おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

くぼち

くぼちの感想・評価

3.8
パートナーにするなら心(中身)が素敵な人が一番だなって実感。
「障害は自分(君)の心の中にある」って言葉がめちゃくちゃ胸に突き刺さった…。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.7
フランス映画。みんな同じなんて思い込みで、みんな違うってことを受け入れなきゃ
障害は自分の心にある…響いたな。上手く行って良かった。息子、デビュー当時のハリースタイルズ似。イケメン、スタイル良し。

このレビューはネタバレを含みます

ヒロイン・ディアーヌの母が良かった。
おばさんノリでアレクサンドルがいないところで低身長をジョークで笑いまくる。
夫(ディアーヌの義父)は耳が悪い障がい者だが「見た目でわからないから貴方はアレクサンドルと違って障がい者じゃない」と言って夫と喧嘩してしまう短いシーン。
そのシーンがディアーヌの心の中の偏見をわかりやすく表していると思った。

みんなと同じが良いというのは思い込みで、自分が好きなものは自信をもって好きでいいという普遍的テーマをしっとり組み込ませていて、王道で見やすかった。

ラストにディアーヌが空から降ってくるのは「周りの視線なんか気にしない」のメタファーだと理解しました。
chihiro

chihiroの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

当たり前なことなんて1つもないのに、気が付けば大多数の人がそうであるだけで、それを誰もが自分の中で"当たり前"にしている。

白馬の王子様は背が高くてイケメンで…なんて、ただの植え付けられたイメージでしかないのに。

はじめはアレクサンドルがディアーヌに振り向いてもらおうと必死に振舞っていた筈なのに、最後にはディアーヌが跪いてアレクサンドルに愛を告白していたのが印象的だった。

"障害"なんて表現を誰かに使うこと自体ナンセンス。誰もが心の中の必要ない枠を取っ払えてしまえばいいのに。
ローズ

ローズの感想・評価

3.3
自分に置き換えて色々考えながら観ました。
障害があっても愛せるか、というテーマだけど、イケメンだしお金持ちだしなー。
貧乏で顔もイマイチだったら…?笑
結局はその人と人生を共にする覚悟があるか、というのはどんな恋愛でも一緒だと思います。
ラブコメというよりは結構シリアスに観たので、淡々としたお洒落な映画という印象でした。
ゆに

ゆにの感想・評価

3.5
ほっこりする、素敵な映画

女の人も初めから綺麗事ばかり言うんじゃなくて、葛藤しながら、悩みながら、それでも、、、っていうのが正直な感じで良かったなぁ
見た目の醜さを乗り越えて恋を成就する題材はありきたりなのだから、ジーンと感動するような落着の仕方を期待していたのに、チョー残念。
花

花の感想・評価

3.5
フランスのラブコメ映画。子供くらいの低身長のイケメン男性との恋愛模様が描かれていて、低身長以外は完璧なのに身長が低いだけで馬鹿にされたり変な目で見られたり。人は「ある」ものより「ない」ものに注目しがちだけど、「ある」に注目した方が楽しく生きられるよね。
彼のお家が凄く素敵!
庭もインテリアも凄く素敵。フランスだからか、シックで洗礼されてます。
ユーモアがあってちょっとぐっとくるお話でした。