ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたちの作品情報・感想・評価・動画配信

「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」に投稿された感想・評価

xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

4.1
3300本め。

君はジミヘンを純粋な黒人だと思っていなかったか?

昨夜は島の悪友お勧めのコレ。前から気にはなってたのだけど、確かにアメリカの音楽と文化の歴史観がひっくり返る一本だった。

いまんとこ有料だけど、音楽好きなら必見。

リンク・レイ、チャーリー・パトン、ミルドレッド・ベイリー、ハウリング・ウルフ、ロビー・ロバートソン、ジェシ・エド・ディヴィス、ネヴィル・ブラザーズ、スティーヴィー・サラス…ランディ・カスティーヨやロバート・トゥルージロは?

いや、まてよ…プリンスは?

彼らが何者なのか考えたことが無かった…と言うより、単純に、黒人かメキシカンだと思い込んでいなかったか?

そもそもアフリカから連れてこられた黒人奴隷のほとんどは男性であり、その末裔たちのほとんどは、母方が先住民なのだ。そう言われてみれば…

映画タイトルでもあるリンク・レイの「ランブル」は、パワーコード、ディストーションサウンドを発明、ハードロックの原型となり、その特異性と激しさを危険視され、歌詞のないインスト曲なのに放送禁止にされた。

Led Zeppelinも影響うけた、パトンとウルフ。ローリング・ストーンズ、ビートルズが愛したジェシ・エド・ディヴィス。そして多くの音楽家たちが愛するロビー・ロバートソンとザ・バンド。

Blues, Rock, Jazz…その創成期にどれほどネイティブ・アメリカンの血と文化が貢献していたか。どれだけ意図的に隠されてきたのか。そして、僕らがなぜBlues, Rock, Jazzを ”黒人”が作ったと思い込んでしまっていたのか。

ヨーロッパからの征服者たち、アフリカから連れてこられた黒人奴隷たち、その前にあの土地に住んでいた原住民たち。南米ブラジルやキューバの音楽がそうであるように、北米大陸の音楽も、僕らが思っている以上に混血なのだ。そして南米と違って、ルーツの半分が意図的に隠されていた。

“出自に誇りを持ち、しかし口外するな”

ネイティブ・アメリカンのチャントに特有の四つ打ちリズム。純潔なら土地の権利を認められるというが、権利を主張すると射殺される。ゴースト・ダンスの惨劇。

インディアンは酷い目にばかり会う…黒人奴隷以下だった。そして混血化した彼らは先住民保留地に送られないよう、”黒人”として生きた。ニューオーリンズのマルディ・グラはまさに混血の祭。ミュージシャンにありがちなドラッグに絡め取られていく人も多いが、そもそもネイティブ・アメリカンの麻薬摂取率の高さは、彼らを無理やり先祖代々の土地、自然から引き剥がしたアメリカの政策が原因と考えられるだろう。

あらためて音楽の混血による優勢遺伝を感じさせられる、目から鱗の一本でした。そして、あらためて歴史というものは強者の記録として残るものなのだなと思い知らされた。



…しかし、中学の頃にハマったチャーリー・セクストンが見られたのは嬉しかった。老けてもカッコいいな。プロデュースしたスティーヴィー・サラスも昔かなり好きで、何曲かコピーしてた。そしてGotGでも使われていたred boneも!
lilnawg

lilnawgの感想・評価

-
自分の好きな音楽のルーツが彼らにあったことを知って、さらには映画見終わったときにネイティブアメリカンの部族的なルーツが東アジアにあることを知って、根本のところで全てが繋がったことに震えた はじめて本物の魂を感じた
Maaar

Maaarの感想・評価

4.5
https://www.instagram.com/p/CZhM3ioPEYa/?utm_medium=copy_link
音楽を「よく」聞く人じゃないと分からないところが多いように感じたけど面白い。
もっと色んな映画館で上映されるべき
YK

YKの感想・評価

3.5
ネイティヴ・アメリカンと呼ばれる中の無数の部族がそれぞれ独自のリズム、歌い方を持っている。いまで見れば多様性、個性と呼べるものが、当時はその民族性や文化との深い関係性ゆえに弾圧されたこと。しかしそれらは脈々と受け継がれていること。特にアフリカ系と重なりながらその後の音楽に影響を与えていったことは初耳だった。

ドキュメンタリーというよりはインタビュー集。リンク・レイのランブルがかっこいいというのは、素人の僕でも感じられました。
あお

あおの感想・評価

4.5
世の中知らない事がまだまだ沢山あるのかなって思った。

ネイティブアメリカンに限らず「先住民族」に惹かれるのですごく興味深かった。
人間の欲のために醜い争いの末歴史上なかった事にされている事がどこの国でも多く余計に気になるのかも。
彼らの音楽はすごくカッコ良くて、アメリカの音楽のルーツはそこにあると知って驚いた。

アメリカも日本も世界中に人種差別だったり問題が山積みだけど、音楽は世界を平和にするための一つのツールではないかと改めて思った。
良い物は人種を超えてリスペクトが生まれる。

子供の頃住んでいたアメリカの小学校でコロンブスがアメリカ大陸を発見した歌を音楽の授業で歌っていた。「コロンブスが大陸を発見したら先に住んでいる人達がいた」って内容で、たくさんの部族の名前が出てくるのに今は誰もいないって歌詞。子供ながらに不思議に思っていた。

黒人差別の歴史は一般常識だけど、ネイティブアメリカンはそれよりも地位が低く、黒人のミックスが沢山いる事実も考えたこともなかったし衝撃だった。

色んなバックグラウンドの人達が現代にはいて、それぞれのルーツが混ざり合って新しい物や面白さを生み出しているから醜い争いは本当に無くなってほしいしそれぞれが認め合える社会になってほしい。

ルーツは大切にしたいし奥が深い。
Akari

Akariの感想・評価

4.5
歴史が音楽を作る

演奏したり聴いたりして楽しむのも、ルーツを知ると倍楽しい!

ミルドレッドベイリーを聴こう
2021年110本目!
ふだん何気なく聴いている大好きなあの曲やこの曲も、ルーツを辿ればここにたどり着くのか…という、驚きや意外性、そして感慨深さを味わえる。
音楽好きは観ておいて損は無い1本だと思います。
白人でもない黒人でもない先住民族をルーツに持つミュージシャンたちの物語。アメリカ音楽の奥深さを知ることができる素晴らしいドキュメンタリー映画。
2021.08
#Peter Barakan’s Music Film Festival
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品