おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

岡山の丸ノ内シネマクレールにて、レディースデー。フランス映画は久しぶりに見たけど、ポップでモダンな感じが良かった、し、アレクサンドルがカッコよくって虜。わかっていた展開だからこそ、最後をもう少し重く描いて欲しかったなと思ったりも。あとは息子とのエピソードをもう少しフィーチャーしてほしかったり。でも全体的にわかりやすくて嫌な部分がない映画でした。んあ、あと音楽が好い。
naoton

naotonの感想・評価

3.5
リアリティ感を全く感じれなかったのは悔しいが、そこは妄想力でカバーしながら楽しく観れた。
白馬の王子さまへの憧れはなくなることはないけれど〜その上で!ヒロインのセリフにストレートにテーマを語らせるなんてまさに直球勝負!そして主演のジャンは才能溢れる人格者です。
人生は自分で決める、人生を一緒に過ごす人は自分が決める、当たり前のことですが
障害はあなたの心の中にある
グサッときましたね。人は見た目が大事。これも本当。でもそれ以上に一緒にいたいと思う相手に出会えて、ディアーヌは幸せですわ。最後の告白シーン、あの笑顔が素敵過ぎて、今日1日ハッピーな気分で終われそうです(^^)
tomo

tomoの感想・評価

-
背の低い男性との恋の物語。
男性の中身があまりにカッコいい…

互いにバツイチという設定。離婚歴は関係ない国だとわかった。
climax

climaxの感想・評価

4.2
身長って恋愛の障害にはならないってアタシは思う。
年齢差ぐらいな感じ⁇
あんな素敵な男性、まさに王子様でしょ⁈

だけど女性の僅かな戸惑いを察した時のアレクサンドルの「続ける⁇」の言葉はさすがに切なかったな...

オープニングから可愛いくて超絶ロマンチック。
透明感な音楽♫とかフランス語の余韻とか。
あとほんの少しのオペラ座のダンサーのレッスンシーンとか。
好きだなー♡
ryo

ryoの感想・評価

3.4
さくっと軽いコメディと思いきや、意外と考えさせられた…。

息子がイケメン長身だけに、遺伝とかそのあたりは考慮から除外されたのかな、とか穿った見方もできてしまうけど、やっぱり人間的魅力があれば帳消しになるところもあるね。

元夫がクライアントやら仕事関連で寝すぎ…
なこ

なこの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ありがちな恋愛映画かなと思って、ひとりでふらっと休みの日の午後に珈琲飲みながら鑑賞。

2人が出会って、恋に落ちて、ちょっと別れそうになって、お互いの大切さを再認識っていう流れは王道の恋愛映画なのだけど…

わたしはこの映画を本当に観てよかった。

まず登場人物全員にちゃんと役割があって、みんなに感情移入ができる。

お母さんのように、自分の旦那は耳が聴こえないだけで特別という気持ちもわかるし、
ヒロインのようにまわりがきになるし、自分が申し訳なくなるという気持ちもわかるし、
息子のように中身を熟知していれば誰よりも大きい人と思う気持ちもわかる。

ただ、自分が最近結婚したから、というのもあるんだけどこの先ずっと一緒にいたい
と思うのは、誰を選ぶのにもやっぱりなかなか勇気のいることだから、結局は自分の意志や勇気や決断力が大切なんだと思う。

だから飛行機からジャンプして勇気を示したところはあり彼女の勇気であり、結婚を決意する女の隠喩だったんじゃないかな。

別れた旦那にヤキモチを妬かれるも、元旦那はすぐお客さんと寝ちゃうダメ男っていうのも、、、
笑いながら見れるくらい大人になった女の人におすすめの映画!
背は低いけどそれ以外なんでも持ってる彼氏さん。
人は見た目が100%…そんなこともないかなあと考えさせられる映画でした。
自分が見栄をはるための相手より自分が素でいられて楽しめる相手のほうがいいのかなって思いました。何をとるかはほんとに自分次第…!
見た目とは一体何なんだ。

ヒロインが悩んでいたのは
自分より小さな彼と一緒にいる姿を
人にどう見られるか、という
自分の見た目であって、
彼の見た目ではない。
否定されてやっと初めて
相手の立場で物事を考えられるようになる。
大抵は時すでに遅く、後悔の念に駆られることが多いが、この映画のふたりは幸せだ。
何が言いたいかというと、ただ羨ましいのです。