禅と骨の作品情報・感想・評価

禅と骨2016年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

京都嵐山・天龍寺。世界遺産にも登録されているこの名刹に、一風変わった禅僧がいた。名はヘンリ・ミトワ。1918年、横浜でアメリカ人の父と新橋の芸者だった母の間に生まれた日系アメリカ人である。1940年、単身渡米。戦時中は敵性外国人として、日系人強制収容所で過ごした。戦後、ロサンゼルスで幸せな家庭を築き、1961年、帰国。時代の波に翻弄されながらも、日本文化をこよなく愛し、茶道・陶芸・文筆にも優れた…

京都嵐山・天龍寺。世界遺産にも登録されているこの名刹に、一風変わった禅僧がいた。名はヘンリ・ミトワ。1918年、横浜でアメリカ人の父と新橋の芸者だった母の間に生まれた日系アメリカ人である。1940年、単身渡米。戦時中は敵性外国人として、日系人強制収容所で過ごした。戦後、ロサンゼルスで幸せな家庭を築き、1961年、帰国。時代の波に翻弄されながらも、日本文化をこよなく愛し、茶道・陶芸・文筆にも優れた才能を発揮したヘンリは、古都の多彩な文化人や財界人に囲まれ、悠々自適の晩年を楽しむ…はずだった。「“赤い靴”をモチーフにした映画を作りたい!」、80歳を目前に突如、追い求めた夢によって、家族や周辺の人々を巻き込み、彼が築き上げてきた“青い目の文化人”という地位から大きく逸脱していく…。

「禅と骨」に投稿された感想・評価

moco67

moco67の感想・評価

3.9
ヘンリミトワ氏の人生の軌跡。彼自身にフォーカスされた話は、当時の時代背景もわかりドキュメントとして見応えもあった。

ヘンリミトワ氏はもちろん、また彼に惹かれた監督や周囲の人々がみなとても魅力的な人物だったけれど、ミトワ氏の家族は大変だっただろうなという思いやご苦労が映像の隙間からも伝わってきた。
主題が少し取っ散らかった。ほぼドキュメンタリーなので、仕方がないが。
naomings

naomingsの感想・評価

3.0
物凄く魅力的なヘンリさん。興味深い生き様に、エピソードに圧倒される。この映画でこの人の事を知る事が出来て本当に良かったと思えた。
ただ、それだけ魅力的な人だからか作り手もかなり思い入れがあるようで要らないかも?と思うようなシーンも詰め込めるだけ詰め込んであり、いい素材に濃過ぎる味をつけて料理し過ぎた感あり。
知りたい事、堪能したい部分を自分で取捨選択しながら観る事が必要かも。
Fukui

Fukuiの感想・評価

3.7
禅を説かれるわけでなく、ただ有様を見た気がする。
この1年でドキュメンタリー映画というジャンルの印象が変わったがこの作品が決定打になったと後に語ってみたい。
あと家系図というものに俄然興味が湧いた。

監督の話も聞けたし、万々歳である!
panpie

panpieの感想・評価

3.8
インパクトあるポスターでそれを見た途端釘付けになった。
あの「ヨコハマメリー」の中村高寛監督の11年振りの新作だそうだ。
一日一回一週間しか上映されずたまたま行けそうな日は雪が降りしきっていた。
でも強烈に観たくて何かに引っ張られるようにして観に行く事にした。

とても不思議な映画だった。
ヘンリ・ミトワ。
アメリカ人の父と芸者だった日本人の母の間に1918年横浜に生まれる。
ハーフでありながら54歳の時京都の天龍寺の禅僧になる。
家系図を調べ上げ「未来に興味はない。僕は過去にしか興味を持てない。」と言いきる。
お坊さん仲間からは型破りではあるがある意味仙人のような人と言われていた。
そして童謡「赤い靴」を映画化したいという夢を持っていた。
ヘンリ・ミトワ。
貴方は何者?

ミトワという名前に日本人の名字にしては変だし普通のアメリカ人でも聞きなれない名前なので調べてみたら父親はドイツ系アメリカ人だった。
今でこそハーフだともてはやされるけど戦争の時代には日本ではスパイ扱いされ父に会いたくて渡ったアメリカでは日系人の強制収容所に入れられなかなか市民権を得られなかった不遇の過去を持つ。
強制収容所でサチコさんと出会い結婚、3人の子供に恵まれる。
戦後単身帰国して茶道・陶芸を学び著書も何冊か出版しマルチな才能を発揮、家族をアメリカから日本に呼び寄せその後僧侶となる。

アメリカに渡る以前をウェンツ瑛士がヘンリ役、母親に余貴美子、職場の上司に佐野史郎、永瀬正敏などが演じドラマ仕立てにしている。
ウェンツ瑛士が意外にもヘンリ役を熱演していてあのハーフ顔がぴったりだった。
この辺りから変わったドキュメンタリー映画だなという感想。
でも悪くなかった。

その後ヘンリの兄、妻、娘二人も出演したが家族とはあまりうまくいってない様子が見て取れる。
特に末娘の静さんが酔った勢いで思いっきりヘンリの頰を張るシーンがあり目を見張った。
彼女は随所で日本になんか来たくなかったのに無理矢理連れた来られたらしい事を口にする。
静さんはとても心を病んでいる様に見えた。

