日本海大海戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本海大海戦」に投稿された感想・評価

Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

3.8
WOWOWの特集を録画視聴
初見

本作品は初めて見たが、単純な日本海海戦モノでなく、本格的特撮と戦争モノをミックスした面白い試みでつくられた映画だと思う

薩長の藩閥がかなり強く残っており、薩摩藩出身の軍人同士が思いっきり薩摩弁で話しているところがリアルだった

三船敏郎演じる東郷元帥の英雄化が相当強くなされており、ロシア側もキャストの良し悪しはよくわからないが、ライバルとしてしっかりとした目線で描かれていた

笠智衆演じる乃木希典、多分こんな感じの普通のおじさんだったのではなかろうかと思えるほど

驚いたのは、「日本のいちばん長い日」でノンクレジットで昭和天皇を演じていた先代松本幸四郎がはっきりと顔出しで明治天皇を演じていたところ

仲代達也の明石源二郎大佐も怪しい感じが出ていてとてもよかった

戦闘が終わった後、敵将を救護する武士道精神も美化されすぎなのかもしれないが、近代戦争においては失わたものがそこにあった

太平洋戦争後の日本でも海軍は、欧米にリスペクトされていたため、戦犯でも重罪になった人はおらず、またソ連の勃興に対抗する必要などから、日露戦争の英雄は否定されてこなかったため、東郷神社も乃木神社も残っており、地名としての乃木坂も残っている
これは相手がロシアだったためだろう

日本海海戦はいろいろな形で映像化されているが、特撮物のヒーロー的な要素を東郷元帥に投影した点は賛否両論あるが、個人的には好きだ。
二○三高地とかバルチック艦隊とか聞くだけで胸熱な歴史モノに三船と仲代が出演ってもう期待値爆上がりじゃないですか。個人的パワーワード満載で,もう観るしかないじゃないですか。まぁ結論「坂の上の雲」とか『二百三高地』の方が好みだった。ロシアサイドの演技下手すぎでしょう…(笑)広瀬中佐の殉死シーンは衝撃的すぎ。死ぬの分かってても,何が起こったのかわからんかった。
『二百三高地』では乃木希典を演じた仲代,今回は明石元二郎役。これがサイコーにイカしてる。暗殺者(?)から逃げる後ろ姿とかもう3回再生した。
ナレーションの説明が割と分かりやすい&聞きやすい。そしてちょっとおもろい。人物名や艦隊の名前まで字幕出るから,高校生とか日本史の授業これ観せれば興味持って勉強しそうやなぁとか思った。旅順攻囲戦とか何回観ても胸えぐられる。
h1sash1kjm

h1sash1kjmの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

日露戦争における東郷平八郎の活躍を描いた東宝映画。東宝映画、円谷英二特撮監督。戦闘シーンの爆音はウルトラマンそのもの。キャストもウルトラ警備隊の参謀たちのオールキャスト。東郷を英雄として描いているが美化しすぎだろう。さすがに乃木については好人物だが無能なところを描いている。こんな無意味な突撃死を余儀なくされた若者たちの無念はいかばかりか。
youkey

youkeyの感想・評価

3.3
記録。WOWOW

日本史に疎いので、ナレーションの解説を噛み締めながら鑑賞。『二百三高地』を観ていないけど、こちらでも描かれていて、そういうことねと納得。
そして、第二次世界大戦~太平洋戦争へと続く。
日本がロシアの占領を阻止するのはいいが、結局日本も満州が欲しかったんだよね!
Walkure

Walkureの感想・評価

4.0
1960年代に制作された作品ながら、戦闘シーンは最近のCGを多用した作品よりもリアリティが感じられた。
Seiji

Seijiの感想・評価

4.0
特撮は時代を感じさせますが、203高地の攻防は迫力がありました。三船敏郎は軍人役が似合いますね。
「坂の上の雲」以前の日露戦争史なので、
かなり趣き違うし、かなり総バラ的。
三船の東郷、全く発見なし。
但し、仲代の明石大佐、ピタリ!
偉大な提督、東郷平八郎の名が歴史教科書から消されようとしています。
子供たちへ本当の日本国の歴史を教えないと、国を愛する心、誇りは育まれません。
今の歴史教科書には、侵略戦争、南京大虐殺、従軍慰安婦、強制徴用等、嘘偽りの内容が多すぎて目を背けたくなります。教科書検定をする者の気が知れません…
昔は偉人を称える映画がたくさんありましたが、現在少なくなっています。
このような映画こそ、今の若い方に是非見てもらいたいです。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
明治神宮と東郷神社と乃木神社がずっと頭の中にあってこの人たちが祀られてるのかぁと。乃木大将の演劇もみたけど明治天皇との絆がすごい。東郷さん指揮官としては凄いしなんか立派だけど東郷さん乃木さんと呼び合う姿がのんびりしてて兵隊さんたちはお国のために死んでくだけなんだよなぁと虚しくなる。円谷英二の最後の特撮劇場作品だそう。海に浮かんでる戦艦たちがウルトラマンとかゴジラっぽい。
inenoha

inenohaの感想・評価

3.3
海軍からみた日露戦争.なので旅順攻略戦は出てくるけど奉天会戦は出てこない.国際情勢とか,日本の行く末とか,そういうことは深く考えずに艦隊戦の特撮を楽しむのが吉.三船敏郎も,阿南惟幾になったり,山本五十六になったり,東郷平八郎になったり,忙しいことですね.