君の名前で僕を呼んでのネタバレレビュー・内容・結末

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿されたネタバレ・内容・結末

一度本気で恋をしたことがあるなら、この映画が表現する痛みに共感できるはず。
父親と母親がエリオにかけた言葉が素晴らしかった。
素晴らしい恋愛映画。
この映画のことを忘れるまでしばらく食べられなさそうなくらい印象的な桃、その発想はなかった。重要なシーンでは、冬でも必ず蠅が出てくるのは、生々しさの象徴というか、夢じゃないよ、って感じに効いてる。
一番好きなラブストーリーかもしれん。性とかを考えさせる今までの映画とはちょっと違う恋愛映画。画がとっても綺麗で、世界観にグイグイ吸い込まれた。出会ってから徐々にお互い惹かれ合う過程で、こっちも恋してる気分になっていく。まあまあ激しいから1人で見てよかったと思った。LGBT関係なく、人を愛する事ってほんまに素敵な事やな。カリフォルニアでは最後拍手して終わったし、みんな満足してた模様。どこの州でもこんな受け入れられてるんかは謎。あとラストのシーンが今までにない感じで、また感情移入してまう。
大作だな。
まずシチリアが最高すぎる。深いのに明るい緑、アプリコットの曖昧なオレンジ、色色色…。あと音。(坂本龍一も関わっているの?)ピアノの澄んだ音。
全体を通してアプリコットの描写は続いて爽やかだったり刺激的だったり、二人の象徴なのだとおもう。
外での食事シーンはかなり良かったし木漏れ日と水のきらめきと言ったら…。
あとエリオの柄シャツが可愛い。
最後のシーン、何気ない、クライマックスの興奮のない静かなシーンを持って来ているのに、こんなにも感情の昂りを表していてすごい。ブツ、と衝撃的なラストでもなく、なんていうかシトシト降る雨とかポロポロ続くピアノみたいな終わり方。
アプリコットって、甘酸っぱい…。
メルボルンにて鑑賞
イタリア語と英語たまに色んな言語おもしろい
なかなか映画館で笑いが起こるシーンもあったり物語は淡々と進んでって見やすい
青年同士の一夏の恋は、爽やかでキュートでビューティフル
エリオの父と母がステキな人たちだった
オリバー本当にイケメンアメリカーノ
80年代のイタリアの夏の風景が良い
日本で見るとどんな感じだろう
ラストシーン、エリオの涙が美しかった
エリオのピアノが物語と合う
ただちょっと長かったなあ
開始と同時に流れ出すピアノの美しい旋律、これが強烈で頭に残る
映し出されるのは彫刻の写真、そしてキャストのクレジット
一瞬にして映画に引き込まれました
そして美しいイタリアの風景
エリオ一家が夏とハヌカのシーズンだけやって来るあの家の周りもそうだけど、
エリオが本を読みにいく池(2人のファーストキスのあの場所)、広場、旅に出た先、その全てが美しい

恋の喜び、苦しみ、悲しみ
それが2時間12分に凝縮されていて本当に素晴らしい作品だった
ただのLGBT映画ではない
これは人を愛することの大切さを伝えてくれる、そんな映画です
だからゲイが出てくるんでしょ?と見るのを躊躇ってる人にも見てほしい
それだけじゃないから
この映画から学べることはたくさんある
エリオとオリヴァーの2人のひと夏の美しい恋模様だけではなく
エリオと両親、エリオと彼女のマリツィアのことも描かれているのがこの作品のさらにすごいところ
エリオの両親はとても教養があり、終盤にありますが、2人ともエリオとオリヴァーがお互いを想い合っていてそういう関係になっていることに薄々気付いています
だからこそのあの最後のパールマン教授の台詞
「そういう恋愛を、関係を築けるというのは私は羨ましい」うろ覚えですが
「この気持ちを押し殺さないで」というのがすごく響きました
エリオの彼女、とても美しくフランス語を話していたマルツィアも
オリヴァーとエリオのことに気付き
「私は少しもあなたに怒ってなんかいない、これからもずっと友達、愛してる」
という台詞がありました
泣けた〜
でもルカ監督が言っていたけど、この2人は将来結婚すると思います

監督曰く4時間あるらしいです
それがBDに特典映像として入るかは分からないけどずっと見ていられる映画でした
最後のエンドロールもずっとエリオを見ていたい、と思いました
あの表情が全てを物語っていると思います
恋の喜び、悲しみ。
あの時代は同性愛というものがまだまだ受け入れられていなくて2人はお互いを想いながら必死で世間には隠していた
エリオの両親、マルツィアと親しい人にはバレバレだったわけなんですけども
それでも、オリヴァーという人に出会い、エリオは恋に落ちた
それはもう性別を超越したもので純粋に2人は愛しあった

