ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:86分
    監督
    アンドレ・ウーヴレダル
    脚本
    イアン・ゴールドバーグ
    リチャード・ナイン
    キャスト
    エミール・ハーシュ
    ブライアン・コックス
    オフィリア・ラヴィボンド
    マイケル・マケルハットン
    オーウェン・キャサリン・ケリー
    パーカー・ソイヤー
    ジェーン・ペリー
    あらすじ
    バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

    「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

    ポチ
    3.8
    序盤にお約束の、ホラーと関係ないビックリポイントがあって多少イラついたけど、おおむね満足の怖さ!

    解剖を担当する親子の行動も、ホラーにありがちな「絶対そんなことやらないよ!」という行動はほとんど無くて、ストレスフリー。叫ばず冷静に…むしろ慣れてないか?w

    鈴の演出はJホラーみたいな怖さがあってとても好み。

    設定が、そんなに意外性が無かったかな。ラストの処理もちょっと雑…。でも個人的には、怖さより親子が互いに思い遣る気持ちがどのシーンも溢れていて、少し泣いてしまった。巻き込まれ系はかわいそうだな…。
    身元不明女性の遺体を解剖していくうちに怪奇現象が続発。地下の解剖室という閉鎖空間設定も恐怖感に拍車を掛けていた。
    komblog
    -
    アメリカ版でも見えなかったから、日本で公開したものでもそうだと思うけど…オネーチャンのあそこが見えないのおかしくねーか?????0点!0点ですよ、こんなもんっ!!マジふざけんな、と言いたいっ!!!
    北欧の変態監督たちは本当に素晴らしい。彼らは常に魂の在り方やアニミズムを作品の中に入れ込む。それが作品をピュアで危ないものにするのだ。ノルウェー出身のアンドレ・ウーヴレダル監督作「トロール・ハンター」もモンスター・アクションなのに北欧流の狂気を感じさせてくれた。
    今回は死体解剖のホラーだが、変態度は抑え目。それでも美しい死体を延々と解剖するシーンは独特の感性がある。
    サンペンスの演出も見事なのでハリウッドで大作を撮る日も近いだろう。
    Kitty
    4.0
    ここ1、2年のホラーではベスト3に入る出来の良さ。物語の構成的にはオーソドックスな謎解きホラーではあるけど、設定と描写のこだわりで何倍も面白くなる好例。そもそも脚本自体が良いテンポでこまめに真相を出すこととショック描写のタイミングで客がダレる瞬間が無いのも良い。
    ホラー的な演出もオーソドックスな物が多い印象だったが、客の期待に応えたものが多く満足。暗闇やピント、影を使って明確に描写しないのも、対象の状態が事前の説明で提示されているぶんこちらの想像力で補完させる手法も効果的。密室という性質を活かした閉塞感、どこかに確実にいるという絶望感と不安感もよく表れていた。
    展開的にはJホラー的でもあり、謎を残した続きのありそうな、だいたい予想の出来るオチ。ただ、納得のいく終わり方なので文句はない。
    効果的に観客の想像力を掻き立てる余白を作った、Jホラー的でもある洋ホラー。丁寧に作られた、いい意味でホラーのお手本のような作品。脚本も演出も役者も見事。
    Hey
    2.4
    何が起こっているのかわからなくてドキドキはしたかもしれない。
    ただ全体的にじっとりとしすぎていて見ていてつらかった。
    ka
    5.0
    2017.07.09

    2017.07.15
    新感覚のホラー映画でかなり怖い、
    続編もあり得る恐ろしエンドも良かった。
    解剖シーン多目でグロいんだけど
    死体のジェーン・ドウは終始美しい。