ラーメン食いてぇ!の作品情報・感想・評価

ラーメン食いてぇ!2018年製作の映画)

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:102分

3.4

あらすじ

ラーメン作りのベストパートナーだった妻を亡くし、店を畳む決意をしたラーメン店店主・ 紅(石橋蓮司)。新疆ウイグル自治区でのテレビ取材中、事故に遭い、一人荒野を彷徨う羽目になった料理 研究家・赤星(片桐仁)。心ない高校の同級生の噂が元で、自殺を考える女子高生・茉莉絵(中村ゆりか)。一 杯のラーメンが、こんな 3人を思わぬ形で結びつけ、変えていく。

「ラーメン食いてぇ!」に投稿された感想・評価

僕もラーメン食いてえ〜〜ってなる🍜
映画館の帰りにラーメン屋寄りかけたよ(笑)

原作はWEB漫画のようで、監督の熊谷祐紀は『乳酸菌飲料販売員の女』に続いての二作目。
前作はかなりエロ映画でしたが、今回はラーメンを通じての女子高生青春映画。
タイトル見たらコメディっぽいけど、全く違います!笑えません。

うーむ…そんな簡単に伝統のラーメン作れるのか?ってくらいアッサリできてしまう。
ラーメンはそんなに浅くないよ…多分。
自殺の原因となった友人をそんなに簡単に誘うのか?引き受ける方もどうかと思いますが。。
とにかくご都合主義で出来てる気がします。
石橋蓮司演じる店主の「小麦粉は生きている」は名言(笑)

葵わかなってこんなに演技下手だったかな?ってくらい下手でした。
なんかそれが気になって…。
ラーメンズの片桐仁はいい味出してましたが、ラーメン繋がりで出たのかな?
いず

いずの感想・評価

3.5
青春ラーメン映画

追い詰められ自殺未遂までした主人公マリエ。祖父のラーメン屋を継ぐ決心をする。不器用だけど努力型のマリエと、食いしん坊の天才コジマの組み合わせ。
修行シーンがしつこすぎず軽すぎず、ラーメンづくりには体力も必要なのね。

女子高校生の友情はあんな軽い演出でいいのかなと思いましたが、時間的に仕方がないのかな?
群馬のラーメン屋が舞台で、冒頭の焼きまんじゅうはクスッとしたけど、訛りはないし、まさかの榛名富士推し!??
他の演出過剰なラーメン屋をディスってるところは良いのか悪いのか? 目指す方向性が違うから仕方ないのかな?

片桐仁は、このお店のラーメンの味が死ぬ前に食べたい味だと強調。どんなに美味いラーメンなんだとドキドキしちゃう。

中村ゆりか、葵わかなは可愛かった。
原作も読んでみたいと思いました。
お気に入りの片桐仁が出演しているのとラーメンもののお話だったので気になって鑑賞しました。
伊丹監督のたんぽぽとは全然違うけどラーメンをテーマにした青春モノで思いの外楽しめました。
石橋蓮司のお祖父ちゃんの語りと片桐仁の語りが妙にシンクロして面白かったです。それとネパール高原の映像は美しく素晴らしいです。

原作はウェブ漫画との事でストーリーも明快でテンポ良くテキパキと展開していくので気軽に青春モノの映画を見たい方やラーメン好きな方なら楽しめる映画だと思います。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.4
ラーメン作りのベストパートナーだった妻を亡くし、店を閉める決意をした店主だったが、女子高生の孫のある事故をきっかけに、孫がラーメン店を継ぐ決意をし、ラーメン作りの修行を行っていくヒューマンドラマ作。女子高生だが、ラーメン作りにひたむきに励む姿は良く、ラーメン作りに対し真面目に描かれた物語。主人公である女子高生の他に、妻を亡くしたラーメン屋店主、女子高生の事故のきっかけを作った同級生の友達、そして、遠く離れた地で事故に遭い、1人荒野を彷徨う料理研究家と、それぞれの人生に影響していく様は楽しめます。そして何より、題材となっているラーメン。醤油と塩の2種類しか登場しないが、美味しそうに描かれていて良い。女子高生を演じる中村ゆりか、葵わかなの双方のキャラクターがよりラーメンを美味しそうに見せており、片桐仁や石橋蓮司などのベテラン陣も良い雰囲気出してます。
あんまりこってりとかしない普通のラーメンがやっぱり一番。

主人公かわいい。

石橋蓮司が悪くないお爺さん役とは!

20本目 株主優待券
葵わかな、中村ゆりか、この2人が好きなので映画を見ましたが、良かったです。
高校生がらーめんで日本一を目指し、一方でキルギルの放牧地から清蘭のラーメンを食べる一心で日本への帰還を目指す''ラーメンズ''片桐仁。
かなりリアリティからかけ離れているとは思うが、努力を続けラーメンに真摯に向かっていく様は良かったです。
何よりラーメンが美味しそう!!

