ヨーヨー・マと旅するシルクロードの作品情報・感想・評価

ヨーヨー・マと旅するシルクロード2015年製作の映画)

The Music of Strangers

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

幼少期からの貴重な映像や豊富な本人インタビュー、親交の深いジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言、「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」、「オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲」、「サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」など名曲の演奏シーン、シルクロード・アンサンブルをはじめ世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。…

幼少期からの貴重な映像や豊富な本人インタビュー、親交の深いジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言、「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007」、「オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲」、「サン=サーンス:組曲《動物の謝肉祭》より白鳥」など名曲の演奏シーン、シルクロード・アンサンブルをはじめ世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。文化の垣根を越える音楽を追求し、未来へ希望をつなぐ演奏活動で私たちの心を豊かに湧き立たせるヨーヨー・マのエネルギッシュな生き様に迫るドキュメンタリー。

「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」に投稿された感想・評価

habironn

habironnの感想・評価

3.8
他のレビューにあるように内容が飛び飛びに思えた。
しかし、それは日本や中国、アメリカ、スペインなど異なる文化圏に属する一人の人間を丁寧に追いたかったからではないかとも考えた。登場してくる一人一人の音楽家たちがどのような国や地域に住み、そしてどのような社会的な悲劇(シリア内戦、文化大革命、イラン・イラク戦争など)に巻き込まれ現在に至るのか。このような悲劇に見舞われて時、音楽はしばし弾圧の対象となる。
このドキュメンタリー映画は、シルクロードという舞台で、様々な伝統的な音楽が混じり合っていく過程を映像化している。音楽を通してお互いの文化を認め合うことを、実際にそれぞれの楽器で音楽を奏でていく様子やヨーヨー・マーを中心とするインタビューを通して描き出しいる。
たくや

たくやの感想・評価

2.7
ヨーヨーマについて語るドキュメンタリーと言うよりも、異文化音楽の融合や歴史をシルクロードアンサンブル(世界各地の演奏家の集団)の実際の演奏に乗せて語るドキュメンタリーなのかと思う。舞台が世界各地に頻繁に変わるので、旅している感じなのかもしれないが、実際はほとんどがインタビューなので旅している感覚にはならなかった。
ヨーヨーマなのか伝統音楽なのか世界の演奏家の話なのか紛争の話なのか漠然とした中身でコメントの中身も有益なものなのかと言えば疑問。通しでの演奏はないため、音楽を聞きたい目的での視聴は期待外れになると思う。
「音楽で世界を変えよう」邦題はこれの方が相応しい。
osowa

osowaの感想・評価

4.5
公開時に見逃してたので、今回何とか見に来れて良かった。

様々なバックグラウンドのミュージシャンが心を合わせて音楽を作り上げていく。

類い稀な才能を持ち、不断の努力を重ねてきた選ばれた人達の奏でる音楽は本当に素晴らしい。

この作品では演奏そのもの良さだけでなく、複数の人達が心を合わせて一つの音楽を作り上げていくことの楽しさや高揚感も充分に表現されていたと思う。
ヨーヨー・マのシルクロード・アンサンブル
この映画を観て聴きたくなりました。中国、イランやスペイン、日本の演奏家(梅崎康二郎氏)など参加していて、シルクロード・アンサンブルの思い共感出来ました。このアンサンブルに参加した演奏家の音楽にも触れたくなる作品です。
iku

ikuの感想・評価

3.7
様々なバッググラウンドを持つ素晴らしいミュージシャン達の、身震いするような素晴らしい言葉の数々!
これはメモ取りながら観なあかんレベル。

それぞれのクリエイティビティやアイデンティティの探究や葛藤。多種多様がひとつに混ざり合って奏でられる音楽は、もはやユートピアだ。そして古典や伝統から殻を破って世界に出た才能達が、再度新たなレベルで古典や伝統に立ち戻って行く。

もっかい観よ。
素晴らしい。
ヨーヨー・マが2002年に立ち上げたシルクロードプロジェクトのドキュメンタリー。
国境を超えたミュージシャンたちとのプロジェクト。
ヨーヨー・マの人間的素晴しさもよくわかる作品。
音楽って素敵だしやっぱり一流になることもそれをキープすることも大変だ。
ヨーヨー・マだけでなくプロジェクトに参加しているミュージシャンたちにもスポットを当てた秀作。
才能ってすごいし、踏み出す勇気が大事。
ナホ

ナホの感想・評価

3.0
ヨーヨーマさん、全然興味なかったんだけど、
音楽が、生きていく上で必要である意義、興味深く拝見しました。
ヨーヨー・マがメインの作品かと思い
映画館まで出向いたのですが…
紛争などによって芸術の自由を奪われ
国を追われる事になった演奏家達。
彼らの祖国へ対する想いや
伝統・楽器・音楽に対する想いなど
ヨーヨー・マより演奏家達が主となり綴られており
ドキュメンタリー番組で放送してそうな内容。
出来ればヨーヨーマや音楽家達の演奏を
もっと聴きたかったな…


◇◇鑑賞記録・あらすじ引用◇◇
世界的なチェリストであるヨーヨー・マ。本人のインタビューをはじめ幼少時の映像や、関係者の証言からその音楽性を探る。さらには、バッハやメシアン、サン=サーンスなどの名曲の演奏から、ヨーヨー・マが設立したプロジェクトから生まれたシルクロード・アンサンブルなど世界中の音楽家とのセッションまで、彼のパフォーマンスとエネルギッシュな音楽活動にも迫る。
うーん、この手のドキュメンタリーって音楽が良い感じになってきたな〜って思ったらインタビューを突っ込んでくるんだよね…もっと聴きたいのに。。

ヨーヨー・マがあまり好印象に見えず上から目線に終始感じた…ってかあんまりヨーヨー自身より周りの人の話って感じの作品でした。

ダンスの黒人はすごいなと思いましたが。
Yora

Yoraの感想・評価

3.0
飛行機の中で何となく観た。
観た後でiTunesからアルバムをダウンロードしました。
アラブ系のおじさんが渋い。ヨーヨーマの笑顔も素敵。世界が広がる映画。
>|