あさつゆの作品情報・感想・評価

あさつゆ2015年製作の映画)

製作国:

上映時間:27分

3.7

「あさつゆ」に投稿された感想・評価

男嫌いとかではなく、他人と関わるごとに傷ついていくような主人公だった。繊細な映画。
8bit

8bitの感想・評価

3.3
*夏の推し女優祭り2017*③本目

主演女優は小川紗良さん。主演だけでなく監督・脚本・編集もやっています。
処女作ということもあってか、習作っぽい未完成感は否めません。
ストーリーらしいストーリーはなく、セリフも極端に少ない。
〝女の子〟が恋を知り〝女性〟として目ざめてゆく過程を、
紫陽花。雨。ブランコ。線香花火。制服。浴衣。料理。といった様々なイメージの羅列によって切り取った映画なのかな。
ブルーを基調とした映像と、小川さんの透明感が合わさって、画面に吸い込まれそう。
いや、彼女の瞳に吸い込まれそう。あれは危険だ。確実に男を駄目にする。
ある意味〝悪魔〟の誕生譚でもあったのかもしれない。

恋を知った彼女は、雨に濡れる紫陽花のようにどこまでも澄み切ったその瞳で何人もの男を破滅させてゆくに違いない笑。
紫陽花の葉っぱって、毒があるんだよ…。

小川紗良さんはいま一番気になっている女優さんであり、監督でもあります。
ガッキーから良い意味でオーラを抜いて、透明感だけが残った感じ。
たぶんCMとかに出れば一気にブレイクしそうですが、
個人的には監督をやりつつ、インディーズ映画界の若きミューズとしての活躍を期待しています。
kanazi

kanaziの感想・評価

4.0
2017.02
あじさいのはっぱって毒があるんだよ。
【さぬき映画祭】
「あさつゆ」「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」「嘘をついて」3本をセットで鑑賞。
これはよく分かんなかった。
最後のおにぎりに女性の怖さを思い知らされる、女性には敵わない。

脚本、監督、主演の小川紗良さん。
注目しておこう。
mifuraha

mifurahaの感想・評価

3.0
監督の本当に撮りたいというイメージの1つ1つが集結して出来たような作品。
本物も劇中同様綺麗な人だった。
山口

山口の感想・評価

4.0
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で。今の時期にもう一回みたい。