ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

君、ワンダー君じゃないんかい!!ってツッコミは置いておいて…
元々持っている偏見を治すのって難しいよね…それが見た目に関することなら尚更
自分から積極的に関わってまず自分の中の偏見を無くしていくしかないわけで
そういう意味で障害の有無も、肌の色も、性別も、宗派の違い含め色々な人を知ることがイクオリティを獲得する第1の方法だと感じた
coffyouee

coffyoueeの感想・評価

4.2
子どもたちの演技に胸を打たれました。
ジャック役の子とっても可愛かった。
ミランダがどこのモデルかと思う絶世の美女でびっくり。最後もとても綺麗に終わり、見終わった後自分の人との関わり方について、見直す機会をもらえる映画です。
ルームという映画で、ジェイコブ トレンブレイの演技に魅了されたが、この作品でも素晴らしい演技を見せてくれた。家族の個々の立場からの心情を描いているのも良かった。
トリチャーコリンズ症候群のオギー。
学校での生活に葛藤する様子は、わたしにも共感できる部分があった。
あとお姉ちゃんの立場も描かれてて良い。
泣けるしほっこりする
Tak

Takの感想・評価

3.9
登校初日、オギーを見送る両親の気持ちを考えると胸が締め付けられる。

どうしても避けられないいじめ問題、分かってはいても見るのは辛い。

孤独を感じつつも、優しくオギーを見守るお姉ちゃん。褒めてあげたい。

周囲の人物の心情を丁寧に描いてあるのは好感が持てた。
宿題入れ、使わないときはネズミみたいなのが陣取ってました。
担任の先生がモデルみたいでした。
ノートパソコンが薄かったです。
ユウ

ユウの感想・評価

4.0
何も言うことないホッコリするいい映画です。
登場人物みんな良いこと言うなぁ。特に最後の校長の言葉は刺さった😭
r

rの感想・評価

4.2
欠点が見つからない映画
どこを切り取っても感動に繋がる出来事とエピソードでストーリーが作られている
名言が多い
~他人をいたわれ、皆も戦っている.....あたりの最後の校長先生の言葉など
子どもたちがかわいい
家族があたたかい
素敵な登場人物が多い
あんなパパほしい、サマーちゃんとか女の子たちも可愛かった
お姉ちゃんとジャックが特に好きな登場人物だった
オギーにとってやはり1番の偉大なママの愛情が伝わる
そして家族に見守られ支えられながら、静かな強さを持ち周りの人達に影響を与える存在となったオギーの成長が誇らしい
傑作
ミルコ

ミルコの感想・評価

4.0
海外映画のワルガキって全部同じ感じなのは何故だろう

それは置いておいていい映画だった
dandelion

dandelionの感想・評価

4.4
リアル。。。
このテーマの中で、主人公以外の登場人物の視点が描いてる行為が優しい
>|