ストレンジャーズ6の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ストレンジャーズ6」に投稿された感想・評価

yoichiro

yoichiroの感想・評価

3.6
11月21日 DVDで観賞

ジョン・ヒューストンが監督した、1930年代の独裁政権下のキューバを舞台にしたサスペンス。爆弾テロによって、独裁者を葬り去ろうとする反体制組織のメンバー達が墓地の地下に爆弾を仕掛ける穴を掘る過程に発生する陰鬱な人間模様を描き、結果として政変が発生するがメンバーは全滅するというもの悲しい結末を迎える。
労働者、知識人など様々な出自のメンバーが集まったために軋轢が生まれる。港湾労働者は終始飄々としているが、支配層出身の知識人は暗殺対象に知人がいることで精神を病み、計画が頓挫しかけるという展開が生々しい。
公開当時、アメリカでも賛否両論だったらしく、長らく日本でも未公開だったのは、舞台の政治的な微妙さや、この鬱展開が理由だろうか。
pier

pierの感想・評価

3.4
ラスト地下道から脱出するのかと思ったけど違いました。
歴史的な事はよく知らないけど、計画に沿って実行していく様子はスリル満点です。
skip

skipの感想・評価

-
独裁打倒を誓い集った見ず知らずの者たちの物語。秘密裏の工作または計画だけあってスリリングな展開。ロマンスあり銃撃戦ありだし設定もキューバと魅力が詰まる。見ず知らずだけに狂気の様をもっと見ていたくなったが恋愛物語。