君の名前で僕を呼んでのネタバレレビュー・内容・結末

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とても素敵な映画だった。
主人公にまとわりつくハエが、忌々しさや振り払えぬ感情や葛藤などを表しててすごくいい演出になってる。
細かいとこまで描写力がすごかった。
主人公が男が好き察してる母親の対応や
フラれた後の父親の「痛みを葬るな」という台詞や恥じるなその気持ちを大切に生きろという話はとても染み入るものがあった。
エンドロール、
愛した人が手から離れてしまう時のこと、手から離れても愛している時のこと、その人が他の人と幸せになること、何をしてもどうしても苦しくて心臓に針が何本も刺さったようなあの痛みとその涙がわかりすぎるほどわかってしまって
わかってしまった瞬間 異性であれ同性であれ愛し合うということは平等に美しいと感じていることにも気づきました。
同性で愛し合うことがダメだと思う理性が相手を突き放すせいで どこにもやれない性欲をエリオが 女性や桃で満たすシーンがもう苦しくてたまらなかった。愛し合っているのに遠いなんて、愛し合っているのに愛し合えないなんて、苦しすぎる。

「人は早く立ち直りたくて心を削り取るが 新しく出会った人へ与えるものがなくなってしまう 悲しみを葬るな 私がついている」
っていうお父さんの言葉がとても尊い。妨げないということ、諭すということ、親の愛とは偉大なのだな。
ティモシーがめっちゃ綺麗
年代も服装がドンピシャに好き、最後のシーンはほんまに切ない、美しい映画
映像音楽とても素敵、イタリアいいなぁ〜
官能的というより生々しい場面も、でもなんだかとっても美しいし愛おしい
バックで流れるピアノが素敵、予感の音だ
お父さんの想いを聞くシーン、体にスッとはいってきて涙がでた、
最後、暖炉の前でのエリオの表情がなんとも言えない、思わずまた泣いた。裏切りじゃない、好きなのに
共感、というより2人のまっすぐな姿勢に涙が出たし、いいと思った
でも最後のシーンのエリオの表情、哀しみでいっぱいでいい映画だったって言いづらいくなっちゃう、「失恋」で涙が出たのは初めてだなぁ
最高の恋愛映画 久々にまだ終わるな、と思ったな エリオ(17)とオリヴァー(24)初めてするキスのシーンも二人だけの旅もアプリコットもオリヴァーが発つ前にエリオにあげたブルーのシャツも最高 暖炉の前で泣くエリオも最高 登場人物の洋服も良い 何回だって見たい 歌も良い sufjan stevens良い たぶんまた観る
純粋な愛の枠に青春を注ぎ込むと、ここまでしっくりくることがあろうか。違和感から生じる奇妙な嫉妬。互いの思いに気付くことの嬉しさ。枕を交わす直前となって図々しくて小恥ずかしくてじれったい気持ち。自分がどんどん相手になっていくように陶酔していく。そして別れ。そういった流れを青春の始まりから終わりまでにあてがうことで、簡潔に、実直に伝わる。美しい愛の一つのカタチの描写が突出して見える所以はここにありそう。とてもいい映画故に届かない心の持ち主がかわいそうと愚かに思ってしまうくらい。
気になっていた映画だったので、映画館で観れて良かった!公開からだいぶ経つのに、ほぼ満席だった。
まず舞台背景が美しい。休暇の間に、訪れる北イタリア。自然に囲まれた家。石のプール、庭にはアプリコットが実る。夏の日差し、生い茂った草木に虫。河のほとり、夜間遊泳。石畳みの街並み。自転車で駆け抜ける畦道。
そして主演のエリオ(ティモシー・シャラメ)が美しい!少年と青年の狭間で、無邪気にはしゃぐ可愛らしさと、オリヴァーにキスを求めるエロさと、色んな表情が魅力的。プロフィールを調べてみたら、私と同じ誕生日だったので、これからも応援しようと思った。(単純)
同性愛を描いた青春映画で、ラブシーンはガッツリめ。BL好きな人は萌えるかもしれない。前の席に老夫婦が鑑賞していたけれど、どんな気持ちで見ていたのだろう? エリオもオリヴァーも夏だし、よく泳ぎにいくし、ほぼパンイチでその辺ウロウロしてる。気にせず足を広げるので、ポロリしないか心配だった。
オリヴァーはガッチリした体格で、胸毛モジャモジャ。短パンに靴下を合わせるファッションセンスが私的には微妙で、個人的に、愛でるのは、華奢で色白で、体毛の少ないエリオの方。17歳だけど、賢いため、どこか達観していて、アンニュイな感じで余暇を過ごしているのもいい。自転車に乗って街を駆け抜けるのも、原っぱに寝転がりながら文庫本を読むのも、絵になる!
映画の中で色んな言語が行き交うのも面白かった。アメリカ人のオリヴァーとは、英語で話し、家政婦さんとはイタリア語。
物語の舞台が1983年ということで、エイズが社会問題になる前の設定にしたらしいという記事を読んで納得した。カセットテープでウォークマンを聴いてたり、携帯電話がないから、公衆電話を使ったり。近代的なものがないから、物語がいっそう美しくなるのだと思う。
同性愛に理解を示す父親との会話が温かい。お互い思い合っているのに、結ばれない結末は、当時の同性愛の社会的な偏見ゆえ?
ラスト、暖炉の火を見つめながら、オリヴァーを想い咽び泣くエリオが印象的だった。当時流行っていた格好なのかな? ちょっとリーゼント風にして、大柄のシャツ(人の横顔柄、何その柄!)着たエリオが一番気に入りました。
続編構想中とのことなので、期待してます。
最高としか言葉がまずでません。
スコアは満点です。

