知らない、ふたりの作品情報・感想・評価

知らない、ふたり2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

3.6

あらすじ

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナ…

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に 通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている 荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを 寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず 関係していた。7人の男女のそれぞれの想いが少しずつ絡み合い、 それぞれが一歩踏み出したときに物語は思わぬ方へ進み出すー。

「知らない、ふたり」に投稿された感想・評価

はち

はちの感想・評価

3.5
韓国映画だろと思って見てたらふつうに邦画でびっくり。
とりあえずなんかもう全部かわゆい。
話の流れがとってもみやすくて綺麗であっちゅうまでした。

誰かに対して罪を感じて自分が幸せになれないってのはきっとそれは自分も含め誰も幸せになれない事だから、

みんな自分の幸せと
大切な人の幸せを願うんだけど

私は大切な人が自分の知らないところで
知らない人と幸せになっていても
きっとそんなクリアな気持ちで思い続けてあげられないなって思った。

相関図が面白くて、全員ナチュラルだからちょっと人の恋愛を覗き見する感覚で楽しい。
ramu

ramuの感想・評価

3.7
サッドティーはそこまではまらなかったが、今作は良かった。
ゆるい雰囲気の恋愛群像劇だが、切なさとキュンとする感じが程よく、良いスパイスになっていて、あぁ、ちょっとしたこういうシーンが実際あった時ってキュンとするよなーなんて思ったり。
ストーカーまがいは怖いけど、相手のこと気になってしょうがない気持ちってこんなだよなーなんて思ったり。

くっつく2人もいれば、くっつかなかった2人もいて。はたまたこれからくっつくかもしれない2人もいて。

「恋をしました。」
なんかいいなー。

長く付き合っている彼には悪いけど、恋が始まる瞬間にちょっぴりいいなーと思ってしまいました。笑
春沢

春沢の感想・評価

2.9
サンスは小春に一目惚れ
小春はレオンが好きで
レオンは公園のベンチで寝て居た女の子が気になっている
女の子もまたレオンに一目惚れしたようだが、その子には彼が居て
彼はどうやら学校の先生を好きになってしまったらしい
でも先生には車椅子の彼がいて
彼が車椅子になった事にはどうやらレオンが関係しているらしい…

単調だけど登場人物の関係が絡み合ってて気を抜くと、もー誰が何でどこがどうだっけ?!ってなりかねない。

よく知らない人を好きになることがあるし
長く付き合ってても相手のことがわからないこともある
好きな相手のことを思うこともあるけど、やっぱり自分がどうしたいかが大切だよ
っていろんなメッセージが散りばめられている

なんかこの登場人物の絡み方や好きの交錯の仕方どこかで…と思ったらサッドティーと同じ監督なのね。ラストはサッドティーのとっ散らかった感じの方が好き

こちらは一目惚れした人にラブレター書く子が居る一方で、気になる人の家を突き止めてストーカーしたり、ストーカーのストーカーしたりしててたまにこわいんだけど、最後は救われて良かったねって少し笑顔になれる感じのやつです
kohei

koheiの感想・評価

3.8
「出会って、話してみないと何も動きださないんだよ」ということに関しての作劇。
その当たり前だけど面倒臭い世の原理を優しいトーンで教えてくれる優しい映画。韓国のメンズってその辺素晴らしいんだろうな。
武蔵野館

稀に冒頭10分くらいで引き込まれる作品があるが
久しぶりのこの感覚

群像だが会話が少なめで
その代わり、電車や靴がおしゃべりで妙に心地よい

どこかで身震いしたんだが
心地よすぎて思い出せない
ai7n28

ai7n28の感想・評価

3.9
なによりもNU'ESTのメンバーみんな肌が綺麗でほれぼれしちゃうよぉ
kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
韓国アイドルに疎いせいか、サンスとジウの見分けがつかないΣ(゚Д゚;≡アワアワ
レオンは髪色が違ったおかげでかろうじてセーフ。でなきゃ三つ子状態だった。

またもや今泉監督から投げられた「好き」というお題。

どこか間違えている優しさとか恋愛迷子状態が、いかにも韓国的であるというわけではないのだけど、遠いようで近い、近いようで遠い、韓国と日本をクロスさせたからこそ生まれた距離感が絶妙な作品。
毎日レオンのあとをつけたり、ソナとサンスのまわりをちょろちょろする小風が独特のコントラストを生みだしていて面白かった。

一見ふわふわした感じにも見える作品に、加奈子と荒川のカップルによってぐっと重みが加わっている。芹澤興人の顔面もある意味スパイシー。
木南晴夏演じる加奈子には感情移入しまくりで、加奈子と一緒に泣いてしまった。

今泉監督作品を観るのはまだ3作目だけど、地中に潜っていたものが顔を出して陽の光をあびる感じを思わせてくれて、観た後は毎回なんとなく元気になる。
upi

upiの感想・評価

3.0
それぞれが繋がってるんだけど、それぞれがよく知らない人に恋する話
時間がゆっくり流れてて単調な感じがよかった
レオンかわいいよ。韓国キャスト4人ともよかった。木南さんめんどくさいけど好きでした。
ダメ恋愛映画の代表格…とされる今泉力哉のアイドル映画。
恋愛といいつつ、今泉監督の作品はコワイのだが、これは、本当に愛らしい作品。
でも、やっばりところどころコワイ。
>|