神奈川芸術大学映像学科研究室の作品情報・感想・評価

神奈川芸術大学映像学科研究室2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:70分

3.6

「神奈川芸術大学映像学科研究室」に投稿された感想・評価

かな

かなの感想・評価

4.0
おもしろかった!奥田さんがいいキャラしてる。
自分の大学時代を思い出した。

このレビューはネタバレを含みます

大学教授の助手が主人公で、大学教授助手がどんな仕事をしてどれだけ大変なのかっつうのを知ることができて面白かったです。
撮影で無茶苦茶する学生たちの尻拭いをして、教授たちの間に入って……。ストレス社会半端ないな、と思いながら見てました。

けれどもエピソードの羅列で串団子のように問題が起きて解決に奔走。の繰り返しに見えて、求心な話がないため、70分だけど長さを感じてしまいました。「まだ30分しか経ってないのかよー」と感じながら見てました。

それに主人公やヒロインの女性がもとはと言えば杓子定規でレンタル機材の貸し出し禁止や「バイトしたほうがいいんじゃない」という言葉や行動が原因で、学生は窃盗や自殺のきっかけになったのでないのか、と。思ってしまいました。反省しろ、主人公。と。
主人公が壁に書いた落書きを思い出して何を感じたのか? 主人公の同僚は、学生たちに映画を作る熱い演説をして、学生たちの気持ちを掌握したのかとかわからなかったです。さっきまで誰も言うこと聞いてなかったのに。

とはいえ、クスクスと笑えて楽しめる映画だと思いました。
YS

YSの感想・評価

2.5
2014/1/25
配給 デジタルSKIPステーション

編集うまい、軽快なテンポでライトなコメディでもある。

展開していく映画。
芋羊甘

芋羊甘の感想・評価

3.4
1月31日
風景を丁寧にえがき、フィクションをフィクションのように見せない
まったく飽きない映画時間だった
映画研究部でも卒業製作撮れればいいなってニヤニヤしながら青臭い妄想してたら、そういやこんなの観てたこと思いだしました。
MiKFJ

MiKFJの感想・評価

-
ほんの1〜2分機材の返却遅れたことぐらい見逃してあげたら、とか、美大で施設の使用18時までなんてありえないでしょ、じゃどこで制作するのさ?、とか思ってしまうのはあくまで私の基準で。
世の中そんなに甘くないこともある訳で。
でもそのほんの1〜2分を発端として、丸く収められたかもしれないことがあれよあれよと
ブラック版風が吹けば桶屋が儲かる
的にストーリーが転がっていく様は、現実でも充分ありえる話で、
ランボーだったりテキトーだったりする教授陣と、学生特有の甘ちゃんだったり意味なく反抗的態度だったりの狭間で翻弄される主人公には本当にお疲れ様と言いたい。

美大系出身者には身につまされる話だし、ひろく社会一般の中間管理職の皆様にも共感するひと多そう。

最後、またやっちゃった学生の姿を横目で見ながら電話する主人公。
だけど人生は続く。
それは決して後向きではない、
いいラストだった。

飯田芳(かおる)さんも嶺豪一さんも俳優さんたちみんなハマっているなぁ

坂下監督の作品はなぜか『らくごえいが』も本作もご縁があって見た。新作『東京ウインドオーケストラ』が2017年に控えている。
RYUYA

RYUYAの感想・評価

3.0
卒制映画のウルトラ大傑作『狂い咲きサンダーロード』のあの熱量から約35年。
学生映画は完全にショボチンになってしまった。

この『神奈川芸術大学映像学科研究室』は、「大学の映像学科の助手が中間管理職としてバカな学生と教授たちに振り回される」というただあそこにある現実を炙り出した、皮肉に富んだ映画です。
そして何より、攻撃的。

普通に見れるし面白いんだけど、もっと終盤ハネても良かったかなぁ〜と。
そう、ハネないってのが昔の学生映画との違いで、この映画は「社会における文法から少しだけはみ出した者」の話だけど、映画の文法はちゃんと守っちゃってるんだよなぁ。
台詞回しもカメラワークも編集のキレも、もうかなり完成してる。
それ自体は高度なんだけど、ロボットが撮ってるみたいでちょっと残念。

文法なんかぶっ壊してカオスに飛び込んでゆくような学生映画はもう見れないのかぁと思うと、なんだか寂しくなりますね・・・。

あ、この監督は、トム・クルーズが嫌いですね。
aiueooooo

aiueoooooの感想・評価

4.7
2015年3月14日(土) ちば映画祭
色んな理不尽さをすーっと潰すような映画。
すごく大きなことが起こるわけではないのに、最初から最後までワクワクが止まらなかった。
前野さんと生徒たちのやりとりが大好きだった。大学生ってあんなかんじだよな、、と。
カットの長さとか割り方とか気持ちよくて、ずっと観てたかった。
監督も素敵な方で、トークを聞いてて、友達になりたいと思った。
TA2

TA2の感想・評価

4.5
卒業制作とは思えない素晴らしさ。今後も期待できる監督。美大生だったら自分の過去を見せられているような作品。当時を振り返り反省しましたw
mingo

mingoの感想・評価

3.9
芸大院の卒制
現在友人が脚本コースにいるが、彼と一緒に観に行った
出来の凄さに二人してビビった覚えがあります
題材は美大出身者ならわかりすぎるし、内容もとてもよく出来てるので文句のつけようがありませんでした
次回作も楽しみな監督になりました!
>|