偏見で悪いけど海外のこういう系の恋愛ドラマってすごい複雑で少しドロドロしてるイメージがあるから、なんか男女入混ざっての恋愛大変!って感じに仕上がってるのかと思ったら全く違った。
最初から最後まではオリヴァーはエリオのことが好きだし、エリオはオリヴァーのことが好き。2人とも好きすぎて純粋すぎて物語の始まりが遅くて、終わりが早かった。2人の純粋な好きが思いっきり詰められた物語だった。

2人の出会いの「エリオ、オリヴァー。オリヴァー、エリオ」とお父さんが紹介する場面のこのセリフから、2人の物語は始まっていたんだなって思うともう純粋すぎて涙が出てくる。

オリヴァーは最初からエリオのことが好きだったけど、エリオには届かなかったし、それに無理やり伝える気もなかった。男という性別の壁があったから。ゲイのカップルが家に来て、オリヴァーの寂しそうな後ろ姿が廊下にうつって、服の色も対象的になっているのがすごく印象的だった。年が上だから社会を知ってる、エリオがこのまま自分といると幸せになれないこともしってる、だから自分から別れを告げた。ほんとうは一緒にいたかったのに。

エリオは純粋に本当にオリヴァーが大好きだった。自然に惹かれていった。オリヴァーは典型的なアメリカ人だけど、どこかイタリア的で誰とでも馴染む社交的で自信のある性格。対照的にエリオは1人で作曲をしたり、決して非社交的なわけではないけど、まわりが楽しくやっていても自分の世界にいる、内面的な性格。2人の性格が真逆であるからこそ惹かれあったし、似たような性格だったらうまくいかなかったし惹かれ合うことはなかった。真逆であるからこそ反発して、真逆であるからこそ想いあったときの絆が深かった。エリオは男だからという壁を感じているのではなく、本当に純粋にオリヴァーが好き。好きすぎて、自分のが好きなんじゃないか、好きが溢れすぎてつらい、そんな感じだった。オリヴァーは受け止めることはできるけど、このまま進んでいく未来をもう知っている。エリオは知らない、終わるなら始めない方がエリオを傷つけない。だからなかなか手を出さなかったし、大切に大切にした。

お母さんがドイツ語で本を読むシーン、エリオだけでなくお父さんも話をきいていて、最後のお父さんとの会話のシーンを思い出すとどんな気持ちで〝Freundschaft〟を聞いたのかなって思う。お父さんはここのシーンで何故か〝friendship〟と小さい声で言っていたことがあとになってわかるところで鳥肌がたった。friendshipという言葉をつかうと、もう友情以上は閉ざされてしまう。お父さんにも同じ経験があったから、エリオに話す時にfriendshipと話し、友情以上のもの、と話直したのだなと。お父さんとお母さん素敵過ぎてもう、なんていい人達なんだろう。だからエリオもいい子なんだね。そっと寄り添って、必要以上は何もきかない。息子の表情ですぐわかるし。親って偉大。

