日本海大海戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本海大海戦」に投稿された感想・評価

日本海海戦をハイライトに、日露戦争を描いた作品。

淡々と史実に沿って描かれていて、日露戦争をわかりやすく知る上で、よい作品と思った。

有名な東郷ターンは、もっと劇的に描いてほしかった。
日露戦争総集編という感じで、非常に解りやすい。
戦争映画にありがちなメッセージ性に偏るわけでもなく、淡々とストーリーが進行するのもいいですね。それでいて邦画らしく情緒には欠けていない。
生々しく迫力のある戦闘シーンもさすが円谷組の特撮。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.6
皇國の荒廃、
この一戦にあり!

帝政ロシア、大日本帝國
の戦いは日本へ向けて
進むバルチック艦隊と
連合艦隊の壮絶な海戦
へ突き進む…

「日本海大海戦」

三船敏郎が連合艦隊司令長官東郷平八郎を演じ、円谷英二が特技監督としての最後を飾った東宝の戦争大作。東郷ターンと呼ばれた秘策が炸裂した海戦史上未曾有の大勝利と呼ばれた戦いをメインとし、日露戦争を描いています。

日露戦争を描いた作品では明治天皇と日露戦争と言う作品が50年代に大ヒットしていますが、基本は同じ筋立て。史実に忠実に描かれていますからね。ただ、焦点が明治大帝から東郷平八郎に変わっています。

戦史を形どる形を中心に擬えて行きますので、後に増えたメロドラマ調の話はなく、東郷平八郎の勇猛でありながらも苦難の道を歩く姿が描かれ、良くまとまっています。

連合艦隊に倍するロシア艦隊との戦いは日本海から東シナ海の制海権をかけての戦い。ただ…半数以上がバルチック艦隊と呼ばれたバルト海におり、分断されていました。連合艦隊はウラジオストクの敵艦隊を抑えながら、旅順要塞に籠もる敵艦隊を先に殲滅することが急務でした。

そこで乃木希典大将麾下の陸軍と連携。旅順要塞攻略作戦を展開。かの有名な二百三高地ですね。屍累々となったあの戦いが起こる訳です。史実通りガトリングガンの前に突撃する兵士…(T_T)無残極まりないシーンはあります…。

ただ…映画として、作品前半の見どころとして、乃木希典を笠智衆が演じ、三船敏郎と共演。日本が誇る大俳優二人のシーンが見られます(^^) 松竹と東宝の壁を越えて。二人の朴訥とした演技がまた味があるんですよね(^^) また前半には仲代達矢が日本のスパイ明石大佐として欧州で暗躍。ロシア革命側に資金を与えながら、バルチック艦隊の動静を探ります。これも日露戦争の結末を早めた行為ですよね。仲代がスマートで格好良くて(^^)。

後半は円谷英二渾身の大海戦。バルチック艦隊の動きを掴み、海戦に持ち込む連合艦隊。そして東郷ターンが炸裂。バルチック艦隊を殲滅する大海戦。特撮の粋を尽くした素晴らしいシーンを描き出します。ミニチュアと実写の合成、カットバックや編集が巧みで大迫力です。更にミニチュアでの火薬の使用が流石円谷英二です。艦砲射撃の迫力が違いますね。

三船敏郎は正に動じない東郷平八郎を見事に演じます。その立ち姿だけでも様になる。また人間であるゆえに弱い部分も僅かな表情変化だけで演じていますし、重みが違いますね。

大勝利の戦いを描くわけですが、ただただ戦争礼賛と言う風潮ではなく、犠牲となる人々も勿論描かれています。杉野!杉野はいずこ?で有名になったシーンを有名な方が演じてますからね。三船敏郎は東郷平八郎として、苦渋の表情を崩さないですし。

日露戦争の勝利により日本は数々の國から尊敬を受けた訳ですが、故に列強から睨まれていきます。また勝利に酔った軍部の突出が太平洋戦争へと突き進む原因であったのは史実として正しいです。海洋国家としての在り方に、この時代気付いていれば…より多くの犠牲を出さなくともよかったはずですが…残念ながら歴史にイフは無い訳で…。

