家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:113分
    監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    橋爪功
    吉行和子
    西村雅彦
    夏川結衣
    中嶋朋子
    林家正蔵
    妻夫木聡
    蒼井優
    風吹ジュン
    小林稔侍
    劇団ひとり
    あらすじ
    平田周造(橋爪功)と妻の富子(吉行和子)との離婚騒動から数年―。 周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから、高齢者の 危険運転を心配した長男夫婦(西村雅彦・夏川結衣)は、運転免許を返上させることを画策する。 しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!?嫌な役回りを兄妹夫婦(中嶋朋子・林家正蔵/妻夫木聡・ 蒼井優)でなすりつけ合ううちに、周造は意地でも運転を止めようとせず、平田家はまたもや不穏な空気に包まれていく―。 そんなある日、周造は居酒屋女将のかよ(風吹ジュン)とドライブ中に、故郷広島の同級生・丸田(小林稔侍)と偶然出くわす。かよの店で四十数年ぶりに酒を酌み交わしたその夜、周造が丸田を自宅に泊めたことから、平田家にはさらなる騒動が襲いかかることに!なんと、翌朝目覚めてみると、丸田が息を引き取っていたのだ!平穏な住宅街はまたたく間にサイレンとパトランプの喧騒に包まれて、救急隊は来る、警察は来る、そして鰻屋は来るわで、てんやわんやの大騒ぎに!!果たして平田家は再び平穏な日常を取り戻すことができるのか?

    「家族はつらいよ2」に投稿された感想・レビュー

    けんさん
    けんさんの感想・レビュー
    8時間
    -
    平成29年(2017年)5月27日(土)
    とりとるけんじん
    とりとるけんじんの感想・レビュー
    3日
    3.8
    山田洋次監督の年齢だから、せつなくなりそうな家族が居ない死も辛くならずに、高齢者の自動車問題も自然に感じられ、笑いに変える事が出来るんだろうなと思います。
    出演者も年齢がたかいけど、みなさん、上手いなぁ〜と、絶妙な掛け合い!
    楽しい映画でした。
    ai1017322
    ai1017322の感想・レビュー
    5日
    3.8
    2017.5.15 試写会
    noobyoo
    noobyooの感想・レビュー
    5日
    4.0
    試写会にて観了。

    ブラックな笑いが炸裂。高齢者社会を巡る自動車免許証自主返納、孤独死などの本来笑ってはいけない題材を、これでもかと総動員する現代社会への皮肉の応酬。

    人の死をこれほど笑いに転化させる喜劇も珍しいし、ベテラン俳優陣からウ◯コと云う単語が台詞として何度も飛び出す滑稽さに降参です。

    あるシーンで橋爪功さんが絞り出す「死ぬまで働けというのかこの国は」と云う台詞に、85歳になられた山田洋次監督の思いが滲みます。

    前作に引き続き、さり気なく柴又ロケを挟み込む寅さん郷愁シーンにしみじみさせられたりもします。観客は当然ご高齢の方が多く皆さんよく笑っておられたのですが、本来身につまされる筈の謂わば自虐ネタに、大笑いしている現実が一番恐ろしかったです。
    サリー
    サリーの感想・レビュー
    5日
    3.5
    オンライン試写会にて

    さすが、山田洋次監督作品ですね。
    笑いあり 涙あり のバランスが、とても良かったです。喧嘩の絶えない家族だけれど、素敵でした。

    「東京家族」また観たくなりました。
    なお
    なおの感想・レビュー
    5日
    3.3
    2017.05.21(日)
    鼎
    の感想・レビュー
    6日
    3.2
    死ぬまで働かなければならないのだろうか。
    優しい奴から消えていく。
    税金はどうやって使っているのだろうか。
    KINO
    KINOの感想・レビュー
    6日
    4.0
    現代社会が抱える問題を、爆笑の中で見せてくれた。家族のありがたみもわかる。昭和感が漂う快作。
    norisuke
    norisukeの感想・レビュー
    2017/05/20
    4.0
    喜劇なので、たくさん笑ったが、身につまされることも多くて、たくさん涙した。高齢の親に運転をやめてほしい、という願いを共感する人は多いだろう。私もその一人だ。そして、身寄りのない下流老人の死は、誰しも自分はそうはならないとは言い切れず、考えさせられる。

    老いや死を笑うことは、不謹慎な気もするが、実際、おごそかであるべき場面に限って、滑稽な出来事が潜んでいたりする。だから、やや過剰に描いてはいるが、リアリティがある。

    年をとっても働かなくてはならない人は、どんどん増えるだろう。自分が汗水流して働いている時に、定年退職して悠々自適に楽しんでいる様子の高校時代の同級生に偶然出くわし、同情されて、励まされるなんて辛いだろうなぁと思ったが、旧友と酒を飲み交わす様子はとても楽しそうだ。

    家族に弔われない死は、憐れにも思えるが、偶然出会った平田家の人々に送られて、賑やかに、爆竹のような景気のいい音ともに旅立つ最期は悪くないなと思う。
    杉山くん
    杉山くんの感想・レビュー
    2017/05/20
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    面白かった。笑わせてもらいました。
    一見、重そうなテーマを喜劇に昇華させる山田洋次はさすがと言ったところですね。
    >|