君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

44315

44315の感想・評価

1.0
ヨシナリ?
シンヤ、、、

まじでゲロ映画。二度と見ません。でもネックレス買いたくなったー💖それと果物でオナりたい!
nanamiy

nanamiyの感想・評価

4.4
すべてが美しかった。
自分と相手の境界がなくなって、ひとつになっていく。愛だなあ。両親の愛情も深くて、じんわり。
観たときよりも、思い出した時の方が泣けてくる映画。大切に観たい。
HARUNA

HARUNAの感想・評価

4.0
とにかく景色が美しい。音楽もいい。イタリアの田舎の、一夏の青年の恋。
途中、ヨーロッパ映画の苦手な私はカット割りや話のテンポにうっ…となるものの、それをかき消す美しさ。まさに美しいという言葉がぴったり。
お父さんの愛情深い慰めのシーン。最後の、ディナーの準備をする家族を背に、暖炉の前でじっと静かにうずくまり、名前を呼ばれて振り返るエリオ。
恋をして、楽しい気持ちも切ない気持ちも受け止めて、暖かい家族に支えられながら、乗り越え、こうして青年は大人になっていくんだよなぁ…。
"Later"
終わり方かっこよすぎる
思うこと、考えさせられることが多いなあ

期待しすぎててなんかあんまり楽しめなかったので、またこんど家でゆっくり観たらもっと楽しめるかも
ゆきぴ

ゆきぴの感想・評価

5.0
映画の余韻で言葉が出ないのは初めてで、切なさにただただ同情することなく共感だけで涙が出たのも初めてだった。
こんな時にいつも思い出して重ね合わせるあれは本当に恋だったんだなあって思う。
Nobuo

Nobuoの感想・評価

3.6
まさに一夏の恋。
綺麗な音楽とイタリアの景色、周りの人達にあえて干渉させない優しさに癒されました。そしてお父さんの語りが素晴らしすぎる。
言えない思いを抱えて独りで生きている人ってどれだけいるんでしょうか。
面白い映画ではなかったし、ハードな場面もあったのでまた見返すかというと僕は多分ノーですが、良い映画でした。痩せます。
ミナミ

ミナミの感想・評価

4.8
みんな切ないようで
みんなハッピーエンドだった

なにより両親が最高すぎる

音楽もめっちゃ良かったし
景色もすごく良かった

私の語彙力だけがヒドイ
kiyo

kiyoの感想・評価

3.9
最初は、なにこれむずっ!って思ってたけどほんとに美しい。
エリオ綺麗すぎるだろ、、、


エンドロールまで見こそが映画だ、的なことを言う人はよくいるけど私は長々としたエンドロールは好きじゃなくて、
でもこの映画のエンドロールは不意に終わるからすごい好きだった。
何もかも忘れたくない。"Remember"
エリオの父がそう言ったように、オリヴァーが囁いたように、全部、何もかも忘れたくない。片時も忘れたくない映画。

夏が訪れる前に、必ず見ようと決めました。
Da

Daの感想・評価

4.6
いわゆるLBGTものの映画という情報以外、何も知らない状態で見にいったのだが、純粋に映画として素晴らしいものだった。映像の美しさもさることながら、音による演出が際立っていた。

エリオが内にあるジェンダーマイノリティーの確信へと近づく過程は実にリアリティがあった。何よりそんなエリオに対し、寛容的で理解のある両親が素晴らしく良かった。まさにエリオは幸せ者だ。

「君の名前で僕を呼んで」というタイトルの意味を考えるうちに、川本真琴の「1/2」という曲の歌詞が浮かんだ。

"境界線みたいな体が邪魔だね"

"あたしたちってどうして生まれたの、半分だよね"

名前によって境界線のある二人、相手の名前で自分を呼んでもらうことで一つになれたのかな、と考えたりした。

美しい友情
という言葉が出てきたが、その点で言うと、少し羨ましくも思ったり。友情と愛情を同一対象に求めることができるって間違いなく幸せだと思う。
>|