セザンヌと過ごした時間の作品情報・感想・評価

セザンヌと過ごした時間2016年製作の映画)

Cézanne et moi

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

少年時代に出会ったセザンヌとゾラの絆は、境遇は違うが芸術家になる夢で結ばれていた。ひと足先にパリに出たゾラは、小説家としてのデビューを果たす。一方、セザンヌもパリで絵を描き始め、アカデミーのサロンに応募するが、落選ばかり。やがてゾラは、ベストセラー作家となって栄光を掴むが、セザンヌは父親からの仕送りも断たれ転落していく。そして、ある画家を主人公にしたゾラの新作小説が友情にひびを入れるが…。

「セザンヌと過ごした時間」に投稿された感想・評価

セザンヌとゾラの友情は期待してたより殺伐としていたけど、ドキュメンタリーなのでこんなものかも、とリアルに感じる面でもあった。
セザンヌのダメっぷり、特に人間的に最低なところは「アマデウス」のモーツァルトが想起されました。

主人公を演じた人、この役者さん、見たことある…?と思って後で検索したらイヴ・サンローランの恋人役の人か〜!全然違う!びっくり!
あと、ゾラはスティーブ・ジョブズに似てるなあ、スティーブ・ジョブズのドキュメンタリーをやるときがあればこの役者さんに頼めばよいのでは?と映画中15回くらい思った。

あとは映像美ですね。特に山々がバックのシーン。息を飲む美しさでした。それだけでも、監督ありがとう。という気持ちになりました。メルシー。
mari

mariの感想・評価

3.2
鑑賞の際には、セザンヌの絵画に対する考え方や、当時の印象派の流れを知っておくことをオススメします。

何も知らずに観たわたし、セザンヌが何に対しても誰に対しても批判的で、こだわりが強すぎるがためにめちゃくちゃ周囲に迷惑をかける性格の悪い男、にしか見えず…帰宅して調べてみてようやく少しずつ理解している。

特に複雑な心理を描いた作品とゆうこともあって、字幕での理解がネックだったと思う。この作品に関しては吹き替えの方が意味がわかったかな。

ところどころ、やはり絵に描いたような素晴らしい風景シーンが見られるのは嬉しいポイント。
A

Aの感想・評価

3.3
2017.11.8(Wed)
単館でやってて美術好きだから見た。
セザンヌもゾラについてもあんまり知識がなかったから、Wikiくらい読んでから見ればよかったなぁと思った。でもモネとか有名な人がたくさん出てきて、今まで名前が残ってる当時の人たちってみんな親交があったんだってビックリした。20代くらいから60代くらいまでずっとセザンヌとゾラを同じ役者の人が違和感なく演じてて本当に2人の人生を追ってるみたいだった。そしてそんなに長い間芸術活動をし続けられるっていうのがすごい。月と六ペンスでもゴーギャンをモデルにしたストリックランドがセザンヌみたいな気難しい画家として描かれてたけど、どちらにしても言葉の代わりに他者に自己を伝える手段として絵があるんだなと思った。一例として、何か鬱屈してたり抑圧がある人がそれを昇華する手段として芸術を用いる人が、偉大な芸術家になるのかなと思った。年取ると丸くなるとか言うけど、一生創作し続ける人ってそういうパターンの場合尖り続けなきゃいけなくて、逆に難しいことだと思った。
場面の展開がよくわからないところがいくつかあったっていうのと、セザンヌとゾラの友情を描きたかっただろうに意味不明に最後のゾラの台詞で後味を悪くしてたのが残念だった。
人の人生をなぞること以上に訴えてくるものがなかった。
幸福

幸福の感想・評価

4.2
ひたすらに美しい南仏の故郷の風景と、それなくしては育たなかった二人の男の、違う道を歩みながらも、決して離れることはできなかった、愛より難しい友情の物語。
skm818

skm818の感想・評価

3.7
セザンヌとゾラの長年にわたる友情の話。舞台は19世紀後半。2人が10代の頃から50代あたりまでかな。
友情といってもいつもベタベタつるんでるわけじゃなくて、何年も合わなかったり行き違いがあったり愛想つかしたり仲違いしてたりと色々ある。セザンヌは結構付き合いづらい人だったようだ。でもだからって友情がなくなるわけじゃないんだろうなと。
長年会ってなかったゾラがセザンヌのことを聞かれて、彼は天才だが開花できなかったというところ、当時まだセザンヌは世に知られてなかったので開花できなかったというのは無理ない言葉だろうけど、でも彼は天才であるとはっきり言うんだよなーゾラは。セザンヌはその言葉をこそっと聞いてがっくりしてたみたいだけど、売れていない友人の才能を確信し続けてるって友情だと思う。
こういう話にありがちの、あらかじめ対象になってる人物やその周辺のことを知っていないとわかりにくいところがあって(ゾラの母親のことや女性関係もそうだし、主役2人以外にもビッグネームな固有名詞がチラチラ出てきて、この人も友達か、と)、正直かなり眠くなったが、悪い話ではないなあ。ゾラはずっとセザンヌのことが好きだったんだなあと思うとグッとくるわ。
それにしてもヴォラールさんってどんだけ先見の明があったの? 発掘したのセザンヌだけじゃないよな。
セザンヌの絵画、すぐに思い出せないレベルの私だか、映画は人物の描き方が良くいつの間にかその世界に誘われていた。泣きたくなったり切なくなったり、時に嫌悪も。様々な感情がやわらかく湧いては無くなる良質なドラマ。フランス映画なエンディングも久しぶりに受け入れる事ができたな。
てつ

てつの感想・評価

2.7
色んな意味で印象に残った映画。後からくる。もう一度見たいとは思わないけど。。Aix-en-Provenceの、あの真上から照りつけるような日差しと、澄み切った青空。山や自然の風景が素晴らしい。セザンヌのアトリエを訪れた時の事を思い出し、もう一度行きたくなった。
erigio73

erigio73の感想・評価

3.5
どちらもしんどい人だったが、セザンヌはゾラに甘えてたとこがあるのかなぁ。光を感じる映像が美しかった。

このレビューはネタバレを含みます

画家セザンヌと作家ゾラの2人の友情に焦点を当てた話。
なのだけど、「創作」よりも「成功・失敗」に話が囚われ過ぎていて、セザンヌの言葉が単なる愚痴ばかりのように聞こえてくる。絵を描いている所をもっと見たかった。
最後に草むらの中をトコトコ歩いていくセザンヌの後ろ姿と画面一杯に映る彼の絵に「こういう事があったのかなあ」と想いを馳せるような、虚構の「込められた思い」が最後のシーンに集約していくような物語にできなかったかなあ、と思いながらエンドロールを眺めてました。
今年イチ良かったかも!
白黒はっきりつけない一筋縄ではいかない複雑な心理 表現 フランスは女性監督が優秀!!

セザンヌとゾラのお互いを思いやる心が突き刺さるようで恋愛よりも友情のほうが難しいのかもしれないなと感じた。
なによりも 社交的ではないセザンヌにえらく感情移入してしまった。皆で集まったときに周りに食ってかかり 家の外でゾラの母に慰めてもらって涙するところ とか 秀逸でした。
>|