作品としては、史実を描きながらも、エンターテイメントとして成立した作品だと思います。東郷ターンの見たい方は是非ですね。
nope

nopeの感想・評価

3.7
淡々としてていいですね。
思ったより陸軍の描写もあった。
なので2時間で納めるとなるとかなりシュッとしてます。

空気感もしっかり宿ってます。

このレビューはネタバレを含みます

若干のフィクションが含まれた日露戦争の話。東郷平八郎が主役じゃったな。

明治天皇を中心にした御前会議の様子。
史実によると、
対ロシア開戦決断までの御前会議は4回。
明治36年6月23日
    10月13日
    12月16日
明治37年1月12日
伊藤博文や陸軍の大御所:山県有朋や海軍大臣:山本権兵衛らの姿もあった。

で、
明治37年2月4日に開戦決断。
明治37年2月6日についに開戦。

陸軍のクライマックスは旅順要塞攻略戦。
指揮官は、乃木希典大将。
要塞正面への第一次総攻撃→第二次総攻撃→第三次総攻撃と。
映画では、第三次総攻撃を前に"白襷隊"に訓話する乃木大将~12月5日に203高地を攻略占領するまでが描かれている。
まあ屍山血河ですわ(。-ω-)ヌーン...

海軍のクライマックスはバルチック艦隊撃滅。
連合艦隊指揮官は、東郷平八郎。
連合艦隊作戦参謀は、秋山真之。
かの有名な「東郷ターン」(丁字戦法)は描かれていたけど、秋山真之の「敵艦隊見ゆとの警報に接し、連合艦隊は直ちに出動、之を撃滅(撃沈滅)せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」という名文は省かれている。残念。

あと「広瀬中佐」のエピソードやロシアの革命勢力やロシア海軍将校から情報を入手する明石元二郎の活躍も印象的。
orangeloop

orangeloopの感想・評価

3.9
日本連合艦隊の三笠
連合艦隊司令長官東郷平八郎は
三船敏郎なんですが元帥が生き返ったみたいです

ロシアと交戦状態に入った日本軍
広瀬少佐の旅順港口に老朽船を
沈めて敵艦隊を封じ込む作戦
負けられない圧に乃木と東郷の信頼感
乃木軍司令官の陸軍第三軍は
旅順要塞に陸上攻撃をかける
強大なロシアのバルチック艦隊を迎え撃つ東郷
凄いですね!

左手に長剣を突いて立つ
刀身は「一文字吉房」 戦闘中に東郷は
立ち位置を一歩たりとも動かなかった
というのは有名な話
横須賀にある戦艦三笠の甲板には
足跡らしきものがあります

2倍の兵力バルチック艦隊をやっつける
戦のあとに東郷元帥が
ロジェストヴェンスキーをお見舞いする
これから沈める船に住みついてる黒猫を
助けてあげたり
命を大事にしている!

乃木将軍には笠智衆です
あー来てます!素晴らしい演技でした

東郷元帥の思慮深い感じも
味わいがあって良い映画

因みに乃木と東郷は大山巌も含めて
みんな親戚なんですね
「東宝8.15シリーズ」の第三作目です。監督は前作『連合艦隊司令長官 山本五十六』(1968年)に引き続き戦争映画を得意とした丸山誠二監督。円谷英二が特技監督として最後に手がけた作品でもあります。特撮だけはとても観る価値のある映画です。

「東宝8.15シリーズ」は太平洋戦争を舞台にした作品がほとんどですが(だから終戦の8.15です)、本作だけ日露戦争が舞台となっています。太平洋戦争と日露戦争は繋がっているから納得感があります。日露戦争から軍部の暴走がはじまって歯止めが効かなくなってしまったのが通説です。

