汚れたダイヤモンドの作品情報・感想・評価

汚れたダイヤモンド2016年製作の映画)

Diamant noir/Dark Inclusion

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。それを知らされたピエールは、生家から追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョゼフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベ…

フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。それを知らされたピエールは、生家から追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョゼフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベルギーのアントワープへ。しかし生まれて初めてダイヤモンドに触れたピエールは、自分の体内に流れる、父から受け継いだ血が騒ぎだすのを感じるのだった。そしてそれは、悲劇への序章でもあった――。

「汚れたダイヤモンド」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

3.7
これは単純だったけど葛藤してる人間模様はめちゃ好きなのでよかったです。
音楽凄い好みでした。
エンドロールもよかったです。
主人公が優しい。
監督の独特なセンスと圧倒的な映像美にひれ伏した。
ダイヤモンドが瞳に映るショットが好きすぎて、私の瞳孔も開きっぱなし!
流れる血さえも美しい。

ダイヤモンドの研磨を営む一族の愛憎劇。
そこに犯罪が絡み、お話はどんどん面白くなってゆく。
愛すべきフィルム・ノワール!

人間ドラマがメインなんだけれども、人間くさくなく淡々と物語は進んでいく。
張り詰めた緊張感がたまらなく好き。
ダイヤが放つ幻想的な光とは正反対で、描かれるのは裏切り、孤独、秘密とダークな話。でも、そこには確かな愛があった。

この作品を映画館で観たいがために有休を取ったんだけど、ほんとに観に行って良かった!!!!
個人的に神的作品だった!!
さとう

さとうの感想・評価

1.3
ノワールをよく見てるというか膨大に引用しているのはわかるが、ノワールって本来B旧作品が故の荒々しさがあるスタイルなのを無視してる気が。DOA都会の牙とか拳銃魔とか。冒頭はめまいとブレードランナー、主人公が読み上げているのはノワールのお約束のモノローグ、オペラはMのアレ、照明は途中少し、アントワープ?だっけの怪しい街並みと冷めざめした食事風景。主人公は目がよく効いて記憶力が良いからダイヤ職人になれる=メタ要素
テアトル梅田にて鑑賞
フランス映画!って感じでした。
なんとなく、アラン・ドロンっぽいというか、『太陽がいっぱい』みたいな雰囲気を漂わせていたように思います。
なんかやるせない気持ちになる…。けど、それぞれの人物にちゃんとした動機があるし、ひとつひとつの行動に説得力があるから、モヤモヤするけど面白かった。ずーっとどんよりした空気だけど苦しくならないのはなんでだろう。
アウグスト・ディールが好きで見に行ったんだけど…やっぱりどの映画でもいい存在感。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
めちゃ面白かった!kbcシネマにて今日しか上映してないから寒い中5限後急いで行ったけど正解だった!

最初はあんまり面白さがわからないんだけど、気付かぬうちにどんどんと主人公の周りにかけられていく網に自分もはまっていて、いつの間にか逃げられない状況になっている!そしてあの一瞬の機会!アッと私まで声が出そうな緊張の瞬間、最後までじりじりと主人公とともに追い詰められる感覚を味わい、胃が痛むのが心地よかった!これぞフィルムノワールですね!!

ニールスシュナイダー(ニールスシュネーデル?)が…素晴らしい!!!「胸騒ぎの恋人」とか「ボヴァリー夫人とパン屋」しか知らない身としては甘ったるい美男子ぐらいにしか思ってなかったのに、こんな汚い男もできるんだ、画面いっぱいにいろんな表情を見せてくれ堂々と映る姿を見て感動しました(うるり)さながら「太陽がいっぱい」のアランドロン。あと足がとんでもなく長い。

主人公の名前がピエール(フランス語で「石」という意味)なのもまぁなんとも、安直だけど感慨深いよね

いや〜〜まんぷくまんぷく!(夜ご飯まだだからお腹すいた…)
佐藤

佐藤の感想・評価

-
見た。

なーんか目とか手とか撮っとけば映画は良いんでしょみたいなのが透けて見えて下品。
だから手のイメージを繋いでいくことができなくて物語に繋げる。
物語も最初の回転するイメージに繋げるのかなと思いきや、ただのどんでん返し。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

2.5
全く面白くない。屋内の照明が死んでいる。
痙攣はギャグとして面白い。

手のイメージから回転から全て繋がらない。
iku

ikuの感想・評価

3.5
冒頭のアレにやられ、ずっとドキドキしてた。
欲すれば欲するほど全てがポロポロと手の平から溢れ落ちていく。
予期せぬ形で自分が求めてるものを知る。
運命なのかね。
kadoma24

kadoma24の感想・評価

3.7
私的にメロドラマ風サスペンス。
こういう映画は好き。
主演俳優がイケメンで、スーツ越しの肩とか超カッコいい。

ダイヤモンドは価値が無いものに価値をのせていく、そのバカらしさがいいんだ、て映画の中で宝石商が言ってた。
バカらしいこと、と分ってバカらしいことをするのが大人なんだよな。
>|