シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけの作品情報・感想・評価

シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ2014年製作の映画)

Sugar Blues

上映日:2016年07月23日

製作国:

上映時間:81分

3.4

あらすじ

「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」に投稿された感想・評価

これ観てから砂糖の入った食料をかなり避けるようになりました。ありがとうお母さん。
はろぅ

はろぅの感想・評価

4.0
ゴトゴトシネマさん主催
メフィストフェレス会場

監督が疑問に思う事は、研究してるプロまたは砂糖業界へのインタビューなどでクリアにしていきながらのドキュメンタリーで、みていて納得できる。裏打ちしているというか。

自らの病気の発覚から子供の発達への不安。自分がどう生きていきたいのかを真っ正面から捉えて行動する姿に、家族や人間に対する愛を感じた。

「シュガー」が個人ではなく世界情勢にも及ぼしてるのだという事に本当に衝撃うけた。知らない事たくさんあるなぁ。

身近にある小さな組織の方針や常識に立ち向かうだけでもゾッとするのに、
この監督さんの世界を相手にした「シュガー」の戦いは想像もつかない。
shiho

shihoの感想・評価

3.3
ポップなドキュメンタリー

パワポみたいにサクサクわかりやすい映像のおかげで、
砂糖が有害だって事はすごーく理解できたけど
私にとっての砂糖=ハピネスが揺るぐことはないのである(ケーキ食べながら観た)
com

comの感想・評価

-
とてもみやすく、ポップなフライヤーとさくっとしたドキュメンタリーで 糖尿病への危機感を抱き 自身の食生活を見直しました。
それまでは甘いものをドカ食いして、自分でも悩んでいましたが、やめられる素敵な機会を与えてくださいました。ありがとうございました
myao

myaoの感想・評価

5.0
かなりよかった。
社会問題のドキュメンタリーなのにオシャレだったし。
とてもいい勉強になった。もしDVDが出たら是非買ってみんなに観せたり自分の復習用にしたい。
普通に面白かった。
精製された砂糖を摂取することによる人体への弊害と、そんな健康を害する砂糖が世の中の全てに出回っている理由を、少しでも多くの人に知ってもらい、健康になってほしいと活動する監督のドキュメンタリー。

体は食べ物でできている。
自分の体、子供の体のために、真実の食べ物を選ぼう。
アンドレア・ツルコバー監督作品
[シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ]

以前観たドキュメンタリー作品、
[あまくない砂糖の話]と同じかな?
と思っていましたが、
本作、アプローチの仕方から別物でした。

監督であるアンドレアさん、
母でもあり、妊娠中に、
この映画を撮影します。
妊娠糖尿病と診断されたからです。

その病気が胎児に与える影響は?
そもそも砂糖は安全なのか?
などの疑問から、さまざまな方法、
いろんな方にインタビューをして、
砂糖のない生活を目指しつつ、
ドキュメンタリーを完成させていきます。

研究者の成果の発表や、
業界の圧力なとで、以前は、
砂糖は安全、とされましたが、
撮影の過程で明らかになる真実、
それにはやっぱり驚きました。

そのあたりは[あまくない砂糖の話]
と共通する部分はあります、でも、
女性ならでは、母親だからわかる、
そんな視点は新鮮でした。

精製された砂糖、加工されたお菓子、
などを食べず、なるべく自炊したり、
自然に近いカタチの食品を摂る、
などの取り組みを実践されている、
監督のご家族の食卓も出ていて、
すぐに実行するのは難しいけど、
参考にしたい事ばかりでした。

最近観た中ではなかなか為になる、
勉強になるドキュメンタリーで、
[あまくない砂糖の話]と併せて、
また観たいと思える映画でした。

けっこうな衝撃的な内容で、
ちょっと怖くもありましたが、
観て良かったです。

あ、監督さんのこどもたち、
めちゃくちゃかわいいです、
そちらも観られて良かったです笑

[シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ]

2016 8 名古屋名演小劇場にて観賞しました。
現代の“勝ち組”が産官学共同で作り出している循環構造を、砂糖を通してありありと見せつけられる。
しかし、しなければならないことは、それを批判することではない。大事なことは、我々は自分の行動を選べるということだ。以下の台詞が印象的だった。
「グローバル食品企業は人びとに害のあるものを作ろうとしているわけではない。そこで働く多くの従業員は、人びとにより良いものを安価で買ってもらうための努力をし続けている。今の状況が起きているのは、消費者である我々がそれを選んでいるからだ。我々は何を買うかを選択することができる」
tuji

tujiの感想・評価

3.5
映像の選び方、つなぎ方が面白い。砂糖をあまり、摂取したくないと思わせる映画。
み佳乃

み佳乃の感想・評価

3.2
食べ過ぎは良くないが一切断つというところまでは私はしないだろう。
>|