おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

体は大きいけど心は小さいっていう予告にも出てきたセリフが頭から離れなかった。
この映画を見るとちゃんとしなきゃなぁって←表現力(笑)。思いました!
アレクサンドルの息子さんかっこよかった😍
momomi

momomiの感想・評価

3.5
普通に良作。
フランス映画って、ゴンドリー然りいつもどんなもの見せられんだろってハラハラするけど(褒めてる)、想像どうり普通に(褒めてる)良き。

どんな時でもハイヒールはく様がかっこよかったし、総じてお洒落。この男の人普段は180越えの長身らしく、ただのイケメンじゃんっておもった記憶(褒めてる)

万人にオススメできる作品!
るび

るびの感想・評価

4.5
これ最高だった。知的でリッチでハンサムな紳士、アレクサンドルは身長136cm。ブロンド美女との恋の行方を描く笑って泣けるフレンチラブストーリーのはずなんだけど、障害とは?偏見とは?人間の価値は何で決まるのか?深く考えさせられ、観た後に襟を正したくなる1本。
Y

Yの感想・評価

3.8
見た目に囚われず愛することの大切さを描いているのかなーとぼんやり思いつつ見始めると、現れたのは、顔はイケメンのハイスペック低身長…ちょっと強引で、どこかの社長を思わせる自信家っぷりで、社会的に成功していて、新しい世界を教えてくれて…そりゃ惹かれるわ。こんなリッチなら…なんだ結局お金かーとちょっと冷めつつ、まぁ現実逃避にはちょうどいいか。夢見よ〜と思いきや。人間の本質的なところをトスッと突いてきたり、思いがけなく泣けてきたり。

『障害者は君の心の中にいる』
『体は大きいけど心が小さい』
『小さな頃から植えつけられた先入観』
『理想の恋人像が消えない』
『“みんなと一緒”がいいと思ってしまう』

どれも身につまされる台詞でした。
誰にも何かしら理想はあって、現実とのギャップに悩むこともある。自分で植えつけた先入観に苦しむこともある。『こうじゃなきゃダメ』と思い込んで、勝手にしんどい方へ追い込まれてみたり。

『周りが何を言おうが私は気にしない』と敢えて言うことは逆に失礼にならないのか、とか考えだしてしまい、伝え方とか、とても難しいよなぁと思いました。
あとやっぱり勇気は大事。

ところでアレクサンドル役のジャン・デュジャルダンさんは実際は182cmなんですってね。技術って凄い。
それと原題『Un homme à la hauteur』の意味を調べましたら「身の丈に合った人」「腕利き・ひとかどの人物」「身長の高さ」「人間としての質の高さ」など色々出てきました。邦題の方がラブコメらしいロマンチックさが出てて可愛らしい感じがするので、ありきたりだけど好きだな〜
kagikkt

kagikktの感想・評価

3.8
外見より中身が勝負って言ったって
そんなに割りきれないのが人間の性。

結局のところ多かれ少なかれ
誰しもコンプレックスはあるわけで
当人同士がよければ他人は関係ないじゃんってこと。

分かりやすい題材で
おもしろかったです。
「もしかしてこのラストは革命的?」

よくある標準的な恋愛映画。
出会って、親しくなって、喧嘩して、それから・・・・なパターン。
だいたい喧嘩の理由がテーマになるんですよね。
今作はオッサンの小ささがテーマ。
単に背が低いのではなく障害による体型の小ささです。
私は予告編も観ず予備知識も無しに見たので、あまりの小ささに驚きました。
このちっさいオッサンがまぁマメで気の利く良い男。
しかもやり手建築士で超リッチなモテ男。しかも子持ちのバツイチ。
コンプレックスの闇もない男としちゃ完璧なんでヒロインも心奪われますが、どうもヒロインは周りの目が気になるのと同時に自分の思いが本物か揺らぎます。
主人公が障害者ですが決して悲観するわけでも無く茶化すわけでもない。
この辺はバランス良くコメディとして上手く描いています。
ちなみに主人公を演じたジャン・デュジャルダン。
後で知りましたが136㎝に縮められてCG合成されてます。
共演者との目線も合っていて違和感無しなのは素晴らしかった。

追伸
ラストの告白がですね・・・・。
このパターンは今まで見た映画であったかなぁってくらい新鮮でした。
そういやそっちからは無いなと。
もしそっちからの作品があるなら教えてください。
kamuro

kamuroの感想・評価

3.8
いい映画だなぁ。
「植え付けられた理想が消えないの」というディアーヌに対し「植え付けたのは君だ」と諭すアレクサンドル。
みんな自分が作り出した幻想や強迫観念に縛られている。その幻想を打ち砕くのはやっぱり愛!
jocx

jocxの感想・評価

3.8
どんなに良い人だと分かっていても人は見た目を気にしてしまう。人は外見ではない!と言ってもキレイごと。本音は…アレクサンドルは完璧な男、身長を除いては。ディアーヌの葛藤が伝わり、特に夜を迎えた時、ベットの前に映る鏡に一瞬彼女は違和感を感じる。アレクサンドルは自分を見て!と言う。目の前にある全てを受け入れたと思った。しかし、それは目を逸らしただけ。本当に相手を受け入れる為には目を逸らさず、第三者からの様々な障害にも立ち向かわなければいけなかった。私たちの身近にもあるのではないか?
いつみ

いつみの感想・評価

4.2
人生をずっと一緒に過ごしたいって思うのはまさにこういう大人な男性。

何か困難やトラブルにぶつかった時にでも、彼のようにユーモアと品格を忘れずに前向きに乗り越えていけるだろう男性は本当にステキだなぁ。

パートナーを尊敬し信頼できるって素晴らしい事だし、そんな人に出会え好きになったなら、その人の外見等を他人がなんと言おうと本当関係ない。

お互いに相手を思えばこその葛藤が切なく、刺さる物がありました。

心ない嫌な人も沢山でてきて腹が立った。だけど、私は彼らと違うと言い切れるのか、彼のようにマイノリティーな誰かを好奇の目で見てしまったり、一種の優越感のような物を抱いた事は本当にないだろうかと自問してしまった。

障害は君の心の中にあるっていうお父さんの台詞はこれからもずっと忘れないと思う。
映画館にて。


前半 1時間ねてしまったので、評価はしないでおきます。

背の低い男性との恋の映画でした。✨

障害はあなたの心の中にある。

良いセリフでした。


愛とはやっぱり、大きな愛情を持って小さなことをすることやね。