おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

3.4
さくっと軽いコメディと思いきや、意外と考えさせられた…。

息子がイケメン長身だけに、遺伝とかそのあたりは考慮から除外されたのかな、とか穿った見方もできてしまうけど、やっぱり人間的魅力があれば帳消しになるところもあるね。

元夫がクライアントやら仕事関連で寝すぎ…
なこ

なこの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ありがちな恋愛映画かなと思って、ひとりでふらっと休みの日の午後に珈琲飲みながら鑑賞。

2人が出会って、恋に落ちて、ちょっと別れそうになって、お互いの大切さを再認識っていう流れは王道の恋愛映画なのだけど…

わたしはこの映画を本当に観てよかった。

まず登場人物全員にちゃんと役割があって、みんなに感情移入ができる。

お母さんのように、自分の旦那は耳が聴こえないだけで特別という気持ちもわかるし、
ヒロインのようにまわりがきになるし、自分が申し訳なくなるという気持ちもわかるし、
息子のように中身を熟知していれば誰よりも大きい人と思う気持ちもわかる。

ただ、自分が最近結婚したから、というのもあるんだけどこの先ずっと一緒にいたい
と思うのは、誰を選ぶのにもやっぱりなかなか勇気のいることだから、結局は自分の意志や勇気や決断力が大切なんだと思う。

だから飛行機からジャンプして勇気を示したところはあり彼女の勇気であり、結婚を決意する女の隠喩だったんじゃないかな。

別れた旦那にヤキモチを妬かれるも、元旦那はすぐお客さんと寝ちゃうダメ男っていうのも、、、
笑いながら見れるくらい大人になった女の人におすすめの映画!
背は低いけどそれ以外なんでも持ってる彼氏さん。
人は見た目が100%…そんなこともないかなあと考えさせられる映画でした。
自分が見栄をはるための相手より自分が素でいられて楽しめる相手のほうがいいのかなって思いました。何をとるかはほんとに自分次第…!
見た目とは一体何なんだ。

ヒロインが悩んでいたのは
自分より小さな彼と一緒にいる姿を
人にどう見られるか、という
自分の見た目であって、
彼の見た目ではない。
否定されてやっと初めて
相手の立場で物事を考えられるようになる。
大抵は時すでに遅く、後悔の念に駆られることが多いが、この映画のふたりは幸せだ。
何が言いたいかというと、ただ羨ましいのです。
次の恋に踏み出せないバツイチの弁護士ディアーヌは、事務所のパートナーである元夫にウンザリしている毎日だった。そんな最中、いつもどおりにイライラしながら仕事の電話をしていたカフェに、携帯電話を忘れていってしまう。偶然にも傍に居合わせた携帯の拾い主と、落とした電話でスマートな会話を楽しんでいた。携帯を返してもらうため、その彼に会うことになり期待に胸を膨らませていたところ、現れたのは自分よりずっと背の低い男性だった。「アーティスト」でカンヌやオスカーに輝いたジャン・デュジャルダンが知的でハンサムな身長136cmの建築家アレクサンドルを、「ターニング・タイド 希望の海」のヴィルジニー・エフィラが彼と出会う弁護士ディアーヌを演じ、身長差のある二人の恋模様を綴るラブコメディ。監督は「プチ・ニコラ」のローラン・ティラール。

恋愛という単語はあるものの、恋と愛とは全く別のもの。恋はカップルがそれぞれ(ときには一方的に)相手に過度な期待をしてしまい、両想いならまだしも、一歩ボタンを掛け違えてしまうと大惨事になってしまう。一方、恋する部分を通り越して、お互いが深い愛情に包まれれば、相手がどんな容姿をしていようが、どんな醜態をさらけ出そうが、お互いのことを慈しみ合うことができる関係になれる。恋愛をまともにしたことのないワタクシが言うのもなんですが、恋するシチュエーションでは容姿であったり、立ち振舞であったり、相手の仕事や収入の面であったり、もちろん性格であったりする部分まで、いろんなことが相手の中で気に入ることの天秤にかかってしまう。無論、それは身長差であってもそんなものの1つになってしまうのだ。

