お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ~の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ~2018年製作の映画)

엄마의 공책/Notebook from My Mother

上映日:2019年09月13日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

「お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ~」に投稿された感想・評価

「性格の良い製作陣が、性格の良い鑑賞者に向けて作った良識のある作品」
なのかなぁなんて、そんな皮肉めいた感想が浮かんだのだけれど、がっつり劇場で落涙しました(誰かと一緒じゃなくて良かったです)。

惜しむらくは邦題が中身を説明し過ぎちゃっていることですね。
IshiiYuzo

IshiiYuzoの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

寝た。。。

オンマ役の女優さん、
華がないし、
地味だし、、
(上手い方なんでしょうが…)
元気いっぱいの前半が
あってこそ、
後半が生きるのに、
最初からもうアルツみたいな。。。

これが、
キムヘジャ様や
コドゥシム様なら
もっと面白くなっただろうな…。
nn

nnの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

予告を見たら、あらすじはだいたい予想できるし、今まさに年齢的にも親の介護問題に突入する時期なので、
もう号泣する自分が想像できた。
が、意外とあっさりとした描き方。
いや、切ないのは切ないのだが、これが国民性の違いなのか?
これが日本だったらもう少し「お涙ちょうだい」になると思う。
観終わった後、友人が「息子のクズっぷりがすごくて泣けませんでしたね〜」
しかし、リアルでクズの息子(←我が兄)を知っているもので「現実はあんなものよ」と力なくつぶやく。
結局のところ、ついつい自分ちと重ねて観てしまっているので、この母が息子を抱きしめて「宝はあなただ」ってなことをいうシーンでは、
これは韓国だからか?日本よりも露骨だなあ。あなたには息子もいるけど娘もいるでしょ?
家に寄り付かないとかなんとか罵倒するくせに、結局のところ息子が宝かいっ!
母親ってのは万国共通で「息子」が大事なのかっっっ!
あそこのシーンは「宝はあなたたちだ」というべきでしょ!
なんてことを思ってるから、泣けるわけがない。
この映画はクラウドファンディングで製作されたらしく、エンドロールでその協賛者たちの動画が流れる。
可愛い女の子とママが「オンマ〜ハルモニ〜大好き〜」とか言ってるのが次々と流れ、あたしゃそのシーンが一番感動したかも。
泣きそうになって、あ〜老母にもう少し優しくしようと反省した。
そんでもって、本日、安いブラウスを買いました。敬老の日のプレゼント用。
いつもはこんなことしません。うちには記念日にプレゼント交換するという習慣はないのだ。
でも「少しは喜ぶかなあ」なんて思って買ったってことは、この映画のおかげです。
CCC

CCCの感想・評価

3.7
よかった。お腹空いちゃう。
レシピのタイトルの付け方に泣く。。
kassy

kassyの感想・評価

3.0
試写会にて。

惣菜屋を営む母と、うだつの上がらない息子。ある日母が認知症だとわかり、次第に関係が変化していく中で、お料理ノートやレシピに込められた母の想いに気づいていく。

監督が体験した実話を元に映画化したそうで、認知症に対する反応などはしっくりくる。
韓国の手料理の数々は、聞いたことない食材やメニューが沢山出てきて美味しそうで、母の愛情や想いが沢山詰まってる事がわかる。

ただ、あまり感情が湧かない韓国ヒューマンドラマだった。少し唐突というか、主人公いくらなんでも忘れすぎでは?

一部、人がいないはずなのにカメラが動いて人に影が出来てしまってるところが気になった。
認知症になって行く惣菜屋を営む母と息子の物語
母親が遺した料理のレシピには、家族の歴史があり、
自然食をつくる母親の姿に息子は・・・
アヒルのボートのシーンは感動します。
泣けます。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
認知症になった母と息子のお話。
これまでは必ずしも良好と言えなかった母子の関係が、母の認知症の発症を切っ掛けに、知られざる事実が明らかとなり......

おふくろの味とは、その家に代々受け継がれる味と思っていたが、違っていた。
「おふくろ」は子供あっての呼び名。
おふくろの味は、母子の間で作られる味。
「ギョヒョンが飛び起きる粥」「ソユルのおにぎり」「へウォンが笑う餅」「憎い夫のサバのキムチ煮」「二日酔いに効く冷製トンチミククス」「千日紅の砂糖漬け」「思い出のおにぎり3種」などなどご賞味あれ!

最後は涙が止まりません!
認知症になった母と息子、家族の話。誰にも訪れる老いや介護など題材としてはよくある話なのに、細かなエピソードやその回収がざっくりしていて感情移入が出来なかった。残念。でも出てくる手料理は美味しそうで、観賞後に韓国料理屋へ直行しちゃいました。
daffodils

daffodilsの感想・評価

4.2
連れて行った母がとても共感していたので、母の評価を反映して... 気持ちをこめて、健康に良い素材で料理をすること。韓国も日本も、家族を思う気持ちは変わらないですね。ご都合主義な展開が気になるところもありますが、年齢を取ることを考えさせられる作品でした

このレビューはネタバレを含みます

↓2019/07/31 公開情報更新↓

9月13日(金)公開
アップリンク渋谷・吉祥寺 他

お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ
2018年 韓国 104分
英題:Notebook from My Mother
監督:キム・ソンホ
出演:イ・ジュシル
イ・ジョンヒョク
配給:アーク・フィルムズ
シネマスコーレ



↓2018/11/01 鑑賞記録↓

第31回 東京国際映画祭 提携企画
コリアン・シネマ・ウィーク2018

<母のノート>
2018年11月1日(水)16:00~
韓国文化院 2階 ハンマダンホール
主 催 : 駐日韓国大使館 韓国文化院

あの"釜山行き=新感染…"の老姉妹の姉を演じたイ・ジュシルさんが主演。認知症の女性を演じていますがリアルに上手い。でもこれって他人事では済まされなくて観ながら明日は我身かもとゾッとしました。うちの母も真っ先に私を忘れそうなので…
>|