知らない、ふたりの作品情報・感想・評価

知らない、ふたり2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

3.6

あらすじ

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナ…

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に 通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている 荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを 寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず 関係していた。7人の男女のそれぞれの想いが少しずつ絡み合い、 それぞれが一歩踏み出したときに物語は思わぬ方へ進み出すー。

「知らない、ふたり」に投稿された感想・評価

さぁや

さぁやの感想・評価

3.5
2018.07.07
同じ場所にいるのに、
知り合い同士はいるのに、
最後まで全部は重ならない絶妙なつながり。
そこがよかったかな。
同じことの繰り返しのようで
何かしら前に進んでる毎日。
この先どうなったかなぁ…。
個人的にはいつも二次元にいそうな
NUESTが普通の男の子感が出てて悶えた。
韓国語のセリフもゆっくりめで
落ち着いたトーンでよかった。
ただエンディング曲はもう少し
どうにかならなかったのかなー。
ぐるぐる回っているようでいてみんながちゃんとちいさく一歩踏み出す物語。この後もこの人たちの人生は続いてゆくのだろうな。

女性陣、みんなかっこよくて良かったな、特に木南晴夏シーンはどれも響いた。告白シーンでやっと、やっと、ずっとずっと目に溜めていた涙を流すところはグッときました。

主観で見るシーンが多いから、自分も青柳文子すきになっちゃうよねこれ。それか自分のすきな人を青柳さんに無意識に重ねているのかしら。遠くから見るすきな人の笑顔は良いよなあ
演技の間が長いから尺も長くなってしまってるけど、面白いシチュエーション・コメディ。
M川A氏

M川A氏の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ストーカーのシーンは水曜日のダウンタウンを思い出した。
伏線の回収の仕方が楽しい。
学生映画みたいなギャグがまた良かったりする。
「じゃあ」のくだりが最高。
エンディング曲で台無しになった感は凄いけど。
エレナ

エレナの感想・評価

3.8
素人感が逆にリアルで、独特な空気感がよかった!
NU'ESTが出てたので見ましたが、みんな日本語も韓国語もナチュラルで良い。無理な設定も無く(韓国人は日本語勉強中の学生、先生の韓国語も自然だった)違和感なく入り込めた。

ストーカー行為はさすがに(笑)、と思ったけど好きな人なら後を尾けたくなる気持ちはわかります。みんなやらないだけで。それを「好きだから?」ってストレートに片付けちゃうところが、、(笑)
「怖いですね」って言われて、普通じゃん?って顔して「好きだから」なんて、なかなか言わないですよ。そういう空気感?監督の色?おもしろかったです。

変な空気感でしたが重くもなりすぎず、ドラマチックすぎず、「少し優しい現実」って感じで良かったです。みんないい人でほのぼの。素直で優しくて不器用なリアル。ハマる人はハマる。
素人演技も邦画もダメな私でも楽しく見れましたよ。絶妙なバランス?なのかも。
ngmgm

ngmgmの感想・評価

1.0
男優に外人男を起用している気持ち悪い恋愛映画
女優は日本人女にも関わらず
日本人女に執着して欲情してる外人男は気持ち悪いという事がよくわかる映画
外人男と付き合うとか障害者と付き合うよりも罰ゲーム
IR

IRの感想・評価

3.7
今泉監督の作品を観てみたく鑑賞

終わり方がとても好きでした。

同じ描写でも
なんか色が違うというか
味があって
時系列もとてもわかりやすかったです。

韓国×日本
素敵です。
サッドティーですきになった今泉監督。さすがの仕掛けで裏切らないエンディング。
(七藝で見たかった〜)
恋人以外の人を好きになったときに、そのことを恋人に言うことができるのはいいことだと思いました。また、一目惚れの人に勇気を持ってラブレターを書くことができるのはすごいと思いました。自分の好きな人が自分以外の人を好きだったり、複数の人を好きになってしまったりという恋愛の複雑な部分が表現されていました。
yume

yumeの感想・評価

2.9
ささやかな日々の話だった
この監督の作品は初めて見たけれど、台詞の間合いやちょっとクセの強いキャラクターのカットが日本人らしいセンスだなぁと思った
>|