ペルシャ猫を誰も知らないの作品情報・感想・評価

「ペルシャ猫を誰も知らない」に投稿された感想・評価

山田

山田の感想・評価

3.7
ドキュメンタリーとフィクションがミックスした撮り方になっている。
イランの様子がよくわかる。
tap

tapの感想・評価

-
イラン大変、、、イランでこっそり音楽やってる人たちを紹介してる映画風モキュメンタリーなのかな?とにかく厳しそうで大変なんやろうということはわかった。
この映画もギリギリ(アウト)なんやね、、、(監督もこの跡亡命したらしい)
西洋文化を禁止するイスラム国家のイランという国で、インディーロック(ポップミュージック全般)大好きな若者達が自分たちの音楽をやろうと国に脱出してライブをしようとする話。

ほぼオールゲリラ撮影らしく、ドラマというより反ドキュメンタリーです。
バンド練習するにも見つかったら即逮捕される為、地下で屋上で牛小屋でと工夫しながら練習し、披露するのだってかなり苦労してました。
そこまでリスクを背負ってでも自分の音楽を届けたいという熱い気持ちが伝わります。日本の大衆向けの生ぬるいロックよりよっぽどロックしてました。

途中イランの音楽紹介PVみたいになっていて少し眠くなりましたが、
イランの音楽事情がよく解かり、久しぶりに心に突き刺さりました。
りえ

りえの感想・評価

3.8
西洋文化の規制が厳しいイランでインディ・ロックを愛する若者を描いた映画。

映画に出てくる若者はただ純粋に音楽を愛していた。
どんなに注意を受けても、音楽を楽しめる場所を必死に探して。
目をキラキラさせて、音楽のことを語る。
まぶしかった。

私は音楽が大好きで、音楽がないと生きていけない、なんて結構本気でおもってる。
コンサートを開くだけで罪になるなんて、今まで想像したこともなかった。
でも現実そういう国がある。
当たり前のように毎日聴いている音楽だけど、実は奇跡の積み重ねだったりするのかも。
もっと大切にしたいと思った。音楽を。日常を。
てるる

てるるの感想・評価

4.2
イランの首都テヘラン。
西洋文化に厳しい規制が敷かれるなかで音楽を愛する若者たちを描く。

バンドを組んでコンサートを開きたい。
他の国では青春キラキラストーリーになりそうだけど、イランでは違う。
それこそ逮捕や投獄だってある。

この映画の撮影に当局の許可が降りなかったためにゲリラ撮影を敢行したゴバディ監督。
実名で出演している主役のアシュカンとネガル、そして監督はこの映画の撮影終了後に他国へ亡命。

そんな重い裏事情とは裏腹に、作品の雰囲気は軽やか。
イランのアングラで活躍する実在のミュージャンたちによる様々なジャンルの音楽たち。

インディーロック、メタル、ラップ、R&Bに伝統音楽まで。
当局の規制をかいくぐり、好きな音楽を奏でる彼・彼女らが尊い。
牛小屋でメタル演奏して牛から乳が出なくなるのは笑うけどw
でもどれもがレベル高くてサントラ欲しくなるくらい。

アシュカンとナデルの為に奔走する密売屋ナデルのおかげでコメディ要素もあり。
お調子者で、捕まっても口八丁で乗り切るのが面白い。

映画好きな偽造屋のおじいちゃんに海賊版を売りつけるナデル。
恋愛映画嫌いなとことか、アル・パチーノよりもニコラス・ケイジが好きとか面白すぎるわ🤣

ラストは意外な展開すぎて賛否両論ありそう。
でもあれが監督、アシュカン、ネガル3人のイランという国との決別を表しているのかもしれない。
☆☆☆★★

※ 鑑賞直後のメモから

以前に、『亀も空を飛ぶ』で衝撃を喰らったバフマン・ゴバディ監督作品。

イランを飛び出て海外で音楽を目指す若者が、ナデルとゆう男に様々なミュージシャンを紹介され…。

イランで活動する色々なジャンルのミュージシャンが画面に登場して来る。
ナデルのオートバイに跨り、彼等を訪問して行く。
一見するとロードムービーの様な作りにも感じるのだが。何となくロードムービーとも言い難い雰囲気がある。
その為に、映画が何を訴えかけているのか…をなかなか理解出来ずにいた。