愛があれば、そんなの関係ない、、と言葉に出すことは簡単だけど、実際に相手の身長が極端に(たとえば、小学生並みに)低い場合に、そんな彼(彼女)をあなたはパートナーの候補として考えられるだろうか? お洒落な作風の作品ではありますが、本作が問いかけていることって、結構残酷なことであるかなと僕は思います。僕も大人になって、(僕自身の身長も高くないのですが)極端に身長が高くない方というのと会ったりしたことはありますが、気にしないと思っても、どこか心の中で色眼鏡で見てしまう。自分も障害者であるし、他人からはそういう色眼鏡で見られることも分かっています。この本心の部分は、どう取り繕おうがそう思ってしまうことは人間としておかしくないことだと僕は思います。でも、子どもならまだしも、大人なら違和感を感じながらも、どういう風に相手に接するかというので、その人自身が問われるかなとは思います(子どもは結構残酷に本音を言いますし笑)。どんな人であろうが、こうした見た目の部分に囚われるけど、それを乗り越えてしまうと、身長差、体格差、容姿の差等々は、なんていうことない低い壁だったりもするのです。これは恋と愛との間に、ある壁と変わりはないのかもしれません。

さて、映画としての部分に戻ると、こうした作品のテーマに関する部分は十二分に描いているものの、描きすぎて、少し作品全体が小さくなっているように思います。結局、惹かれ合ったらそのままなんでしょ、、という予想がどうなるかというのは観てのお楽しみ的なところではあるものの、そこの部分は大きく期待は裏切らないだけに先も読める展開になっているのも少々物足りないかなと思います。
才能ある建築家で、お金持ちで、ハンサムで品格があり、人に気くばりもできる。そんな魅力的な男性、アレクサンドルは、身長136センチ。でも、彼の身長が高かったら、今のアレクサンドルのような人物になっていただろうか?身長も含めて、すべてが彼。
「障害は君の心の中にある」
YUI

YUIの感想・評価

3.4
外見より内面が大切。
ハンサムスーツも同じテーマだけど、この映画は顔じゃなくて身長。
男の人で、子ども程の低身長。
顔ならパッと見ではわからないけど、身長って一番目につくよね。
内面がすごく良くても人目気になっちゃう気持ちわかります。
他の人たちとか関わらずに生きていけるのであればこういった悩みは起きないんでしょうけど、そうはいかないですよね。
心に障害があるとか、体は大きくても心が小さいとか、グサッと来ました。
色々考えさせられます。
ワンちゃんとの絡みが毎回おもしろかった(笑)
Alie

Alieの感想・評価

4.5
iphoneを落として始まった恋は なかなか甘くてくすぐったくて ほろ苦いなあ〜としみじみ感じた大人なラブストーリー

人のどこを見てお互い惹かれるのか 取り繕った感情とは反面 ストレートに募る想いとどうにもできない見た目にじたばたする たくさんの意味を込めた”内面”と”外見”の ちょっと考えさせてくれる映画!

思わず笑って ユーモア溢れる所は さすがフランス映画〜
akemi

akemiの感想・評価

2.0

フランスの俳優さんたちに詳しくないから
こんな小さいちょいワルオヤジがいるんだ〜
なんて単純に思ってた

でも見てるとなんか違和感…❓

調べたら183cmの本物のイケメンちょいワルオヤジだった

CGを使ったり、膝をついて演技したり、遠近法を使ったり、いろいろ方法を駆使したみたい

そりゃそうだ
なっとく❗️

ストーリーは
王道のラブストーリー❤️
ラストにハッピーエンドが待ってるから
途中二人にピンチがあっても安心して見ていられるー😊
しょう

しょうの感想・評価

3.0
ヴィルジニーエフィラは魅力的。
固定概念とか先入観とか、心の障害もわかるけれど、個人的にはアレキサンドルの存在のリアリティが薄くて入り込めず。ずば抜けたお金持ちやCGじゃなければよかったか。