ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

いわた

いわたの感想・評価

3.8
ジェーン・ドウ美し過ぎる……。設定はものすごく好きだった。ラジオのかわいい音楽が良い味出してるし、鈴の音も◎
しかしやはり洋画ホラーだなぁ。怖さは微妙。果たして映画が怖くないのか自分に耐性が付いてしまっているのかいよいよ分からないが、理想のホラー映画探しの旅は続く。
久世

久世の感想・評価

3.8
いや、これなかなか怖かったね。
スタッフの方は邦画のホラーが好きなんでしょうか。あんな感じの雰囲気があったわ。
わーわー言いながら観とりました。最後のセリフだけどういうことなのか、誰か教えてくれ。
身元不明の女性死体を解剖したせいで恐怖を味わう親子を描いたホラー映画。

ジャケに惹かれて借りたが予想してたより面白かった。見所の解剖シーンのグロさや生々しさは凄く良かったがグロ耐性がないとマジでキツいと思うし検死官の仕事のハードさを感じることが出来る数少ない映画だと思う。
ジェーンドウの死体なのに綺麗で不気味で死体なのに今作で一番恐ろしいと感じた。

ただ死体のインパクトが強すぎるためにほかのホラー演出はあまり恐くなかったし登場人物がほぼ二人なのでハラハラ感が弱く86分なのに少し長いと感じた。

主演のエミール・ハーシュと名優ブライアン・コックスの好演のおかげで飽きずに観られたが後半はもう少し盛り上がっても良かったと思う。

全体的に地味だがジェーンドウの不気味さや解剖シーンの素晴らしさ主演二人の好演などホラー映画の中では良作の部類に入ってるとは思うし夜中に観るにはちょうど良いと思う。
MitiyoOisi

MitiyoOisiの感想・評価

4.0
今見てるんですけど怖いよぉ。ジェーンドウは美しいですね。ヒエェ

このレビューはネタバレを含みます

予備知識なしで鑑賞。
ジェーン・ドウが解剖されるごとに死因への様々な疑問が浮かんできて、思わず自分も主人公と一緒になって考えこんでしまった。
上半身を開いたのがきっかけで「悪魔ものだ!」と勝手に解釈するも惜しい、魔女ものだったか。
もちろん体の内部なんて見たことはないけど、それでも解剖シーンは素晴らしい出来だったと思う。
これが映画の軸として成り立っているといっても過言ではない。
Mm

Mmの感想・評価

3.5
あまりないタイプのホラー。死ぬほど怖かったけどちょいちょいツッコミどころあって面白かったw
怖かった、何回もビクッてなった
ジェーンさんには同情するけど巻き込まれた方はたまったものではない
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットとタイトルのインパクトから思わず手に取ってみた作品。
見た目はホラーだけど、ホラー以外の要素を何となく期待してしまいました。

途中まではかなり興味をそそられる展開。
美しい死体。
解剖のシーンは勿論グロテスクではありますが、それでいて謎めいた描写を含ませているから、なかなかのミステリー映画として高い完成度を感じさせます。

後半、謎が少しずつ解明されますが…。
これはもう好みの問題ではありますが、ホラー×オカルトの場合、もうひと振りスパイスが欲しかったなというのが本音です。
Kansuke

Kansukeの感想・評価

3.3
あの彼女は、わっ!って無駄に驚かせたりしてくるからバチが当たったのだ。
kensyo

kensyoの感想・評価

4.5
面白かった!最小の登場人物と最小の舞台で展開されるから、観ている方もフォーカスできる。
謎と恐怖のバランスが素晴らしくて目が離せなくなる。

ジャケット写真の通り、物語の中心となる死体もめちゃくちゃに美しい。
こんなに美しいのは、他には「ツイン・ピークス」と「ザ・セル」くらいじゃないだろうか。

アメリカの映画で縁起が扱われるのは新しいなと思う。
大抵の映画は縁起とかはなくて、「原初からそういう存在」として描かれる(「悪魔」とか)けれど、この作品では「解剖」という手法とリンクして恐怖の縁起について触れられていて、そういう意味でも東洋的な怖さがあって大変に良いです。