わたしを離さないでの作品情報・感想・評価・動画配信

「わたしを離さないで」に投稿された感想・評価

Nanami

Nanamiの感想・評価

3.0
原作に忠実よかった!観終わった後に胃にずーんとくる感じ、、、
敦司

敦司の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

臓器提供 介護士 猶予 嫉妬 取り残される 誰と誰がカップルになるかで奔走 トミーは優しいけど癇癪持ち ポルノ雑誌の中にオリジナルがいるのでは? ルースの膵臓を摘出 2週間後、私にも通知が来た 散歩 1994 カセットテープ 生命は終了する イギリス 農園 美術
lemmon

lemmonの感想・評価

3.9
一種の洗脳。
そこで育った子供たちは何も疑問に思わず、オリジナルに提供していく。
このシステムの殻を破り、戦うのなら、あり得そうなハリウッド大作映画だが、本作はまったく趣が違う。

物語の切り口が恋愛の三角関係。
下手すると安っぽくなりそうだが、そうなっていない。
ひとりの男とふたりの女。
男は頼りなく繊細。
ひとりの女は大胆不敵、ただどこか心に余裕はない。
もうひとりの女は完全なる諦め、を越えたが故か余裕があるようにもみえる。


世界観は、クローン人間が、ある意味軟禁状態の施設で育ち、オリジナルのため時期が来たら必要な体の一部を提供する。それが当たり前の時代。


冒頭のランプリング演じる学長の言葉から衝撃だ。ここの教員は嘘はついていない。


固執する執行猶予。
数年の時間を大切に思う心は見習わなければならない。
主題はそこなのか?
大切な人と一緒にいられる時間か、、、


ただやはり本作の物語は辛すぎるよ。。。😭。
原作読んでませんが、、、

 キッツイ、心に重くのしかかり、到底忘れることができない作品です。
 多分小説は辛くて読めません。
これの日本ドラマ(綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみ)を見始めましたが、ドラマは長いので辛すぎて挫折しました。
辛いけど、いつまでも頭から離れない、中毒性のある話です。見たあと友達と語りたくなりました。
 UNEXT視聴
コット

コットの感想・評価

3.4
先に原作を読んでいたので超えることはできなかったが、よくできていた。

このレビューはネタバレを含みます

日本のドラマは見たことあるけど、映画は初めて。

トミーの叫びとキャシーの涙の余韻。


約ネバって最初の設定はこっから来てるよね。
切なくて悲しくて綺麗、
カズオ・イシグロの原作の読んでないと映画だけじゃあまり内容がわからないかもしれないけど人間の価値や倫理観についてよく考えれる好きな作品
当たり前に生きていることについて深く考えさせられる物語でした。
提供するためだけに育てられて、時が来たら死ぬまで臓器を提供し続けるなんて。。
心も身体も普通の人と同じなのに。

綾瀬はるかと三浦春馬、氷川あさみ主演のドラマも観てみましたが、個人的にはドラマの方が設定が練られてて好きでした。
役者の感情表現もエモーショナルで感動的でした。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.2
本来なら受けるべき医療を受けられずに自宅で亡くなっている人も出ているのに、
オリンピック、パラリンピックを筆頭にした様々なイベントも行われている異常な世界となっている2021年の日本の夏。
私はこの感染爆発と医療崩壊した8月に家族がコロナに感染し自宅療養となり、看護する経験をした。もうこの体験をする前の自分には戻れない。自分がガンや脳梗塞になった時にはまた絶対元気になるぞと頑張れたけど、今回は自分は感染免れたが疲弊し消耗し抜け殻のようになってしまった。
そんな時に見る作品ではないなと思いつつ見てしまい案の定落ち込んでしまったが、キャストは豪華でそれぞれハマり役だし作品も抑制の効いた演出で素晴らしかった。
犠牲になる人たちがいることを見て見ぬふりしていることが現在の日本ではコロナ禍でますます加速している。恒常的に存在していた差別問題に加えてのコロナ感染拡大で生まれている差別。そしておそろしい命の軽視。
映画が描いた世界がリアルに胸に突き刺さる。(これから若年層の感染者も増えていきそうな状況が怖い)

公開された時見たかったけど当時住んでいた浜松では公開されず悔しい思いをした作品。なのに録画が塩漬けになっていて今頃やっと見たのだ(公開時に見逃すとよくやってしまうパターン)でもいま見るべき時が来たのだと思った。
なす統べなく「終了」を迎えるまでの
「命」への向き合いかた。

身も心も去勢された
クローンではないけれど
無駄に過ごしてる感じの時間が
尊く思えた。
>|

あなたにおすすめの記事