印象に残る。

何かを成し遂げるには、人生の一部を捧げろ。
パキスタン人はテロリストじゃなく、芸術家だ。
イスラム化により冷遇されてきたパキスタンの伝統音楽家たちが、ジャズに挑戦するドキュメンタリー。
もうこの題材自体が面白いんだから、面白いにきまってる。
個々の演奏家がとても個性的で魅力的。
暗雲立ち込めるニューヨーク公演のリハは観ていてとてもスリリングだし、最後に期待通りたっぷりと演奏をみせてくれるのもよかった。
TSUTAYA某店で借りたのだが、帰宅後、開封してみると中身が『日本暴行暗黒史 異常者の血』だったのは、また別の話…。
まきこ

まきこの感想・評価

3.8
前半はだいぶ単調だけど後半のジャズセッションの場面は圧巻
めと

めとの感想・評価

2.2
イスラム化で音楽を抑圧されて来たパキスタン音楽家が伝統楽器とジャズで蘇ろうというドキュメンタリー
ドキュメンタリーだから劇的な展開などは無い。基本は練習やリハーサル中心で、合間に心情やそれぞれの考えが出てくる

期待しすぎたのか途中眠くなった
ジャズが好きなら見てみると良い
Chif

Chifの感想・評価

2.0
陽の当たらないところで伝統音楽をやってきたパキスタンのミュージシャンたちが、NYのリンカーンセンターで有名ジャズバンドとセッションする。問題続出のリハーサルやコンサート本番の異種交流セッションはワクワクして面白い。
どちらかというと演奏シーンより文化的背景とかに重点をおいてるので、見せ場には乏しいけど、パキスタンの現状も考えさせられる真面目なドキュメンタリーでした。
RMiura

RMiuraの感想・評価

-
ソングオブラホール…パキスタンのミュージシャン達がウィトン・マルサリスに招かれてNYで公演する部分の渡米からの部分がもうメチャメチャにスリリングでハラハラして抜群に面白い!!
音楽に浸るならこちら。ウィトン・マルサリスがなんというかすっごいエリートで素晴らしく有能でびっくりした。 もちろん、パキスタンのサッチャル・ジャズのメンバーも素晴らしい。特にリズム隊。自信にあふれ最初から堂々としてる。タブラが素晴らしいと思ったら、彼の父は世界有数のタブラ奏者とか。
素晴らしい、生身のパキスタンのミュージシャンの姿が、鮮明に描かれて素晴らしい!
音楽を、許さないタリバン音楽家は暗殺され、夜はテロの恐怖から外出も出来ない。
ドキュメタリーでこんなに緊張したり涙を、ながしたり笑ったりする映画は初めて!
良い映画だった!
UK

UKの感想・評価

3.4
家族への情、信仰、音楽を奏でる喜びの3要素がいい塩梅。苦しみも悲しみもありながらそれらを無いもののように見せる演奏シーンの魅力的なことときたら。
ゴタゴタがありながら本番がバッチリ決まる、という構成はあまりにもベタで少々気恥ずかしいが、各パートのソロからテーマになだれ込む瞬間には思わず身を乗り出してしまった。
「今回はバンマスの判断でヴァイオリンは同行しないが、次は神様が機会を与えてくださるだろう」という趣旨の言葉があったかと思うが、その大らかさに感心したことは強く印象に残っている。信仰を持つ者の強みか。
虐げられたものたちの音楽の融合。ラストのコンサートの音や映像が心に響いた。
イェーイ!
>|