すると突然、画面にはナデルが探していたイランのラッパーが現れる。
彼は言う。「俺はここを離れない!」…と。
その後、このラッパーの歌声と共に。PVの様な映像が画面から流れて来る。
すると、その映像の背景で。ラッパーと同時に映るのは、イランに於ける貧困であり。朽ち果てた残骸の映像だ!
それまでにも、様々なジャンルのミュージシャンが登場しては、PVらしき映像が画面には映ってはいた。
但し、それらのミュージシャンには。主人公が歌うバンドのメンバー募集とゆう理由があった。
このラッパーが登場する辺りから、何となく映画の方向性がはっきりと。彼等ミュージシャンを通してのイランの現状を訴えかけている様にも受け取れる。

何をするにも〝許可〟〝許可〟〝許可〟が必要なイランの現実。
コンサートを開くには何故だか女3人が必要…とか。犬を外に連れて行くには許可が必要…等。
全ては当局の監視の元に、がんじがらめになっている現状に抗議している様に感じられた。
特にナデルが当局に対して、口八丁手八丁で泣き付く場面は。思わずゲラゲラと笑ってしまう事間違いなし。

そして映画はラストへ。
『亀も空を飛ぶ』のラストには、思わず脳天をバットで殴られたかの様なしょかを受けたが。今回はシンプル且つ単純でありながらも。やはり観ていて鬱に陥ってしまうが如くの締め方で、軽い衝撃を受けた。

全編で、当局からの許可を得ずのゲリラ撮影を敢行…との事でしたが。ワンカットだけだが、パトカーの内部からのショットがあった事実から考えると、多少は眉唾物かな?…と言ったところ。
勿論、全部ではないでしょうけど。

2010年8月27日 ユーロスペース/シアター1
めも

めもの感想・評価

3.8
展開はごちゃごちゃしていたけれど、ラストが衝撃的。
にしても、イランの音楽、こみ入った事情は抜きにして、とてもかっこいいと思う。特にヒップホップはダイレクトに体制への反抗が描かれていて彼らの実情がのぞけたし、何よりアシュカンたちのインディー・ロック、とてもわたし好みの音楽だったなー。

統制下でも、なんとかすき間を縫ってがんばる人びとがいて、音楽を作ってる人がいるんだと思うと、その届けたい!をちゃんとキャッチしたいな、と思わされた。
ichita

ichitaの感想・評価

3.7
アンディモリのユートピアという曲を思い出した。
歌いたい、聞いて欲しい、いい曲ができたらそう思うよね。

でも、そこは表現規制の厳しいイラン。

主人公のネガルとアシュカンは、「ロンドンは俺の庭だ」と豪語するお調子者(でもアツイ男!)のナデルに手助けしてもらいながら、ロンドンでのライブに向けて準備を進める…という流れなんです。
ゲリラ撮影という撮影手段のせいか場面に連続性がなく散漫な印象は受けますが、イランの若者たちの音楽への情熱は感じられましたし、音楽もよかったですね。
ナデルが怪しいんですけどいい奴で、そして紅一点のネガルがスィートボイスでかわいいです。


ラストは、うん、重い。
無

無の感想・評価

3.0
外国でライブをやりたいだけなのにうまくいかない音楽を愛するイランの若者たちの奮闘を描いたドキュメンタリー風のドラマ。
制約や宗教上の決まりごと等に縛り続けられる彼らの考えてる事や服装なんかは日本のバンドマンとなんら変わりないのに何もかもが不自由で身動きがとれない彼らが思いの丈を全て音楽にぶつけて目標に向かって突き進む姿には応援したくなるし重苦しい現状の中でも眼鏡をかけたヒロインの舌足らずでおっとりした話し方が可愛くて少しだけ和んだ。
女が髪や顔を布で隠す必要が無くなり男が「眠りたい? 悪夢を見て一緒に世界を呪おうぜ」なんて歌詞のラップで怒りを表現しなくても良くなる日はいつ来るんだろう…
KICCo

KICCoの感想・評価

3.0
 ナデルさんの健気さに胸キュン☆

口八丁で鳥好き~なナデルさん素敵です~♪

ミュージッククリップ集といった趣で、その歌詞とともになかなか興味深くはあったのですが、
音楽シーンにそこまでの炸裂感は味わえなかったのはちと残念。(学校で教えていた方はグッと来たのですが)
_自由をもてあます人もあれば、逆に、その自由を渇望し、その手に掴もうとたたかう人もいる。日本に住んでるとつい忘れてしまうそんな状況を思い出させてくれた意義深い一作でした。

追。なぜだか沈黙を破るを思い浮かべてしまいました。やはり宗教がからむと縛り事が強くなってしまうのか。。
(映画生活投稿分2011)
>|