僕とカミンスキーの旅の作品情報・感想・評価

僕とカミンスキーの旅2015年製作の映画)

Ich und Kaminski

上映日:2017年04月29日

製作国:

上映時間:123分

3.6

あらすじ

金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家ゼバスティアンはスイスの山奥で隠遁生活を送る画家カミンスキーを訪ねる。彼はマティスの最後の弟子でピカソの友人、ポップアート隆盛の60 年代NY で “盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い出し若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブ…

金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家ゼバスティアンはスイスの山奥で隠遁生活を送る画家カミンスキーを訪ねる。彼はマティスの最後の弟子でピカソの友人、ポップアート隆盛の60 年代NY で “盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い出し若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角にねじれ、思いがけない終着点に向かっていくのだった……。

「僕とカミンスキーの旅」に投稿された感想・評価

まよい

まよいの感想・評価

2.1
一応話はわかったけどあんまりハッキリはしてない
これはこういう意味?こういう意図?っていうのをいちいち自分で解釈しないとダメかも

動き出す絵が効果的だった

主人公ちょっとクズだなと思ってたけど
おじいちゃんにいっぱい振り回されて結果最後は報われてよかったねって感じ
ライトなロードムービーを想像してたらかなりの曲者。

ダニエル・ブリュールが下衆過ぎて引くが、だからこそハードボイルド感すら漂うあのラストがジワジワ効いてくる。

小技は沢山使うけど、説明し過ぎないのもいい。エンドクレジットは眼福でした。
Mai

Maiの感想・評価

3.5
セバスチャンとカミンスキーおじいちゃんのたまに見せるすごく仲が良さそうな会話がほっこりする。
本当におじいちゃんすぎるから途中で心配になりすぎるハラハラが私はあった。
ハッピーエンドかそうでないかはわからないけどカミンスキーが好きになる映画
nyamumoko

nyamumokoの感想・評価

3.2
冒頭、ノンフィクションなのかと思って、でもフィクション?とか考えてたら少しついていけなかったけど、だんだん引き込まれ結構笑えた!
よく食べるおじいちゃんに取材してるシーン笑った。「ボナペティ」って言ってるシーン面白かった笑。
主人公の(元?)カノのお家がオシャレで素敵だった。
sally

sallyの感想・評価

2.0
10/25/2017 @meguro cinema
Aki

Akiの感想・評価

3.5
なかなかクズな男が主人公で、けれども絵画と映画が融合してて面白かった作品。
ショパンのワルツが効いてました。
LisaM

LisaMの感想・評価

-

少々退屈
もっとサクサク進んほしい

映像が絵画になっていく演出
初めてみた。目が離せない

盲目の老人の言うことが
いちいち深いい
omiwamiwa

omiwamiwaの感想・評価

5.0
2017.10.22

なにも持っていないのなら
それを捨てろ
本質とは何かを考えさせられる。
自分には何もない、という人間に
ならばそれを捨てろという言葉にハッとさせられた。
人生、将来
分からないことはおおいに結構。
それでも人は生きていかなければならないと
カンデンスキーは教えてくれていた。

盲目であることに関係なく
見えてるものは同じであるという
(むしろそれ以上に全てが見えていた)
ことが上手く描写されていて、引き込まれた。
ヴォルフガング・ベッカー監督前作『グッバイ、レーニン!』からもう12年!?そんなに経つのかと時の流れの速さに驚愕しながら劇場へと足を運びました。

「嘘も方便」「嘘から出た実(まこと)」「嘘つきは泥棒の始まり」…ここ日本の「嘘」に纏わる故事は様々。前作は主人公が母に突き通す優しい「嘘」のお話でした。今作もテイストはやや異なりますが、真実・事実と虚構・虚偽が絡み合って展開するお話。

登場人物は年老いた盲目の「元有名画家」と、若い無名の「美術評論家」。盲目だが過去の真実を見つめ直そうとする老人、視力はあるが自分の現実や未来には向き合おうとしない若者。

年代、置かれた境遇、それぞれの思惑…全く相容れない関係性なのだが、何故か似た者同士の2人。だからこそ、そこから自然と浮かび上がってくる虚実入り混じるこの世の中で最も大切な「心の目」「心眼」に言及するその対比が面白いし深いー。

終盤、浜辺で主人公ゼバスティアンが取る行動は物語中盤でカミンスキーが語る人生訓への彼なりの理解と悟りが見て取れてとても清々しい心持ちの中、劇場を後にする事が出来ました。
>|