家族はつらいよ2の作品情報・感想・評価

家族はつらいよ22017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

平田周造(橋爪功)と妻の富子(吉行和子)との離婚騒動から数年―。 周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから、高齢者の 危険運転を心配した長男夫婦(西村雅彦・夏川結衣)は、運転免許を返上させることを画策する。 しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!?嫌な役回りを兄妹夫婦(中嶋朋子・林家正蔵/妻夫木聡・ 蒼井優)でなすりつけ合ううちに、周…

平田周造(橋爪功)と妻の富子(吉行和子)との離婚騒動から数年―。 周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから、高齢者の 危険運転を心配した長男夫婦(西村雅彦・夏川結衣)は、運転免許を返上させることを画策する。 しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!?嫌な役回りを兄妹夫婦(中嶋朋子・林家正蔵/妻夫木聡・ 蒼井優)でなすりつけ合ううちに、周造は意地でも運転を止めようとせず、平田家はまたもや不穏な空気に包まれていく―。 そんなある日、周造は居酒屋女将のかよ(風吹ジュン)とドライブ中に、故郷広島の同級生・丸田(小林稔侍)と偶然出くわす。かよの店で四十数年ぶりに酒を酌み交わしたその夜、周造が丸田を自宅に泊めたことから、平田家にはさらなる騒動が襲いかかることに!なんと、翌朝目覚めてみると、丸田が息を引き取っていたのだ!平穏な住宅街はまたたく間にサイレンとパトランプの喧騒に包まれて、救急隊は来る、警察は来る、そして鰻屋は来るわで、てんやわんやの大騒ぎに!!果たして平田家は再び平穏な日常を取り戻すことができるのか?

「家族はつらいよ2」に投稿された感想・評価

前作の方がすきやけど、真面目なシーンでボケをいれてくるあたりは変わりない。ほっこりあったかいストーリーも家族っていいなと思えるところも変わりない。
特上うな重がたべたくなるな〜
ちょい役の鶴瓶と劇団ひとり。
TaiSef

TaiSefの感想・評価

3.2
サークル活動の一環として観た

綺麗な喜劇って感じ
ノリが新喜劇みたいで、誰が観てもわかりやすいように綺麗に話して、しっかり言葉で全てを説明するような構成になってた
でもそこが裏目に出たように感じて、なーんか家族が綺麗すぎて、お話って感じで映画ではないかなって

ほんとに新喜劇って感じ
さきこ

さきこの感想・評価

3.8
あったかい茶番

風吹ジュン美しくてかわいくてあんな年の取り方して〜〜〜〜〜
mick

mickの感想・評価

4.2
横尾忠則さんが手掛けたタイトルバックが昔っぽくもあり、一周回って今っぽくもありカッコいい。

前作に続き、平田家のドタバタ劇のなかで家族の面白さや温かさが軽快なタッチで描かれている。

コミカルな中に、現代が抱える社会問題の風刺も入っていて、前作より深く人と人の繋がりについて考えさせられた。

何かある度にみんなが集まって家族会議。
凸凹な家族で怒りっぽい人はいれど、曲がった人は1人もいない。
平田家の人達、本当に好きだなぁ。

これからもずっと見ていたい家族。
3も期待してます!
ふゆ

ふゆの感想・評価

3.7
前回の方が好き。でも相変わらずな面白さ。一番しんみりしてしまいそうな所で盛大に笑いを盛り込んでくるところはさすが。笑いと問題提起のバランスが良く、笑いながらも考えさせられるいい映画でした。次回作も楽しみ
本日最後のレビュー(^-^)

実は私「男はつらいよ」も「釣りバカ日誌」も苦手なんです。。。
なぁんて書くと非難されそうですね。。。(^_^;)

この「家族はつらいよ」シリーズは痛快なテーマで、笑いも涙も自然に出てきちゃいます。

あれ?私、人情物大丈夫じゃん?

前作は、定年退職したお父さんが奥さんに離婚届を突きつけられるお話。

本作もリアルな社会問題を盛り込みつつも涙と笑いに溢れてる最高のお話。

今の時代にこんな大家族ってなかなかいないような気がするけど、家族っていーなぁと、ほろりとしちゃいます。

なんだかんだ、みんな文句を言っているけど、お父さんの存在や威厳て大事なんだなぁと感じさせられます。

これを観て、明日からまた頑張ろう〜と思ったけど。。。
ハッ!
2時じゃないですかっΣ(゚д゚lll)

おやすみなさいっ☆
鈴木維

鈴木維の感想・評価

4.3
前作に続いて、やはり良い。
笑いの中に、とても考えさせられるリアルな題材が組み込まれている。
平成に生きる昭和家族。
楽しい映画でした。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.8
【コメディの中にメッセージがある】80点
ーーーーーーーーー
監督:山田洋次
製作国:日本
ジャンル:コメディ
収録時間:113分
ーーーーーーーーー
流石の面白さ。1と同等くらいの安定感がありました。そして1以上に、ひょろっと現代日本の社会問題についても言及しています。豊かな国であるはずの日本。しかし、裏返すと寂しい国でもあるのです。

離婚問題を何とか切り抜けた平田家。いつものように周造はマイカーを運転して出掛けていた。ところが彼の車には夥しいほどの傷跡が残っていたのだが。。

いわゆる高齢者の車運転問題です。この周造は典型的なガンコ親父であるため、車に傷をいくらつけようが運転をやめません。それを心配する家族。1の離婚問題と同様に今作ではこの問題について、家族が口論をしていきます。いやはや確かに洒落にならない話。いまや高速道路を逆走する高齢者の車もあるくらいですからこれは社会問題であります。事故を起こしてからでは遅い。家族の気持ちも十分にわかります。しかし、周造は諦めません。このくだらない口論が面白い。全体的にコメディ仕上がりですが安心して観れる面白さであります。

ただ、後半から少し違う展開になっていきます。僕は、この免許問題は表上のテーマであり、今作が伝えたかったメッセージは後半のあの部分にあるのではないかと感じました。善良で真面目な人間が損をする国。失業してもろくに手当をもらえない。そりゃあ発展途上国と比べれば何倍もマシかもしれませんが、こういう先進国でこのようなことが起こっているのが実に悲しい現実であります。なぜなら、必然的にマイノリティになってしまうからです。発展途上国といえど、苦しい生活をしていても幸せな人もいます。何故なら家族に恵まれているから。。しかし、今作のあの人物は家族に恵まれていませんでした。そんな中でのこのタイトルですから何たる皮肉よ。

終盤は恐らく伊丹十三のあの作品を参考にしているのでしょう。悲しいシーンなのにどこかクスクス笑えてしまう。1と同様、なかなかのクオリティでありました。ガンコ親父を演じた橋爪功も良い意味で憎たらしかったです。3も来年に公開ということですから楽しみです。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
1よりも、家族の繋がりとか老いていく哀しさとか、2はけっこうハードなテーマにぶつかってた。
だけど、なんだかんだ言っても、一家の家長が偉そうにしている家族が平和っていうことなのかなー。
誰しもが年をとっていくけど、さほど心配しなくてもなんとかなっていくっつーことで。
きく

きくの感想・評価

5.0
憎たらしいおじいさん👴と家族と古い友人。終始クスクス笑ったけど、結構切ない場面も。日本の未来について考えてみる。
>|