最期の星の作品情報・感想・評価

最期の星2017年製作の映画)

She’s Gone

製作国:

上映時間:27分

3.0

あらすじ

「最期の星」に投稿された感想・評価

早稲田松竹での上映時(2018)に。ラストでウケた記憶がある。
突っ込みたくなるところばっかりではあるけれど、いいところを見つけるとするなら、じぶん自身の想像力(≒ニッポンの若者の想像力、と言ってみる)の卑小さをあえて逆手に取っているところ。大人になったらやりたいことは「どこか遠いところへ行くこと」でしかないのであり、現実の放課後の楽しいことは「公園で遊んだり、コンビニのパフェを食べること」くらいなのであり、渋谷でウィンドウショッピングをしただけで「どこへでも行けるし、なんでもできる」と感じてしまうのである。「セカイ」は小田急線沿いにしかない。「退屈」の凡庸さと、それよりもさらに強烈な浅薄さ。これは、なかなかすごい。この国の貧しさを、まざまざと見せつけるかのよう。まさしくポストセカイ系。小川紗良さんは、意外と悪意のひとであると思う。
ほべ

ほべの感想・評価

3.7
攻めてるな〜〜!面白い映像撮ってやろうっていう意欲がすごい伝わってきて、カッコいいなあと思った。渋谷はゲリラなのかな?
カラーグレーディングと音響がとてもよくて、印象的なシーンをいくつも作り出してた
飛ぶシーンなんかは渋谷の街をフルCGで作ったそうで
ここまでできるんですね、すごいなあ

あと小川紗良さんの題字のセンス、すきです
監修 是枝裕和
こっちはどんなに頑張ったって大森一樹なのに。
花子

花子の感想・評価

3.2
she's gone

洋題、素敵!
小川紗良ちゃん監督作品。
紗良ちゃんは、ずっと憧れです。
前作「あさつゆ」よりはストーリー的に分かりやすかったのでよかったです。
何というか作家性、描きたいことがはっきりしてきたような作品だし、小川紗良さんの描く作品の世界とか雰囲気は凄い好きです。
名前は知ってるけどまだ会ったことない人のことをどんな人なんだろうと想像してみたり、こんな退屈な世界から抜け出したいと思ったり、でも抜け出したら抜け出したで想像と違って落胆したり、でも人生そんなもん。
演出とか撮影とか丁寧で、前作よりもわかりやすく作られていると思います。
渋谷の交差点のシーン、あそこで撮影とかさぞかし大変だったと思いますが、あそこの展開はとても印象的でした。
柴犬

柴犬の感想・評価

3.3
"シグナレスさん、、、"

小川未祐主演!

退屈な高校生活を送る琴子。そんな彼女の前に現れた不思議な少女さっちゃん。退屈だと思っていた日常が変わっていく、、、


YouTubeで無料配信中!

スペアクで知った小川未祐の存在感のある演技が良かった。

ちょっと哲学的だけど、心温まる話でした!
も

もの感想・評価

-
『あさつゆ』より断然見応えありました。
すごいロケーションも拘ってるし、渋谷ロケ絶対大変やったやろな。短編映画的な面白さはなくて、主人公のキャラクター提示も『あさつゆ』の方が興味深かった。
小川紗良監督の…はたちくらいの頃の作品かな?
うん、何本か映画撮ってはいるんやが、監督作観んのは初めて、女優としては結構活躍みているんやけどなぁ

高校入学したけど、私友達つくんの苦手なんよ…、そこで闘病中でいまだに顔も知らないクラスメイトをイマジナリーフレンドにしてみたよ!って話

う〜ん、はたちくらいの若者がこんなレベルの高い映画撮るんやぁ!って驚きはあるが、単純に面白くは無い
井桁ちゃんが先生!っていう羨望が唯一の感想か…

井桁ちゃんといえば、ちょい前にようやく刃唯阿がまともになってホッとしたなぁ、まぁこの前の日曜日は前日の夜更かしが過ぎて起きたらキラメイジャー始まったとこやったけどな…
まぁゼロワンは別にハマって無いし、キラメイグリーンのムチムチのふとももはバッチリ見れたから良かったんやが、ポケんち見逃したんはツラい…スンスン

そうな、そんなことはどうでもいいよな
ってか小川紗良監督もそうやけど、枝優花監督とか、松本花奈監督とか、元々女優やっていたり演劇から入った女の子が監督として自分の作品撮るって最近多いよなぁ!しかもみんな才能あるんよぉ
辻凪ちゃんはな!我々の好きな映画ばかり出たり撮ったりしている思ったら、逆に最近では朝ドラにまで女優として進出しているらしいやん?

そんな辻凪ちゃんの新作自粛引きこもり映画「すき焼きばあばのダンシングタイム」がついにYouTubeで公開されたわけですが…ぐぅ、辻凪ちゃんヤベぇ!
最初はゲラゲラニヤニヤ笑いながら観ていたけど、途中から辻凪ちゃんのサイコっぷりに冷や汗出てきたわ…ブルブル
ひとり7役の辻凪ちゃんのイカレポンチっぷりにぜひ驚愕して欲しいわ!ゲラゲラ

本作含め小川紗良監督の作品も今回のコロナで自粛体制が拡がり始めた頃にYouTubeにアップされたし、辻凪ちゃんのヤツも何人かのクリエイターと共同で発表しているオムニバスのひとつやしな
確かに今はミニシアターを中心に経営危機が訪れて、多くのクリエイターも混沌に喘いでいるわけやが…
負けんぞ!って方々が次々と自宅で撮った作品やら何やらネット上で次々と公開してましてね、我々のような怠惰を貪るナマケモノを楽しませてくれるわけです

今泉力哉監督のワンコロと女の子が微睡んでいるだけの新作も可愛かったなぁ、ぺろぺろ、志田彩良ちゃんはもちろん可愛かったし、ワンコロは全然好みのタイプちゃうかったけど可愛かった
あ、でもACのワンコロを大切にしようCMで遠藤さくらちゃんと共演している白いモフモフが可愛すぎてヤバいな!なんなんあの生き物、最高

とにかくな、ACは置いといてやな、マシンボーイはそんなクリエイターさん達が創り出した素晴らしい映画に毎日毎日めちゃ依存してっからな!コロナ終わったらめちゃ映画館行っていっぱいいろんな作品観ていっぱい恩返ししたいなぁ、思っているんよ!
終わりが見えてきた大阪なんかとは違って、東京はまだまだ先かなぁ…
み

みの感想・評価

4.0
やってることは分かるのに、まるで意味がわからない。
凄い‥多分難解映画じゃないはずなのに‥
そして、この感じ、結構好きだな。
他の人の感想を読んで、なるほど。


151本目。
>|