君の名前で僕を呼んでのネタバレレビュー・内容・結末

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿されたネタバレ・内容・結末

主演ティモシーくんの最新映画の予告編で黒髪の彼に一目惚れしたのをきっかけに出世作を鑑賞。

全てが美しい映画だった。
北イタリアの景色、周囲の人々、音楽、家…夏も終わる日曜の昼に観たのは大正解。
エリオを演じるティモシーくんの美しさよ…。
思春期の瑞々しさもありつつ、彼特有の実年齢にそぐわぬ浮世離れした深みのある雰囲気がエリオという人物にぴったり。
若いうちは若いうちにしか出来ないようなこういう役にとことん挑んで欲しい。
彼の表現する思春期の演技が凄く良かった。
映画のストーリーはごく自然で穏やか、2人が惹かれていく過程も、葛藤も納得がいく。自分にもっと芸術的な感性というか造詣とかがあればもっとよかったな…(笑)

終わり方は切ないけど想像通り。
エリオのひと夏の青春の恋が終わる。
エンドロールの長回しにずっと見入ってた…。永遠に見ていたくなるシーン。
彼の主演男優賞ノミネートの理由がわかる。
ママに"エリオ"って呼ばれることで終わる。切なくて美しい終わり。
「Call me by your name.」
後にも先にも、エリオが自分の名前で呼ぶのはオリヴァーだけなんだろうな…。
性別に関わらず恋は素敵なもの。
イタリアで避暑するエリオとオリヴァーのひと夏の恋。
前半二人の気持ちが試されるような、噴水の周りを目をそらさずに回る。
鼻血を出してしまうエリオをオリヴァーが気遣いつつ、脚を指圧する。緩急。緊張と緩和、無理矢理身体を変えて、一気に二人の距離がやわらかいものに。
想いが通じて結ばれる夜、君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶ。
この数回の相手を呼ぶ声の多幸感。

ラストの暖炉前でエリオがスタッフロール中に映されているけど、一言も発せずに、長回しでエリオの心中を表現している。
ここだけでも観た価値がある。
終始「美しい」映画でした!

印象的なシーンいっぱいだったんだけど、
お父さんの言葉とかオリヴァーの何一つ忘れないっていうことばに、ひと夏しか得られなかった2人の恋愛の思い出がこれからも2人の中で大切に守られていくんだなと思いました。辛かったことうれしかったことすべての感情を大事にしたくなりました。
最後の数分間、エリオの涙をただ観る時間さえもここまで見たものを思い出せてよかったです。

「エリオ」「オリヴァー」2人が互いの名前で呼ぶシーンで私はまた泣いてる
最後のオリバーのセリフ
「I remember everything.」の字幕が「全て覚えているよ」じゃなくて「何ひとつ忘れない」になってるのが天才すぎるしこの物語の醍醐味でもある、
ずーーーっとみたかったやつ!

切なすぎる
映像がきれいだし音もいいし

感情を出せなくてその自分の中だけの切ないじゃなくて、2人で同じ気持ちなのに切ないみたいなうまく言えないけど心臓がきゅーーーとなった

感情は消えるから押し殺すなっていう言葉も、それを聴いてる時の表情も最後の泣いてるときもずっと心臓が痛くなった
・映像がとにかく綺麗
・艶かしい性描写 果物で××するところはあまりの官能さに笑ってしまった
・エンドロールの涙でグッとくる…
美しくて、静かで、切なくて胸が苦しくなった。見終わった後も苦しい。
音楽もピアノも景色も、もちろんティモシーシャラメもきれい。

気になって目で追ってしまうこと、その人の行動一つ一つにモヤモヤしてしまうこと、知ってほしいと思うこと、一緒にいたいと思って泣いてしまうこと、その人ばかりになって周りの人を傷つけてしまうこと、エリオの心情どれもが胸がぎゅっとなった。
「結婚するとか?」の言葉も、そういう勘というか不安な気持ちって当たっちゃうよなぁとグサグサきた。

オリヴァーは大人の対応だけど、切ない。
でもあんな近くにいたら大変だろうな…
マルシアの「エリオ、大好き」と言うシーンは、今なら全て分かるようなエリオの表情もハグもよかった。

エリオの両親の寛大さは救いで、エリオは恵まれてるなぁと思う。
お父さんの言葉が優しくて、静かに心に沁みて泣けた。誰もどうにかしてくれない、どうしようもない悲しさや苦しさをきちんと感じることは、本当につらくて胸が張り裂けそうだけど大切だと感じた。
喜びや愛しさがそこにあったことをなかったことにしたくないから、悲しむことも大切にしたいなと思った。

しんしんと降る雪の景色は悲しみを表してるようで好き。
電話での何一つ忘れないよの言葉と、暖炉の火を眺めながら涙を流すシーンがまた切なくて苦しくなった。
お互いがかけがえのない忘れることのない存在。そんな相手に出会えるって幸せだと思うし、全てが大切な経験だと思う。

北イタリアの夏の過ごし方がとってもおしゃれに見えた。
美しさと2人の距離感に胸がぎゅーっとなる映画。

主人公2人も、街並みや景色も、出てくる映像がずっと綺麗で美しい。
淡々と流れていく時間の中に、2人の感情や距離感の変化が描かれている。映像の美しさに浸りながらそれを感じられるのが心地良かった。

後半は、2人のくっつきそうでくっつかない絶妙な距離感や、思春期独特の抑えきれない、ふつふつ湧き出るエネルギーや、別れのシーンなど、胸がぎゅーんとなる場面の連続でした。君の名前で僕を呼んで、この言葉にこんなに愛を感じるとは。直接的な愛してるの言葉じゃないからこそ、オリバーの愛が含まれてる感じがしました。

オリバーと別れ、家に戻ったエリオに父が語りかけるシーンは特に印象的。2人の関係性を「知性だけでないすべてがあった」と受け入れ、エリオの感情を「その痛みや苦しさを葬ってはいけない、擦り減らしてはいけない」と受け入れてくれる。なんて素敵な人なんだと思いました。お父さん自身も経験してるからこそ、エリオの心にも触れられたんじゃないかと思います。

とても印象に残る素敵な映画でした。
記録。
美しいっていう例えが1番合ってると感じる映画でラスト20分くらいからエンドロールまでの雰囲気がとても良い。
続編が近々あるらしいので楽しみです。
ハマったらOUT
2人の恋は脳がとろけてキュンキュンしちゃうんだけど、、、関係が終わりそうなのを考えて観てしまっていた。
最終的にそうなってしまうから虚無感が半端なかった、、、観終わってからめちゃくちゃ泣いてしまった
でも好き。大好きな作品。

原作があるのを知ったので読んでみたいと思った!!
>|