君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

iq3

iq3の感想・評価

2.0
はじまる前、後ろの人が「さわやか」って言ってたんだけど??????????????????重く悲しく生々しく繊細すぎて苦しい生きるのがつらくなる綺麗すぎる夏は嫌い
あっピアノ弾いてるシーンは好き あとこの世界にハエが存在しててよかった 常にいてほしかった 助演ハエ優賞をあげたい
はせべ

はせべの感想・評価

3.9
ええ家庭ですね。
甘酸っぱくてムズムズしました。

音楽が好き。
kosa

kosaの感想・評価

-
寝てしまったのでノーカンで…。
脳裏に擦りまこまれた綺麗な青年の体とイケオジの胸毛とオッパイと果実オナニー。
ラスト良かった。
amicii

amiciiの感想・評価

4.8
美しすぎる映画✨最後のお父さんの言葉、ティモシーくんの涙にやられました。もう一度観たい!
「淡々」と「瑞々しい」がハマる丁寧で美しい映画。

裕福で知的な環境で美しい若者が年長の男性に心惹かれる。音楽も絵も人も美しく周囲も理解があって善意的。

男前で絵も美しいけどグイグイとまでは引き込まれ無いなー、でも退屈はしないのは丁寧な描かれ方で好意的な見方ができるからかなーと観ている時は思い、
最後の父の言葉やラストシーンが、時間を置いても思い出されて(特にラストシーン)余韻が良かったと思わされる映画。
良い余韻が残るって重要。

古代ギリシャで、神々までも同性愛の時代には、大人と少年が恋愛関係になるのは教育的に望ましいとされる文化があり、青年が大人になるための通過儀礼的なものとして許容されてきたと考えると、同性同士で惹かれ合うことのハードルが低いとか、葛藤への焦点が薄いのは理解できる。

舞台も、その文化があった北イタリアのどこか、と前置きされていたから妙に納得。
哲学論を戦わせるシーンもあったし。

あと個人的にシャラメ君の泣きシーンが良かった。
いが

いがの感想・評価

-
オーセンティックな色使いのラコステポロが着たい、きれい色の水着を短パンとして履きたい、ピンクのストライプのシャツ着てピンクの花柄のワンピ着た子とデートしたい、川で泳ぎたい、腕にミサンガ数本とG-SHOCKつけたい、イタリアに避暑したい、好きな人からシャツをもらいたい、17歳の夏がやりたい。

どんな関係であっても、この恋愛で得た感情、築いた関係は永遠に尊いものだから大丈夫。と思えた。実らない恋だとしても、一夏の恋だとしても、全部意味はあるんだと思う。

こんなピュアな経験がしたい…でもむりだからせめて…と思いティモシーくんとおそろのG-SHOCKを買いました。2018夏。

もともと好きなアーティストのSufjan Stevensが音楽担当してて、彼の音楽が劇中で流れてくるたびに良すぎて泣きそうになってた。最後のシーンは音楽も含めて感情が全部持っていかれてしまって、立ち上がれなくなりました。なんて子なのティモシーシャラメくん。。
katanoina

katanoinaの感想・評価

4.2
途中まで3.8くらいの気持ちで観てたけど終盤のお父さんの長台詞で4.2になった。
話題になってただけあって、良い映画だったな。
もがみ

もがみの感想・評価

3.6
映像も音楽も発せられるもの全部が美しい
透き通っているけれどセピアがかってる感じ
ただ良くも悪くもその美しさに色々持ってかれたような感じもする

どんな格好でもなにやっても全部おしゃれになるのはずるいよ!
きら

きらの感想・評価

-
心地よい世界観だった
音楽も自然の音も生活音も…
映画館で見てよかった◎
noriko

norikoの感想・評価

5.0
ロス・ゲラー的シーンがあった。

あと、駅のおっさんの汽車ドアの閉め方たるや断ち切り方が半端じゃない。
>|