ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

これはおもしろい!死因の真相を暴くかと
思いきや、途中からただのホラーになって
しまったのが傷だけど、最後まで楽しんで
見れた! 久々のホラーの傑作。
T兵衛

T兵衛の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

invisible wound 
身元不明の女性の(遺体)ジェーン・ドウ、それを解剖しながら物語が進む前半までは、遺体から浮かび上がる犯人の残虐性、もしくは死因不明の不可思議な遺体の状態により恐怖を描いたミステリータッチの新感覚のホラーで最高です。※遺体が本物としか見えないのでグロいのが苦手な方は注意が必要です。
後半は正統派ホラーになってしまって肩透かしを食らいました。しかし、中々怖くて一捻りもあって良かったです。
本作は普通に考えたらバッドエンドだけど、ジェーン・ドウを主人公として観たらハッピーエンドじゃん!(^ー^)ニッコリ
色々想像させる終わり方も良かったです。あとジェーン・ドウがスキッ歯だったのはちょっとシュールだったなぁ。
おそらく自殺した母親がテーマに絡んで来てると僕は読んでいます。
Hook

Hookの感想・評価

2.8
思ったのと違う映画だった、途中で、あ、そっち方面なのねと思ってしまった。解剖シーンがなかなかのリアルだったのでそのままそれ中心のストーリー展開を期待してしまった。ただ、まあ面白くはあった、
pero

peroの感想・評価

3.5
前半はおう ぐろいぐろいと思ったが
後半はホラー映画に。。
貞子みたいに解決しない系のホラーだった。
ヨウ

ヨウの感想・評価

3.0
原題〈The Autopsy of Jane Doe〉
事件や事故による死体の死因を特定をするための検死官親子の元に運ばれてきた正体不明の全裸女の遺体(ジェーン・ドゥ)の謎に迫るミステリー・スリラー・ホラー。
解剖を進めていく毎に解明されていく死因とそれに伴い深まる謎。そして怪奇現象が親子を襲う。
何気にこういうシチュエーションでの映画は斬新で損傷した死体というグロいものの中に美しい状態の死体を放り込むことでコントラストついて逆に不気味に映っていた。そんなジェーン・ドゥの死体描写もリアルで、死体を手慣れて扱う主人公たちも流石に肝っ玉座っているのですぐさまやられるわけでなくちゃんと謎に立ち向かってる姿勢が好感持てた笑 勝ち負けは別として。
ホラーとしては難しいところで、鏡、ラジオ、足に付いた鈴など小道具使った演出は良いけど、幻覚ぽい描写で現れる安置所の遺体達はそこまで恐怖心を煽らなかった。
りえ子

りえ子の感想・評価

3.6
死因を解き明かすサスペンスホラーかと思いきや、そっち系か〜という流れがちょっと残念だった。でも、充分に怖くて終わり方もちゃんとしていたので満足。
たす

たすの感想・評価

3.0
怖かった…ぞわぞわした…為すすべのない怖さ…強い…

強くて好きだったのでシリーズで見たいですね(бωб)
キヨ

キヨの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジェーンドゥが美人だった。
彼女自身が呪で、彼女を解剖して行くと周りの人間が呪にかかり死んで行く。
彼女自体は死んでおらず、むしろ、生きており、彼女を解剖し終わってしまうと、今度は自分が死にながらにして生きている、呪を振りまく存在となってしまう。
ホラーってほどではなかったから、ちょっと拍子抜けかなぁ
てつ

てつの感想・評価

4.0
”心を開いて 明るく照らしましょう”


久々の☆4つ^^

ティルデン家は3代続く、司法解剖をする遺体安置所を営んでいた。
ある日、惨殺事件現場でほぼ無傷の埋められた死体、”ジェーンドゥ”が発見され、ティルデン家に持ち込まれる。
解剖を始めると、その遺体の内部は異様な雰囲気だった。
手首、足首の関節は骨折、舌は切り取られ、外傷はないのに身体の内部は切り刻まれていた・・・

今作は以前から楽しみにしていて、その期待通りの内容でした。
解剖を淡々と見せる映像と、謎の遺体”ジェーンドゥ”の正体など、よく考えられてる内容でした。
解剖のグロさもちゃんとしているし、本当に解剖してるのではないかと思わせる映像でもありました。
その後に分かる1600年代の北部のセイラムの魔女伝説が出てきたり、そういうのが好きな私には、ダブルの面白さがありました。

それにしてもジェーンドゥを演じたオーウェンケリーはすごいなと。

猫好きな私は、猫が不幸になると悲しいよ(T_T)
なこ

なこの感想・評価

3.7
解剖も安置も火葬も自宅兼はやだーΣ(T▽T;)

夜な夜な鈴の音聞こえそうで眠れない(T△T)

死体を息子の彼女に見せるってどーなのって
思ったけど
まさかのアクシデント
幻覚見せられてた?怖すぎます(T△T)

なぜ地下に埋められてたのか分かんなかったけど
家主が怖くてそーしたのかな

彼女はどこに行っても同じ結果を招く

次に運ぶ場所をとっさに変えた保安官は
何かを感じた?

とてもキレイな死体が運ばれてきたら要注意だね
彼女は容赦なく襲ってくる