映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのネタバレレビュー・内容・結末

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

詩的な映画。
東京の片隅に小さく咲いた恋。
死は意外と身近にある。

言葉に頼りすぎると
退屈な女になっていく

『♪ワキ汗~』が耳に残ってしまい…。
スミマセン、ネタバレにしておきます。
石橋静河と池松壮亮が炸裂している作品だった。カラオケのシーンが大好き。あと外で一晩中待ってて、そのあと美香に招き上げてもらう時の慎二も良かった。美香と慎二の台詞回しが終始どこか不自然なのは、原作が詩だからなんだろうか。何か仰々しい舞台演劇を観ているみたい。そのせいで全編通して変な違和感があって、どうしても映画に入りこめない。内容もなんだか薄っぺらく感じた。それ以外は逆にすごく自然というか、演技っぽさがないのも不思議。映画としては正直そこまで面白くなかったけど、エネルギーに満ち満ちている感じはとても良いなと思った。
最後に部屋の中で咲いた花を2人が同時見て微笑むシーンはとても印象的でした。このため映画だったのかと安心しました。石橋静河さんはこの映画で初めて知りましたがとても存在感があって今後に期待できると思います。希望が見出せない日々の中で本当の幸せとは何か?死ととなり合わせの不安な日々。登場人物1人ひとりの姿が丁寧に表現されていると思います。最初は好きになれない人でも見ているうちに好きになっていきます。観終わって少しやさしくなれた気がします。
何か起きたら、募金しよう。
朝起きたらおはようって言おう。

最後のセリフは少しいいなって思った。
みんな孤独を抱えて、東京で生きている。
登場人物はみんな辛そうで、途中までキツイかなぁと思ったけど、最後はしっかり光が射すような終わり方で安心したなぁ。
青味のある都会の夜空に対して、真っ黒な田舎の夜空が印象的だった。

原作が詩だからか、独特のセリフ回しが印象的で、ここにとっつきにくさがあるかもしれない。
自分も最初は入っていけなさそうだなと思ったけど、徐々にこの空気感に慣れてきた。

しかし、やっぱり詩を原作に映画を作るってのは難しいのかなと思ったのが本当のところ。

「新聞記者」での悪役がハマりすぎてた田中哲司が、この作品で一貫して光要員のイメージの違う役どころでとても良かったな。
この映画の結論:
恋すればなんとなく解決したつもりになる、つもりになるだけ
恋してない、できない人々が見ることは意図してない映画

東京に住んでねーし、恋もその辺に落ちてない私には心底どうでもいいカス映画だった
アニメシーンも特におもんない

The MirrazのNew Wordはフル尺でかけて欲しかった
なんだか本当に理解しているかはわからないけど、1日1日を大事に生きようと思った
美香の「募金しよう 朝おはようと言って、ご飯のときはいただきます、ごちそうさまと言おう」(あやふや)が当たり前のことだけどすごく響いて、忘れないようにしたいと思った
池松壮亮の、カラオケでチェリー歌うシーンがとても愛おしくて良かった
2人は危うくて変わってるけど、絶対自分の中にある屁理屈な部分もあって、それを表現してる2人が凄かった
単調だけど、1シーン1シーン、しっかり見届けたい気になって、最後まで集中して見れた
とにかくご飯を食べるシーンがどれも美味しそうで、特に普通のご飯だったりレンチンだったり、何かわからないお菓子だったり、やすそうな唐揚げ弁当だったりなのに、全部が食べたいって思った
音の力か、俳優の力か、演出力か
ご飯食べるシーンが印象に残る映画とかドラマって好きかもしれない
石橋静香の声が良い
表情もすごくうまい
立ち振る舞いも性格を現してて、演技なのか自然体なのかわからなくなるからすごい
池松壮亮の独特な空気感とか脱力感、勢いはどうやって作り上げてきたんだろう
池松壮亮しか演じれないって思っちゃう
男からみるとかまってちゃんに辟易とするが、間違いなく息苦しい中で、最後前を向けるエンディングはいいなと思った。
映像の色調にこだわったのがわかる。夜空は青。酒場は赤。暗闇。
セリフが山田太一調かと思ったら、原作は現代詩だとか。
説明セリフと映像が多くて、まさに、凡庸にさせてる気がするんだけど。
アンドレスの現場のデカビタ。泣ける。
やっぱりセクシー、プロレタリア池松壮亮。
サムネでずっと蒼井優だと思い込んでたけど違った。
詩集のように結論はない。日常の中の悲喜交々、出会い、別れ、恋、愛、生きること、死ぬこと、捨てられること、友達、職場の人、マンションの隣人、通り過ぎていく人、東京。何が起こるかわからないし言葉にならない何かを抱えながら生きている人が、すれ違いながら交わりあいながら世界は動いている。
>|