テトロ 過去を殺した男の作品情報・感想・評価

「テトロ 過去を殺した男」に投稿された感想・評価

ろみ

ろみの感想・評価

3.8
アルゼンチンが舞台のモノクロ撮影(回想シーンはカラー)で、昔のヨーロッパ映画のよう
モノクロならではの光と影の使い方が美しい
ずっとハグをされてもし返さなかったベニーの最後のハグ、病室のシーンが好き
にやにやフニャフニャした18歳のベニーを演じたオールデンがよかった
モノクロで、ブエノスアイレスが舞台のせいか、古いヨーロッパ映画みたいなナイストーン。ギャロもいいんだが弟役の新人が若き日のデュカプリオみたいでかっこ良く、見飽きない。「衝撃的なラスト」と銘打ってこうゆうオチの作品が増えた気が…。
abekoh

abekohの感想・評価

3.3
ちと鼻に付くけど、ビンセント・ギャロの格好良さが正義か。カットバック部分がカラーなのはジョニーは戦場へ行ったのオマージュかな
SHIN

SHINの感想・評価

3.9
コッポラ監督の兄弟愛は本当に泣ける。

それを最後の言葉で全て崩す。
本を書く才能がある兄貴だが、その元となっているのは、昔のある生活のことであった。弟は小さい頃に兄弟、家族と別れてしまい現実を知らない。
兄が残した手紙を頼りに、ふたたび再開するが、そこには手紙をくれた兄ではなく、テトロという違う名を名乗る兄がいた。

その理由とは、弟が兄に対して行動する事で、展開がどんどん変わっていく。兄と弟の関係は?そして、ほんとうにそれは兄なのか?白黒の使い方、カラーの使い方ランブルフィッシュの後みるとさらにうまいなぁと思わされる。
エイジ

エイジの感想・評価

3.7
タイトルのイメージだけで観たら、全然違う内容の映画だった(笑)

淡々としてて、前半はあんまり引き込まれ感ないな〜って思ってたけど、後半は一気に持っていかれた(^o^)/


コッポラ、やっぱり好きです。


家族の難しさ…
競争心、光(脚光)に惑わされ…


自身の投影でもあるのかな?


いい映画でした。
gakio

gakioの感想・評価

3.5
数年前に映画館で見て、題名を忘れていてもう探せない気がしていたけどこのアプリのおかげで探し出せました。

モノクロの中で時々カラーになるという色の使い方がすごく印象的だったのと、タバコを差し出すシーンがとても好きだった。
コッポラ監督の中期傑作群と渡り合える後期の傑作。
素晴らしい作品の割りにレビューが少ないので上げておきます。
コッポラほどファミリーのリアルを題材にして上手に演出する監督はいないような気がします。
騙されたと思ってご覧になってみて下さい☆彡
ミツヒ

ミツヒの感想・評価

3.0
テトロの家に「狩人の夜」のカットが額に入れられ飾られていて、この作品もモノクロの画が綺麗だった
傑作。ゴッドファーザーを思いおこさせる家族の映画ですた。劇場で見たかった。文学祭の裏側でのシーン、祭りの裏側を撮るのは、ゴッドファーザーpart1の冒頭の結婚式、part2の屋根の上のシーンを思い出す。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2017.4.21 DVD

色々盛り込み過ぎな気もするが、古典的なオイディプス王の「親殺し」の立場を逆転させることによって最終的には『地獄の黙示録』へと持っていくコッポラの執念みたいなものは凄まじいし、近年の作品常連のミハイ・マライメア・Jrのカメラが捉えるモノクロの光や滑らかな陰影も美しい。
>|