ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

moe

moeの感想・評価

3.5
ついこの前まで連ドラのアンナチュラルにハマってたので、そうか解剖ってグロいもんだよなと今更ながら思った(アンナチュラルはグロ描写ゼロでバンバン解剖してた)
前半部分の死因究明な感じで最後までいってくれてもよかったけど、そうするとただの法医学ミステリーになっちゃうしまあいいのかな。
サスペンスではなくあくまでもホラーとして、充分楽しめる映画でした!!
続編が欲しい。
masa

masaの感想・評価

3.2
斬新なストーリーかなと思い期待していた作品。

身元不明の女性の検死を行うことになった検死官の親子が、解剖を進めるうちに怪奇現象に襲われる話。

身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミーと息子オースティン。
死因を調べるため解剖を進め、徐々に驚くべき事実が次々と明らかになり……

最初解剖のあたりは謎が深まり、興味深かったが、だんだん、よくありがちのオカルトホラーになってしまった…
ちょっと残念。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.6
徐々にホラー要素が高まっていくグラデーションがうますぎる。
ホラー要素以外の基本的な会話だったり場所説明カットの撮り方はあまり好みじゃない。
ただ、ジェーンドウの解剖が始まってからはかなり引き込まれる。
ありきたりの脚本かと思って見てたらまったく先が読めん。
ジェーンドウお前は一体どうやって死んだんだ。
鈴の音はまじで怖い。
でもそれ以外のホラー演出は先が読めてしまうところも以外と多い。
同じbgm何回も使い回しすぎかな笑
脚本設定はおもしろいねんけどなー、なんか惜しい。
takeshi

takeshiの感想・評価

4.0
とても好みな内容。親父かっこいい!
ただ怖い、グロい、ではなくしっかりサスペンス的要素もありつつ伏線もしっかりしていたように思う。恐怖演出がうまい!
怖さはあまり感じず。ただ、このシチュエーションのホラーは新しく感じました。
解剖を進めるにつれ分かって行く事実。事実は分かりますが真実までは分かりません。
死体一つで、ここまで話作れるって凄い!
不気味な雰囲気がずっと漂ってて、謎が解けるまでそのテンションが保たれてるので緊張感ありました。
思ってたより怖かった…
ジワジワくる感じで、モヤッとして終わりました。洋画ホラーの中では結構怖いほうかと…
あきら

あきらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ミステリーかと思ったらまんまとホラーだったわけですが、何が怖いって「まだ生きてる」「痛みを感じている」ですよ!
そんな地獄あるのかよと!

この先も彼女が感じ続ける途方も無い痛みと永劫の孤独のことを思うと……吐きそう気が狂いそう……

解剖シーンはたしかにリアルだけどグロさよりむしろ美しさを感じました。
とにかく人間よりも「彼女」に思い入れて、ある意味で究極に怖い映画だった。
reyonce

reyonceの感想・評価

4.0
最近のホラーの中ではなかなか良く出来てる方だと思います。なかなか怖い。
下手なゾンビ要素なくて良かった。
かずよ

かずよの感想・評価

4.5
ダントツで最近見た映画の中では怖い映画。っていうか、久々にホラー映画らしいホラーでしたね。セイラムの魔女裁判はこの映画を見る前から知っていたけれど、セイラム魔女裁判に限らず過去魔女として拷問され処刑された女性は100%無実だっただろうから、悪魔のごとき人間がただの人間を本物の悪魔へと変えてしまったいい例なのかも。そりゃあ拷問の苦しさから逃れるためには神だけでなく悪魔にもすがるでしょうからね。