ハムレット・ゴーズ・ビジネスの作品情報・感想・評価

ハムレット・ゴーズ・ビジネス1987年製作の映画)

HAMLET GOES BUSINESS

製作国:

上映時間:86分

ジャンル:

3.6

「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」に投稿された感想・評価

最近の作品ほど深みはないけれど、
カウリスマキワールド満載ですね。

まだまだ見るぞ、カウリスマキ作品。
映画男

映画男の感想・評価

3.5
アキカウリスマキ映画は、けっこうカンタンに人が死んでいくけど、どれも死に方がいいんですわ。ユーモラスで何より品がある。
シェイクスピアの古典『ハムレット』を近代の大企業に置き換えて描いたカウリスマキの初期作品。原作をわたしは知らないので、銃撃戦や戦闘シーンや登場人物がたくさん死ぬヘビーなストーリー展開に、なんか知ってるカウリスマキじゃない…と、半分戸惑いを感じながら観進める。だけど、至って真剣そのものなのにどこか間の抜けたキャラクターだったり、シリアスな会議場面で出てくるアヒルのオモチャだったり時折盛り込まれたシュールでユーモラスな演出がもう完全に知ってるカウリスマキだったので、わたしはめちゃめちゃ嬉しくてニコニコした。マッティはじめお馴染みのカウリスマキファミリーの安心感が凄まじい。笑

カウリスマキ、いつも色使いのセンスがずば抜けていいなあと思ってるんだけど、モノクロ映像も素晴らしい。陰影のコントラストの美しさったら。
がく

がくの感想・評価

3.8
初期・カウリスマキはアホpart2


主人公のハムレットには会社を継ぐ才能はないらしい。いや、アヒルのオモチャで会社を立て直そうとする他の奴らにも才能はないと思うが。

ハムレットを失脚させようとする奴らとの戦い。みんなアホ。あとハムレット強い。(肉体的に)
へい

へいの感想・評価

-
親父を毒殺された馬鹿息子ハムレット。
復讐の為、動き出す。
これぞ全員、悪者。

それぞれの人物が利己的に行動するが思うようにいかない不条理。
気づいた時にはもう遅い。

最後はびっくりする。
もう一度、最初の場面を見返してた。
双子は、不憫で仕方ない。
カウリスマキ版ハムレット。

やっぱりこの監督、人を殺すシーン上手い。入水自殺のシーンとかさすが。
BELARUS

BELARUSの感想・評価

4.5
Music:
Shostakovitsh, Tschaikovsky, Elmore James, Olavi Virta, Topi Sorsakoski & Agents, The Strangers, Georg Ots
【ヒルクライムも怯むくらい相思相愛】


これだけ多くの人が死にながら、
特別な感情が湧きません。


アクション映画ならまだしも、
この手の悲劇にしては響きません。


はみ出し者ハムレット、
その末路は因果応報です。


オフェリアが、
お風呂に入りゃ悲劇が起きます。


それでも
ハムレットとオフェリア、
二人は相思相愛。
この気持ちはどうしようもない。
dude

dudeの感想・評価

3.6
幽霊が廊下を歩くところめちゃ良い。とはいえ初カウリスマキだからか色々と困惑させられた。何となくノリは分かった気がするので他の作品もぼちぼち観ていきたい。
音楽のチョイス 音楽を入れるタイミングがいつもと明らかに違うし、何より本作のみ登場人物がお金持ちなんだね

それでも相変わらず コメディは笑えます 特に殺人シーンのアンプとか笑

あとモノクロとしての味わい深さがあります
カウリスマキに出会って初めてモノクロの良さがわかりました
>|