ガール・オン・ザ・トレインの作品情報・感想・評価

ガール・オン・ザ・トレイン2016年製作の映画)

The Girl on the Train

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気…

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。 なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。

「ガール・オン・ザ・トレイン」に投稿された感想・評価

yugyug

yugyugの感想・評価

3.7
緊張感のあるサスペンス。精神が次第に崩壊していく主人公を演じるエミリー・ブラントが良かった。列車が進むという不可逆的な要素とは対称に、現在と過去の時系列を交錯させるストーリーは逆説的な様で面白い。個人的に子守役のヘイリー・ベネットが結構ツボ。ジェニファー・ローレンスに面影が似ている。その夫役はルーク・エヴァンス、雄々しい肉感的な役どころ。ケツ出しが伊藤英明の次に似合う。
裏地

裏地の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

レイチェル狂ったやつかと思ったけど違った。旦那の首に刺さったワインオープナーねじ込むアナが印象的。浮気は駄目やで。
レイチェル頑張れ!!強く生きて!って感じのラスト
Moe

Moeの感想・評価

3.5
モラハラとアルコールは地獄を見せる、、。
冴えるエミリーブラントの演技と美しいヘイリーベネットが見所。
もちろん気の効いたサスペンスとして相応しい脚本も!騙されました。
アサノ

アサノの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤はアル中で精神的におかしい女性を描写し、犯人はその女性だと誘導されるが、案の定他の真犯人がいるという典型的なミステリー映画
エミリーブラント、レベッカファーガソン、ヘイリーベネットこの3人の個の魅力、そしてバシッとハマった役柄が凄すぎる。
電車と2つの家、ほとんどこれだけの少ない舞台で繰り広げられるサスペンス。
アル中の設定と徐々に明らかになっていく過去のエピソードも相性がいい。
めちゃくちゃ面白かったですこれ。
みー

みーの感想・評価

3.5
ヘイリーべネットがめちゃめちゃ可愛い。

45歳以上に見えるトムのサカリ具合にドン引き。
全ての人が怪しく見えて、色々と想像できて楽しかった。

お酒を飲んで、いつも記憶をなくして次の日、アッケラカンとしているアイツにみせてやりたい。
あん

あんの感想・評価

3.7
人間関係のひどいもつれの話ってやっぱり面白い🍸
エミリーブラントが良い

2017年148本目
はまち

はまちの感想・評価

3.5
最後まで犯人わからなかった!エミリーブラントの演技が素敵♥
列車から始まり、また違う列車で終わる。。
静かな短編小説を読んだ後のような感覚になりました。
不思議な世界を垣間見たような。。
こんな感覚は初めてのこと。
主人公の演技も見事。
水色のコート、彼女の心をそのまま映し出してらるようで新鮮でクールで爽やか。。
>|