別れのしーん、あえてなにもいわない。美しい。お互いもう分かりきってるからだね。I love youとか言うのかなって思ったけど作中で2人ともまっったくいわない。そんな安いメロドラマみたいなこといわなくてもお互い伝わってるもんね。
電車が走り去っても、手も振らない。あえてエリオの表情が見えないのは、そういうことですよね、はぁ、、つらい、、胸が苦しい。美しい。

オリヴァーが電話のラストで〝I remember everything〟っていうけど、日本語訳で直訳すると「全て覚えてる」のはずなのに「何一つ忘れない」って出たところに鳥肌。いい仕事しすぎです。エリオが暖炉の前でずっと泣くんだけど、みんなは食事の準備をしていて時間は経過していく。最後にお母さんがゆっくり「エリオ」って呼ぶところで、、たまらない、、泣いた、、 ハエずっといて、邪魔だなとか最初は思ったけどいやほんとずっといるなぁおかしいなぁって思ってたら、エリオにハエがとまるのは初めてなんだよね、最後にして。近くには飛んでいたけども。ハエは熟した果実にしか止まらないから、エリオが一歩大人になったってことなのかなって。その表情はひと夏の〝Everything〟を思い出してるんだね、エリオ。はぁ、尊い美しい。
深読みしすぎだし原作無視だから完全に妄想だけど、オリヴァーは実は結婚する予定なんかなくて、これからもずっと結婚しなかったらそれはそれで美しいなって思うし、エリオのお父さんと同じように〝friendship〟に縛られて生きていくのそれはそれで美しいからもうなんでもいいからみんな幸せになってくれ。

エリオもお父さんと同じように、結婚して、また息子のひと夏の恋を見守るのかなって思うともうつらい。美しい。胸が苦しい。ありがとう、ありがとう。

パンフレットこれは必ず手に入れたい。
どこも売り切れや~(;_;)
エリオが美少年。泳ぐシーンとか多くて、美少年の裸をずっと見ていられる映画でした。
オリヴァーの方もいい感じのゲイって感じの体と感じでなんというか触り方が最初からいやらしいなと思っていたら、最初からエリオのこと好きだったみたいでそっか~ってなった。女とちゅーしてたからノンケからバイとかにうつったのかと思った。
エリオとオリヴァーの関係性がいい
外国のゲイ映画はお互いがお互いの時間を自然と共有し、キスとか確実な恋愛が描かれているときには自然と距離がそこまで縮まっているのがいい。
エリオがなんか果物でオナニーしてるのみてダブルミンツの桃を思い出した。果物を指で中をぐちゅぐちゅしているシーンであ、これ絶対オナニーするわってなりました。
エロイシーンも後半結構あってうほって感じです。
エリオの家族はあの時代なのに理解があって、それをオリヴァーが最後言ってたのが、多分オリヴァーの家は理解がなくて苦しんだんだろうなと思った。

ゲイ映画というよりバイセクシャルなんだなぁと感じた。
エリオもオリヴァーのこと好きだけど、別に彼女とセックスしていたし、オリヴァーも別れた後婚約していた。
その婚約をエリオに伝えるので最後なのだけれど、最後エンディングでしばらくエリオの泣き顔映していたのが印象的。
君の名前で僕を呼んで とのタイトル通りお互いが自分の名前を相手を呼ぶシーンがまじで愛おしいと感じた。
またイタリアが舞台なので、イタリアの美しい街とかがすごくいいなと感じて外国に行きたくなった。

ブロークバックマウンテンと似ていると感じたので、これが好きな人はぶろーぐバックマウンテンを見ることをお勧めする、逆もしかり。
ラストが結ばれないというところが切なすぎた。数年後にオリヴァーが迎えにくるとばかり思ってた。自分だけ結婚してしまったオリヴァーにちょっと怒り。
オリヴァーとエリオが惹かれる段階での描写が繊細すぎたのか、いつお互いを好きになったのか私では分からなかった。オリヴァーは最初から好きだった的なこと言ってたけど、エリオはどのタイミングで好きになったのか……。最初のツンケンした態度は照れ隠しだったのか??
裏切り者とエリオがいう場面も、どう裏切られたのか分からなかった。

お父さんがオリヴァーとの旅行から帰ってきたエリオに同性愛を認め、身体も心も一度しか手にできないから大切にして的な発言はとても感動的だった。
>|