セザンヌと過ごした時間の作品情報・感想・評価

セザンヌと過ごした時間2016年製作の映画)

Cézanne et moi

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

少年時代に出会ったセザンヌとゾラの絆は、境遇は違うが芸術家になる夢で結ばれていた。ひと足先にパリに出たゾラは、小説家としてのデビューを果たす。一方、セザンヌもパリで絵を描き始め、アカデミーのサロンに応募するが、落選ばかり。やがてゾラは、ベストセラー作家となって栄光を掴むが、セザンヌは父親からの仕送りも断たれ転落していく。そして、ある画家を主人公にしたゾラの新作小説が友情にひびを入れるが…。

「セザンヌと過ごした時間」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.6
親友を超えた兄弟の様な関係で、お互いに刺激仕合い、助け合い、支え合いながらも、
セザンヌのせいで気持ちがすれ違い、それでもゾラはセザンヌを見捨てなかったけど、、

最後のシーンがもう切なすぎた。
我慢できずに心踊るように小走りで駆けるセザンヌの姿、ゾラの幸せな様子に微笑み、ゾラの言葉に哀しみ、立ち去る。
もどかしくも寂しく切ない。。
kumik00

kumik00の感想・評価

3.2
何物にも代え難い友情の物語。
きっとお互いがいなければ画家として小説家として成功してなかったはず。
セザンヌの性格によりこじれてしまった友情だけど、他人には見えないところでずっと繋がってる気がした。

画家は一瞬の輝きの為に一生を肥溜で過ごす人、という言葉が作中に出て来るけれど、
死後に才能を認められ著名になった画家は、作品を生み出している時は本当にもがき苦しんでいたのだろうな。
エンドロールの、風景がセザンヌの絵に変わるところとても素敵。


フランスは、歴史もあって芸術家も多く豊かな自然も豪華な建造物もあり、という恵まれたコンテンツを活かした映画が多いような。
mimo7391

mimo7391の感想・評価

4.0
セザンヌは純粋で繊細な人だったんですね。タンギー爺さんが出てきてちょっと嬉しかった。
はるか

はるかの感想・評価

3.3
セザンヌとゾラ 芸術を追求する2人の対照的な様子が描かれている
景色が美しい
m

mの感想・評価

3.5
近づいたり離れたり、時にはぶつかり合いながら互いに才能を認め合った二人。毎日ポールセザンヌの絵を見ていながら、どんな人生を送ったのか知らなかった。作品に暗い色が多いのも納得できる。
この映画を去年見てからセザンヌの絵をより魅力的に感じるようになった
なんの知識もなく鑑賞。
お互いの人生の中で、ときに近くで、ときに遠くで見守り、ぶつかりあっている。そういう人がいるって幸せだと思う。お互いが出会わない人生より、きっと深くて面白い。
emu

emuの感想・評価

3.6
幼少の頃から2人が仲良かったことも、セザンヌの性格や、世間になかなか評価されなかったことも知りませんでした。映画から芸術家たちに興味をもつ…そんな入り方もいいなと思いました。出てくる景色も芸術的。
●'18 2/3〜16単館公開
〈2/17〜3/2より変更〉
〈 '18 2/7&13: 大雪の為休映〉
(首都圏等: '17 9/2〜公開)→
〇'18 5/2 Blu-ray&DVD発売及びレンタル
配給: セテラ・インターナショナル→
発売元: ポニーキャニオン
ワイド(シネスコ)
DOLBY DIGITAL
2/16 10:50〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ未購入
元となってる実在の人物とその作品を知らずに臨んだ訳ですけれども、そうしますとこれが同じ意味合いのエピソードを延々と繰り返しているだけに見えてしまいましてね。

そうした表面的な部分以外できっと語られているなにがしかを汲み取れない人間にゃあ、難しい映画でしたねぇ、ええ。
>|