君の名前で僕を呼んでのネタバレレビュー・内容・結末

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿されたネタバレ・内容・結末

大事なことは何も知らないんだ


『Call Me By Your Name』
君の名前で僕を呼んで。
監督は『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ。
キャストは『インターステラー』のティモシー・シャラメ。
『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。


【あらすじ】
君の名前で僕を呼んで僕の名前で君を呼ぶ話。


132分、長くもなく短くもなく。
低い期待値を軽々と上回り、放心状態で帰路へ。
感動の押し売りも、悲惨な光景を描くための虐めもない傑作。
近年この手の映画は山ほど制作されており、特別で在りたいのか普通で在りたいのか、焦点定まらぬ映画で溢れているのが現状。性的少数者に撮らせれば必要以上に美化され、ストレートが撮れば批難され。LGBT枠を設ける(あるいは設けようとしている)大作映画も少なくなく、無意味な気遣いが映画界の可能性を閉ざす。
歪んだ倫理観を本作が元の軌道に戻してくれることを願うばかり。

そんな本作を語る上で欠かせないのが俳優陣の演技力。
ティミーとアーミーは間違いなくキャリア史上最高の演技。
特にエリオ(a.k.a.オリヴァー)が“桃を用いてマスターベーション”をするシーンは素晴らしいなんて言葉じゃ足りないくらいの出来で、映画史上最も優れたマスターベーションと言っても過言じゃない。
桃がお尻に似ているのか、お尻が桃に似ているのかはよくわからないが、桃に指を二本挿し、果汁が溢れる様は実に官能的。モモホールでのモモニーは正に、美がエロスを上回った瞬間であり、禁断の果実が誕生した瞬間でもある。いけない行為でイってしまう主人公の背徳感は此方側にも強く伝わり、それを食らおうとするオリヴァー(a.k.a.エリオ)の恥性を誰もが疑う。あの果実は禁断の関係が生んだ欲の具現化か。

知らぬ間に惹かれていた一作。
序盤は退屈。でもいつの間にか好きになっていて、頭からずっと離れない。
夏に燃え上がり、冬が鎮火した尊き恋を、美しき愛を、葬ることなく、崩れた関係を隠していたことも忘れ、彼は泣き噦る。
その様に誰もが焦がれるんだ。あの時の自分が重なるから。
結論:エリオは早漏。
綺麗なところしか無い映画でした。
北イタリアの景色と生活が綺麗。広い家の中庭のテーブルでしぼりたてのジュースを飲みながら朝食を食べる。暑い陽射しの中川で泳ぐ。自転車で街に行く。全部の景色が綺麗。
北イタリアの風景がとてもきれいで音楽もきれい。あんな風景のところに本当に行きたくなった。
エリオとオリヴァーは互いの気持ちはわかりつつも周りの目を気にしたりして距離が近づいたり離れたり。知ってる人がいない場所で2人とも何も気にすることなくはしゃいでる姿がグッときた。
ひと夏の思い出なのが爽やかでもあり切なくもあり。エリオのお父さんお母さん友達も理解があって、あんな家族本当に羨ましい。

タイトルとお父さんの語りとラストシーンに心揺さぶられる。観終わった後しばらく余韻を噛み締めたい作品です。
ラストシーンが、良い
泣きながら後ろでお母さん達が普通に食事の支度をしているのが最高。
ほんと、そうだよね。普段。
普段、個人的に悲しい事があった時、ああ言う感じ。自分だけの時間が少しずれて、でも家族とかは普通に日常が流れていて、ああ言う時、更に孤独になるよね。

両親の理解の在り方が素敵。説明がなくて良かった。

later.
「痛みを葬るな。感じた喜びを忘れるな。」
引き寄せられるような出逢い…
性別などで切り分けて語るのは野暮な恋愛映画。


まず、なんて爽やかな雰囲気なのか…
イタリアの風景が羨ましいほど美しくて、エリオらの詩的さと繊細さ、理解の深い家族、音楽表現、ファッション…アーティスティックで惚れぼれしてしまう。情緒しかない。
こんな夏休み過ごしてみたすぎるでしょ…


ストーリーの主旨としては、恋愛とは何かを身体で学ぶ上で重要なステップが詰まった作品だなあ、と。
相手のことが好きであることはもちろん、その相手と一緒にいる自分のことも好きになれて自分を肯定できる…そんな出逢い。

