西北西の作品情報・感想・評価

西北西2015年製作の映画)

West North West

上映日:2018年09月15日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

「西北西」に投稿された感想・評価

ez

ezの感想・評価

3.0
韓英恵さん、不安定な若者役が上手すぎる。
自分が自分を愛する以上にだれかが自分を思ってくれるとき、それは時に足枷になったり、自分を強くするものになるんだな。
小一郎

小一郎の感想・評価

3.7
ケイというレズビアンの女性を主人公とした物語だけれど、それを全面的に押し出しているわけではなく、中村拓朗監督が経験したことを下敷きに「他者を想う」事とはどういうことかを考えたと制作した映画、らしい。

女性モデルのアイはケイへの強すぎる好きな気持ちが、怒りとか嫉妬とか憎しみとかの負の感情として表れてしまいがち。ケイはアイの気持ちに向き合うことができず、アイとの関係に戸惑っている。

ケイは、日本での生活、同級生との関係に悩んでいるイスラム教徒のイラン人留学生ナイマとの出会いをきっかけに、自分の中で何かが変わってくが、ナイマはケイの気持ちを…、みたいな感じなのかな。

監督は彼女と同級生の男という自身が経験した3人の関係をもとにしたと言っていて、だとすればケイは監督で、アイが彼女、同級生の彼がナイマなのだろう。

<彼女に対して、彼に対して、僕が抱えたカオティックな感情を映画にキャプチャーしたかった。 そして、僕にとっての『西北西』を探求したいと思った>というように、悩める監督を投影したケイの気持ちはわかるようで、わからない。
(http://cinefil.tokyo/_ct/17189829)

「他者を想う」事とはどういうことかというテーマも広すぎて、スッキリはしないけれど、ホモセクシャルをレズビアンに、自身を縛る超自我(タブー)を宗教・文化に置き換え、ちょっと引っかかる物語にはなっているのではないかと。

●物語(50%×3.5):1.75
・設定は面白い。監督の気持ちそのままにもうひとつスッキリしないところが良いのだろう。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・役者さんの演技は良かったのではないかと。

●画、音、音楽(20%×3.5):0.70
・雰囲気が良かった。
この映画をずっと見ていたい、終わってほしくないと上映中ずっと思った作品でした。再上映望みます。
鳥と沈黙が印象的。面白くはないが素晴らしい。
今だからこそ、これからこそ、観たいし観るべき映画。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.0
想起したのは『きみの鳥はうたえる』夜に生きる孤独な若者たちと映像美が妙にシンクロ。サヘル・ローズさん(イラン人留学生役)とジャン・ユンカーマン監督(大学教授役)の話す日本語が本作の映像くらい美しかった。韓英恵さんの神々しいまでの存在感に見とれてた。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.4
レズビアンのケイは、モデルの恋人アイと日々を過ごしていたが、イラン人留学生ナイマと出会い、日常が変化していく。ヒューマンドラマ作。それぞれの女性の人生を、それぞれの色を出して描かれる物語は印象的。宗教面やジェンダー面を表立って描きながらも、人と人との関わりを色濃く描いてます。自分だけだと保てる〝個〟が、誰かと絡むことで良くも悪くも多様に変化する人間を、心の変化を描いているように感じるラブストーリー。LGBTだけにはとらわれない、女性の愛を描いた内容は良い。一見だけでは分からない、各々の心情がありつつも、この物語に触れることは大切に感じる。それぞれの個性的な女性たちを演じた韓英恵、サヘル・ローズ、山内優花も各々個性的で、それぞれの魅力が出てます。
ブルア

ブルアの感想・評価

4.2
サヘル・ローズと青いインコのシーンが、美しく癒された。
東京に暮らす三人の女性の物語。
マイノリティでなくても生きづらい国、日本。
良いところもあるが、悪いところも把握してこそ本質を理解できる。
最近の少し過剰な「日本っていい国だよね!」
的なノリに食傷気味だったので、観ていて心地よかった。
日本社会へのゆるやかな反逆を感じさせる映画だ。

心に怒りを抱えながら、戦っている女性たちにぜひ観てもらいたい。
きっと、あなた一人じゃないって思えるから。
磁場が狂う部屋に住むケイは、止まらない方位磁石のように〈生〉と〈愛〉で揺れ続けて、恋人のアイと問題を抱えている。一方、磁場が狂う部屋でも西北西を探して祈りを捧げるイラン人留学生のナイマ。信じる宗教があるが、外国人としての日本生活に不便さも。

ケイとアイでさえ問題を抱いているが、ナイマが加わることで更に問題を生まれる。これは、3人の関係は異質共存の軋轢で、混沌とした無秩序な問題がぶつかり合い、新たな問題が生じることが、複雑化する世の中の仕組みのメタ的なことが興味深い。

同じ文化やLGBTのケイとアイでさえ、相互理解できないのに、異文化のナイマなら尚更。つまり、相互理解なんて簡単にできるものではなく、両者が互いの価値観を尊重しようとする相互尊重の重要性については考えさせられるが、作り方は上手くない。

余すところ無く凝りすぎた映像が続くことは疲れるし、自意識の高さもに垣間見れる。嫌いではないし、安易でもないが、たまには一端気持ちをリセットさせたり、整理させないと。映画沢山見る人や、LGBTや異文化のことをある程度以上の知識がないと楽しめないのでは。

多様性だけで片付かない、LGBTも異文化の問題の本質は一緒に感じた。
由美子

由美子の感想・評価

3.1
同性愛とイスラム…の関わりを意識して観ていたので、ちょっと見方が違ったみたい。でもそういう視点で観ていたので、ナイマが感情を殆ど抱え込み、表現していなかったのでぼんやりとした終わり方だったなーというのが正直な感想。
sci

sciの感想・評価

-
とてもエモーショナルな映画だった。
韓英恵さんがひたすらに美しくてもう釘付けになった。

LGBTについては、自分は生きたいように生きればいいじゃないか!と全然OKなので、計り知れない苦悩があまり理解できなくてその分感情移入できないのが申し訳ないのです。
サヘルローズさんが結局は成田に向かう場面。少しでも異質な人は息を潜めるように住んでいる国、日本。