体調を崩して入院するが病名などは伏せられており退院してから撮影を拒否したり言動がおかしくなった。
明らかに顔色も悪く具合が悪そうであんなに饒舌だったお喋りを封印してしまう。
その後93歳で亡くなる。
退院後から作品の空気感がガラッと変わった印象。
思うに監督は中盤までは「ヨコハマメリー」の様な作品にするつもりだったのではないか。
ヘンリのプライドだったのか死期が迫っている事を悟ったからなのか突然非協力的になりかなり撮影は困難な状況だったろう。
でもそこもカメラは回っておりヘンリの意固地になっている様子も描かれていた。
まるで二重人格の様。
39年も僧侶をやっていても死期を悟るとあるいは病に伏すと人は変わるのかもしれない。

亡くなってからお葬式、納骨まで撮影し仏壇に置いてあった父・祖父・叔父等の親族の遺灰を一緒に納骨するシーンは興味深かった。
長女の京子さんは自分が生まれたアメリカの強制収容所跡地や昔住んでいた家を探してアメリカ在住のヘンリの兄と共に訪れるシーンも興味深かった。
何度も転居を繰り返していたそうだ。

ヘンリが生前から撮りたかった「赤い靴」の短編アニメーションが出来てヘンリが亡くなってから家族が試写に来て観ているシーンがある。
何故「赤い靴」の童謡に魅せられたのかその辺りがあまり丁寧に描かれてなかった様に思う。
アメリカ人と日本人の二つの国を故郷に持つヘンリ・ミトワが日本人よりももっと純粋に日本人として日本の文化、宗教に興味を持ち極めたかったのか。
〝異人さんに連れられて行っちゃった〟女の子に〝連れられて〟ではないが自己投影したのだろうか。


プロデューサーに林海象とあった。
私がまだ若かった頃林海象の監督一作目の「夢見るように眠りたい」というモノクロサイレント映画観てえらくハマった。
その後永瀬正敏主演の「私立探偵 濱マイク」も観たが私の中で「夢見るように眠りたい」は存在が大きくて今作を見ようと決めたのも「ヨコハマメリー」が素晴らしかったのは勿論だが林海象がプロデュースしている事は大きい。
その時に出演した佐野史郎だったり「濱マイク」で主演だった永瀬正敏は林海象がプロデュースしていたからこその友情出演だったのかもしれない。
ウェンツ瑛士が出ていたドラマパートは林海象の力が大きかったのかもしれない。
機会があればまた観たい。

新しい試みも面白く伝わったがヘンリ・ミトワの半生を描いた普通のドキュメンタリーを正直観てみたかった。
戦中戦後の動乱の時代に二つの故郷を持つヘンリ・ミトワの生き難かった人生を彼の生の声で聞きたかった。
面白かったが奇をてらってごった煮風な作風は前作を超えなかった。


私がフィルマを始めてから一年が経ちました。
やっと一年されどあっという間の濃い映画漬けの一年でした。
仕事に追われ朝から晩ご飯を作る生活を送り続けてきましたが娘の小さい頃一時期映画から離れて生活している時期もありました。
そのブランクを埋める様に今一生懸命に映画を観て体に吸収しているところです。
人生経験はまだまだですが映画の捉え方が〝面白かったか面白くなかったか〟でしか観られなかった若かった頃よりは少しは視野も広がり単に歳をとっただけなのかもしれませんが共感できなくとも大分受け止められる様になってきたと思います。
1年間お付き合いしてくださりフォローいただいている方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします。m(_ _)m
ちえ

ちえの感想・評価

4.0
人1人の一生とはおもしろいものだなー。死ぬ間際まで変わらない人というのはいるのかしら。
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.8
Mixed な彼の伝記映画なのでインタビューに再現ドラマそしてリアリティーショーさらにホームムービーまでを駆使しても、解脱できない四苦八苦。
dita

ditaの感想・評価

3.5
@第七藝術劇場
エナジー250%。家族と血と生と欲と、そして後悔とどう向き合うかを見せつけられた。ヘンリさんはたぶん250年生きたとしてもまだまだやりたいことがあったんやろう。ほんの少しだけ某みちのくの英雄みたいやなと思ったけど一緒にすんなって怒られそうやからやめとこ。
どうしても娘目線で観てしまうので、面倒臭い親父やなぁ自分やったら絶対嫌やわと思ってしまう部分もたくさんあった。ただ、自身と家族の関係に重ねた時に静さんのとある一言に胸を掻き毟られて、帰り道でチャリ漕ぎながら涙止まらず。最近泣いてばっか。後悔先に立たずやでわたし!
i

iの感想・評価

-
禅僧としてではなく“人”ヘンリミトワの足跡を辿る話。静寂ともほど遠いロックな人。プレイボーイでLoveが好き。母から受けた沢山の愛情。戦時中は2つの母国の狭間で打ちひしがれながらも希望、願望は捨てない。留まることをせずまた何処かへ進み続ける。引くぐらい口が悪いし消して性格が良いわけでもない。でも愛らしい人。

自分が築き上げてきた家族や母と父が築き上げた家族。確執や後悔は誰でもあって、恨みたいくらいの腹立たしさも 許したくないのに無条件で愛してしまっていて 家系図にもお父さんの愛人まで入れる だって父が愛した人だからって… 母への愛情と感謝は特に凄かった。ほんと骨まで愛している感じ
人生の小説があるとするならば、ページの内容の濃さも厚さも物凄い
何気ないシーンや言葉にいろんな意味が込められている様な気がして、家族の風景や会話も...それぞれの心情を探ってしまう

エンディングに横山剣さんの歌声が渋くて良かった

人は見た目だけでは分からない 想像も出来ないほどの生き方をしてる
とっ散らかった人生をぎゅっとまるめた感じ。個性の強い家族が強い絆で波乱万丈な荒波を乗り越えるのかと思ってたらふつうに喧嘩してるし、そんなに仲がよい訳でもないし、人が生きてるようすは興味深いでした。
>|