ティーン・ウルフの作品情報・感想・評価

「ティーン・ウルフ」に投稿された感想・評価

KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.0
人狼と学園青春を攪拌した画期的な映画で主演のBTTFシリーズのマイケル・J・フォックスが等身大で青臭く、THE80年代の雰囲気が好きなテイストだった。MJFは身のこなしが軽すぎるな。小柄だが運動神経良くて羨ましい奴。
lovelyn

lovelynの感想・評価

-
ハイスクール・ラブコメ♪
‘85の26位
スリラーの影響か、狼男に変身するのだが、変身した狼男姿がちゃちい(> <)のだが、時代が時代なので仕方ないのかな?
小さい時にテレビで姉と観たなぁ〜、これ。
覚えてたストーリーと、ちょっと違った。やっぱりどこかで良いように思いでは書き換えるのよね。

つーことで、楽しかった!懐かしかった!
コレはコンプレックスを強みに変えて、強くなりすぎて調子に乗って、さあ、どうなる⁈っていうストーリー。案外ありそうでないんじゃない?
だけど、マイケルのかっこよさとかバスケシーンとか青春ラブラブシーンを盛り込みすぎて、ストーリーが薄くなってる感じがアレですな。すストーリーを重視したら、結構な大作にもなりそうだよね〜。

トイレのドアを開けたらお父さんも狼男だったシーン、小さい時すきだったなぁ〜。
ストーリーは先の読みやすい、ありがちな感じ だから安心して観れた。
狼になるシーンが凄い!カメラの技術?で少しずつ少しずつ狼になっていくとこが感動した!CGは珍しくもないし、次のシーンでもう狼になってますーでもなく

とりあえず若きマイケルJフォックスで満足❤︎
あと、廊下びしょびしょ過ぎて滑りすぎて
【 想定外のラストシーンに思わず涙「ティーン・ウルフ」】

最初は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」公開後のマイケル・J・フォックスの人気にあやかったB級映画かと思っていた。(実際は本作の撮影がバック・トゥ・ザ・フューチャーより先らしい)

前半は予想通り、オオカミ男になった主人公が学園で調子こいてるB級コメディー。
ところが、後半、主人公がいろいろ改心して、ラストはオオカミ男への変身を封印して、ガチのバスケットボール映画に変身。
バスケを映画で演出するのって結構大変かと思うのですが、本作はその点を見事にクリア。
ラストシーンの大円団に思わず涙。
一度、騙されたと思って観てください。

やっぱり、マイケルの軽快な演技は最高である。
wkbkk

wkbkkの感想・評価

3.3
ご都合主義の80's青春ムービー。狼になる理由雑すぎて笑ったけど、高校生×バスケはズルイね。好きになってしまう(笑)この時代のファッション、街並み、音楽がやっぱり好き。
粉雪

粉雪の感想・評価

3.0
マイケルが人気者の頃。懐かしい。見ましたね。気楽に楽しめる映画でした。
ふるち

ふるちの感想・評価

3.4
マイケルJフォックスを一躍スターにした作品の1つ。主人公が突然狼男の能力に目覚めて人気者になっていくがという話。普通、狼男の話といえば血生臭いホラーな話に発展するが、そんなホラー要素は全くなくバスケットボールをメインにした青春コメディ。クライマックスはすこし感動してしまう、なかなかの良作。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「ティーン・ウルフ」‬
‪誰もが知るBTTFのM.J.フォックスが主演の狼男による学園青春映画で正に80年代は空前の狼ブーム…ハウリングやウルフェン等様々な設定で描かれて来たが本作は怪談色無く風変わりな学園喜劇でお調子者キャラや恋の行方、また狼が憧れの的と言う設定や音楽が最高で大好きな映画だ!‬
Hirotada

Hirotadaの感想・評価

3.0
全体的に青春映画。と、見せかけてマイケル・J・フォックス演じる主人公が狼男に変身する物語。こういうブッ飛んだ設定好きだな、、、でも、狼男というよりは「猿の惑星」に出てきそうなルックスだったけど(笑) 
>|