家族はつらいよ2の作品情報・感想・評価

「家族はつらいよ2」に投稿された感想・評価

GoofyGrape

GoofyGrapeの感想・評価

4.2
前作同様笑えるが、それだけでなく今回は社会問題を描きかなり内容が深かった。とても良かったし、終盤の橋爪功のセリフはじーんとくる。
湯の花

湯の花の感想・評価

4.3
またまた面白かった!

大人の事情による出演者がいないので実力派ばかり
安心して見られます
みなみ

みなみの感想・評価

3.6
私の父もそうだったけど、自分が何かしらで死に直面すると急に素直で優しくなる。そこがすごくリアルでよかった。泣けた。1も好きだけど、2はそういう人間味が表現されていたのがよかった。そして、オープニングで山田洋次さんが飛ばされたり、横尾忠則さんがスーッと流れてきたのがおもしろかった。あと個人的には1にも2にも出ている鰻屋の徳永ゆうきが愛らしいキャラクターで好きです。
junko

junkoの感想・評価

3.1
まあ、安定の面白さだったのだけども
個人的にはパート1の方が笑えたかな。 (⌒▽⌒)

後、前作とは別人役でまたしても小林稔侍!
これはちょっとややこしいけど
ラスト、棺桶で銀杏破裂は想定内じゃよ。 (⌒▽⌒)
caiyi

caiyiの感想・評価

-
テーマは家族から地域社会に広がっていたけどそこがよかった個人的にはシリーズ3作の中でいちばんかも、大笑いしながら泣いた。鰻重と銀杏が食べたくなります。
せちお

せちおの感想・評価

3.4
相変わらずの素朴な家族、でもどこか現実味はない感じ。1よりもだいぶ悲しい話だったけど、コメディタッチで明るく観れたのはよかった。
1人で死ぬのそんなに可哀想かなぁと、そこはちょっと引っかかったけど、会話もセンスがよくて面白かったし、家族の面倒くささと良さがしっかり描かれててさすが山田洋次って感じの作品だった。
ラストのお葬式のシーンとても良かったな。私も常々みんなにクスッと笑ってもらって死にたいもんだと思ってるから。
Fuu

Fuuの感想・評価

3.3
1を見たと思ってたら東京家族と勘違い。
東京家族ほどではないが皆演技うまいのでそれなりに楽しめる。
悲劇の中にも喜劇を欠かさない、山田洋次監督のコメディ根性が素晴らしい。

さらに社会風刺。
高齢者の免許返納問題、孤独な高齢者、無縁社会、老老介護…

家族のあり方を考えさせられました。

核家族化、義理の家族とは距離を置きたがる今。
むしろ平田家のような三世代揃って仲良く暮らすような家族の方が珍しい。
しかし平田家のようにいつもみんな揃って、家を出ても高い頻度で顔を出せる、そういったあり方が健康的で理想的な家族の形の一つだなと思いました。


最後、なんだかんだで丸田さんを家族全員で見送るシーンに泣けました…
やま

やまの感想・評価

3.7
この映画見る前に祖母と話していて税金の話をしていたところ、今作の橋爪功さん演じるおじいちゃんと同じ事を言っていた。年寄りが何で毎月たくさん税金取られるんだとかいつまで働かなきゃいけないんだとか、ほとんど同じことを言ってて、今作監督は全国のじいちゃん、ばあちゃんを代表してそういったことを伝えたかったのかなと考えた。

今作の始まりはおじいちゃんの車の免許の話。家族は免許を取り上げようと頑張ろうとするわけだが、拒まれる。
この家族の喧嘩は正直前作も観てて思ったが羨ましい。喧嘩するほど仲がいいなんて言葉があるように素敵な家族のように思える。互いに互いを思い合ってる瞬間なんかもあるし。

しかし死んでしまったおじいちゃんの家族はどうか。連絡が取れなかったり、台湾にいるだとか、彼を一人ぼっちにさせてる。
孤独死するところだったのが、同窓会をきっかけに看取られて死ぬことが出来たけども。
この二人のおじいちゃんを比べると格差を感じてしまう。なんだか自分たちが幸せと気づいてるのか気づいてないのか、イライラしてばかりいる彼らの家族に少しムカついてくる。

おじいちゃんが蒼井優に怒るシーンと、お父さんが奥さんに怒るシーンがそっくりで家族を感じた。

ただの幸せな家族の喧嘩映画です。


残念なところは、流石にこのお父さんいくらなんでもバカすぎるところとか、死体の扱い方とか、劇団ひとりの存在とか観ててミスマッチというかイライラしてくるところがあったこと。
>|