グッバイ・ゴダール!の作品情報・感想・評価

グッバイ・ゴダール!2017年製作の映画)

Le Redoutable/Redoubtable

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

もうすぐ 19 歳のアンヌは、パリで暮らす哲学科の学生。そんな彼女の人生に驚きの出来事が起こる。映画を変えたと世界中から注目される天才監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を飾ることになったのだ。新しい仲間たちと映画を作る刺激的な日々、そしてゴダールからのプロポーズ…。生まれて初めての体験ばかりの毎日に、アンヌはあらゆることを夢中で吸収していくが、パリの街ではデモ活動…

もうすぐ 19 歳のアンヌは、パリで暮らす哲学科の学生。そんな彼女の人生に驚きの出来事が起こる。映画を変えたと世界中から注目される天才監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を飾ることになったのだ。新しい仲間たちと映画を作る刺激的な日々、そしてゴダールからのプロポーズ…。生まれて初めての体験ばかりの毎日に、アンヌはあらゆることを夢中で吸収していくが、パリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり、ゴダールは次第に革命に傾倒していく――。

「グッバイ・ゴダール!」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

3.6
ステイシーマーティンめっちゃくちゃかわいい ゴダールと歴史背景をちゃんと勉強してたらもっとおもしろかったかもな
ろく

ろくの感想・評価

2.9
ステイシー・マーティンがくそくそくそかわいかった。顔も身体も仕草もファッションも全てがどツボ。
生まれ変わったらステイシー・マーティンの容姿がいい。胸は平たいけど…。

なぜこの内容でR-15指定なのか疑問だったが終盤で理解。
完全ノーモザイクは久しぶりに見た。
それ以外の感想が無い…ゴダール未履修なので映画としては正直退屈だった。
履修したら感想も変わるかも。
ただ自分の好きな作品の監督が過去の作品に対してああいう言動をされたらめちゃくちゃショックだな。
あと基本的に画面が全部フレンチかわいかった。白基調に原色アイテムのインテリアとか。ともかく目の保養映画。
Jerry

Jerryの感想・評価

3.8
「顔たち、ところどころ」の作中にて会話の中で登場したジャン=リュック・ゴダール。

彼の伝記映画ということで、今回もアップリンクで鑑賞。明らかにマーケティングに踊らされてる感じしかしなかったけど、誘惑のままに。

ゴダールに関する知識ゼロで挑んだので完全に訳分からずで敗北したけど、撮影や演出が良く、ユーモアがあり、生々しい思想の危うさの中にある笑いに当時を生きる人たちの人間味を感じた。

そしてやはり、「ネガフィルムの演出」の美しさが一番心に残る。あれほど大胆に彼女の心情を視覚的に表現できるのかと驚かされる。

あと、逐一「第四の壁」越しに想いを述べるのも、分かりやすくて好感が持てる。
ゴダールを愛したアンヌと、ゴダールは死んだと言うゴダールのお話。

ゴダールの気持ちは分かる、けどついてけない。
アンヌと同じような思いに陥りました。

あとすごく今眠い😴どうしてだろう?
あ、わかった。「学生運動」で大事なのは「運動」の方だからか❕
bamo

bamoの感想・評価

3.6
ゴダールは 偉そうなこと言ってる割には子供だ。自分と違う思想は認めない。パートナーや友人を馬鹿にする。そりゃ愛想尽かされるわ。

ステイシーマーティン、美しい。
せーた

せーたの感想・評価

4.0
ゴダール好きなら。
ガレルの包茎見れた
裸が美しい
cinémaのコラージュ
U

Uの感想・評価

3.4
ステイシー・マーティンがとにかくキュート!
劇中の着こなしやヘアスタイルすごく可愛くて好み。
フィリップ・ガレルの息子のルイ・ガレルもゴダール感出ていてよかった。
ゴダール苦手な人もステイシー・マーティンの可愛さを観る映画だと思えば楽しめるのかな?
久々にゴダール作品観たくなった。
dgnk

dgnkの感想・評価

3.2
映画館店主に激勧めされて見たやつ

しんどいしんどい映画


でもその選択は正解だったなって後押しになる
愛帝王

愛帝王の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もっとあっさりゴダールがふられちゃうのかと思ったけど結構、我慢するのね…。

ってかこうなるのが分かってそうなもんだけど…それでも惹かれてしまう2人の引力ってやっぱり凄いのかな?

あれだけデモとかで石投げたりしてるゴダールが女性に対しては暴力は振るわないのも意外。

ってかあのすべてを見下すような視線はやっぱり嫌だけど…そこは付き合う時点で分れよって気がする。


とにかくステイシー・マーチンの綺麗な顔と裸体、可愛いファッションで充分ご馳走様な映画。

映像的には斬新のようで古臭く、無意味にモザイクがないようなところもいいんだか悪いんだか…。
WAKO

WAKOの感想・評価

-
ステイシーマーティンを眺めるだけで大満足の作品。彼女の食べてる姿が最高!
あとは、インテリアやファッション、フランス語の語感、サントラを楽しめば、時代背景とかゴダールの映画とか政治とか知らなくても楽しめる。
>|