ティーン・ウルフの作品情報・感想・評価

「ティーン・ウルフ」に投稿された感想・評価

1989年4月3日、鑑賞。

可もなく不可もなく、普通に楽しめるコメディタッチの映画。

マイケル・J・フォックスがバスケット部員であるが、突然狼になって勝利をもたらす。確か、狼になるとジャンプ力が凄くなって、超人的活躍する場面があった記憶あり。
ワン

ワンの感想・評価

2.0
平凡な高校生のスコット(マイケル・J・フォックス)がある日突然、狼男に変身してしまい学園中の人気者になるコメディ。

スコットがバスケの試合中に狼男に変身しても周囲はパニックにはならずプレーは続行。マスコミが押し掛けたり軍の実験台にもされずあくまで学園の中だけにとどまっています。

人気者になってからは狼男のままで生活するようになったスコット。それなりに悩みはあるようですがかなり能天気。今だったらダークな展開になりそうだけどね。噛まれたらどうにかなっちゃうホラー映画の狼男の要素はありません。
KENTS

KENTSの感想・評価

3.0
オオカミ男というより、猿系に近い。
というより、ウーキーに近い☆

後半のダンスパーティーのシーンで白スーツで登場したウルフは、今観るとGTAVのカスタムキャラに見えるww

これはオオカミ男の話ではなく、バスケ部の話。
久深

久深の感想・評価

4.4
マイケルJフォックス好きのための青春映画すぎる〜。こんなおいしい映画をよくつくってくださった〜。
お話はふつう!ただいろんな顔の若かりしマイケルJフォックスをみて楽しむには最高。しかしながら80年代の音楽とか、並んでるロッカーの感じとかふつうの街並みとかよかった。うらやましいなー80年代のアメリカのスクールライフ。あとスタイラスだっけ?友達のいいキャラも出てくるしパメラといういかにもな女の子も出てくるしよかった。
もっかいみよっと。
久保田

久保田の感想・評価

3.2
マイケル・J・フォックスの魅力を味わう映画

話自体はティーンエイジャーの毛深い悩みが狼男として表現されてるんじゃないか位のライトなもの
マイケルのフットワークの軽さで明るい青春を描かれている
これ大好きだったんですよ~♪
マイケル・J・フォックスの作品と言えば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が先に思い浮かぶでしょうけど此方の作品も僕の中ではマイケルのベストヒット作ですね!



高校でバスケットボールに汗を流すスコット(マイケル・J・フォックス)も思春期を向かえ体に異変が。
毛深くなり…んっ…毛深くなり過ぎじゃね~!!
そう彼は興奮するとホルモンバランスが崩れ狼男にっ!
パパに相談したら家の家系だからってw

最初は変身を隠していたスコットも狼男に変わると超人的なパワーが出せるのを良いことに狼のままバスケットの試合に出場して大活躍!
そして学園のヒーローにっ
高校のアイドル、パメラとも良い関係になるのだが…

マイケルはこんな青春学園コメディが似合う♪

あーーーっ観たい!
もう一度観たいけど古くて近所のTSUTAYAやGEOには無さそうだな~( ´△`)
kaz

kazの感想・評価

2.9
当時マイケル・J・フォックス好きでパンフレット握りしめて帰ったが。
内容はいたってフツー。マイケル・J・フォックスの魅力で成り立ってる映画やね
マイケルjフォックス目当てで
観てみたけど
なんか、全てが綺麗な話ww
キャラとかもしっかりしてるし
BTTF以外はダメみたいな
感じあるけどマイケルjフォックスは
どの作品見てもいい!!
マーティー色強いけど
観てて面白かった!!
pumi

pumiの感想・評価

3.2
わかりやすい。
マイケル目当てでレンタル

パパもオオカミだって分かった時わらた
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.0
マイケルJフォックスだ。撮影時期もbttfと同じでとてもかっこよくて好き
>|