おとうとの作品情報・感想・評価

「おとうと」に投稿された感想・評価

ざらめ

ざらめの感想・評価

2.5
だまされた、ジャケット見て。吉永小百合の、弟が、鶴瓶で蒼井優の、弟が加瀬亮かと勘違いしつつ観ますた。むしろ加瀬亮1番素敵なはまり役だわ。やめてくれ。とりあえず吉永小百合とゆー人は、
国民栄誉賞でいいかな。
shino

shinoの感想・評価

3.0
どこの家族にも一人は変わり者がいる。
まさにそのとおりだと思いました。

それでも家族。借金をしても酒に飲まれても、周りから白い目で見られてもおとうとを思う姉の優しさ、責任感が感じられました。
鶴瓶みたいな人、本当にどこにでもいそうと思わせる、そんな演技が素敵でした。

全体的になんだか棒読みのような演技だったのは、わざとなのでしょうか。。。?

このレビューはネタバレを含みます

鶴瓶すごいなあ。
何気に石田ゆり子の、最期を迎える人への関わり方が印象的。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.5
鶴瓶師匠の役作りと演技力が光る。

ほどほどの距離感が家族も大事だと思う。近くにいると嫌なとこばかり見えがちで、離れてみると1人の人間としてその人のあり方みたいなものが見えてきたりこなかったり。
鶴瓶以外のみんなの演技が下手くそで違和感を感じたのは、「〜だわっ」「〜よっ」とか昭和感のセリフがすごかったからなのか…。加瀬さんとかもっと演技上手なのにこれは下手に見えた…。吉永小百合も…。
でも物語は良かった。破天荒なおとうとを思う姉ちゃん。
risao

risaoの感想・評価

3.8
こんな弟めっちゃ嫌だけど、どんなに嫌な人でも弟。
当たり前だけど、どんな人でも家族がいて、みんなそりゃ寂しいよな…と。
鶴瓶うまかった。胃瘻で末期ガンなのにちょっとふくよかだなと思ったけど、相当な減量をしたそうな…最後の最後よかった。

にしても、久しぶりに会った家族が胃瘻状態になってたら大ショックだ。ご飯を楽しむことができないなんて、人間じゃないみたいで私はやっぱり嫌だな。
みどりのいえの人たちも、死に慣れてるのか判断が淡々としていて…そんなものなのかなとも思ったり。この人達が引き取ってくれたからこうして家族立ち会いのもと最後を迎えられたんだけどね。

それと吉永小百合の演技を初めてちゃんと見たけど…こんな感じなのね。後半慣れてきたけど、話し方が気になった。。あと、みどりのいえの職員はなぜみんな標準語なのか。

前半とか、ちょい役の人々がみんなキャラ濃くて、ところどころ笑えた。けど、色々しんみり考えた。良い映画でした。
taka

takaの感想・評価

4.0
どんなに切りたくても切れない縁が家族…
吉永小百合さん、人としての美しさがにじみ出てるなあ。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.5
最初は、母べえと同じやないかい!と思ったけど、後半になるに従って兄弟愛を感じはじめてなかなか良かった。ところで関西弁の弟と標準語の姉、みどりの家の従業員も標準語だったな~。不思議な現象だったりした。
おこげ

おこげの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

大学。
日曜映画?金ローで観たような。加瀬さんと優ちゃんのシーンはときめいたけど、やっぱり今の女の子は舌ぺろなんてなかなかやらないよ山田洋次監督…。でも山田監督は好きです。
ten47

ten47の感想・評価

3.8
日本が誇る役者ばかりで演技が本当に上手いっ思った
これは誰しもが共感できる親族や家族の嫌いだけどいないと寂しいと感じるものをよく表現できている
でも、大阪やのに何で全員関西人ちゃうねんって関西人からしたら違和感しかないのがマイナス
吉永小百合の親族にお金で迷惑かけられている役を見ていると母を思い出す…
>|