あー、ラーメン食いてぇ!
2018年鑑賞no.34(劇場鑑賞no.29)

新宿武蔵野館 劇場③ E-4
(この目線、好きな感じ)

予告を見て、興味を持った。
何故なら、食べ物には目がないもんで。。。

原作未読。

面白い話なのかと思いきやとても真面目な話。
女子高生の茉莉絵(中村ゆりか)が祖父紅(石橋蓮司)のラーメン店清蘭を復活すべく修行する物語。
そして、料理研究家の赤星(片桐仁)が事故で荒野を彷徨い〝清蘭のラーメンをもう一度食べるまでは死ねない!〟を希望に生きぬく物語。
所々、このふたつのシーンをカットバックで描いて、さラストに繋がる。

ラーメンの奥深さを窺い知ることができた。

特に印象に残ったのは、紅が茉莉絵にラーメンを教える件での〝いつも同じ味でなければいけない〟という言葉。
飲食店は味が変わると客足に影響するからなぁと妙に納得してしまった。

また、赤星が辿りついた塩。
シンプルな味付けってホッとするよなぁと妙に納得させられて、遊牧民の食事を食べてみたいと思った。
生きる=食べる。
この作品に込められたメッセージをそう解釈してみた。
醤油ラーメン食いてえ!

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-

最愛の人でありラーメン作りのベストパートナーだった妻を亡くした清蘭店主の紅。先立たれたショックからか味が落ちたと評判になり、客足は遠のくばかり。ラーメン作りへの情熱も費え、店を畳み自らも命を絶つ決意をしていた。その頃、紅の孫で女子高生の茉莉絵もまた、心ない同級生の噂がもとで自殺を考えていた。一方その頃、テレビの取材ロケ中に遭難しキルギスの高原で倒れ伏した料理評論家の赤星。死を覚悟した瞬間、思わず絶叫したのが「清蘭のラーメン食いてえ!!」のひと言だった。一杯のラーメンの縁によって結びつけられた3人の再生の物語。

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-

原作読了済。

福田里香先生の提唱されたフード理論に感化されたせいもあるけど、美味いマズい以上に食べ物にロマンチックな物を感じてしまう。美味しいものを作ったり食べたり、食卓を囲む行為に何か本然的なモノを見出したくなるというか。

冒頭の赤星の絶叫は、当時の自分が仕事で深夜残業or徹夜続きの日々に重なってしまうのです。朝帰りのラーメンを楽しみに、疲れた体に鞭打って踏ん張ったのを思い出します。
「始発で築地行ってラーメン食って帰ろう……」
普段は美味しくないハズなのに、クタクタの体で市場のオッサンらに混じって朝靄と湯気を一緒にすするように食うと、何故だか美味かったなあ。


失われたラーメンの再生を師弟二人の再生のメタファーにしつつも、物語の目的にしてるのもいいし、孫を救いたい一心で教えてたハズなのに、誰よりも師匠自身もまた救われる構図は名作「ベストキッド」そのもの。
赤星の別視点が加わることで、単なるグルメ漫画じゃなくて食を通じたロマンチックな文化人類学みたくなるのも大仰で好き。

劇的な序盤に比べて、中盤〜終盤に興味を持続させるような事件が乏しくて、起伏に欠ける物語なのは原作もそうだからご愛嬌。むしろ劇中石橋蓮司の言う「引き算の美学」を体現するように、シンプルに若い二人女優さんの瑞々しい魅力を引き出すことに注力して、映画として一番伝えたい完成形ににじり寄ろうとしてて好感が持てました。

キルギスの大草原の絵力が物凄くて、これだけでも大画面で見た価値あったし、清蘭のモデルになった群馬県の清華軒でそのままロケしてて、色々と虚実入り混じってる空気感も面白かった。調べたら、原作の林明輝さんのご実家が清華軒なんですってね。お店と住居が一体化してて、昔懐かしい町中華の名店な佇まいがリアルでした。


監督のTwitterに上げられた撮影裏話の数々。
キルギスロケで先発隊に遅れて到着した片桐仁ら後発隊が、空港で荷物丸々紛失されて手ぶらで現地入りするハメになった……、山羊と赤星が触れ合うシーンを撮ろうとして前日山羊を用意してたら、翌朝野生の狼に山羊が食われてしまって大変困った……、ロケに医者を同行してもらうも、スタッフが続々と倒れる……、ロケハン道中に本物の遊牧民と出会って、心からのもてなしを受け次々とヨーグルト・パン・バター・馬乳酒etc供してもらったもんだから、ずっと満腹状態だった……
映画本編とは別に、こっちの珍道中記のが見てみたかったような💦

24本目
taka

takaの感想・評価

3.4
新宿武蔵野館にて 鑑賞

異国で事故に遭い荒野を彷徨う 料理評論家
赤星
妻に先立たれ ラーメン店をたたむ決意を
した 店主 紅
心無い 同級生の噂により 自殺をか考える
女子高生 茉莉絵
一杯の ラーメンが思わぬ形で この三人を
結び付けていく…

コミックが原作で
映画の作り的には 多少の無理やり感は
あるものの ホッコリ&ほろ苦&涙あり
のストーリーになってた^ ^

それより なにより ラーメン! ラーメン!
まーあ 美味そうだからww
ラーメン好きは 劇場に走るべし💨

さて今宵は 当然 ラーメン🍜
B級グルメからミシュラン3星⭐️まで
食べ歩き 大好きな私が選んだ
ラーメンがこれ!
「好日」
東中野にある 3年連続 ミシュラン
ビブグルマンのラーメン屋

鶏がらスープで無化調
昔ながらの ホッコリ ラーメンです

映画見終わって 速攻 食べにいきましたw
ご馳走さまでした^ ^

映画とラーメンのマリアージュ
HAL2000

HAL2000の感想・評価

3.3
確かに丁寧に撮った作品とは思うけど、ちとお話し無理あり過ぎかな。可もなく不可もなく。片岡礼子さんの元気なお姿が1番嬉しかったです。
>|