西北西の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「西北西」に投稿された感想・評価

Jumblesoul

Jumblesoulの感想・評価

4.0
見掛けは派手だが中身は薄っぺらな『チワワちゃん』と真逆で、外見は地味だが実に中身の濃い傑作。最近は凡作だらけの邦画だけど、やればできる(笑)
ケイとアイの二人の女性カップルにイラン人留学生のナイマと、主要キャストはわずか三人。ジェンダー・カップルの間に外国人を挟むというアイデアが素晴らしい。ジェンダーを扱ったという事で偏見や差別といった苦情も出たと思うけど、本質的には純愛映画である。
ケイのマンションが磁場が変でコンパスが固定しないという設定が、後の大きな伏線になるのが最大の見どころ。
ケイ役は是枝裕和監督の傑作『誰も知らない』で死んだ主人公の妹を一緒に埋葬する女子中学生役だった韓英恵で、綺麗に成長した。
そしてナイマ役のサヘル・ローズの美しいこと!当時は30歳位のはずだけど、20歳前後の大学生役に何の違和感もなし。タレントのイメージが強いが、女優としても数本出演しているのは知らなかった。
一つだけ残念なのは、アイ役の女優がダウンタウンの浜田に似ていた事w
韓英恵のどっしりとした存在感が女の子2人を優しく支えている。
好きだけじゃどうしようもないっていう何かのコピーを思い出した。
琴乃

琴乃の感想・評価

4.3
ほんとうの言葉を喋りたいほんとうのことだけを伝えたい母国語じゃないほうがそれができるのかもしれないと思ったけどナイマとケイがすごいだけなのかもしれない私はほんとうのことなど一つも言えない
Yasuha

Yasuhaの感想・評価

-
「ただ好きになる人が女なだけ。」

性別なんて国籍なんて関係なくて、
ただ好きな人でしかないよ。本当に。
シミズ

シミズの感想・評価

4.7
すき、涙、でた、

ナイマンの祈りを後ろからみているケイ……
しょっぱいヨーグルト
全方面への差別?偏見?とかで作られててどのキャラも好きになれなかったw
世界の悪い部分だけ見せられた感じ、あんまり気持ちよく見れなかった。
胸糞レベルじゃ全然ないけど、軽くうんこ踏んだ以上には不満が出るかんじ。(??)

けい役はかっこよくてすき(容姿)
thur

thurの感想・評価

3.5
『西北西』は、国境や性別などカオティックなボーダーで揺れる女性たちの物語。磁場の強い部屋では方位磁石でさえも狂う。それは愛が遠ざかり渇いてゆく感覚や、社会に身の置き場のなさを抱える現代人の体感に重なるのではないか。そこに方角を示すのが何かへの信心であり、祈りであり、あるいは愛だ。
イラン人のナイマは日本に馴染めない孤独からケイと仲良くなる。
そんな二人を見て、モデルのアイは恋人として嫉妬する。
ナイマとアイはケイに依存していて、何かしらギクシャクする。
間に挟まれたケイも、自分の恋愛観に悩まされ依存する。
いったいこの三角関係はどうなっていくのか。
が今作のストーリー。

サヘル・ローズさん出てますね。
まったく、いつもお綺麗で、良いですねぇ。
韓英恵さん「菊とギロチン」に出てたの?ちょっと初見だと思ってました。覚えとこう。
山内優花さんは、ちょっと、微妙な顔してますね。可愛いんだけど、忽那汐里っぽくもあり前田敦子っぽくもあり、RaMuちゃんっぽくもあり、キンタローっぽくもある笑
可愛いんだけどね。
110

110の感想・評価

-
キスしようと迫るとき「やめてよ」「ここは日本だよ、誰も見てないよ」のシーンが何度も脳内でリピートしてる。ナイマ(の宗教)を尊重すべき?ケイ自身の気持ちを押し通すべき?
れい

れいの感想・評価

-
多様性っていえばそれは簡単。
けれど、それは一番理解し難いもの。

異物は排除。
幼い頃からそうやって私たちのステレオタイプは形成されてきたんだからお互いに
自分と違うものはみんな怖い

でも今は受け入れる力、理解する力がついてきていると感じる

出会えて良かった作品。
>|