何より、終盤でパパがエリオに語った言葉が私にとっても有難くて涙。
生きているからこそ心が動く。どのように動いたとてそれは愛おしいもので、大切にしていていいんだ…
私の場合は彼らと違って夏ではなかったけど、お互いに想いを肌で感じつつも通じ合ったのは相手が遠くへ越してしまうタイミングで、「もっと早く出逢いたかったね」と言って離れて行ったあの人のことを久しぶりに思い出した。


タイトルの意味を考えるのは少し難しい。
だけどあの場面は、"君"への愛や憧れ、それと、"君"と出逢えた"僕"のことをも愛おしくなる…そのように感じ取ることは出来るように思う。
この瞬間は永遠…きっといつ思い返しても煌めいている。

さめざめと暖炉の火を見つめるラストで深く染み入りましたね…あの表情が演技なのかと思うと恐ろしい。
ほんとうにほんとうに良かった。人を好きになる"喜び"と"痛み"が繊細に繊細に描かれていて胸が痛くなるほど。
2人の想い方が違っているのが印象的だった。エリオはオリヴァーへの想いにまっすぐだけど、反対にオリヴァーは好きだからこそ距離を保とうとしている。とくに普段自信家っぽいオリヴァーが気持ちをおさえているのは本当に好きなんだな、と感じてもはや苦しい…。

「Call me by your name , and I call by mine.」から互いを自分の名前で呼び合うの素敵すぎて好きすぎて好きすぎて…………最高………

北イタリアの景色といい出てくるひとといい、きれいじゃないものがない。2人とも顔が良すぎる

エリオをティモシーシャラメ君が演じてくれて、オリヴァーをアーミーハマーが演じてくれて本当によかった。そしてマイケル・スタールバーグさんのお父さんも彼にしか出来ない空気感で素敵だったな…
桃のシーンがかなりぞくぞくした。
お父さんが傷心の息子に語りかけるシーンや、ラストのティモシー・シャラメの長回しのシーンはすごく心に残った。
「モーリス」を思い出させるシーンがたくさん。ドア一つで繋がった部屋、ピアノの音色、芝生でごろごろ。美しさと懐かしさとはがゆさと…ひと夏に通り過ぎた、身体にまとわりつくような物語。

ただ正直美しいけれど、モーリスを見た頃の胸に来る物は無かった。歴史背景などが無いからかな。そこはあえて無くして、漂う空気感に重きを置いたのだろうと…。詩的にしたかったというか。新しいアプローチの映画として見ようとは思ったけど、どうしてもどうしてもモーリスと比べてしまう。

ひと夏の、現実から離れた場所で、少年の中ではじめて目覚めた想い。自分自身の中でのそれとの戦い、周りへの戸惑い、彼へのぶつけ方。美しい国を背景に、ギュッと凝縮してる。

きっと彼が秋を迎えるころに、この思い出は悲しいものから美しいものに姿を変えているのだろう。彼がそれを美しく思うにしろ、もしも後悔するにしろ、その全てを肯定してくれる、という映画なのかな。

そしてこの瑞々しさは、若い世代にはきっとキラキラとしたものに見えたんだろうと思う。
ストーリー、音楽、キャスト、どこをとっても最高オブ最高!!!特に主人公の気持ちに合わせて流れる音楽が本気で泣かせにかかってくる。


匂わせだけでなくそれなりに直接的な描写もあるので、生理的に受けつけない人にはおすすめできません。生理的に受けつけなければたぶんこの映画はそもそも観ないかな?

流行りのジャンルだし男同士っていうところがフィーチャーされがちだけど、ほとんどのこういう映画に言えるのは性別はさしたる問題じゃないということ。
ただ、ふたりともいつ好きになった?!なんで好きになった?!?!っていうところがぐちゃっとしてます笑


好きな人に会っておかなきゃって、絶対思わされる映画。すてきー。
アップリンクにて鑑賞

耽美〜〜〜〜ってかんじだった

英語とフランス語とイタリア?語??が飛び交ってた

Call me by your nameってどゆこと?って思ってたけど、
そのままだったけど、そういうことかーー
なるほどそれは素敵
>|