さて、本作も同じ東宝の「ゴジラシリーズ」と同様で人間のドラマパートと特撮の戦闘パートに分けることができます。前作の特撮パートは空中戦が主体でしたが、本作では艦隊戦が主体となっています。しかも、日露戦争当時の戦艦ですから、すごく重厚感がある。蒸気で動いてる!って感じがすごくいいです。円谷英二の特撮ってウルトラマンとかゴジラより、戦争映画の方がカッコいいですよね。それだけで観る価値があると思います。

ドラマパートはバルチック艦隊を迎え撃つ東郷平八郎(三船敏郎)率いる連合艦隊と旅順要塞を攻略する乃木希典(笠智衆)率いる陸軍の戦いがメインとなっています。あまり人間ドラマはなく、ひたすら戦闘。旅順攻略はすごく激しい戦いだったらしく、他にも『二百三高地』(1980年)など映画の舞台となることが多いですよね。人がバッタバッタ死んでいく。

とりあえず史実を忠実に映像化した作品と言えます。映画としては特撮は白眉です。ただ、ドラマとしては(史実を知っていれば)あまりドラマティックな演出もなく、淡々と進んでいく印象でした。

東郷平八郎と乃木希典はそれぞれ海軍と陸軍のレジェンドなので、ヒーローとして描かないといけないってのは理解できます。ただ、太平洋戦争の泥沼に足を突っ込むきっかけとなった戦争。だからこそ、「東宝8.15シリーズ」の第三作目に選んだはず。最後にアメリカと戦う兆しを見せるものの、軍部が暴走する様は描ききれていません。そのため、「東宝8.15シリーズ」の作品としては中途半端な印象です。うーん、これやる必要あった?って感じ。日比谷焼打事件(日露戦争の講和条約ポーツマス条約に反対する国民集会)まで描いて不穏な空気の中で終わったらもっと印象は違っていたかも。

ただ、円谷英二による艦隊戦は素晴らしいので、それだけでも観る価値はあるかなと。
加山雄三、2番目のクレジットに相応しい役ではあるけど、え、死んだの?みたいな。

乃木希典って何を見ても哀愁おじさんなワケで、二百三高地の仲代達也も良かったが、笠智衆もかなりの哀愁っぷりでいい希典役が見られました。

無知だけかも知れないけど、東郷平八郎と山本五十六両方を演じたのはミフネだけじゃないかしらと思います。
海軍の軍服が本当によくお似合い。
足早に2時間が立つ
旅順閉塞作戦から日本海海戦まで
三船が良い
えりみ

えりみの感想・評価

3.9
WOWOW録画。
終戦記念日特集で録画したと思ったんやけど、これも主演:三船敏郎。
そして太平洋戦争ではなく日露戦争モノ😅
「運のいい男、動じない男」東郷平八郎を演じる世界のミフネ。白髪坊主頭。
日露戦争開戦直前からロシアのバルチック艦隊をやっつけるところまで時系列でお勉強出来る😃
本作は海軍メインなので旅順攻囲戦があっさりめなので是非「二百三高地」も合せてどうぞ😉
ロシア海軍艦長のように、捕虜となった人達や日露戦争後期の話は「ソローキンの見た桜」てのがありますよん🌸

旗艦、三笠のミニチュアは現役最後の円谷英二によるもの
艦砲射撃の特撮すげえー😲

世界のミフネの部下に口髭の生えた加山雄三、ヒゲ似合ってない🧔
謎の明石大佐に仲代達矢、特務機関(スパイ)なのね。
乃木希典大将を演じるのは笠智衆😆
白襷隊が泣かせる😭
世界のミフネと笠智衆がお互いをたたえ合うシーン好き😌

バルチック艦隊を破った快挙は伊達やないっ
1年分の弾薬を10日で使い切る猛特訓😲
宮古島の漁師が28時間漕ぎつづけ😨敵の来襲を知らせてくれる😭
世紀の大海戦が30分で大勢を決したというのは意外😨
拿捕された敵司令官をたたえる東郷平八郎👏

勝ってなお恐れる人
黙々として恐れ、黙々として歩む
その人の名は東郷平八郎😆
>|

あなたにおすすめの記事