本当に素晴らしい映画なので早く見てほしいです
4月公開なんて遅すぎる、早く公開していろんな人に見てもらうべき映画です
ストーリーも音楽もロケーションも全てが美しかった。Elioがただ純粋で、真っ白で。ラストシーンだいすきだなぁ。


→2回目鑑賞
1回目では気づかなかった様々な伏線を発見!像と、ワンピースの色と、ハエ。久しぶりにこんなに素敵な作品に出会ったなぁと。
甘酸っぱい少年のピュア夏の思い出をこれでもかというくらい美しく映像化。登場人物が全員善良な知的キャラで、悪者がひとりもおらず、主人公のキャラが最高なのもお父さまやお母さまの子どもの育て方のおかげですね。魅力がある人って性別とか国とか関係なく、惹かれるもの、まるで神と神の対話を見てるようでした。ティモシーの果物を使ってのシコシコからの男同士のじゃれ合いは、今世紀いちばん美しいオナニーシーンでした。他人のオナニーで感動して泣いたのは人生初です。そして最後の暖炉前のカメラの長回しで嗚咽するくらい泣きました。DVD化されたら絶対買いますわ。
時は1983年、イタリアを舞台に、ユダヤ人大学教授の息子エリオと、同じくユダヤ人で、教授の助手として6週間滞在するオリバーが、細胞レベルで恋に落ちるお話。原作は、アンドレ・アシマンの2007年に出版された同名小説。監督は、『胸騒ぎのシチリア』のルカ・グァダニーノ氏。初めのシーンからぐっと引き込まれるイタリアの独特の景色、美しい少年とハンサムな美青年との冷と熱の間での駆け引き、絶妙なサウンドが、見事にマッチし、言葉にならないほどの芸術的感性とエロティシズムと知的好奇心をくすぐられる、完成度の高い素晴らしい作品。エリオを演じたティモシーは、イタリアにオリバー演じるアーミーより1ヶ月前から、言語(父親がフランス人のため、フランス語と英語はネイティブ)に加え、ピアノ(元から弾けた)、ギターの猛特訓を受けていた。オリバーがイタリア入りしたのは、撮影の約1ヶ月前。作品内で、エリオがオリバーを連れて街を案内したり、二人で自転車で出かかるシーンが出てくるが、実際、英語を話せる相手は互いしかおらず、ティモシーはアーミーを連れて町を案内し、その後も撮影、夜の語らい、週末を通じて密な時間を過ごした。おかげで、本番には自然に役に入ることができた。アーミー曰く、このように共演者を親友とまで呼べるほど仲良くなったのは初めてだそう。ティモシーも心からアーミーを信頼することができたとインタビューで語っている。因みに双方ともユダヤ人の血筋(ティモシーは母親がユダヤ人で、アーミーも有名なユダヤ人石油王を曾祖父にもつ)。リハーサルは一回だけ、グァダニーノ監督にバックヤードに呼び出された二人は、いきなりシーン67をしてみてくれという指示を受ける。それはただのキスシーン。演じるが「もっと感情を込めて!」との監督の指示、二人は感情を込めて何度もキスシーンを繰り返した、ふと気がつくと、監督は二人をそのままに、どこかに行ってしまったそうだ。微笑ましい二人のインタビューの数々も見応えがある。

実はこの作品、原作を読んでる人は知っていると思うが、物語の途中(しかも悲しい場面)で終わっている。続きは、グァダニーノ監督曰く作る意欲はあるそうで、『ビフォア・サンライズ』シリーズのようにしたいそう。公開は2020年を考えている。その話がインタビューで出た時には、すぐにアーミーが「I am in」と答え、それを見て、ティモシーも手を挙げた。原作には(私を含め)読者の多くはエリオとオリバーのハッピーエンドと読めるようなエンディングが描かれているが、監督は、「原作に忠実にするかはまだ決めておらず、エリオはゲイでなくて、今作に登場するガールフレンドと関係を続けているように描くかもしれない」と示唆している。【このレビューの後間もなく公式で続編制作、2020年公開が決定:作品内容は原作に詳しく描かれていない3年後の物語で、エリオは自身をゲイとの認識には至っておらず自己を模索中。恐らく15年後〜20年後の物語(原作)の前編となる可能性有り】個人的には、ここまで今作(映画)が繊細巧みに原作に沿ってきたんだから、ぜひとも最後まで原作を大切にして欲しいと思う。ゲイが描かれた評価の高い映画作品はいくつかあるが、そのほとんどが悲しい内容である。どうか一つここで、映画としての格調と芸術性を備えた、ハッピーエンドな男性同士の同性愛映画を完成させて欲しい。