ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

自分の顔は「醜い」という主人公の感動成長ストーリーを予想していたら、全然違った‥!最高に面白いストーリー構成だった。
自分から見える世界は狭く、限られてるけど、実際はとても広くて色んな感情が交差してるんだよね。
ジュリア・ロバーツ本当に好き。彼女の大きな口を開けて笑うところが本当に好きだ。
終始涙が止まらなかった。この作品を薦めてくれた友達に感謝。

スター・ウォーズ好きにもオススメしたいな
マツオ

マツオの感想・評価

4.5
主人公は本当に太陽だった。
心あったまる映画で、多くの人に見て欲しい。
takashit

takashitの感想・評価

3.5
校長は宇宙🌚
完全に涙腺がバカになってきてる。号泣してしまった。優しくて温かい作品。
あったかい映画。

周りが直ぐに自分を認めてくれなくても絶対に諦めず、欠点を最大の長所にして他人と付き合っていく主人公オギー。

あの年齢なら、抱えこめなくなってしまってもおかしくないだろうに、挫けたり、落ち込んだりを経験しながらも精いっぱい普通に過ごそうとする彼の姿に圧倒され、憧れを抱きました。

そんな彼を観ていくにつれて周りは段々と彼を1人の普通の人間として認識していき、1人、また1人と彼との交流を深めていく。

良い話じゃないですか。

個人的に容姿とか性別とかに問題を抱えた人が頑張って居場所を見つけてまわりもそれを手助けしてくれるってストーリーに弱いんでツボを刺激された感じです笑

子役含め演技はみんな良かったと思います。コメディも割と笑えました。

友達が増えてハッピーな良い話だけに終始するのでなく、いじめ、裏切り、嫉妬のような要素があったのも良かったです。

ただ、ストーリーラインはちょっと多いかな。主人公のオギーのストーリーだけじゃなくて他に3つ4つぐらいストーリーがあって別にどのストーリーも別に嫌いじゃなかったんだけど、それによって1つ1つの話の展開が少し早すぎたような感じがします。

特に友達が裏切るとこの展開はもう少し描いてほしかったですね。

あと、なんか大好きになれる要素があまりなかったです。
キャラはみんな"好き"止まりでしたしそんなに映画の特徴的な部分もなかった気がします。

多くの人がこの映画を大絶賛してると思いますが、個人的には大絶賛とまではいかなかったです。

逆張りとかそういうんではなくて、単純にそこまで大好きになれなかっただけです。
オギーは、誰よりも強い!誰から何を言われたって、諦めなかったし、逃げなかった。そんな彼を大切に思ってくれる人がいて、また、できて、ほんといい映画でした。ストーリー読めるのに、最初はどうしても苦しくなる。
お姉ちゃんも、友達もみんないろんな悩みを抱えていて、オギーだけの視点じゃなかったののも良かったです。

あと、話変わるけど、オギーとか身体障がいとかある人が普通に、学校に行って、生活を送ることが当たり前の世界になってほしい。海外とかで、盲学校、聾学校って、お金の関係で、分けられなくて、普通の学校と合わせてるらしいけど、ほんとはそれが当たり前だよね。社会に出たら、そんな分かれた社会なんてないんだし。先生が大変とかは置いておいて、幼少期からそういう人との生活が当たり前で、支え、支えられの関係が育まれる教育に変えたい。そうだ!国政に出よう!

異国の地で、ひとりぼっちのメンタルに、すごい染み渡りました笑
すごい、すごいよかった!!心がほっこり温まる映画でした。
みんな心が純粋なはずだけど、素直になれなかったりして伝わりづらくなってしまうことが多いなぁと感じました。ちゃんと伝える大事さが身にしみました!!❤️❤️
Rei

Reiの感想・評価

4.2
記録
久しぶりにまた見たくなる映画だった。
障害をもつ主人公だけではなく、周りのの視点で描かれているのもポイント。
心温まる作品。
>|