ママ、ごはんまだ?の作品情報・感想・評価

「ママ、ごはんまだ?」に投稿された感想・評価

台湾の生活が見られて良かった。
ストーリーは、まぁまあ...

食事、生活ですね。

お母さんの話し方が舞台っぽかった
ikumura

ikumuraの感想・評価

3.4
間はあえて取っているのだと分かりつつもちょっと長く感じられたのと、時間の流れや飛び方でちょっと置いて行かれそうになったりもしたけど、全体としてしみじみ余韻に浸れるいい映画。時に直感で行動しつつも柔軟で包容力があって逞しいお母さんの作る料理がただ美味しそうなだけじゃなくて、やっぱ食べるって人生そのものだなあと思わせる。
MOKE

MOKEの感想・評価

3.5
片親だとある日唐突に、子どもたち2人だけの世界になってしまうんだなぁとふと思った。我が家のsoul foodもちまきなのでした。手間隙かかるお袋の味ですねあれは。
2018-53 だから、あんな歌を歌えるのね、一青窈さん。書籍、私の箱子をまた読みたくなったよ。
河合美智子。
ひさしぶりにみたな。
すごくよかった。
足が細い!!

お母さん。
お母さんはどんなときでも、子供たちを大切に、優しく見守っていてくれる。

お料理をしているお母さんの記憶。
私もそうだなぁ
母の味。
大切に受け継いでいきたいなぁ

片親だけだと、亡くなったときに、子供たちだけの家族になってしまうんだなと。
改めて思った。しみじみ思った。
いつまでも元気でいなくちゃ。

やっぱり字幕ほしいなぁ。
mory

moryの感想・評価

3.6
お腹がすいてくる、料理がしたくなるそんな映画。お母さんのあたたかい愛情がたまらなく、ホッとさせてくれる映画。ちまき、食べたいなぁ。
Tak

Takの感想・評価

3.6
歌手 一青窈の姉一青妙のエッセイをもとにした映画。

「大事に食べなきゃね」
葬儀の後、母が作り置いてくれたチマキを喪服姿のまま食べる姉妹の後ろ姿が涙を誘う。
k

kの感想・評価

3.0
台湾料理の味だけでなく、においや音でも愛情を感じていたと思った。
sae

saeの感想・評価

3.0
ちょっと長く感じる。

てか一青窈懐かしい。

母親と食事ってやはりセットの思い出あるよね。
久々に台湾料理食べに行きたくなった。
一青窈姉妹のお母さんの、母として、妻として、女性として、生きる姿を描いた物語。
色々なテーマがたくさん盛り込まれている、イイ映画だなぁと思います。
家でちゃ〜んと食べさせて、家でちゃ〜んとお喋りさせること。これで子どもはちゃ〜んと育つんだと!思いました。