ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

koji

kojiの感想・評価

3.8
主人公の元夫がクズすぎる。
元夫の奥様が綺麗。
赤ちゃん可愛い。
隣人が何気にセクシー。
隣人の旦那は、よくよく考えると踏んだり蹴ったりで可愛いそう。

友人や恋人達と一緒なら犯人予想をしながら鑑賞するのがオススメ。
shiori

shioriの感想・評価

3.4
最初なんの意味かわからなかったけど中盤からおぉっておもった。衝撃結末。以上。
ユカ

ユカの感想・評価

3.6
事件があった日に酔いすぎて記憶がなくなってる女の人が、記憶を思い出しながらストーリーが展開されていく映画!

女のヒステリックな所とか、狡猾で、息をするように嘘をつく所とか(共感できちゃうから)本当に嫌だな〜〜って思って見てたんだけど、

後半になるにつれてかなり印象が変わってきて、きれいにまとまった結末だったの良かった🐱
toggano

togganoの感想・評価

4.1
ヘイリーベネット最高すぎ

ストーリーとしてはヒステリックでどうかしてる女性を見るのは辛いなあという感じの前半から、物語が動き出してみるとなかなかしっかりしたサスペンスで最後まで行って面白い映画を見たなあと満足できました。
Kaju

Kajuの感想・評価

3.9
最後に映し出される列車からの景色が素敵です。
お話は主人公がアルコール依存で記憶障害がある設定なので、どれが本当の事実なのかわからなくなってきます。それを最後の最後でつなぎ合わせてきちんと解決させているのでスッキリしました。衝撃の結末!とか書かれているとラストに変に期待しすぎてしまうので、やめたほうがいい。それを含めても見応えあるサスペンスでした。
お酒を飲んで記憶を飛ばし、翌朝恋人からなにをやらかしたか聞かされる、、これ僕の日常が映画化されたのかな?
全米屈指のメンヘラ女DV男が勢ぞろい。こういう映画を見慣れてる方は犯人がすぐにわかってしまうかと思いますが、面白かったです。女は怖いし男はひどいっていうことがこの映画の教訓でしょう。
とうこ

とうこの感想・評価

4.3
好き
リアリティとか色々は置いて面白いでしょ。複雑な絡まり具合がうまく組み立てられててすごい

主人公の顔に精神状態がモロに出てる演出に目を惹かれた
エイガ

エイガの感想・評価

3.3
エミリーブラントがボーダーライン、オールユーニードイズキルのときから比較すると豊麗線が濃くなって疲れたヤバい感じをだしています
あらすじ全然チェックしてなかったので、「仕事も恋も失った女性が列車に乗って旅をして自分探しをするロードムービーかな?」と思ってたら全然違った。めっちゃ怖かった!
ロードムービーどころか、ご近所の狭い範囲内で起きる事件と人間関係を巡る話で、窮屈で息苦しさを感じた。

アル中で記憶を失ってると、事件に巻き込まれることもあるけど、それ以上に自分で自分を信じられなくなり、自尊心がどんどん失われていくところが怖い。
お酒大好きで毎日飲んでる身としては、ちょっとお酒控えようかな…と思ってしまった。

一見完璧で幸せそうに見える人でも、それぞれに悩みを抱えている。
分かってはいるけど、自分がどん底な気分にいると忘れがち。

終始、重苦しさと息苦しさを感じる映画だけど、ラストは
「やれ!やっちまえ!トドメをさせ!!」と妙に爽快だった。
akane

akaneの感想・評価

3.7
昨日に引き続きヘイリー・ベネット。
期待せずに観たら。先が読めない展開に引き込まれ、予想外に楽しめました。

「記憶がない」なんてミステリーではタブーだけれど、ストーリーにもオチにもこんなふうに生きるのですね。ふむふむ。
>|