ノーザン・リミット・ライン 南北海戦の作品情報・感想・評価

ノーザン・リミット・ライン 南北海戦2015年製作の映画)

연평해전/延坪海戦/Northern Limit Line

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:130分

3.5

あらすじ

2002年6月29日、韓国中がサッカーW杯の3位決定戦に熱狂していたその日、幾度となく領海侵犯をしていた北朝鮮警備艇が韓国軍艦艇への奇襲攻撃を決行。非常訓練を積んできた韓国軍357号艇は、ユン艇長(キム・ムヨル)の指揮のもと交戦体制に入る。が、操舵長サングク(チン・グ)や医務兵ドンヒョク(イ・ヒョヌ)ら固い絆で結ばれた兵士たちの高鳴る鼓動も奮起の叫びも、またたく間に砲撃音にかき消されていく。生き…

2002年6月29日、韓国中がサッカーW杯の3位決定戦に熱狂していたその日、幾度となく領海侵犯をしていた北朝鮮警備艇が韓国軍艦艇への奇襲攻撃を決行。非常訓練を積んできた韓国軍357号艇は、ユン艇長(キム・ムヨル)の指揮のもと交戦体制に入る。が、操舵長サングク(チン・グ)や医務兵ドンヒョク(イ・ヒョヌ)ら固い絆で結ばれた兵士たちの高鳴る鼓動も奮起の叫びも、またたく間に砲撃音にかき消されていく。生きて家族と再会することを心に誓った彼らは、逃げ場のない海上で威信をかけた激戦に立ち向かっていく──

「ノーザン・リミット・ライン 南北海戦」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

第2廷坪海戦がW杯の裏で起きていた実話
韓国の哨戒艇2隻と高速艇編隊2隻が北朝鮮の哨戒艇が勃発し、帰還途中に高速艇編隊は沈没した、韓国軍隊の人々は朝鮮軍の人々も良い様に日米韓のディープステートに利用されてしまい、命を落としていくことは決して今後もあってはならない!

実際の映像も交えながら聴覚障害の母を持つ息子の亡くなることに納得がいかず、泣き崩れる母親の姿が胸が痛む。

その時代、韓国は金大中政権
北朝鮮は金正日
韓国の発表は、北の核実験は米国ディープステートの強硬政策のせいだ!

北朝鮮の発表は、我々を潰す目的で太陽(=天◯)が我々の服を剥ぎ取ろうとしている

そして蠢いていたことは、韓国も日本も(朝鮮チッソ)米韓日旧CIAディープステートが核実験の原爆原発利権と拉致してスパイさせてたことがバレたくない為にでっち上げの戦争に持ち込む為の口実に過ぎなかったのか!

その頃の日本はと言うと、小泉政権で、郵政民営化、派遣法と日本崩壊の序盤に過ぎない時だった!

そう言う背景が実話の中に描いてはいなかったが、それを踏まえながら観ると、色々な人の立場が見えてくるのではないでしょうか
国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
『ノーザン・リミット・ライン 南北海戦』
キム・ハクスン監督

第2延坪海戦
2002年、韓国と北朝鮮の艦艇による銃撃戦
韓国側で戦死者6名

兵士同志の絆、家族が描かれた後に、
次々と倒れていく様子は悲しい
なんでこう韓国映画って抉られるものが多いんだろう。

史実に基づくドキュメンタリー性の高い映画で、政治的、国際的な資料にもなりえる。

本件に関して言えば、W杯という世界的スポーツ大会開催の最中の出来事、といった隙を突いて不意打ちしてくる北朝鮮さすが汚い。汚いぞ。

ただし単純に北朝鮮を批判して終わる問題ではなく、日本もいつ隣国との領土争いがあるか分からない。

また北朝鮮サイドにおける状況、思惑に関しては全く見えていないので、その点も含めてしっかり勉強したいと考えます。
IPPO

IPPOの感想・評価

4.3
物凄く良い作品で驚かされました。
監督をはじめ、スタッフ、演者の熱量と団結力が伝わります。

戦争映画…?でも舞台は2002年…ん?
と、予告編を見ても内容や背景が把握出来なかったのだけど、
見てみると、なるほどなぁ。

国民に知られずに、国民のために死んでいった若き海軍兵士たちのある日の事件を映画にしたかった という監督のコンセプト通り、2002年、サッカーワールドカップ期間中に韓国に攻撃を行ってきた北朝鮮。
海軍は、ワールドカップが最後まで無事に開催されるために、命をかけて国を守ったという事実。
21世紀の世の中において、未来ある若者が銃で撃たれて死んでゆくのだという事を、闘う表情の素顔はあどけない若者であることを、この作品は伝えてくれました。
作中の役名や設定は全て実際に亡くなられた方をモデルにしています。

主要キャスト一人一人の人間性、背景を序盤から丁寧に描き、クライマックスの戦闘シーン、さらにエンドロールまで丁寧に丁寧に作られています。

さて、内容さることながら、不思議なことにこの作品は暗い雰囲気ではなく、爽やかな印象がある。若いキャストたちの奮闘する姿が心に残る。南北の争いを、政治や権力者では無く、若き兵士の目線で伝えてくれていることで身近なものとして考えることができるかも。
『アメリカン・スナイパー』の行き方をより主情的に振り切らせて、その上露骨に国威発揚向けにしたつくりなんだけど、戦争映画としての語法の洗練という意味では、高く評価せざるを得ない。
それはそのまま韓国映画産業が置かれている繚乱の凄みを意味している。
shinaka

shinakaの感想・評価

4.0
『シュリ』『カル』以来久々に面白いと思った映画だった。

ただ実話から生まれた映画なのに日本にいると現実に感じない。
giraffe

giraffeの感想・評価

3.8
や、なんかただ、ただ唖然(;゚Д゚)
やっぱりねー戦争なんて昔の事、遠いよその国の事…なぁんて思ってました。それが、実話で、めっちゃ近所の国、わりと最近(2002年)…。
衝撃的です。
観てない人は観てほしい。
これも実話やけど、
もう涙無しでは観られなかった😢
エンドロールはもうドキュメンタリー。
辛い、辛すぎる...
銃撃戦のシーンも長めやけど、リアルでよかった?(映像が)し、
大好きなチン・グとイ・ヒョヌ君が出てて、そこもまた良かった♡
私は観るべき作品やと思うし、何度観ても泣けそう
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.5
・16/10/29:韓国文化院 コリアンシネマウィーク2016【初鑑賞】
日韓ワールドカップの裏で起こっていた海戦だけど、私ワールドカップさえ覚えてなかったわ