ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 52ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

ayapork

ayaporkの感想・評価

5.0
初めから涙なく見れない。
家族愛。英語で見れると笑いウィット。
かなりツボ。
視点がヴィアに移った時点で僕の中でいい映画決定でした。オギーの周りの素敵な人達に心打たれるシーンが何箇所もあってとってもあたたかった。オギー役の男の子は相変わらず演技がうまい。
Sachitsu

Sachitsuの感想・評価

4.5
オッギーが辛い思いをしていることも切ないけど、取り巻く周りの家族や仲間も、実は一人一人悩みや悲しみがある。それぞれの思いをストレートに表現している本編は、とても深みがあって良い。
映画館でみた価値あった。

人間関係での悩みとか葛藤を自分だけじゃなくてみんな持ってるわけで、その中で何か特別なことじゃなくて思いやりとか当たり前のことが大切だってことを突き付けられた。大人と言われる歳になって自分のことだけで手一杯と感じていたが、最近忘れてたことを思い出せた気がする。
ベト

ベトの感想・評価

4.0
7/8観賞
やっと観れた!
心が和む映画です!
人生経験半端ない自分には、オギーの容姿など普通に見えちゃいましたが…
そう!中味だよ!中味が大事さ!
takuma

takumaの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

前情報何もなしに見て、序盤から涙をこぼしてました。
序盤は切ないだけの涙。抗えない切なさ。
中盤は誰しもがそれぞれの辛さを抱えて生きていることに改めて気づかされる。
後半は人、そして言葉の強さ・素晴らしさに感動。涙こぼしまくり。。

最後の校長先生のスピーチ、良かったなぁ
うろ覚えだけど、「強いことが偉大じゃない。その強さをどう活かすか」的な。
ネットで調べても出てこないから覚えるまで見なきゃ(笑)
Shirookzk

Shirookzkの感想・評価

4.8
ホントに優しい気持ちになれる映画。何度も泣ける場面があったが、最後に号泣・・・
Nanako

Nanakoの感想・評価

5.0
すごい良かった。泣いた。

登場人物ひとりひとりが、とっても優しくて…意地悪なまま終わってしまった子もいたけど。

それぞれの気持ちの変化や行動が丁寧にかかれててグッときた。

格言も響いたな…何か忘れてたり疲れてたり、人に優しくできなくなったりする度に観たくなる映画だ。


スコアが5までしかつけられないから5だけど、それ以上をつけたい内容だった。
のり

のりの感想・評価

4.0
オギーだけでなく、周りを取り巻く家族や友人の心情も丁寧に描かれてたのが良かった。
オギーがハロウィンが大好きな理由が切ない。
わりとはじめのほうからジワジワと込み上げてくるものがあって、ガチで泣くことはなかったけれど終始ジワジワくる とても丁寧に撮られているので予想していた以上に感情移入してしまった 性善説を信じたくなる優しい映画 オギー役のジェイコブトレンブレイが素晴らしい
#Wonder #2017