君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

SAYA

SAYAの感想・評価

4.4
音楽も映像も本当に美しくて美し泣きしそうになったし、演技もすごい
最後のパパの言葉からエンドロールまでもう一回観たい!
話は幻想の要素が強いっていう批判もあるみたいだけど、観る人のLGBTについての見方も結構変わるんじゃないかなと思う
そしてイタリアに生まれ育ちたかったと本気で思った
SEINA

SEINAの感想・評価

4.7
見れないと思ってたcmbyn、ハワイの映画館の最終日に駆け込めた😢❤️

とても綺麗な映画だった、、
どのシーンを切り取っても美しい、一つ一つのカットを切り取ってポストカードにしたいくらい😢。

英語が聞き取れないことも多くて、話の内容を全て理解出来たか自信はないけど、
そんなことも気にならないくらい美しい描写や、なによりもティモシーの表情で読み取ることができた🌹

ティモシーの演技が素晴らしくて、美しい…って思わず声に出してしまいそうになった🌿
ひと夏の恋、もどかしい想い、自分の心との葛藤、この夏が終わって欲しくないなぁっていう感情や、別れの切ない気持ち、すべての表情が美しく表現されてた😢💕

こんなに誰かを強く想えるのは素敵だなって思った😢❤︎人を好きになるのに時間なんて関係ないよね💛🌈

とにかく綺麗な映画でした🎬日本で公開されたらまた見る!!
そしてティモシーが来日したら会えますように😘😘😘
自分が知ってる世界からは年代も国もかけ離れてるので、終始こんな天国みたいな場所があるのか…!という驚きと共に鑑賞。

北イタリアのひと夏の雰囲気を存分に楽しめるという点でも、かなりお勧め。

エリオは思春期真っ只中でも、穏やかで理解ある両親とスキンシップ多めで、そのあたりも見ていて「ほう…」となる。

ストーリー自体はありがちな恋愛物語だけど、何と言っても絵になる2人なので、美しい風景と彼らのナチュラルな演技も相まって素晴らしいものになっている。ビジュアルが美しくて見ているだけで楽しい…!最高か。
エッチな映画だった
泣ける
マイケル・スタールバーグの落ち着いた物腰がよかった
Saki

Sakiの感想・評価

3.3
Call me by your name,
And I’ll call you by mine.

Elio, Oliver, Elio, Oliver...

イタリアの町並みと人間関係がとにかく鮮やかで素敵。
80年代の生き方、恋愛模様。

自分は女性が好きなのか、男性が好きなのか。
思春期に経験する初の恋。

単調で長いけど、最後のシーン。
Elioのお父さんの言葉を聞くには価値あるかも。
Minami

Minamiの感想・評価

4.1
風景や人はもちろん美しかったけど、
もしこれが、LGBTの作品じゃなく描かれたなら、舞台も登場人物もこの映画を見る各々の人と同じ国、国籍で描かれたなら同じような反響になってたのかな
じぶんの中でLGBTが特別じゃなくて当たり前なにも他の恋愛と変わりないってなってるから、初めから最後まで、2人の切ないけど熱い恋愛。もちろん、音楽とか撮り方とかそんな知識は私には全くないから綺麗に描かれた普通のラブロマンスって思ったけどどうなんだろう。もちろん面白かった!!自分に繊細さが無いだけかな笑
Kota

Kotaの感想・評価

4.6
“君が知るべきだから。君に知って欲しいから。君以外に言える人がいないから。“

イタリアの避暑地で過ごす17歳のエリオ(ティモシーシャラメ)と彼の父が招いた大学院生のオリバー(アーミーハマー)の一夏の物語。昨年度“ムーンライト”がLGBT映画でアカデミー作品賞を獲得したことは記憶に新しいが、ノミネートされたこの映画が選ばれれば2年連続でLGBT映画の受賞となる。人との違いや偏見に悩み葛藤し、それでも尚愛するというこのテーマは、映画という美しい1つの芸術作品を作る上でこの上なくマッチしているという事は最早疑いようがない。

(日本ではまだ劇場公開されていないので、予備知識なしで見たい人はこの先は読まないでネ!)

とにかく終始美しい映画。何がこんなに美しいのか、個人的に美しいと思った要素を5つ挙げてみる。まず1つ目が言うまでもなく主演のティモシーシャラメ。絵に描いたような美少年で、上裸のシーンが多く本当に彫刻のよう。女の子より肌が白い。そしてルックスもさながらエンドロールを見れば彼がベテランに混ざって一人主演男優賞にノミネートされている演技力にも納得がいく。2つ目が舞台となる1980年代北イタリア。まるで夢の中にいるような世界の眩しい太陽と自然、歴史的な建物はこの物語の文字通りバックグラウンドにピッタリ。1980年代というスマホやゲームがない時代設定も重要で、本を読んだりピアノを弾いたり、川で泳いだりして時間を過ごすアナログな世界自身が美しいのかもしれない。3つ目はピアノの流れるような旋律を中心とした音楽。

4つ目は構図。特に最上部に記したセリフのシーン。敢えて引きで撮り、真ん中の像にセパレートされたエリオ側に焦点を当てる事で彼の緊張と困惑が見事に表されている。そしてティルトショット(カメラを縦方向に動かす)で一旦フレームをズラして二人の再開に合わせて戻すシーンは至極のショットだった(バスも完璧なタイミングで後ろを横切る。)そして最後の5つ目は思いやり。エリオの純愛はもちろんだが、フラれても「一生友達だよ」と言える彼女や、息子がゲイであろうがいつも味方でいる両親など、エリオの周りには温かく美しい思いやりで溢れていた。

