汚れたダイヤモンドの作品情報・感想・評価

汚れたダイヤモンド2016年製作の映画)

Diamant noir/Dark Inclusion

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。それを知らされたピエールは、生家から追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョゼフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベ…

フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。それを知らされたピエールは、生家から追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョゼフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベルギーのアントワープへ。しかし生まれて初めてダイヤモンドに触れたピエールは、自分の体内に流れる、父から受け継いだ血が騒ぎだすのを感じるのだった。そしてそれは、悲劇への序章でもあった――。

「汚れたダイヤモンド」に投稿された感想・評価

ネムル

ネムルの感想・評価

4.2
こうした硬質のフィルム・ノワールをいまやるっていうのは、余程のセンスと趣味が無ければやれまいな。シンプルでドライな見せ方と、時おり流れる音楽のウェットな雰囲気がメルヴィルに先祖帰りする。

ダイヤへのフェティシズムというより、そこに執着する眼球へのフェティシズムと、行って帰ってくるビルドゥングス・ロマン風のオチが良い。
ベタなノワール映画のような気もするけど...
個人的には面白かった...
櫻

櫻の感想・評価

-
何と言っても冒頭の悲劇からの回る円盤、印象的なクレジット、見開かれた瞳へのシークエンスが非常に格好良くて秀悦。ニールス・シュネデールはじめ俳優たちのダンディズム漂う佇まいに魅せられながら進む物語。仲間を裏切り、ウルマン家の伝統を守ったピエールは裏切り者であり、英雄。終盤の絞り出した本心の欲求と自らの言動に苦悩するピエールの表情にやられた。
善か悪か、英雄か裏切り者かの問いに白か黒か付けることが大切ではないと思う。ピエールの絞り出した渇望への賛否はあるだろう。人生そのものが必ずしもはっきりとした境遇、決断のもとにあることかと言えばそうではない。人間としてのどちらでもなさ、だからこその苦悩を終盤のピエールから感じた。
kyuta

kyutaの感想・評価

3.9
オープニングシークエンスが良く、期待度を高める。血にまみれた犯罪ものか?と思いきや意外と淡々と人間ドラマを描いていく。だが、時折ハッとさせられるシーンが登場する。公園の鳩のシーンとか… 目のクローズアップの美しいシーンとか…

ダイヤ業界について、全くの無知だったので興味深い内容で引き込まれてしまった。

主人公がパリからアントワープへ向かう電車のシーンと全く同じカットが後半出てくるのだが、主人公に感情移入したのか、全く違った景色に見えた。これも、監督の意図であろう。

ツッコミどころはいくつかあるが、荒々しくカッコいい映画!
これから追いかけていきたい監督が誕生!
tea

teaの感想・評価

3.8
正義が勝って悪人が罰せられるというはっきりした展開にならないお陰で、ラストにどういう展開になるのか全く読めなかった。終始こちらの予測が裏切られる見応えのある作品だった。

主人公含めて、人間ははっきりとした白黒の判断のできないグレーな存在なのだと痛感させられた。濃淡の差こそあるが。
面白かった!!ずっとドキドキ!!飽きない!!
なんと見事なフィルム・ノワールか。ダイヤモンドと亡き父への復讐を核に、ドラマがぐるんとねじ曲がっていく。抑えられたトーンの演出のかっこよさ、伯父さんの心と主人公の哀しみ、すべてが終着していくラストへの展開の素晴らしいことよ!
2017.9.20@ユーロスペース
AS

ASの感想・評価

4.0
今後が楽しみな監督が現れた
>|