ヨーヨー・マと旅するシルクロードの作品情報・感想・評価

ヨーヨー・マと旅するシルクロード2015年製作の映画)

The Music of Strangers

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

幼少期からの貴重な映像や豊富な本人インタビュー、親交の深いジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言、「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」、「オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲」、「サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」など名曲の演奏シーン、シルクロード・アンサンブルをはじめ世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。…

幼少期からの貴重な映像や豊富な本人インタビュー、親交の深いジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言、「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」、「オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲」、「サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」など名曲の演奏シーン、シルクロード・アンサンブルをはじめ世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。文化の垣根を越える音楽を追求し、未来へ希望をつなぐ演奏活動で私たちの心を豊かに湧き立たせるヨーヨー・マのエネルギッシュな生き様に迫るドキュメンタリー。

「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」に投稿された感想・評価

ayako

ayakoの感想・評価

3.8
国によって色んな事情があるけど、音楽は世界共通の言語だ。
(音痴を除く)
jerry

jerryの感想・評価

-
17年間もシルクロードアンサンブルの存在を知らなかった私の馬鹿!日本でもコンサートしてるじゃないか…CD即買い案件。
2yas2

2yas2の感想・評価

4.0
昨日某テレビ局のナスみたいなディレクターさんが、アマゾンの言葉も通じにくい村に行って原住民の人達を前に歌を歌って受け入れられてるシーンをみて やっぱり音楽は国境をこえる!と思い映画館で観るか迷っていた
ヨーヨーマをみることにした。

観てよかった。音楽の才能に恵まれ、努力し、成功した音楽家達だけど祖国に帰れなかったり政治的な暗い過去を経験していたり、、、世界情勢が悪化し、一般的には敵対国だけど彼らは音楽を通して一つになり
沢山の人に感動を与えていることは凄い事だと思う。

いろいろな経験をしている人達だからこそインタビューでの内容が一つ一つ重みがあった。

DVDになったらまたみよー

終わり付近にピアノを弾いていた中国人の女の子が凄く気になる!あの子だれ?!
あの子の演奏も好き!
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.3
ソレイユ2にて鑑賞
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.6
音楽があまりに心地よく、ヨーヨー・マのクロノロ部分は熟睡。笑
多文化が融合してかき鳴らすセッションのシーンは圧巻!平和の音、未来の希望の音。
keeko

keekoの感想・評価

4.0
シルクロードを旅しながら旅先の地と人と触れ合い、即興の音楽を奏でる集団、なんと心地良くさわやかなのだろう
さまざまなメッセージが込めれられているけれどまずは映像と音楽を楽しみたい
題名からはあたかもヨーヨーマ1人に焦点を当てたような映画に感じるけど、彼1人だけでなく、様々な音楽家の様々な生き方を描いた映画だった。

演奏シーンはどれも圧巻

ドキュメンタリーは苦手だと思っていたけど、素直に感動した。

ただ、なぜ琵琶を英語の『ピパ』で訳したのか謎。
邦題も変えた方がいいのでは…
ヨーヨー・マがメインの演奏を重視した
ドキュメンタリー映画かと思っていたのですが
紛争などによって芸術の自由を奪われ
国を追われる事になった演奏家達の祖国へ対する想いから
伝統・楽器・音楽に対する想いが綴られている作品

欲を言えば
ヨーヨーマや音楽家達の演奏をもっと聴きたかった。
kitkitkit

kitkitkitの感想・評価

4.0
音楽の可能性はまだまだある。

異なる国籍や文化を持つアーティストが集まり、音を奏でることで、アイデンティティや自国の音楽を再確認できる。そこに批判や批評はあるけど、やらなかったらなにも始まらない。

サウンドもそうだけど、思想も含め、ほんと素晴らしいと思った。
「ヨーヨー・マ」は、名前くらいしか知らなかったけど、あらためて聴きたくなりました。。。
すず

すずの感想・評価

3.0
音楽に終わりはない
♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪
世界的チェリストのヨーヨー・マが2000年に【音の文化遺産】を広めるため音楽家集団“シルクロード・アンサンブル”を結成。メンバー=芸術家のルーツとは。異文化との融合から紡がれるハーモニー。彼らに密着したドキュメンタリー。

*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬೨̣̥*♬
冒頭のアンサンブルから音を奏でる楽しさが溢れてました♬シルクロードゆかりの地での伝統音楽、伝統楽器。言葉で会話できなくたって音楽で会話はできる。琵琶、バグパイプの太古を思わせる音色が良かった(*˘︶˘*).。.:*

どの演奏も同じものはなく、パワフルだったり、自然だったり、慈愛だったり。情感が、ハーモニーが、音の一つ一つが、私の心に浸透していく。ここ何日かの私のブラックな感情を浄化してくれた。“何故音楽をするのか”というルーツも写しているが話が纏まってない気もする。だけど演奏だけでも観る(聴く)価値はある。サン=サーンスの「白鳥」とストリートダンサーのコラボは目も奪われる。バレエ以外でも白鳥ってこんなにもしなやかに表現できるものなのか😲

あと、旅に出たくなった。自分の世界観が如何に小さく、そこに留まっているのか。もっと新しいことに触れたい。あー海外に行きたい🌏✈✨


余談
GW以降仕事は忙しさを増し、トラブル続きで12連勤😵心折れそうな私は久しぶりのお休みに映画で心をリフレッシュすべく、約1ヶ月行けていなかった映画館へ行ったのでした🏃💨
>|