つまり、最早LGBTがテーマとかそんな事関係ないほどこの映画は美しい。目の保養とか通り越して神々しさすら感じる。切なくも心が澄み渡り、余韻が凄い。エンドロールで“call me by your name”と出るタイミングが完璧すぎて頭から離れない。マイベストムービー更新です。
君の名前で僕を呼んで
4/27公開ですが 一足早くレビュー。
アンドレ・アシマン原作小説の映画化。
1983年
大学教授で美術史学者の父と翻訳家の母を持つ17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、毎年夏になると両親と共に北イタリアの別荘で過ごしている。
その度に父の研究を手伝うインターンが招待されるのだが、今年は博士課程に在学中の24歳の大学院生 オリヴァー(アーミー・ハマー)がやってくる。
はじめはオリヴァーと距離を置くエリオであったが、共に過ごしていく内に抑え切れない想いが込み上げてくるのであった。
6週間の儚くも力強い恋模様を通し、心に芽生えた想いを噛み締められることの価値を描いた作品だ。

何て優しい映画なんだろう
ジャンル的にはLGBT映画に括られるのかもしれないが、少し違う
誰もが通る初恋の儚さを、恋することで直面するあらゆる葛藤を、生きていく上で本当に大切なことをこの作品は感じさせてくれる
心が洗われるとは、こういうことを言うのだと思う

正直、途中まで上手く入り込むことができなかった
でも、オリヴァーを歳上のお姉さんに置き換えたのなら合点がいった
17歳の少年が24歳の超絶美人と一夏を共に過ごすのだと想像した途端、ピンときた
些細な日常の風景を描いていたと見せかけて、とても繊細な心のやり取りが描かれていたのだと
二人の間で行われていたことが、探り合いや駆け引きであったのだと分かってくる
ぼくの場合、自分の心に蔓延る差別や偏見にだって気付かされた。

ぼくは女性が大好きだけど、山﨑賢人くんと中島健人くんを目にする度にときめいてしまう
それとは別に、自分より身長が高くてガタイの良い照英さんのような男性にハグされたい願望だってある
キッカケが訪れていないだけで、同性に恋する可能性を秘めている
そんな風に自分のことを思っていたから、同性愛に関して人より理解のある方だと思っていた

が、序盤からすんなり入り込めなかったことをはじめ、直接的な描写を前にすると引いてしまっている自分がいた
時代設定もさることながら、二人が親密になっていけばいく程にどんな悲惨な結末が訪れるのかとヒヤヒヤしていた
純粋な恋愛模様を真摯に描いた作品なのだと理解するまでに、酷く時間を要してしまった
結局は理解しているつもりなだけの偽善者
あなたもそうだとは言わないが、どうかぼくと同じ轍を踏まないで欲しい
ド頭から二人の恋模様だけを見つめられたのなら、より深く没入できるはずなのだから。

二人の恋模様に集中でき始めたのなら、見えるモノが増えてくる
逞しい肉体をした彫像のように、劇中の殆どにおいて肉体を露わにしている登場人物達
どんなに美しいものであっても、いつかは朽ち果てる
完璧に見えても、どこかしらに綻びは生じてくる
その肉体は彫像とは違い、傷付き ハエも纏わりつき 血も流す
永久に同じ肉体をキープしてはいられない
それは心も同じこと

何事においても、否定されれば傷付くし困惑もする
芽生えた想いが芽生えてはならなかったモノなのだと思い込む
その積み重ねが心を殺し、感情の振れ幅を狭くする
いつしか芽生えることすら無くなり、数多の可能性を失ってしまう
そうしてツマラナイ大人になっていく。

親に叱られたことで、友人にバカにされたことで、大事な人に拒絶されたことで閉ざしてしまった感情があなたにもぼくにもあると思う
最早思い出すことすらできなくなっているかもしれない
それでも、大切だと思える何かが今もその心には宿っている
その感覚が失われることなく今も残り続けているのには理由がある
自分を認めてくれる存在がいてくれるからだ

同性愛でなくとも良い
叶えたい夢 伝えたい想い 譲れぬモノ、打ち明けるのに勇気や覚悟が伴うこと
それらを否定せず受け止めてくれる人がいるから、その気持ちを捨てずにいられる
笑ったり 泣いたり 怒ったり、あらゆる自分を解放できる
恥ずかしくて ダサくて 情けなくとも、生きていられる。

思いのままに感じられること
感じた想いを噛み締められること
どんな自分でも受け止めてくれる人がいること
二人の恋模様を通し、そのありがたみをあなたは知る
終盤、それからラスト、涙無しには観られない

今のあなたを構成する上で、心に刻まれている言葉
その言葉を聞くだけで、過去のセンセーショナルな出来事が鮮明に蘇るような言葉
『君の名前で僕を呼んで』というタイトルが、観終える頃にはとてもロマンチックなモノに感じられると思います。

繰り返しになりますが、とても優しい作品です
原作の途中までしか描かれていないため、続編が作られることを願います!
ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★★
恋 ★★★
エロ★★
サスペンス★★★★
ファンタジー★★★★
総合評価:A
美しいの一言。最後のお父さんの言葉にもぐっときた。とにかく美しかった。
Nao

Naoの感想・評価

3.5
call me by your name
君の名前で僕を呼んで

LGBTの映画、ではなくて
ひとつの愛の物語として観てほしい。
>|