みちていくの作品情報・感想・評価・動画配信

「みちていく」に投稿された感想・評価


人の肌を噛んだり噛まれたりすることの、どこがいけないの


あたしたちが宇宙、っていいなあ
高校生って確かにこういうところあったなあ
cry for the moon
ちょっと退屈だったけど
リアルでした
mo

moの感想・評価

1.5
主人公のキャラが掴めないのに対して、お姉ちゃんはかなり癖強め
ip

ipの感想・評価

2.5
「宇宙からしたらさ、私たちが宇宙だよね」
って、それが何? みたいなん。
深いこと考えてるっぽい人にありがちなインサート。それ必要?

女優を目指し、女優になった山田さん(新田役)。
後づけで女優になった飛田さん(みみる役)。
新月、満月のように対極的な二人がそれぞれを引き立て合うのが素晴らしい。
自分の闇が学生で描かれるの辛いものある(といいつつ観る)

いろいろヒャ〜となった
たどどしさとか綺麗に纏まってない感じすらいいな。


「わかんない」と「ひみつ」が特徴的。

他者と違うことを恐れたり、
一方で何者かになろうとしたりってずっと抱えるのに線引きってなんでこんなに学生だとヒリヒリするんだろ。
役割すくないからなのかな。
愚民

愚民の感想・評価

3.0
観る映画に何を期待するか、によってそれが期待外れだったのか、期待以上だったのか、感想の別れ道となる。

この映画において言えば、作品のクオリティや脚本の構成の妙とかを期待したら、それこそ期待外れという印象が強いかも知れない。

ただ、この監督がこの歳でしか撮れなかった傑作とも思う。
同世代の山戸監督による「溺れるナイフ」より、本映画の方が監督と映画の距離が近い。
だからこそ、本作では思春期における曖昧さ、刹那的な感情がぐっと立っていると感じた。

映画上劇的な事件は起こらない。些細なことがこの映画の人物にとっては大きい事件であって、そのミクロ的な感情を丁寧に映し出した、という点は評価すべき部分と思う。し、監督のこの映画に対する姿勢に嘘がないように思えた。

この映画に生きている人物たちがそうであるように、この映画もまた一過性のものであるから、今後生み出す作品がどのようなものになるかが楽しみではある。
何かが起こっているようで何も起こっていない、それがこのけだるい映画の雰囲気の中におけるすべてなのかもしれない、とおもいました。不思議な雰囲気の映画でした。僕はかなりこの作品が好きです、心をそれこそ軽く噛まれて痕をつけられるような、そういう痛みが残りますが、そこが心地よいのでしょうか。

新田、今は絶交された友達にどことなく似ていた上、彼女と遊んだときにプラネタリウムを提案されたことを思い出し、僕にしか関係のないそんな記憶が僕だけを苦しめるのでした。

なんだかそんなこともあって、観ている間に久々にチックの発作が激しく出てしまいました。僕にとっていつか身近であった何かがすでに遠い場所にあることを思い知らされたせいかもしれません。

痛みとともに身体に得られるもの、そして自分をすこしだけ支えるもの、そういう意味で僕もピアスを入れていますが、僕も、僕自身を何かとつなぎとめるような、そういう意味をどこかに求めているのかな、と思いました。
全然みちていかない映画。
うーんどうして映画研究部みたいな映画になるかなぁ。
小難しいことはいらないんだけどね。だって娯楽でしょ映画は。
ただ低予算のなか主役二人の雰囲気はよかった。
特に新田役の子が素晴らしい。
学校めちゃくちゃ格好いい建物じゃない??!とそっちばっかり気になってしまったけどミチルが終始泣きそうな目でみとれた。
しを

しをの感想・評価

-
シール貼りながら町を歩きたい 外に出たい ダチに会いたい 終
Miiiiiy

Miiiiiyの感想・評価

3.0
同じ学科で卒業制作つくったりかかわったりしていた立場でしか見れない…
>|